2020年03月23日

卒業4570ANGOLA Minha casa 穂浦430我が家 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/17 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4570京都船旅3470
古譜2470大原練習2370天の下2770 ANGOLA Minha casa 穂浦430我が家 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
穂浦 家の前 気象の衛星が 小屋根の
高さに浮かんでる 奥座敷には文机が
備えられ 壁にプラズマの大きい
テレビがかけられている ここ
我が家の裏には海がある 
いつもザーザー

 狐の天気予報。〇r1998/12/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
20200322記。
 そうきょうよい時です。
【現、憲法】
  古い面富を、面つゆ、という。面露とぞう。メンソーレの
言いが、この面つゆの言葉である。

 御免そうらえ、という、御免候(ごめんそうろう)の露春
(つゆはる)という。

 この『露』が、露国、露刻にかかったことという。露の
朝という、れを、露地浜という、路地の造りという、色の
ある露という。和国の露地露時という、ロシックの山という。
露地区。

 これが後、『じく』をとる、枢軸という、後、多軸と
という。多軸をとる子という、家を子という言いのこと
という。

 枢軸国を連面という、連面の面浜という、これをめんぴん
という。雲浜(うにぴん)の語源である。これが、久米の雲
の、雲浜である。

 梅田雲浜という小浜の藩士という、ろやる浜むむ、という。
これのものを、鴨せる、という。鴨山の鴨ゆり、という。
鴨山のゆり、これを、ひめゆり、という。ひめゆりの山の
お絵という。

 鴨山御殿という、ひめゆり御殿という京都鴨山のペンスメ
という、ペンタの御殿という、五角形の造りである。これを、
ゆめかみ(夢髪)という、夢髪ペンタレという。垂れ。

 踏みの露という、露刻つゆ、路刻つゆ、という。路地の
露という。大阪梅田の、槍面(やりおも)るき、という。
大阪の槍山という、今の大阪梅田である。梅田雲浜小浜
連絡という、これを穂浦の小浜という、小浜コネクトという。

 和国の槍駅という、福井小浜から穂浦小浜、大阪梅田と
いう。三角形の列発という、これを、おきなう、という。
沖のない、である。なう話という。

 あざなうという、あざ(字)をなう話という。町造りで
ある。和国枢要という、和国のまはらま、という。これ
が、あつ(敦)のことである。発を敦(あつ)という、列車の
発である。 
 正(やなぎ)。M17フェーズ。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2470大原練習2370天の下2770 ANGOLA Minha casa 穂浦430我が家 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou43208
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@481上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/17柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@481
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年03月22日

卒業4560ANGOLA Mar azul 輪島420青海 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/16 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4560京都船旅3460
古譜2460大原練習2360天の下2760 ANGOLA Mar azul 輪島420青海 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
穂浦に軍艦が浮かんでる 浜辺には
釣りする人の棹 浜のはく(浜の春の意)
菱形の大きい星見え 花赤く咲く
午前の沖 青色 小手にすくえば
青色 沖波のさざよせる 穂浦の江


 狐の天気予報。〇r1998/12/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
 そうきょうよい時です。
【和国、沖縄】
2020/03/16
  沖縄の髪に代表が出る、二百三高地髷という。古い日本の
髷である。日本をよる髷という。沖縄の翁という、翁の髷と
いう。

 沖縄が縄を降ろすという、縄を降ろしたみずち、という。
みずち髪の話という、古い沖山の物語という、人の髪を頬
にかかる所まで降ろした、みずちのいいという。この『
いい』が、いいであり結いである。髪を結うということの意味
という。言うという、結うという、ことのいとすり、という。

 沖縄の、ゆいゆい、という、サーユイユイのかけ言葉の
意味とぞう。沖縄の二百三高地という、ここを、ひめゆり
山という、ひめそらくの鶴居山という。

 鶴の形のみずち髷という、鶴を、あませみ、という。
あませまの言いという。詩形の民槍(たみやり)という、これ
が沖縄の、めんさむの言いである。

 サーユイユイという、さあれるの言いとぞう。沖縄の面相
という、メンソーレという、めんゆたのおいそはみ浜という。
『ゴーメラ、はっぷ』という、『いっくはっくす』のゆい浜
という。古くの、板ゆた、という、板でかこった家の浜という、
手巾程の板を並べて立てる、家の周りという。これを、板ゆ
た、という。後、田のという、田んぼの周りに板を立てること
の由緒である。これを、面相という。

