2020年03月14日

卒業4496-2 ANGOLA Exercito 友ヶ島380穂浦・陸軍 (壮強太陽):イカスミ柳-2


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/06 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4496京都船旅3396
古譜2396大原練習2296天の下2696 ANGOLA Exercito 友ヶ島380穂浦・陸軍 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


      2020/03/11
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
朝、目が覚めた 海は漣 穂浦の
栄螺 浜で憩うか 京の日 卒業を
まじかに控えた 陸軍の学び舎
鉄砲を見ては 教えの尊くを
心に記憶


 狐の天気予報。〇r1998/12/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
 20200311、記。
 そうきょうはよい時です。
 穂浦陸軍校、歩行には、標準歩行と平準歩行とがある。
卒業前の、ある朝の足跡。穂浦銀等の歌。
 栄螺の蓋を削り、帽を立てた墓という。そこに、銀の国旗を
立てていた人である。銀で旗のようにしてある国旗という。
穂浦こう浜の由緒旗という、今も穂浦に立っている由比所の
ほのえば、という。ほのえ庭の帝という。穂浦帝お書きという。

 穂浦の浜の日という。穂浦日ありてある。ほらの屋のお書き
という。銀の砂漠という、穂浦の銀の浜の日とぞう。鋼鉄の
銀色に光る浜である。なんもなのやの書、これなるを。
 穂浦のいさ津ありすありる。また行く輪島の世、軍艦が
いるという、若い友ヶ島の塀である。これを、つわ、と
いう。穂浦海軍の呼びである。くめが由良浜という、輪
島の軍艦島という、ほ島灘由良、ゆわせ、ろろふ記、

【日記の効用】 

貝暦、我ガ輩ハ、大キナ栄螺デアル。
ロロフモメ、セソロキ。穂浦陸軍栄螺連隊デアル。
正(ヤナギ)。 ある貝の日記より。
   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2396大原練習2296天の下2696 ANGOLA Exercito 友ヶ島380穂浦・陸軍 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42468
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@409上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@409
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年03月13日

卒業4497-2 文だけ イカスミ柳


※ファイル造り ブログ用テキスト

A=6  // ファイル番号  
B=「」  // ファイル名    
C=「輪島」  // フォルダ名
Z=「
ハード・ボイルド風日記{A}節
【日 付】{今日} 晴 ユイモメル、セソロキ
【場 所】イトソキ (Warship Island 軍艦島)
【感 想】  局よりの指令である。急いで、俺は、
飛び乗った、ジェット・ヘリという。村上城からの
出立である。軍艦島へ急行せよ、という。輪島は、
大本営を操る島である。無線打電を駆使し、テレッ
クスを使う局とぞう。略号を用い、連絡にコルとい
う言葉を使う。来る日も来る日も、テレックスが音
を立てている。
 輪島の須磨浦という、俺の銃をおく島である。

『ロハ、イトソキ』という和文のテレックス電で
である。村上城からの指令である。しつれんする
島という、輪島名の弓という、電文略号の名であ
る。和国語を駆使する村上城という。『しつれん
ゆって、そてみて』という、俺の好きな言葉であ
る、輪島屋の言いという。和国邦という場所であ
る。京都ひなっつく、という、京の夏季という、
古い和国の暦を使う所である。今日の日を、ケミソ
メという、けけからの言いである。
 夏の暑い日を、ホブという、ホブレという、耳
の山のういそい、という。電文の意味である。
『しつれん』という、城から出立する言葉であ
る。

 『レテ、ゆわって、そうむむ』という、そう
言って、俺は出発をした、向かう軍艦島という、
イトソキという和国邦の言葉である。イトソキ
という軍艦である。

 ジェット・ヘリを、メモクという、村上の城主
の言葉である。『メモクほっつ、れてほ』、御所
よりの使者の言いである。ジェット・ヘリで行く
軍艦島である。弓崎の屋、これを、れむすめ、と
いう。また行く、軍艦島である。
【特 記】 音を立てるテレックス M13 

