2020年03月11日

卒業4494ANGOLA Memoria 友ヶ島380記憶 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4494京都船旅3394
古譜2394大原練習2294天の下2694 ANGOLA Memoria 友ヶ島380記憶 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


       2020/03/10
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
卒業の歩み振り返れば 浦華やか
おお貝々殻が飾られて ふみあと
足跡残していけば 海洗う跡
消える我が足跡 されど残る
記憶の浦 穂浦 返る記憶
蘇り 楽しい日々 穂浦の世

 狐の天気予報。〇r1998/12/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
【日記の効用】 

貝暦、我ガ輩ハ、ワカメ畑ニ食イ跡ヲ残ス。正(ヤナギ)。
ロフモメル、セソロキ。
 ある貝の日記、より。


【なでしこ3】 

※ファイル造り3
A=3  // ファイル番号
B=「」  // ファイル名
C=「輪島」  // フォルダ名
//ファイル、作文
D=「艱難」  //小題
Zindex=「<p><a href="file:.//{C}{A}{B}.html"><font size="3"> {C} {A}節{B} {D}</font></a></p>」
//作文本体
Zhtml=「<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8N">
<title>{C}.{A}{B} {D}</title>
<body>
<p><font color="#008040" size="4" face="MS Pゴシック"><i>{C}コネクション</i></font></p>
ハード・ボイルド風日記  {A}節 {D}<br>
【日 付】{今日} 晴 <br>
【場 所】{C}市特務機関部<br>
【指 令】 SEE M08 RUSSIAN TERMINAL<br>
【感 想】 貴方の好きなタバコの香り、ヨコハマ<br>
     〜・・・
』・・・・、ラジオから歌が流れ<br>
     ている・・タバコの煙をくゆらし・・・<br>
     コーヒーを口へ、と、その時、ダッダッ<br>
     ダッダッダァ、テレックスが入った・・・<br>
      局では、M10で、俺は、呼ばれている・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
      M08には、一昨日、会っている、ラグビー<br>
     では、タックルはずしに、たけていた、・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     Maryマリー、すまんが、ファイルAの、<br>
      Mの項を、調べて・・・      <br>
     "MISTER M ENTER KYOTO CASTLE <br> 
      SHIP" M氏、京都入城 と、あります<br>
      ・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
      KYOTO CONFERENCE 京都会議のことか<br>
     ・・・・・・<br>
      幾多の困難をのり越えて来た俺だ、・・<br>
     幸運のMとも呼ばれている、・・・・・・<br>
     M氏との縁もある。<br>
     Money、Money、Moneyマネ、マネ、マ<br>
     ネー・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     ・・・・・
、歌が聞こえる、スゥーデン<br>
     放送だ、俺への讃歌とも聞こえる、・・・<br>
     ・・・・・・<br>
      コンコンと、ドアをノックする音が聞こ<br>
     え、町子という名の女性が入ってきた。<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
【特 記】うなる大金。<br>

【画像 日付】<br>
<img src="file:.//{C}{A}{B}ga.jpg" width="300"
alt="" style ="BORDER-TOP: silver 10px groove; BORDER-RIGHT:
silver 10px groove; BORDER-BOTTOM: silver 10px groove; BORDER-LEFT: silver 10px groove"></a><br>
【画題】モスクワ郊外の夕べ<br>


<p><font size="4"><strong><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html"><font size="5">前ページ←</font></a> <font size="5"></font></strong></font><a href=".//{C}{A+1}{B}.html"><font size="5"><strong>→
次ページ</strong></font></a></p>

<p>      <a href="file:.//index.html"><font size="5">目    次</font></a></p>


最新力作
<p><font size="3"><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html">{C}{A-1}節{B}</a></p>
<p>     <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-2}{B}.html">{C}{A-2}節{B}</a></p>
<p>           <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-3}節{B}</a></p>
<p>                 <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-4}節{B}</a></p>

著者:秋残り {今日}    {C}.{A}{B} {D}<br>
</body>
</html>

//タグ削除 メモ帳などのファイル用
Zhtmlの「<br>」を、「」に置換。
それの「<p>」を、「」に置換。
それの「</p>」を、「」に置換。
Zは、それ。
// ファイルに保存。
「{デスクトップ}\{C}」へ、フォルダ作成。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.doc」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.txt」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.rtf」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.html」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}tag.txt」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}.log」に、追加保存。
Zindexを、「{デスクトップ}\{C}\index.html」に、追加保存。

●indexファイルを作りました。
 新たに D=「 」 //小題を設けました。
 Zindex と Zhtml の{D}の所に入っていきます。
 Zindexを目次にします。
●A= 、 D=「」、Zhtml=「・・・・」の三か所
 記入すれば、indexファイル、ページのファイルが
 できます。
●A=1 のファイルだけ、リンク部分を変えて下さい。
 後で、ファイルを挿入する場合は、その部分のリンクを
 変えて下さい。
 indexファイルは、装丁を好きなように変えて下さい。
 カ画像を下にいれようが、上にいれようが、新たなファイルは、
 下に保存されていきます。
 Zindex=「」が、一行ですので、indexファイルの下へ
 一行づつ、加わっていきます。ただし、実行ボタンを
 押すたびに加わっていきますので、2、3回、押したら、
 indexファイルから削除してください。
  これで、ホームページが、簡単にできます。
 indexファイル、また、おのおののページのファイル名を
 入れることなど、少しの手間で出来ます。
indexファイルと、おのおののページが一度にできます。

 「・・・「 うーむ、奴はできる。 」・・・・」という
 使い方はできません。
 ・・・・M08のまねか、M10をめざしているか・・
   ・・・・・ と二重括弧を使ってください。
 「」内では、『』を使います。

●変数 10個ほどのプログラムです。
 変数に変数を代入するだけのものです。
 作文用のプログラムです。

======================
『奴のことだ、どこかのサイトへ行って、調べまくって、
 書いておるのであろう。』 
『賞得大使の著作剣を見ろってんだ』

 輪島コネクションから、聞こえてきそうな感じです。
 プログラムを知らない駄作者の嘆き、しかし、何とか
手早くと考え、その結果です。

『これだけのプログラムに何年かかったか、想像に難く
 ない。艱難汝を玉にす。君に与える言葉である。
 サイト調べのプロと答えておきたまえ。』
    :プログロマー
『そうだよ、M08、M10、どこにある星座か言って
 みたまえ』 :天文趣味家
『・・・・』
『何が、ハード・ボイルドだぁ、そんな甘いもの
 ではない』 :新進気鋭作家
『・・・・』
・・・・
 実録輪島コネクションの各界であります、フィクションです。

現実は、こういうものです。
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
=====================
****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2394大原練習2294天の下2694 ANGOLA Memoria 友ヶ島380記憶 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42448
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@526上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@526
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