 面相らう・ゆめふめ、という。これを、面富(めんとみ)と
いう。沖縄の言葉がこれである。
正(やなぎ)。

  輪島コネクション 輪島M21
【日 付】2020/03/21 晴 
【場 所】輪島市椅子浜(いそ浜)
【指 令】
【特 記】MOVE
【感 想】仏像、木造物
20200321記。
 『あの仏像めが、‥』という、開眼の言葉という。仏像が
動くという、これを、慟哭(どうこく、(どうく))という、
仏像のことをいう、これを、ウゴク、ともいう。仏像を
『ウゴク』という、らせの言葉である。

 うごくらせという、う・ごくらく、という。らせの言葉
である。木造の物にも用いる。慟哭物という。もくもの、
という。もくぜ、という。

 もくらみかく、という、みいらる・おんりそ、という。
これを、おんりそわか、という。後、仏教の言葉という。
寺の祭りという、仏像を動かすこととも。

 俺の好きな言葉である。『みいらっせ』という、
『御覧なされ』という意である。『みいてみ』という、
『みてみ』という、『御覧なされあれ』という意という。
てんとめの言葉という。みとめ山の言葉ともいう。

 『おいら』という、これを『おら』という、『うら』
ともいう。輪島浄土という、穂浦の浄土とも。同じく日本
全国の和国ともいう。輪国浄土という。ずんだめの言葉と
もいう。ずんだつの言いという、『ずんだれめ』という、
主として、ずめそくである場での言いとぞず。

 ずめの世のお書きという。これを、『おれ』という、
『すめ』という、ここにいることをいう。おれという、
『うらは、ずめっせ』という、『うらは、ここにいる』
という、北陸の言葉である。『おらは・・』という、
『俺は』という、これが、『うれは・・』という、
言葉の変容という、方言である。

 『ずめふれ』という、『うれら、ずめふれ』という、
『うれは、ずめふれ』という、『ずんずんずんどこ』と
いう、『うらの、住む所』である。

 『ずんどこ、ずめすめ』という。
 『うらっせ、げっちゅはっと』という。
 『うらうら、げせませ』という意とぞず。
  うらみすの言葉使いという。後、御簾のうら、
 という。御簾の中の言葉とぞず。
 御所れんすま、という場所の言葉である。これを、
 ごれおり、という。ごれおりの御所みむ、という。
 御所住まいのことである。
 『ごぜんら〜れ、あっぱせ〜ら』という、
 『うたち、御所めまである』意とぞず。
 であ〜る論図の言いという。めむそめ、という。
 めむそめの言葉である。後の、御所いっとぎの
 言葉とぞず。御所の御簾の内の言葉である。
 
 『ばっぜら、あ〜るすてっか』とぞず、『ここに
 います』という意である。後、輪中の言いという。
 輪中の輪島という、めるせるれてす、という。
 め〜れるれんての、言いそむ、という、言葉である。
 
 『俺っさ、山っつれって』という、話連れの山行き
 とぞず。ま〜れる連図の言葉とぞず。れて花の言い
 という。うぜるせ・らっくす、という。はっぱすの
 言いという。
 
  山せらの頃の言葉である。輪中に残る言葉とも。
 輪島ともいう、そこの言葉である。軍艦島のある所
 である。一部、和歌山の加太、友が世の場所とも。
 
 『友がっせ、らっつぅ』という、せらつうの言葉
 ともいう。和歌山の友ヶ島の言葉である。加太とも。
 輪島、軍艦島でもある。
 
 ワーレンルゥという言葉の、がぜせら、という、
 がぜ山ともいう。
 
 『おらっせ、ぺっぱぶ』という、かみその言葉ともず。
 カーレルレンルゥという、かめせの言葉ともいう。
 かりる山のお書きという。この書である。
 
 『ぶれっせ、ぺっぱぁ』という、『おいら、います』
 という意とぞず。
 
  いろんな言いをする、穂浦御所ろんくく、という、
 ろんくる、ともいう。論句の山のおよわえ、という。
 ろーるす・れっく、という、ロールス連の言葉という。
 『わい』という言葉である。
 
