2020年02月26日

卒業4447ANGOLA Instrumento musical 友ヶ島300穂浦・楽器 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/11/20 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】卒業4447京都船旅3347
古譜2347大原練習2247天の下2647 ANGOLA Instrumento musical 友ヶ島300穂浦・楽器 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
穂浦兵学校へ学びに行くと いろいろな楽器が
置かれて ピアノ 四分一半音 三分一半音
細い鍵の鍵立てに 添えの譜立てがある
パタチャンがこみすれ べいじき メノがある

 狐の天気予報。〇r1998/11/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
 穂浦の楽器。
ピアノ:1/3、1/4半音の細い鍵のピアレル、ピアシモとぞ。
   ミ〜ファの間が、そのまま1/3、1/4で、全音仕
   様もある。使わない鍵を立てて譜面台に使う仕組。
   大きさは今のピアノと同じ。
こみすれ:ピアノの強の時、大太鼓を入れる。こみすれ拍子
   という。こみすれという楽器もある、弓に糸がはっ
   てある造りである。糸がナイロンの糸である。
パタンチャ:ドラムのこと。ささらばんぜら、という、
   ささらを使ったドラムもある。ほぼ、今のドラム。
   ささらのスティックをベンソムという。楽器用冠語
   である。ベンタム・ミッソンという、拍子の機械を
   添えることもある。メトロノームのようなもの、
   円筒に廻っていく針のようなもの、定位置で音が
   鳴る、数種音。
   大太鼓と小太鼓が、入れ替えられる仕組み。
べいじき:大きなコントラ・バス。
メノ:大きな貝の楽器。空気入れで空気を送り、蓋を開
   け閉めして音を出す。
 他に、今様、電子楽器もある、電子ドラム、電子バイ
 オリン・・・である。
【穂浦】
 そうきょうよい時です。
 
 穂浦によりを持つ話という。穂浦スタック・レーテと
いう。
 スタックの、よっすその、いよ、とぞう。れんるすの、
かよふり、という。ろろとす・れむそれ、とぞう。これ
を、スタック花という。れうれうろんとの、かよっすく、
という。これの意のお書きとぞう。

 穂浦を、けまそみ、という。これを天よりの山という。
天発の山の、けっぜ、という。これが、といふる、とい
う、いとゆその山という。れんれるの、かいふり、とぞう。

 げてまさ、という、れうれうろっくす、という。この
言いのおいいとぞゆ。おいっすその海軍という、磯の、
かいはる、という、これの言いの海軍という、これを、
ペントルという。ペンセムの、ゆいとす、という。これ
が、後、パッシブ・レーレという、おいどっいとの、
わんせば、という。このワンセバを、かいある、という。
かいせまのむおこと、という。れうれうれんての、ゆい
おっちす、という。この『おっちす』の意とぞう。いれ
るる山という。おっちんたっくの言いという。ろんるる・
るるらる、という。これの言いに、おいすをいう。おい
すという、おいらく・やりふり、という。これの書きを
ろっくれつ、という、今様に、録列とぞう。
【小野、ひめゆり】
 ろくそん・たっくの言いという。六列を論ずる、れぶ
すれ、という。れるれる・ろりすり、という。あてみた
の山という。れうする・れるれるの、こいふき、という。
これの言いを残す、このもきふき、という。この『この』
を、『小野 この、おの』という。小さい野原という。

 小さい野のおゆり、という、ひめゆりという。ひめそ
めのお咲きに、埼をとる、ひめゆりの塔の意味である。
ひめゆりのたお、という。これを、塔という、たおの意
味という、道でもある意とぞう。たおせる山のお書きと
いう。たおの意のお書きである。後、たおをとう、とい
う。たおやらのふみゆみ、という、言葉をふみゆみという。

 踏み行く道の形容とぞう、踏みと文とが同意味である
ことをいう。ふみらむ山のお絵という、この『絵』も、
『絵』である『江』である意とぞう。海岸の江であり、
川の江であり、山の江である意とぞう。れ゛んせの言い
という。れって、とぞう。れて言いという。

 『はんぬられーれ』という、はべせべのあるんたす、
という。はってのゆみそみ、という。これを、れとゆと、
という、いいしまのお言いとぞう。れとゆとのはめ、と
いう。この『はめ』が、よみをいう。この世を、よみの
世、という。よみ世のしらふりム、という。れぶせべの
ゆみとす、とぞう。れれせる・ろんみす、という。れれ
てのお言いという。
【ドイツ】
 『おっせられーて』という、『教えられて』という、
この『れて』の『れーて』をいう、はんみらるう、とい
う言葉の使いとぞう。このままの、ドイツかんはん、で
ある言葉とぞう。ドイツかんはんという、ドイかんの、
はんなむ、という。これが、ドイツ語の漢かんはん、で
ある。

