2020年02月21日

卒業4420ANGOLA Village 友ヶ島280穂浦祖 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/11/15 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4420京都船旅3320
古譜2320大原練習2220天の下2620 ANGOLA Village 友ヶ島280穂浦祖 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
あの島 この島も 友ヶ島の名前の
島々 古い祖の並びがあり いろいろ
生き物たち 楽しく住み 自らの仕事
精一杯してる 生みが祖にある浦
正(やなぎ)の風吹き 宮祭り花供え

 狐の天気予報。〇r1998/11/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】
祖:字(あざ)の古い頃、古字を祖という、穂浦の祖の言い。
【楽譜】
 そうきょうよい時です。
【双頬】
 そうきょうよい時です。
=============================
 明治の文人、夏目漱石は、よく朕を使う人である、双頬
(そうきょう)を使う人でもある。自分のことを双頬と
もいう。双頬レンツァーという、ツァーれる・ラックス
の言いとぞう。若い人の先生である。黄泉の話という、
お岩さんという、あこしみの、すきふきという、なつみ
山のお書きとぞう。

 双頬合唱、ツォーレル闇という。ツォーの肩ゆたれ、
肩声の合唱とぞう。

 人体発声の一文とぞ、上文である。文人の『みすを、
かく』という、御簾の掲げを、『みすかかげ』という、
これを、みすかかげ、という。掲げるを『かく』という
言いとぞゆ。みすかかげの言い。みす詩という、文人の
詩をいう。詩のことを、ポラミという、のち、ポエムと
いう、この言いを、ポーアの言いという。ポルーセン・
ラックゥの山という。

【ミイラ】
 四国を、死国という終わりという意という。この『死』
に、初めの意味もある。ピリオド・スタットという。
ピリオドという終わりで、始めていくこととぞす。この
具現の一例がコンピューターのプログラムである。
.log
.dec
・・・、period stat である。 

 古く、槌を、おわほめ、という。れせる・てんとす、
という。おわり、おわら、おわるの意である。レトンと
もいう。
『初めに死ありき』という。初めに、終わりが内包され
ていることという。『死に向かって生きる』という文芸
家の表現が出てくる。ここに、死を崇めることが出る、
各所の墓地という、尊所という。花やむ・えみそみ、と
いう。どちらもある話という。

 四国の霊場巡りという、四国以外にもある巡りという、
これを、てむふる、という。外国にも墓場はある話で
ある、この巡りのこともある。聖地巡礼という、巡る・
れいそめ、という。外国各地にある話という。
 これを、デリル・ランズレーという、でみそみ、と
いう。古く、やなほら、という。やなみら、ともいう。
これを、みいせる、という、ミイレル・ランズレーと
いう。これを、ミイラ、という。みもせる・れべんつ、
という。ミイラ山お書きという。
【御霊】
 古く、自分の御霊を、自分を、ミイという、『ミイは
行く』という、冠語のはしり、という。『ミイ、ファー、
ローテ』という、『私む、いよはむ』という、これを、
かんぜき、という。『私は、いきます』『私はいます』
という意である。かんぜきの言葉という、冠席。
 
 この冠を置く席並べ、という。席を、せいらく、と
いう、『らく』が地である、場である意。せいらくの
尊所という。墓を、かんずき、という、かんせらふう、
という。墓に冠を着せる風習 という、古い墓に、この
風習がある。この墓の冠を、『咸』という、古い冠の表
しとも。咸臨という、船のことを、かせぎり、という。
船を浮かべることを、そうという。操船という、葬に
かかる、死者の弔いという、船を、葬儀に出す行いと
いう。これが、霊場のめぐりふな、という、巡船という。
 相巡船という、操巡船という、操相の意合いという。
剣術の居合いになる後という。『居合いにやまず』とい
う、居合い術を、やまれく、という、はくすれい、と
いう。古く、僧という、曽(そう)という。

 よい、双頬のお書きという。自分の頬を、双頬という。
双頬のよい人という。正(やなぎ)

  //□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■

【日記の効用】 

貝暦、我が輩は正(やなぎ)貝である。
 ある貝の日記、より。
   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2320大原練習2220天の下2620 ANGOLA Village 友ヶ島280穂浦祖 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou41708
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@522上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/11/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@522
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