 『わい、はっせら』という、これが、後、ハッセル
 ブラドウという、はせの山のお江の道の意とぞず。
 ぶらどうの話という。
 
 『わい、はって、ふぁーふぁー』という、『私は
 手ぶらで行きます』とぞず。るんらめ、という言葉
 である。
 
 『るんらめ、びぶみっつ』という、
 『みつに、つゆらるお行き』という意である。
 私は行くの意とぞず。
 
  後、こわふめの言いとぞず。
  こわれんて、という。こわそめ、ともいう。
  『こわ、いきそず』という、『私は行きます』とぞ。
  
  御所の言葉であり、穂浦の言葉であり、日本の諸々
  の言いである。和国という所の言葉でもある。
  日本である話という。
  
  『おらっせ、うっちゃら、これにて』
  これで、締めます意とぞず。正(やなぎ)。
  
  後、象牙加工である。その、しごつめの言いで
  ある。象牙の造りの木の加工とぞず、白檀紫檀
  黒檀の加工の言いとぞず、職人の言葉言いとぞず。
  
  これにて数用るいるい。正(やなぎ)。
  M21、バクホン。
====================== 
 【日記の効用】 

貝暦、世は平和である。
 ある貝の日記、より。


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2460大原練習2360天の下2760 ANGOLA Mar azul 輪島420青海 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou43108
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@543上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/16柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@543
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年03月21日

卒業4550 輪島410放射能 (壮強太陽):イカスミ柳 文だけ

文だけ

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/15 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4550京都船旅3450
古譜2450大原練習2350天の下2750 ANGOLA 輪島410放射能 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
 狐の天気予報。〇r1998/12/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
 そうきょうよい時です。
【和国】
2020/03/16
 久米の仙人という、日本の古い話とぞう。踏川山の話と
いう。久米らまのおい春という。久米のひめゆり、という。
この話が、久米の仙人の話である。久米の芋山の話である。

 久米の仙人が女の足を見て雲から落ちたという。意味が、
上文である。御名を下すという、名をつける、くゆはり、
という。名づけのことである。自分が名乗ることをいう。

 これが、久米の脳という、能という。脳の働きを能と
いう。にもはり、という、脳の働きである。脳をたっとぶ
、せっぱんという。せっぱんのゆい浜という。ゆいれる・
うせらま、という。
 
 この『うせ』が、うさという、うさ山のおゆ花という。
これを、うさうさ、という。うせのことの、とい浜という。
浜を山という、この『山』の、寿ぎ(ことぼぎ)という、
寿ぎの、じゅめ、という。寿目。この、じゅめを、じゅ
がん、という。寿眼。これが、めめの言いである。
目寿山という、これを、髪ふる、という。人の頭をたっとぶ
ことをいう。詩形の山という。

 うたの形の髪という、髪を、やり、という。やりふりのお
そめそ、という。この『詩形』を、おやま、という。小山の
『小』の意味である。正(やなぎ)。

  輪島コネクション 輪島M20
【日 付】2020/03/15 晴 
【場 所】輪島市椅子浜(いそ浜)
【指 令】SHAPE CHANGE
【特 記】Mask
【感 想】菌将軍
そうきょうよい時です。
 原子炉が万が一、爆発すれば、放射能源として、それなりの
利用をする。可能な話である。広島長崎で立証されている。
奇跡の復興である。手短な、ラドン温泉もある。
アンゴルモア大王ではないが、ばい菌が世界中に万延すれば、
原子爆弾投下したらよいと思うヨ。世界各国も非核なんとかで、
おいているんだ、こういう時のためだよ、ドカンといけば、
きのこ雲もできていいよ、疫病治癒用原爆だ。

 こういう奥の手もあるということだ。放射能ねえ、
広島長崎の放射能は、活発に元気にしているのかねぇ、
半減期なんとやら、もう、過ぎたか、『どげんしたとネ』
、針金を歯でかみ切りながら言った人という。

 あの地域には、骨の硬い、硬骨漢がいるヨ、隣のとっつぁんだ。
『あ〜ら、一万年もつのねぇ、骨が硬くなっていいわよ』
広島県民、隣のおっかぁだ。

 『ずんだれめ、五千年、一万年?、なんばいっちょるか』
長崎市民のおじっちゃんという、長崎広島の民の意気だよ。
このように復興がなったのでは・・・、ミラクルMという。
 
  半減期はどうなったんだ、広島長崎の放射能。
 範元気、汎元気、半元気・・・・放射能の名前にして
おいていいくらいだ。
『半減期一万年、おめぇ様がつきあっていればいいよ、
 長生きを祈っとくよ。俺は、アンゴルモアの大王に
 でもあってくるヨ。』
 
  真心願の民の土地という、長年、立ち入り禁止かえ?、
 俺はいうことをきいておくよ。広島長崎の放射能の半減期は、
 どうなったんだ、ずうっと、つつがなく、住んでいたの
 だろう。
 
