2020年01月12日

卒業4337ANGOLA Montanhas azuis 友ヶ島65青山 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/10/06 名古屋港ゆれ。柳。
 2025/01/11 やなぎ。かわするろろれゆゆ。

**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4337京都船旅3237
古譜2237大原練習2137天の下2537 ANGOLA Montanhas azuis 友ヶ島65青山 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


 伴奏譜404-1s-30.mid

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜礼・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドフロデューサー かわい社
【歌詞】創郷 
海 真紅に染まって 島浦
見ていた 花揺られ 桃の島 友ヶ島
歌をお歌われ お爺さんのお声 山
岡の屋 温泉の暖簾がかかってる
青い夕空が来て 赤闇


 狐の天気予報。〇r1998/10/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【東大講】
【楽譜】
 友ヶ島、青い空に赤い闇の訪れ。真紅の海の友ヶ
島という。
【ダラス】
 そうきょうのよいこと、とぞず。
 
 アメリカ・ダラスという、ルクのダラスの人立ちと
いう。アラモをいう、アラモ・ウーレンの町卒という。
町の卒を、けよめる、という。この日の、ダラス・ウ
ォーセンという、ダラスのフォーリル・ロンズーとい
う。ダラスのすよっかす、という。ここのダラスを、
もっかくという。ダラスのもよふりという。

 ダラスが首都である頃のダラスの国という、このダ
ラスを北上する、ニヤー浜という、空路のぼきそきと
いう。古く、エッドワード空軍のカナダーハンという、
カナダの空軍という。カナダが、咸の国という、咸れる
の国のおゆさば、という。この『おゆ』の『ゆう』を
『ゆう』という。友、フレンド、という。
【のの】
 ここのフレンの芋という、この芋の名を、のの、と
いう。ここが、リンカーンである。今のオマハの近く
のリンカーンとぞず。このリンカーンの町の造りとい
う。ゼロを、オーという。後とぞず、ファイブレルと
いう、ファイブスという、ファイブの町の造りという。
ファイソルラルのいよふり、という。これが、リンを
よる、れいすずの造りという、えいばるの山のおよ、
という、よよの町のファイサルという。ファイセバの
町という、町々に、しる、しるく、をよる造りという。
エーラル山のお書きという。A。
【Tom、Dooly、トム通り】
 この日にエーをよる、町のあなゆににおよをよる、
これを、にゅにさま、という、にゅう様の入り用とい
う。A。街にまよの墓を吊る、という。墓を吊るし上
げるハング・ダウンのことという。
はんだん用の友という、
ハング・ダウン、ユアー、ヘッド、トム・ドゥーリと
いう。この通りの、
はんだん用の頭、という、友の通り、とぞず。
トムー・ドゥリの、友の通りという。
通りを、ドゥーという、これが、このリンカーンの古
い言葉である。これを、サング sang という。
【サング町】
 サング町の話という。ここに、ジェイエソという、
エソのジェイという、ジェイエソの町のオーゼル・
ストリートという。オーゼルのストのまやのまよ、と
いう、この言いの、マルカマという、古く、マルコス
という、今のマルクスの言いとぞず。マルクスの山と
いう、この言いに、マルキラーゼという、マルコスの
言いを変えたマルコムという、このマルコムの変えが
町の名である、この町の古い町名である。
【マルコムX】
 マルコムXという、町の通り名である。ここを、ロビ
ソマという、古く、ロビンフーズの町とぞず。ここの
リンカーンおやまり、という、おやの山のペアレスと
いう、ペア山の言いとぞず。マルコムの居間という、
古くの、マルカス山という、今の、まよ山のお居い、
という。このマルカスの山の麓をいるよる、という。
いるよるのマルコムという。マルコム山の居間という。

 ここの、まる鴨という、丸い姿の鳥のいた所とぞず。
これが、マルコムの鳥という。マルコムを山にたとえる
リンカーンの山の言いとぞず。これを、通道の名の
マルコムXという鳥である、まる鴨の鳥のことをいう。

 ここを、オースという、オース通りのX番という、
マルコムXの鳥のいた所とぞず。大きさが1メーター程の
鳥である。今のダラス尺の量りという。一ダラスの大
きさという。まる山のある辺りとぞず。

