2020年03月15日

卒業4498ANGOLA Exercito Rock 友ヶ島392穂浦・岩 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/09 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4498京都船旅3398
古譜2398大原練習2298天の下2698 ANGOLA Exercito Rock 友ヶ島392穂浦・岩 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


      2020/03/14
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
海を渡って穂浦から 隣 友ヶ島へ行く
船出で 小波に 形は船の島 大き 
見えの 岩の形 ひよこ連れて行く
首に布巻いたひよこの身 
前の帆は 風受けてる


 狐の天気予報。〇r1998/12/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
 20200311、記。
 そうきょうはよい時です。
【軍艦島】
 軍艦島にいた人である。この日、村上より、ジェッ
ト・ヘリである、直線航路の行きという。村上の穂灘
由良より、飛び立つ輪島連絡という、今の連絡船の連
絡である。輪島城外、村上城空の山、今ゆら、おりて
てゆわそ、ゆわゆわのお行き、とぞ。
 穂浦由良ありてそわるれ、しつれん飛行という、失
礼の屋のお言いという。村上城の言いである。ほよい
お書きという、島の言葉とぞう。
【標準歩行】
 栄螺の歩みという、標準歩行という、穂浦陸軍の歩
みである。穂浦陸軍友ヶ世の、あゆめき、という、
陸軍穂浦兵廠の住まいという、若い人の住まう屋
である。
 おばゆありてありれる、大叔母あられあられ、
ふりゆり、御叔母のお教えという。うゆ浜けかれ
か、そてゆれれてす、そいするるふす、れつれ、
そむ由良、えるせるいきる、れつるやおいそみ、
とぞず。穂浦陸軍兵廠の教えである。

 ぐれする浜由良道お行く染め弓持ちてぞ、おき
はるゆいろ、いそいその道とぞず。
 我が後ろに道はある、さその山、ここたるを。
記す、はたやたのおひらめき、とぞず。
 雲の上、穂浦専任の日とぞず。
【栄螺連絡】 
 しっかりせよと抱き起こした栄螺のあゆみとい
う。穂浦ヶ浜ぐれ、という場所とぞず。御和(おわ)
の日々ともいう、金科玉条のお書きという。玉垣の
たつる丘という、墓のある丘とぞず。字の最後が、
未知のなりである、栄螺書きという、栄螺連絡
という、村上空軍の連絡である。

 軍艦島の安房(あわ)という、若い人である。
******という人である。穂浦陸軍空挺という、
空飛ぶ船団という、空挺団である。

 大お爺さんおられおられ、先住のいやの若区
という、**************。うちの老山のお書
きという。『うちら、はしょっぺぇ』という、
福井の安房由良の言葉である。福井小浜という、
これを、小浜という、小浜コネクトという、小浜
のすまれるおいすめ、という。大きな寺 という
、そこのお書きという、若い人の故郷である。
今日、雪が降り、外へ出られなんだ日である。

 寒栄螺、やに添わるおよよ(夜々)という、
小崎浜御という、浜のついがきである。追い
書きという。我が書きありるありすありるる
ふめゆき、せもれる、するす、るるてす。
穂浦海軍在、穂浦陸軍下士官お書き。
正(やなぎ)。
【日記の効用】 

貝暦、我ガ輩ハ、大キナ栄螺デアル。
オキモメル、セソロキ。我ガ歩ミヲ真似ル
海軍トゾウ。正(ヤナギ)。
ある貝の日記より。
 

ファイル造り5 
関連


sotu4497-2.jpg

sotu4497-3.jpg

sotu4497-4.jpg

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2398大原練習2298天の下2698 ANGOLA Exercito Rock 友ヶ島392穂浦・岩 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42488
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@485上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/09柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@485
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