 かんかんしー、という。かんれる・はんより、という、
れれせぶの山という。ドイツ語の出来とぞお書きといず。
といはるの山の、おいそい、という。れれんてのお言い
とぞず。

 『といずらって・れーた』という、これが、どいおす
ドイツの江戸茂の冠話である。のち、どいっとんを経る
ドイツ語という、このどいっとんの言いがある、アルス
・ベーレンという。アウフ・ヘーベン・ラークーのお言
いとぞず。
【屁】
 この『ヘーベン』が、屁である書きという、ウイット
ン・ラックのお屁という。京舞妓の『お屁ひいた』とい
う言いとぞず。おならをした、という意といも。

 糸芋の屁という。糸の言いといもず。糸っ屁の槍とい
う。屁をひることをいう。これがドイツの医学になる、
ドイツ医学のアウフ・ヘーベンという、ドイツの医学の
屁の考察という、この考察を、『ふくぜく』にとる、フ
ックスのふりさめ、という。ふりるりおいすい、という。

 屁の効の書きという。屁をめでる書きである。これを、
てめそる、という。てれて、ともいう、てそれの類推と
いう。るりるりのお屁という。ヨーロッパ連の屁という、
ようろうらの、うらっ屁という。ようろうを、養老とい
う。養老連の屁という。少し、以前、ヨーロッパ、アメ
リカ、アフリカ、中近東という、全世界、屁について、
『エチケットに範する』と言う。

 アントワネットの屁という。この時、屁をひる、とい
う。この『ひる』に掛けた、『へる』という意味である。
『屁をふる(経る)』という、古語の言いという、屁を
経る(へる)山の言いという。この『山』、地形上の山で
ある。
【ドイツ医学】  
 屁をする人のお書きという、ドイツの医学のアウフ・
ヘーベンという、ヘー便という、ヘーの言葉である使い
とぞう。ドイツの屁こきという。ドイツ医学のこととい
う。ドイットン・モーレという、ドイツ茂の話という。
ドイツ山のお書きという、この『山』、話である。

 さて、屁の研究をいう、ドイツ医学が先んずることと
いう。屁をこくバットマン医術という、これを、いたち
の最後っ屁という。究極の医術という、患者に屁をする
医者という。これが、インター・フォン・ラーケという、
フオンという屁の音である。御所の医術とぞもう。

 健康になっていく、病の治癒という。これの効果であ
る。そくふんという、屁のことである。『そくふん、ひ
った』という、屁をしたという意とぞず。屁のいおう(祝
う、関西音便)という。関西音便の話という。いおう山の
お書きという。

 『そこの皇太子妃、なにぬこき』という、これが、皇
太子妃という、太子の言いという、意が『屁をする』と
いう意とぞもふ。といつやれ言いという、太子言いとい
う。

 皇太子妃は、胸部の下をいう、腹部のことといつ。胸
の下を皇太子妃という。いくぶん、皇がかかる場所とぞ
ず。ここをめでる言いという。『こうごう(向後う)、
なにぬこき』ともいう。これが、腹部を考察する言葉で
ある。屁がひられた後の効果をいう。古ドイツ医学に、
これがある。アウフ・ヘーベンの屁の周りという。
屁経(へへ)山お書きという。

 ドイツ医学がいう、アウフ・ヘーという。アウフ・ビ
ーダー・ゼーエンという、アウフの屁論という。ドイツ
の屁という、さよおならのさようなら、という。屁を
こいて健康をいおう(祝う)挨拶という。アルト・ハイデ
ル・ベルっ屁、という。アルト・ハイデル屁という。こ
れが、アルト・ハイデルベルグの町の初期処方という、
医学の初期である。
【ヒットラー】  
 ヒットラーという、ひっつる、ひってすの医学とぞう。
『ガス室へ送り込め』という、屁をかがすことをいう。
ドイツの知恵という。これが、屁をこく屁行期、屁行器
・・という。アンナプルナという、アンネの記という。

 ドイットン・モイトスという、ことの記とぞう。屁を
こけという、ヒットラーの医術という。これが、バット
マンのヒットラーである。ヒドラ・メントスという、ド
イツ医学の医学用語の言葉である。屁の効果の表しとい
う。健康な人の屁のという、健康の一側面である。

 舞妓のお屁という。舞い舞うおならという、O-narah
オーナラーという、ドイツ、ハイデルベルグの冠語の挨
拶である。れが、ヘー便である言葉である。ヘー便語。
【上杉謙信】
 『べんべん』という、おならを便という、便ともいう。
鞭声粛粛という、夜、河を渡るという、屁をこくことの
形容である。上杉謙信という、川中島のことという。