  そのうちに人は入っていくよ。自分の責任で入れば
いいんだよ。自分の土地だから見に行くと、これも至極、
当然のことだよ。広島長崎の放射能半減期には、何もい
わず、オカシイかな。俺のまっとうな疑問だよ。
 
  ミラクルの時相ってものだ。福島原発事故から、
 もう2万年はたっているだろうという俺だ。
 台風の影響で、時間が変異したんだ、放射能が薄く
 なったと、時間も変異したのだ。俺の、時間変異論だ。
  放射能でなくとも、ゴースト・タウンも、あっても
 いいだろう。
 柳・柳々(やなぎ、りゅうりゅう)亭の落語だ。
 
 正(やなぎ)。M20 インターネット落書き文書。
   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2450大原練習2350天の下2750 ANGOLA 輪島410放射能 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou43008
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@188上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@188
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年03月20日

卒業4540 輪島(壮強太陽) 文だけ :イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/15 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4540京都船旅3440
古譜2440大原練習2340天の下2740 ANGOLA Lirio preto 輪島394黒百合 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1998/12/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】

 そうきょうよい時です。
【和国】
2020/03/16
 言葉をとめという。とめの、いさゆき、という。いさいさの
由緒という。れってるうかす、この『れて』を、はゆはむ、
という。大御爺さんという、大御婆さんという、古い日の
お書きという。おやる浜ゆま、という。言葉の使いの糸の屋
という。わたせま山のおいそい、という。らるすて、やらる、
れせそれ、まゆれる、という。後、眉という、わたわたの眉
浜という、眉を眉浜という。人の世のお行き(お生き)という。
いくる山のお書きという。これを、たつる、という。

 田に居る鶴を、ひゆ浜という、ひゆれる田のあい浜という。
あゆすて山を、れろんふっくす、という。ここを、あいさみ
槍という。あい山の和国という、あいを相という字とぞう。

 日本を興す日の和国という、我すれのやいはむ、という。
日本を、ころふみ、という。後とぞう、コロポックルという。
コロポックルの国という、日本のことである。

 またゆたの言いという、ころ浜の言いである。和国枢要の
話という。わっかくれっくの言いである。和国の話という。
日本の元の話という。和国ゆま、という。われせの山の沖
という。この『沖』を、るい浜という、浜れらのゆい浜と
いう。後、くゆ浜という、後、くめた浜という、くめ浜と
いう、こんそみのかゆふり、という。くめすまのお言いと
いう。

  輪島コネクション 輪島M19
【日 付】2020/03/15 晴 
【場 所】輪島市椅子浜(いそ浜)
【指 令】SHAPE CHANGE
【特 記】Mask
【感 想】放射能
【ころ菜】
 ころ菜という菜っ葉、放射能が入っている時という。
うまかったという。ころな菌より出来たきのこという、
うまいことという、増す味という、マッサージの肩、
モミモミ、革命の一手段である。

 長崎、広島には、粗野な人がいる、素朴な人という。
『そうじゃけん』『ずんだれ』という、歯がつよい人
がいるという。細い針金なら、歯でかみ切るという。
勿論他府県にもいます。

 関東地方、そういう人が増えてきているのではないかと
思うのだが、

 スリーマイルも、なにもいわない人達で、骨が硬く
なったのではないか と思う。
【放射能源】
 放射能源という学者のような言葉を使う俺である。
放射能源が一つ増えたという、福島である。

 ここで、俺がいう、人の骨には、放射能がある。源
泉は人体である、原子力炉ではなく、骨にあるものである。
ソリットという。骨の周りの肉の健康を増進していく、
骨の働きである。

 原子力発電所の放射能という、放射能源の放射能と
いう。この働きがある、人体の骨から出る放射能と
同じ性質である。
 放射能源という、元、爆発した所という。あそこは、
放射能源であると俺はいう。これが、骨を強くする、
硬くする、歯によい影響がある。

 歯で針金をかみきる、そんな人がいるのではない
かな、放射能源の近くの人達である。

 この放射能のあるところで、ソチで、オリンピック
があったという。健康をめざすオリンピックという。
放射能による健康があるという、人の本能ともいうべき
ものの発露であると思う。