著者:秋残り {今日}    {C}.{A}{B}

「{デスクトップ}\{C}」へ、フォルダ作成。
Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}.log」に、追加保存。
// ファイルに保存。
//上書き防止
テストファイル=「{デスクトップ}\{C}\{A}{B}.txt」
もし、(テストファイルの存在=はい)ならば、
  Zを、「{デスクトップ}\{C}\!!!名前を見ろ.txt」に、保存。
違えば、
 Zを、「{デスクトップ}\{C}\{A}{B}.txt」に、保存。
Zを、コピー。


※原型
A=  // ファイル番号  
B=「」  // ファイル名    
C=「」  // フォルダ名
Z=「」 //作文記入
「{デスクトップ}\{C}」へ、フォルダ作成。
Zを、「{デスクトップ}\{C}\{A}{B}.txt」に、保存。

● ブログ用で、テキストだけのファイルです。
● ファイル名を、変えずに、実行ボタンを押せば、
 ファイルが上書きされ、それまでのファイルも、
 変わってしまいます。それの対策です。
  現在、作っているファイルが、「!!!名前を見ろ.txt」
 に保存されます。他のファイルは、以前のままです。
  こんな変なファイルが出てきたら、プログラムの
 ファイル番号名「A= 」または、「B= 」を、
  それまでに使っていない番号名に変えて下さい、
 保存して(実行ボタンを押して)、
 「!!!名前を見ろ.txt」を、捨てて下さい。
  簡単なもので、これに頼らず、最初に、新しい
 番号名を入れて下さい。

● 実行ボタンを押して保存ができたら、このまま、
 ブログへいって、貼り付けてください。
  プログラム最終行で、コピーの操作ができています
 ので、マウスをカチカチしなくてよいてす。
{今日}は、今日の日付が自動で入ります。
 Zを、「作文」とすれば、わかりやすいです。
 作文=「」、
 作文を、「{デスクトップ}\{C}\{A}{B}.txt」に、保存。
● 「もし・・ならば」の項、
  この次の行と、一つ置いて、次の行、「Zを・・・」の行。
  「Zを・・」、この Zの前にスペースを入れて下さい。
  次の
  「Zを・・」、も、スペースを入れて下さい。
  行頭から、詰めて書くと、プログラムが動きません。 
● ブログでは、<br>は、いらないと思います、
 いればつけて下さい。
● 枠内、下に原型があります。
  上のものは、これに付け足したものです。

  みな、マニァアル通りです。もちろん、時間をかけての
 サーチが、ものをいうてます。調べたおして、こうだ
 あうだと、できたものです。他のプログラムは、勿論、
 作れません。素人は、こんなものです。
 これを、駆使してます。「雑」というフォルダを作って、
 ちょっとした書き物は、これでしています。
*****

ユイモメル、セソロキという、 13 March 、13日3月と
いう
、M13という銃の日である。ウナという、
せいろぐのういすて、という。和国邦の言いである。
和国語の、くめめめという、めめめのおそるき、
とぞう。和国の言いである。

posted by 秋残り at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年03月12日

卒業4497ANGOLA Exercito 友ヶ島380穂浦 (壮強太陽) :イカスミ柳 文たけ


※ファイル造り5
A=5  // ファイル番号
B=「」  // ファイル名
C=「輪島」  // フォルダ名
//ファイル、作文
D=「Forest」  //小題
E=「」
Zindex=「<font size="5">  Summer Again </font><br>
<p><a href="file:.//{C}{A}{B}.html"><font size="3"> {C} {A}節{B} {D}</font></a> *更新*{今日}</p>」
//作文本体
Zhtml=「<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8N">
<title>{C}.{A}{B} {D}</title>
<body>
<p><font color="#008040" size="4" face="MS Pゴシック"><i>{C} Connection</i></font></p>
ハード・ボイルド風日記 Summer Again {A}節 {D}<br>
【日 付】{今日} 晴 <br>
【場 所】{C}市特務機関部<br>
【指 令】 RETURN  WAZIMA URGENT<br>
【感 想】
 丸竹えびすに、押し御池、姉さん<br>
 六角、蛸錦・・・・<br>
  古い輪島の童歌か・・・、非情<br>
 な世界を渡ってきたが、窓から<br>
 外を見やれば、おかっぱの着物を<br>
 着た少女が、手毬をついている。<br>
 ・・・・・<br>
そうきょうは、よい時である。<br>
  手提げには、望遠つき銃が入っ<br>
 ている。スペシャルの仕様である。<br>
 