 チャールズ・ウイットソンという、バネダ、ネバダの
ダラスの国のリンカーンとぞう。ここの渡りという、上
杉越えという、上やらおうす、とぞう。屁の音のピアノ
という、ピアノの音色が治癒に効果がある鞭声の言いと
いう。
【ダラス健康】
 ダラス健康のリンという、リンリンリンという、ダラ
スの国の電話という、電話の音の形容である。これを、
鞭声音という、ダメッテル・ランソーという。これを、
乱相という。この乱相を藍の花という、藍の花の姿であ
る、乱相という。
【杉祭り】
 匂う人の闇という、これを、闇匂という、屁の匂であ
る。この書きが、平安の殿の書きである。平安殿を闇匂
う、という。闇匂うの殿という、平安殿の下へ歩むこと
の意義とぞう。屁の匂いの平安という、平安時という、
リンカーンの植えの杉という、杉を、への木、という、
杉の木の屁を、杉っヘという、平安木という、杉のこと
という。杉の木の祭りという、後、平安朝の仮装という、
平安時代の祭りという、杉の木行列という、時代祭りと
いう、今のことである。屁の行列という、おなら行列と
いう、時代祭りの杉ッ屁という、すぎっぺ、杉っ辺、過
ぎっ辺である。この意が時代祭りにある、リンカーン・
ワットソンという、時代祭りの周りをいう。

 この日の御所、杉出しという、杉出し村という、杉出
し邑という、この両方を尤(ゆう)という、尤里御所とい
う。時代祭りの御所である。ここの尤里閣(ゆうりかく)
のまりという、後、鞠小路という、時代祭りの道である。

 ここの尤里閣を、への木小路という、御所の一角であ
る。杉の御殿という。どこに杉があるか。祭りを、杉と
いう、過ぎがある。過杉閣という、祭りの相をいう。
【へへへ】
 過杉閣の、杉の言葉という、『へへへ』という越えと
ぞう。へ蔵ともいう。屁蔵。ヘクラテスという、ヘクリ
テスという、御杉御蔵という、杉の木の屁の匂という。

 祭る杉の意義とぞう。杉祭りという、時代杉のすぎっ
つあ、という、つぁーれる・ゆんぞれ、という、つぁー
という行進である。時代祭りを、ツァーランという、杉
過ぎ言いという。この祭りに、白ろく、という、星遣り
着という、それを着て、見物に混ざる祭りの十字人とい
う、これを、スター・ウォーズという、過杉閣の杉祭り
である。これが、時代祭りの由緒である。由緒のことを
屁という、由緒書きを屁書きという。

 ドイツもっとく、という、もれせる持ちという。時代
の行列に向かって屁をこく人という。これを、もいせま、
という。スター・ウォーズの城ろく、という衣装の意図
とぞず。といせる山という。
【みよやり】
 時代が過ぎるを、みよ浜という、過去を、よみやり、
という。これが、黄泉の意である。今にある、黄泉とい
う。
【ゲルマン人の移動】
 『えんせ・たっくう・はっくう』という。黄泉の言葉
という。スター・ウォーズの白ろくの言葉である。意が
『アイ・ロット・ルック』という、これが、高地ドイツ
である、ゲルマン人の移動という、時代祭りに含まれて
いる、れらんて、という時代の過ぎである。

 黄泉やり浜ゆみ、という、時代祭りのことである。
白ろくのまつれつ(まつれす、とも)という。*****
のお言葉である。『ふゆふゆ、めむてす』とい
う、お教えとぞう。過杉閣講義である、御所講義という。

 おたう(o・ta・u)山という、後、おとうさん、という。
お父さんという言葉の発である、過杉閣の言葉である。

 これを、タウレスという、後、遠いギリシャ語という、
これを、禁発という、近いを禁という、禁裏御所(きんじ
ごしょ)という、きんり御所という。禁裏の意味である。

 タウレスのロットという、ロットマンという、ゲルマ
ンの言葉という。バットマンという、古代ゲルマンの低
地ゲルマンである、この言葉という、現、ドイツ語である。

 祭りを迂回し、屁を言う、時代のことという。過ぎを
よくする、屁をこくことの経過という、屁のこかれた時
の経過である、これを、荊軻(けいか)という、史記に出
てくる荊軻である。

 史記『燕王喜太子丹質於秦』、この『太子』が上文の
太子である、太子言いの太子という。ここの賞得太子で
ある若い人である。海軍屁学校という、医学の部門であ
る。穂浦っ屁お書き、これなる。正(やなぎ)。
【皇太子妃拝】
 『へぇ、そうですか』お書きという。屁の皇太子妃、
臍の皇太子妃、皇太子妃拝という、皇太子妃背という、
自分の腹部裏、背中を拝む、柳腰の人体という。
屁腰ともいう、へっぴり腰という、皇太子妃背という。
正(やなぎ)。20200225記。
【日記の効用】 

貝暦、我が輩の屁、インター・シェル・リンドン、
よろしき。正(やなぎ)
 ある貝の日記、より。 
  
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2347大原練習2247天の下2647 ANGOLA Instrumento musical 友ヶ島300穂浦・楽器 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou41978
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@358上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/11/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@358
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