 核実験もしないという、放射能が問題であるからと、
ちょうどよい機会であるかもしれないことという。

 『歯を強くしたい、骨を硬くしたい、それならば、
放射能源へ行ってきなさい。』 もうそろそろ出て
くる頃である。放射能による健康の一つである、主と
して、骨、歯である。俺の放射能論である。

 実は、俺なんかはそうだ、歯はつえぇんだ、ざい 歯
だ、かあってるんだよ、わあってるんだ、放射能に
当たっていたからだ。それに、ころ菜という菜っ葉だ、
勿論、放射能含みだよ、これをたくさん食べていたんだ。
輪島原子炉寝て暮らす記である。

 ころな菌という、懐かしい菌である、食用きのこ造りの
菌である、俺がいうころな菌だ、ウザイんだ。それで、
思い出しのだ、俺はまんまんと放射能を浴びたと、マン
モスがいた頃である。

 ひとり残らずマスクをという、Mの到来である時節で
ある。一億五千万総マスクと、そういう時代である。

 これで、るせぇ野郎がいる、ミュージックもMですがと、
古来名医のノストラダムスも、Mだ、音楽だと言っている。

 病を制するに、音をもってあたる、さすれば、治ると
いう。山拝みという、マウントであるという、Mである。
マインドという、まごころねがいという、いきつくところは
Mである。Mの医学である、メデシン、メデカルという。
これが、マンという、人である。

 放射能という、放射能の殺菌のお世話になっても
よいという、放射能の殺菌である。

 爆発という、放射能源にしておけばよい話である。
近代的な目という、放射能源としてとらえる、とらえ方
である。放射能源という、俺の見方である。福島の爆
発の原因は、まちがいなく、地震である、自信まん
まんの俺という。広島長崎福島、放射能源である。

 コロナが放射能にあたれば、どうなるか、殺菌がある
ことという。消毒の放射能という、そういう見方である。

 『なあ〜んも、こわくねぇんだ』、言葉も訛る俺で
ある。『そこのおとっつぁんだってそうだ、おかんも
そうだ』、放射能便というのもできてもよいくらいである。
【アンゴルモア大王】
 ノストラダモス、『アンゴルモア大王が降りてくる』、
健康のうんこのことである。
 彼の透徹した知識は、未来をも見通していた、やがて
日本はきのこ雲におおわれるであろう、原爆投下である。
健康である。歯が強くなる話という。ノストラダムスを
彼という。偉く見えるお書きという。

 キン将軍に頼んで、日本を狙うて日本海上で一発と、
言えば、喜んでしてくれるかもしれない。テロ組織も
そうである、老朽施設の放射能も少ししかでない、新し
く塗りなおし、見せかけをらしく、調度、放射能がほし
かった頃だと言う、

 科学テロという、人は傷つけませんという、技術
テロはこの辺を心得ているのである。

 壊す手間がなくなったよ、それに放射能も少しだが
出ているよ、皆には、テロの仕業であるといっておくよ、
そういうことになる。放射能源という、とらえ方である。

 テロには、しっかりと言っておけばよい話という。
飛行機もそうである、乗れば、屁を放射すればよい、
ヤナギと一言いうのである、安全がやってくることという。

 きん将軍、場合によっては、マネーを要求されるかも
しれない。テロの場合は、もちろんただである。ハード・
ボイルド編で、テロを古い小さな原子炉に案内して、
塗り替えの、原子炉を指させばよい、簡単にしてくれると
思うよ、すべては、Mの時代である。ミラクルの時相で
ある。

 疫病がでれば、一発、原子爆弾を投下するのだ、俺の
非情の哲学た、科学だ。るせぇことという。台風にも、
原子爆弾投下だ、こういう働きもあるかもねぇ。

 共産主義を、このまま、置いておくことという。
核兵器という、大切なものである。

 フフフと笑う、福島住民の人という、あの辺は、コロ
ナ菌と言えば、きのこ造りかという地域である。
ばい菌には、強いのではないかという福島である。
マスクをはずした俺である。

 放射能療法、骨の放射性能、遠い御代の阪大理医学
御講という、輪島原子炉寝て暮らす、放射能の中にいた
俺である。ひたひたと押し寄せる放射能という表現をする
俺である。何万ベクレルであったか、充分にあたっている
俺である。原子炉の中という。
あのころ菜の菜っ葉はどれくらいであったか、輪島ハー
ド・ボイルドである。原子爆弾の使い方という、俺の
ハード・ボイルドだ。

 はっ、これは、ルザイ書きであります。
 
 るせぇ奴だ。
  
 正(やなぎ)。M19。
====================== 
  //□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■