【画像 日付】<br>
 画像を押せば、曲が聞けます。<br>
<a href="file:.//{C}{A}{B}.wma">
<img src="file:.//{C}{A}{B}ga.jpg" width="300"
alt="" style ="BORDER-TOP: silver 10px groove; BORDER-RIGHT:
silver 10px groove; BORDER-BOTTOM: silver 10px groove; BORDER-LEFT: silver 10px groove"></a><br>
【画題】園遊会<br>

【DATE】{今日} Fine <br>
【PLACE】Wazima Secret<br>
【SPECIAL】
 Went to Moscow. Very good city, ・・ <br>
 After calling it a day, <br>
 Urgently retunred back to Wazima.<br>


<p><font size="4"><strong><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html"><font size="5">前ページ←</font></a> <font size="5"></font></strong></font><a href=".//{C}{A+1}{B}.html"><font size="5"><strong>→
次ページ</strong></font></a></p>

<p>      <a href="file:.//index.html"><font size="5">目    次</font></a></p>


最新力作
<p><font size="3"><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html">{C}{A-1}節{B}</a></p>
<p>     <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-2}{B}.html">{C}{A-2}節{B}</a></p>
<p>           <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-3}節{B}</a></p>
<p>                 <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-4}節{B}</a></p>

著者:秋残り {今日}    {C}.{A}{B} {D}<br>
</body>
</html>

//タグ削除 メモ帳などのファイル用
Zhtmlの「<br>」を、「」に置換。
それの「<p>」を、「」に置換。
それの「</p>」を、「」に置換。
Zは、それ。
// ファイルに保存。
「{デスクトップ}\{C}」へ、フォルダ作成。
「{デスクトップ}\{C}Net」へ、フォルダ作成。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.doc」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.txt」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.rtf」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.html」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}tag.txt」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}.log」に、追加保存。
Zindexを、「{デスクトップ}\{C}\index.html」に、追加保存。
Zindexを、「{デスクトップ}\{C}\index.txt」に、追加保存。
//公開用、コピー
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}Net\{C}{A}{B}.html」に、保存。
Zindexを、「{デスクトップ}\{C}Net\index.html」に、追加保存。

● 公開用、コピーのファイルを作りました。
● 記入個所は、A= 、D=「 」、Zhtml=「   」の
  【日付】以下の項です。
  ありませんので、わからないですが、スマホで
  いける、と思います。自由に変えて下さい。
● 必ずファイル番号、名を新しくとるようにしてください。
● 一度使えば、Zindexの Summer Again を削除してください。
   sotu4497.jpg

sotu4497-2.jpg

sotu4497-3.jpg

sotu4497-4.jpg

http://akinokori.sblo.jp/auth/article_preview/?otk=1584278551:bef168c4e017

● Zhtmlで、文字コード charset=UTF-8N になっています。
 ホームページ作成ソフトによってはねつかえないかもしれません。
 Sea Monkeyというブラウザについている、コンポーザーで使えます。 
posted by 秋残り at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業4496ANGOLA Exercito 友ヶ島380穂浦・陸軍 (壮強太陽):イカスミ柳 -1



※ファイル造り4
A=4  // ファイル番号
B=「」  // ファイル名
C=「輪島」  // フォルダ名
//ファイル、作文
D=「心裡」  //小題
E=「」
Zindex=「<font size="5">  春の章 </font><br>
<p><a href="file:.//{C}{A}{B}.html"><font size="3"> {C} {A}節{B} {D}</font></a> *更新*{今日}</p>」
//作文本体
Zhtml=「<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8N">
<title>{C}.{A}{B} {D}</title>
<body>
<p><font color="#008040" size="4" face="MS Pゴシック"><i>{C}コネクション</i></font></p>
ハード・ボイルド風日記  {A}節 {D}<br>

