2020年03月17日

卒業4510ANGOLA Exercito Rock 友ヶ島392穂浦・岩 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/11 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4510京都船旅3410
古譜2410大原練習2310天の下2710 ANGOLA Exercito Rock 友ヶ島392穂浦・岩 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


      2020/03/16
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
織り山着 風向きが変わる 海に
丘向けてぞ吹く 春はさめしぐれ
ほうぼう魚が浮きあがる 穂浦
だんだん畑に  軍艦様島へ渡ると
真心の願い町 輪島の浦
村上経て行く字


 狐の天気予報。〇r1998/12/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
 20200311、記。
 そうきょうはよい時です。
【軍艦島】

 まごころねがい、まごころめ、真心願、真心眼と言います。これを、浄土という。浄土の笑みという。わかってるという話を、かまそめ、という、かってる話という。これを、やもぜ、による、るいすき、という。るめるるのおいらめ、という。るるせる・おいかま、という。かませる・やませ、という。
真心という、しこ闇を見る言葉という、心のいきさま、という。いきの山のお絵という。るせる・きみそめ、という。 るした山のお書きとぞう。るるせる・やいふり、という。
やいやいの意味という。

 ここを、輪殿闇踏(やみふみ)、という、後を、ろくれく、
という。わっせらるうの・わゆふる、という。わてせての
浜せば、という。ゆゆたるお言いという。うざい、るせぇ
の言葉という。

 流世の変展という、流世の丘の鶴という、鶴のいおひま、
という。鶴を、いお、という、この言いの、やい浜の言い
という。これを、ひめそらく、という。

 ここのひめを、つれふれ、という。つれるふりるり、
という。てむせまのといせま、という。これが、後の、
てむせるという、後、てむじん、という。てむじんの家と
いう。てむじんを、けもそみにとる浜染めという。染めの
夕山という。夕輝る山のおい花という。わて山のお書きと
いう。正(やなぎ)。

**輪島原子力の町、真心の町である。福島もそうである。
爆発したとか、誰もなくなったものはいないという。真心の
町の人々という。そういうように作れば良いのである。
 原子力発電所をどんどん作れば良い話という。精神安定
という。真心という。福島産の農産物が出回っている、よい
ことである。放射能は、吹き飛んでいったのでは…。風の
お蔭かな。
 家庭用原子炉もどんどん作れば良い
のである。京都には12万基ほどあった話という。御所にウ
ランが流れていた話という。御所原子力枢要という、御座所
の原子である。原子力印刷という話とぞ。
 広島の放射能、どこへ行ったやら、一万年か、半減期か、
長崎の放射能、半減期は、一万年か、あれから一億年程
たっているから大丈夫だよ。奇跡の復興か、200年程前の
話か。
**微量の放射能、骨が硬くなるとか。
 ウザイことという。放射能の効力という。昔の京都、
 放射能があったことという。歯によい話という。
 エノール・ライトンという学説である。
 阪大工学部理医学講義という、おられんて・はなゆなの
 お講という。御所京大医学という、時計台下の講義である。
 ガイガー計数機を持つ人という。あなせの御器という。
 あなせのかふらす、という。れれての、おゆはまる
 船積みの計数機である。放射能計測の話という。
 阪大を出たおゆは丸である。アザイ話という。
 イザイな収容である。放射能を計測することを収容と
 いう、阪大理学という。大阪大学である。
 そこの村の輪という、和国の学問である。古い御所の
 医学である。ホイットンレークスという、学問のこと 
 である、医学校のお書きとぞう。東大講義てもある。
 
**近頃の回り込みという、字が回り込んだhtmlタグとぞ。
 るせぇ奴だ。Mだ、金が回り込むのだ、俺の枢要だ。
  浄土の放射能?、骨が硬くならさぁ。
 『なるわさぁ』ですか。るせぇ。世を渡る意気じゃ、
 俺の意気さぁ、俺のBGMか、はっ、はい。これなら、いける
 と・・・。田具などに、手をだしやがって、
 素人のフロートとは、誰だ。
  浮世に生きる俺だ。
 <img src="http://・・・・・・.jpg" width="100" alt="" align="left">>
  フロートして、字が回り込むらしいです。
 らせるナ。らう俺だ。はっ、られております。
 かあっとる。笑う?・・ですか。るせぇ。 M16ファイルより。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2410大原練習2310天の下2710 ANGOLA Exercito Rock 友ヶ島392穂浦・岩 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42608
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@537上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@537
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