【日記の効用】 

貝暦、世は平和である。
 ある貝の日記、より。


   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2440大原練習2340天の下2740 ANGOLA Lirio preto 輪島394黒百合 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42908
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@-149上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-149
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年03月19日

卒業4530: 抹殺者 文だけ: イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/14 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1998/12/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】

 そうきょうよい時です。
【菌将軍】
2020/03/16
 この、ましんがんを、しんしんという、しんしんがん、
という。しんしん語という。まゆれるえるせる、という。
しんしんという意味の言葉の一義である。後、新進、心身
・・という、心身の真心、こころみのまごころ、という。

 まごころねがいの町という、わしんとみ春という。とみ
の山のお絵という。

 流世(流生)の身という、世を渡る人の心という。心を、
せやま、という。せめ、ともいう。心を、よもせる、という、
せり、という。ここ山のお絵という。かみ山のお書きという。

 かみを髪という、この髪を、心髪(こころがみ)という。
かゆせる山の絵という、御名ュおんな)の弓花という、人の
頭髪である。これを、とうばん、という。とう山の家の言い
とぞう。とうせる・れるすて、という。とう山の家を、日の
山という、日山のおい花という。おいらくを、せとよとにと
る花山の絵という、人を、すれすれ、という。これが、浄土
の言葉である。

 大御婆さんおられおられ、という、大御爺さんおらるお
られという、、大御婆大御爺という、ばや浜れまろむ、と
いう。この言葉の綾山という、言葉を、寿葉(ことば、じゅ
よう)という。言葉のたっとさをいう。言葉を使う人の心を
真心という。

 るせぇな人という、うざい人という、流生のふつはつ、と
いう。これを、やとめ、という。めを、そくれく、という。
目の山の世という。目をとる闇はみ、という。

  輪島コネクション 輪島M19
【日 付】2020/03/15 晴 
【場 所】輪島市椅子浜(いそ浜)
【指 令】SHAPE CHANGE
【特 記】Mask
【感 想】菌将軍
 古クーベンタン街道へいけば、オーベルニュ、翼よあ
れがパリの灯だ、シャイヨー宮、五つの小エッフェル塔。
マスクをはずして、黒衣装。
 無線操縦のトロイの木馬住居兵士、しらせらのスターウォーズ
ルック。キカイダーは、兄であるという、ターミネーターがいると、
いう。大井川鉄橋という。嵐が大和やってきた。
 
 ハレー彗星が近づくという、三宝に餅を供え、出迎えという、
めでたいことである、真心願のショウロムという。
 ハレー彗星には、菌がいるから近づけば、人類は全滅すると
いう。トロイの木馬の住居の頃である、トロイの木馬には菌が
いるという、、菌が変わり、機械にうつったという、二進演算盤
理論という。
 ころ菜という菜っ葉と、食用きのこ製造のころ菜菌、経済界
きっての殺菌者という、二千円札という。
 トロイの木馬を探す猿面冠者という。二千円札には殺菌力が
あるという、経済革命の健康経済という、三千円札の話という。

 黒死病という、全ヨーロッパを襲うたという、ノストラダムスが
やってきたという、音楽が掛かっている医務室という、メロディー
Mの枢要という。

 ふってわいた、放射能歓迎説という。菌将軍の話という。放
射能には、殺菌力がある話という。マッシュルーロのM、マス
クのM、メロディのM、抹殺の馬頭琴という。抹殺者という、
馬頭琴奏者である。

 馬頭菌という、菌という、紫色の鬣(たてがみ)の白馬という。
ころ菜菌の種類という。
 楽だが、親を思い涙を流すという、馬頭琴の音色という。
駱駝に健康のこぶという。

 暗殺者の月琴、
 抹殺者の馬頭琴、
 拷問者の三味線琴、
 
 このキンは、どこへいったかという、隠された楽器という。
探せばあることという。外国にある。
 火を制するに音を持ってする。病が廟にかわったという、
日本各地にあった孔子廟堂という。甲死病という。
病を制するに音をもってする。音楽の健康という。
経済の健康という。世界同時革命という。一字一柳の手始め
である。

 トロイの木馬住みて心地良きとぞう。輪島コネクション・
バックスという。正(やなぎ)。20203019記。
 正(やなぎ)。M18、バクセラ。
====================== 

【日記の効用】 

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2430大原練習2330天の下2730 ANGOLA Lirio preto 輪島394黒百合 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42808
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@-84上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-84
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