【日 付】{今日} 晴 <br>
【場 所】{C}市特務機関部<br>
【指 令】 MS OPERATION<br>
【感 想】
  作戦は、MSと名付けられた。<br>
・・・・・・・・・・・・・・・<br>
『或いは草に伏し隠れ ・・・・・<br>
 或いは水に飛び入りて ・・・・<br>
 ふと、俺の頭に浮かんだ・・・<br>
ある歌の一節である。・・・・<br>
・・・・・・・・・・・・・・・<br>
 今回の任務で、ひょっとすれば、<br>
俺は、・・・<br>
 ・・・・・・・・・・・・・・<br>
 軍艦島、友ヶ島砲台、青島砲台<br>
古く、穂浦海軍兵学校・・・・・<br>
と、優秀な成績で卒業した俺だ、<br>
 
 それが、今試されようとしてい<br>
る・・・・・・・・・・・・・・<br>
想像を絶する過酷な自然・・・・<br>
・・・・・・・・・・・・・・・<br>

 敵は、おそらく、『ユナクコ布<br>
陣』をしいている、その偵察であ<br>
る。・・・・あるいは、木々にか<br>
き登り<br>
、・・・・・俺は、事前に察知し<br>
た、・・・・・・<br>

 日出葦公の、小田原の巻き物で、<br>
名将、安達木板之助公の二進演算盤<br>
御勉強、木製入力装置、ユナクコ、<br>
小手清らかに、音の心地よきかな。<br>

 局からの指示。<br>
 人知れずサイト、キーワードM、<br>
これで、サーチングせよという、<br>
木登り、モンキー・サーチングの<br>
作戦の要領である。・・・・・・<br>
GOOGLE地図によるシミュレーショ<br>
ンを各自せよ・・<br> 
・・・<br>
・・・<br>
【特 記】手元地図、キーボードにあり<br>

【画像 日付】<br>
 画像を押せば、曲が聞けます。<br>
<a href="file:.//{C}{A}{B}.wma
">
<img src="file:.//{C}{A}{B}ga.jpg" width="300"
alt="" style ="BORDER-TOP: silver 10px groove; BORDER-RIGHT:
silver 10px groove; BORDER-BOTTOM: silver 10px groove; BORDER-LEFT: silver 10px groove"></a><br>
【画題】園遊会<br>


<p><font size="4"><strong><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html"><font size="5">前ページ←</font></a> <font size="5"></font></strong></font><a href=".//{C}{A+1}{B}.html"><font size="5"><strong>→
次ページ</strong></font></a></p>

<p>      <a href="file:.//index.html"><font size="5">目    次</font></a></p>


最新力作
<p><font size="3"><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html">{C}{A-1}節{B}</a></p>
<p>     <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-2}{B}.html">{C}{A-2}節{B}</a></p>
<p>           <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-3}節{B}</a></p>
<p>                 <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-4}節{B}</a></p>

著者:秋残り {今日}    {C}.{A}{B} {D}<br>
</body>
</html>

//タグ削除 メモ帳などのファイル用
Zhtmlの「<br>」を、「」に置換。
それの「<p>」を、「」に置換。
それの「</p>」を、「」に置換。
Zは、それ。
// ファイルに保存。
「{デスクトップ}\{C}」へ、フォルダ作成。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.doc」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.txt」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.rtf」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.html」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}tag.txt」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}.log」に、追加保存。
Zindexを、「{デスクトップ}\{C}\index.html」に、追加保存。
Zindexを、「{デスクトップ}\{C}\index.txt」に、追加保存。

●E=「」 といれておきました。 {E} として、
 Zhtml=「  ・・・・{E}・・・・・・{E}・・・・・」のように、好きな所に
 いれて下さい。 何度も使う所に利用します。たとえば、
 画像の項で、タグ内に green とあります。redに変えるとか、手間がかかります。
 上のように、E=「red」 として、{E}を、greenの所へ入れて下さい。
 タグの groove のところも、新たに
 E=「」の下に
 F=「」として、{F}を、Zhtmlの、grooveの所に入れて下さい。
 F=「solid」または、F=「double」・・とすれば、その通りに
 なります。
  同じ語句を毎回使う場合とか、新たに
 G=「 同じ語句 」として 
 Zhtml=「 ・・・{G}・・・・ 
       ・・・ {G}・・・・」とすればOKです。  
● 画像の項、
  画像を押せば、曲がきけるようになります。
  {C}{A}{B}.wma の形式のファイル名で、
  フォルダに入れれば、OKです。
   {C}{A}{B}.wma 、{C}{A}{B}.mp3・・・
● Zindex=「 春の章  」の春の章は最初だけ使って、
  「春の章」の部分だけ削除してください。
  ページが相当数できたら、また、
  Zindex=「・・・夏の章・・・
       ・・・・・・・」とすれば、indexのファイルが
  体裁を整えて、できていきます。 
  画像も、音声ファイルも挿入できます。
  Zhtml内のタグ部分をコピーして、
  Zindexに張り付ければOKです。
● 上の下線部分を、新たに、変数にとって、
  H=「html ・body・・」
  とすれば、すっきり見よくなります。 
  H=「html・・・・body・・・」として、
  G=「」の下の行にに入れる。
  Zhtml=「{H}
      ・・・・・/body・・・html」 と、すれば、
  見よいです。
  変数を使うばあい、{ }でくくります。
  計算式をいれれば、結果が表示されます。
● 変数をとる場合、
  J=「」、K=「」 と同じ行には書かない。
    J=「」
    K=「」   
  と二行に書きます。      
● indexページと、おのおののページが、
  一度にできます。
  リンクの部分の書きが、軽減されます。
● 公開する場合は、txtファイルとかは省いて
  フォルダごと、アッロード
  すればいいです。ただし、ファイル名は、
  ローマ字にしてください。
   新たに、公開用フォルダを作っておけば、便利です。
  上の要領で簡単に作れます。
*****
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
------
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年03月11日

卒業4494ANGOLA Memoria 友ヶ島380記憶 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4494京都船旅3394
古譜2394大原練習2294天の下2694 ANGOLA Memoria 友ヶ島380記憶 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


       2020/03/10
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
卒業の歩み振り返れば 浦華やか
おお貝々殻が飾られて ふみあと
足跡残していけば 海洗う跡
消える我が足跡 されど残る
記憶の浦 穂浦 返る記憶
蘇り 楽しい日々 穂浦の世

 狐の天気予報。〇r1998/12/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
【日記の効用】 

貝暦、我ガ輩ハ、ワカメ畑ニ食イ跡ヲ残ス。正(ヤナギ)。
ロフモメル、セソロキ。
 ある貝の日記、より。


【なでしこ3】 

※ファイル造り3
A=3  // ファイル番号
B=「」  // ファイル名
C=「輪島」  // フォルダ名
//ファイル、作文
D=「艱難」  //小題
Zindex=「<p><a href="file:.//{C}{A}{B}.html"><font size="3"> {C} {A}節{B} {D}</font></a></p>」
//作文本体
Zhtml=「<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8N">
<title>{C}.{A}{B} {D}</title>
<body>
<p><font color="#008040" size="4" face="MS Pゴシック"><i>{C}コネクション</i></font></p>
ハード・ボイルド風日記  {A}節 {D}<br>
【日 付】{今日} 晴 <br>
【場 所】{C}市特務機関部<br>
【指 令】 SEE M08 RUSSIAN TERMINAL<br>
【感 想】 貴方の好きなタバコの香り、ヨコハマ<br>
     〜・・・
』・・・・、ラジオから歌が流れ<br>
     ている・・タバコの煙をくゆらし・・・<br>
     コーヒーを口へ、と、その時、ダッダッ<br>
     ダッダッダァ、テレックスが入った・・・<br>
      局では、M10で、俺は、呼ばれている・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
      M08には、一昨日、会っている、ラグビー<br>
     では、タックルはずしに、たけていた、・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     Maryマリー、すまんが、ファイルAの、<br>
      Mの項を、調べて・・・      <br>
     "MISTER M ENTER KYOTO CASTLE <br> 
      SHIP" M氏、京都入城 と、あります<br>
      ・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
      KYOTO CONFERENCE 京都会議のことか<br>
     ・・・・・・<br>
      幾多の困難をのり越えて来た俺だ、・・<br>
     幸運のMとも呼ばれている、・・・・・・<br>
     M氏との縁もある。<br>
     Money、Money、Moneyマネ、マネ、マ<br>
     ネー・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     ・・・・・
、歌が聞こえる、スゥーデン<br>
     放送だ、俺への讃歌とも聞こえる、・・・<br>
     ・・・・・・<br>
      コンコンと、ドアをノックする音が聞こ<br>
     え、町子という名の女性が入ってきた。<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・<br>
【特 記】うなる大金。<br>

【画像 日付】<br>
<img src="file:.//{C}{A}{B}ga.jpg" width="300"
alt="" style ="BORDER-TOP: silver 10px groove; BORDER-RIGHT:
silver 10px groove; BORDER-BOTTOM: silver 10px groove; BORDER-LEFT: silver 10px groove"></a><br>
【画題】モスクワ郊外の夕べ<br>


<p><font size="4"><strong><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html"><font size="5">前ページ←</font></a> <font size="5"></font></strong></font><a href=".//{C}{A+1}{B}.html"><font size="5"><strong>→
次ページ</strong></font></a></p>

<p>      <a href="file:.//index.html"><font size="5">目    次</font></a></p>


最新力作
<p><font size="3"><a href="file:.//{C}{A-1}{B}.html">{C}{A-1}節{B}</a></p>
<p>     <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-2}{B}.html">{C}{A-2}節{B}</a></p>
<p>           <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-3}節{B}</a></p>
<p>                 <font size="3"><a href="file:.//{C}{A-3}{B}.html">{C}{A-4}節{B}</a></p>

著者:秋残り {今日}    {C}.{A}{B} {D}<br>
</body>
</html>

//タグ削除 メモ帳などのファイル用
Zhtmlの「<br>」を、「」に置換。
それの「<p>」を、「」に置換。
それの「</p>」を、「」に置換。
Zは、それ。
// ファイルに保存。
「{デスクトップ}\{C}」へ、フォルダ作成。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.doc」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.txt」に、保存。
//Zを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.rtf」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}.html」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}{A}{B}tag.txt」に、保存。
Zhtmlを、「{デスクトップ}\{C}\{C}.log」に、追加保存。
Zindexを、「{デスクトップ}\{C}\index.html」に、追加保存。

●indexファイルを作りました。
 新たに D=「 」 //小題を設けました。
 Zindex と Zhtml の{D}の所に入っていきます。
 Zindexを目次にします。
●A= 、 D=「」、Zhtml=「・・・・」の三か所
 記入すれば、indexファイル、ページのファイルが
 できます。
●A=1 のファイルだけ、リンク部分を変えて下さい。
 後で、ファイルを挿入する場合は、その部分のリンクを
 変えて下さい。
 indexファイルは、装丁を好きなように変えて下さい。
 カ画像を下にいれようが、上にいれようが、新たなファイルは、
 下に保存されていきます。
 Zindex=「」が、一行ですので、indexファイルの下へ
 一行づつ、加わっていきます。ただし、実行ボタンを
 押すたびに加わっていきますので、2、3回、押したら、
 indexファイルから削除してください。
  これで、ホームページが、簡単にできます。
 indexファイル、また、おのおののページのファイル名を
 入れることなど、少しの手間で出来ます。
indexファイルと、おのおののページが一度にできます。

 「・・・「 うーむ、奴はできる。 」・・・・」という
 使い方はできません。
 ・・・・M08のまねか、M10をめざしているか・・
   ・・・・・ と二重括弧を使ってください。
 「」内では、『』を使います。

●変数 10個ほどのプログラムです。
 変数に変数を代入するだけのものです。
 作文用のプログラムです。

======================
『奴のことだ、どこかのサイトへ行って、調べまくって、
 書いておるのであろう。』 
『賞得大使の著作剣を見ろってんだ』

 輪島コネクションから、聞こえてきそうな感じです。
 プログラムを知らない駄作者の嘆き、しかし、何とか
手早くと考え、その結果です。

『これだけのプログラムに何年かかったか、想像に難く
 ない。艱難汝を玉にす。君に与える言葉である。
 サイト調べのプロと答えておきたまえ。』
    :プログロマー
『そうだよ、M08、M10、どこにある星座か言って
 みたまえ』 :天文趣味家
『・・・・』
『何が、ハード・ボイルドだぁ、そんな甘いもの
 ではない』 :新進気鋭作家
『・・・・』
・・・・
 実録輪島コネクションの各界であります、フィクションです。

現実は、こういうものです。
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
=====================
****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2394大原練習2294天の下2694 ANGOLA Memoria 友ヶ島380記憶 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42448
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@526上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@526
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