 ここにいた、ジェイエゾという、鳥である。も一つ
大きい鳥とぞず。3メーター程の鳥である。これが、
そうろう、という、そうろうの鳥である。後、かなの
鳥という。ソーロー鳥のおありるせら、という。
 日本のエゾのエソである。ジェイエゾという。
【ダラス、かなの日】 
 この日が、ダラスの、かなの日である、リンカーンの
ジェイエゾでもある。リンカーンとダラスが、同じ日
の呼びをする、リンカーン・コールという、ダラス・
コーリングという。リンカーンの古い日の呼びである。
この日、ダラスが、ダラス国の首都である。
【ダイオス、ダイエラ】
 これが、だいようのだいおせ、という、国の名の由来
という。古く、ダイオス国 という、ダイエラの国の
おゆれる、という。ダイエラの国の名前という。
このダイエラの国の首都とぞず、リンカーンの国の首都
である。

 リンカーンがダイエラを吊るう国の、首という、大
事な所のことという。これが、首都という国の大事を
表す言いとぞず、キャップの大事という、キャピタルと
いう英語とぞず。キャップが、頭である首であることとぞ。
【トン】
 首たる町という、これを、キャップテン・フールー
という、キャップトンの町という。この『トン』が、
大事を表す、人名のトンでもある。ワシントン、リズ
ートン、ウィンストン・・・という。町名でもあり地名
でもある。これが、地名に町をよる町造りという。
キャップトン・レースという町造りの一方法でもある。

 町を尊ぶ言いである。リンカーンのオーストンとい
う所にいたことという。そこの景である。オーストン景
という話である。大きな鳥がいた所である。

 Hang down your head Tom Doolyとぞず。
墓吊りの歌である、トム通りの墓という、町造りの一環
の歌とぞず。墓吊りの話という、これが町にある、
ジェイットの墓とぞず。若い人が吊り上げた墓である。
大きな鳥が羽ばたいてきた、トム・ドゥーリという、
鳥である。
【リインカネーション】
 head and cryという、頭の位の場所という、cap
である、頭で頭頂をいう、山にたとえて、山の位の場所
という。オーマムという、山の頂である。これを、冠語
という、リンカーン冠語のオーマムの山の言いとぞず。
若い youngを、poorという、若いボーイという、poor
boy という、young boyの意である。
 オーマムのインガックク、という。イングランドの
意味である。イングランドが、地の位である、地の位と
いう場所である。場所をインという、リーのインの場所
とぞず。これを、リーインカーナルという、後、カーナル
という、オーストのカーネルのリーイングランドという、
そこで、墓を吊り上げた、という。後にリインカネー
ションという、ネーションの場という。これが、リン
カーンの町名の由来である。大きな鳥の名である。
 
 オーマム・インガッククという、大鳥の名前という。
また行くリンカーンという。若い人の若い日の故郷で
ある。名をオースという自動車の旅とぞず。旧い日の
自動車旅行である。ダラスから、リンカーンへ行った
人という。ハングダウンのギヤーヘッドという、右手
に、横レバーがついている、これが、速度をとるレバー
である。時速ヨンの自動車である。4000キロである。
道路があったその日のダラス、リンカーンである。
平均時速3000キロである。ダラスから一時間程である。

 鳥がおし鴨の鳥である、連れて行ったリンカーンと
ぞず。自動車の中でバタバタしていた鴨である。これと、
犬と猫を連れて行ったのである。そのままいると言うた
三者である。トリの城という、墓上げの城とぞず。
【赤い川】
 後、トリーキャッスルという、ダラス、アラモ、
リンカーンである。歌が水の歌である。ミシシッピー
のグランデルという、レッドリバーの場の歌とぞず。

 Rolling riverという、逆巻く川という歌とぞず。
若い人のいった赤い川の頃のオートリーという場所で
ある。逆巻く赤い川とぞず。今のミズロの道になる、
その頃の赤い川である。ダイエラという時のダラス国
である。

 アメリカに縦に流れる川がある、ミズーリとぞず。
昔、赤い川であった頃である。オマハ、リンカーンと
いう、その辺をオートリー、オードリーという、今の
プレーリという場所である。プレーンの言葉の語源で
ある。平地の意味とも。

 シテトン、トンシティーのお書きという。リンカー
ン・シティーのトンバネという、これを、バネダとぞ
ず、バネダという場所であり、ネバの山のお書きとい
う。ここが、トン・シティーである。田中というフィ
ールド・インの場所ともぞ。懐かしのシェナン道であ
る。大鳥の舞う道という。大事なというトンである。

 猫を見て降りてきた大鳥のイワンである。イワン鷲
という、イワンの空のおりこり、とぞず。今のイーグ
ルという大きな鳥である。
【友ヶ島】
 友ヶ島という、フレンドリーの島という、ミズリー
川の中の島である。赤い川の水の頃の島名である、イワ
ン島という、犬の山のお書きという。

 この山の頂、イワン島の山の頂という、高さ5000の
高さである。地球がまだ若いころである。下が青い色
である頃とぞず。今のかおらく、という、顔の山の麓
のこうという、こうの山の家の屋の屋根の歌という。
やおらるやそ、という、『やそ』が屋根である。

 ミズリーのあらそるくくれく、という、ミズリーの
歌の意とぞず。懐かしのリンカーンという、******さん
の家の近くである。近くに******さんがおられる、
アメリカの御叔父という、サング・ラングの山という、
リンカーン山のお書きという。
【移動大陸】
 まだ、ダラスに水があった頃という、ダラスの浜とい
う、南アメリカが移動中の時である。

 クスコへ行く時とぞう、マチュの時とぞう、移動を、
イキシズという、大陸が動いているときの行きという。
日本語が通じる場所である。ここから、スクレへいき、
サンニーという、アメリカの北るる、とぞず、後、と
ぞず、サンタアナメクという、サンアンの行きとぞず。
これを、リンガマという、ダラス冠話である。この
ダラス冠話が通じるクスという、クスコにある絵とい
う。大きな絵である。ジェロシの絵ともぞ。ジェロニ
クの屋という、ジェロワのククセムという。くく山の
お書きという。旧いコチャ山が近くにある、コチャコ
チャへの共とぞず。西の山の絵という、西山の屋のお
置きとぞず。

 お爺さんがおられる日という、大お爺さんや、ゆよ、
すすかわの絵という。今の京都会議の家の飾りである、
南アメリカのないアメリカという、その地図である。
アフリカという、アフリの蚊のこととぞず。大きな蚊
がいる頃とぞず。京都会議へ訪れたアアフリカ蚊のこと
という。ウィンタテリウムの友達である。ウィンタテ
リウムの背に乗っていた大きな蚊である。うちのお爺
さんという、ジェロニモという話である。あらまぶしの
おかま、という。原子力発電所である。ボリビアの話
ともいう。

 古代人という、原子力発電所をたくさん作った人で
ある。大和朝廷という、その前の朝廷である。水素爆
弾もたくさんある時である。時速1000キロは花川の家
に置いてある世界中においてある話という。原始朝廷
とはそういう朝廷である。
【中間中性子炉】
 それから、だんだんスピードを落としていった若い
人の乗り物の歴史という。日本にある水素炉という、
一つ爆発すれば、あととは連鎖反応で爆発するのであ
る。日本はなくなる話という、中間中性子炉がつけて
ある。爆発すればまちがいなく日本はなくなるのであ
る。スイッチが入っているので、安心である。人の心
によって爆発するのである。世界中たくさんある、全
部スイッチは入れてあることという。スイッチを切れ
ば爆発もするという。安心世界である。
 原始大和朝廷によると、この頃の京都という、20万
基をくだらない原子炉数である。御所にウラン川が流
れていた話という。今の京都御所である。
 
 ボリビアにも原子力を作るのである。ホンジュラス 
という世界一の原子力を作るのである。若い人はそう
いう。環太平洋リニア網とぞず。

 全宇宙消滅という、地球がなくなるという、時もす
べてなくなるのである。人類は、一過性のものである。
宇宙がそうである。生物の系統を絶やせば、地球は
なくなることともいう。地球がなくなるというのは、
若い人の宇宙論である。
 『地球がなくなる』と騒ぐ者という。北極の氷がと
けて住む地がなくなるという意味であろう。そうでは
なく、宇宙論の地球である、地球論である。

 多人数が集まって『地球がなくなる』という、なく
なる前に逮捕がまっていることという。多人数であれ
ばよいという、多人数の横暴も加わる。多ければよい
ということには、ならない。百万人いれば、百万人逮
捕、二百万人いれば二百万人逮捕、可能である。現代
警察という、足らなけれは軍隊派遣すればできること
という。
 タイタニック号の映画にくわしくある話という。
『船が沈む』という多くの客が集まっている。
すぐに静まった話という、ポッとす話という。
ポトス、パートレーという、船と港の冠語である。
スウェーデン、ドロ冠という、冠の川のお書きとぞず。
ドロットニングの話という。ニヤック山のお書きという。
ニーベルソンスー、これなるを。

 『地球がなくなる論』の百万人、健康安全、タイタ
ニック号映画による。柳の木を見ておけばよいことで
ある。

 友の島という、トム島という、イワン島のことである。
 正(やなぎ)。
  //□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■ 
 
正(やなぎ)。
【日記の効用】 

貝暦、海は広いな、大きいな、ここは革命の島じゃ。
   貝革命の名の友という。

 ある貝の日記、より。
 
   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2237大原練習2137天の下2537 ANGOLA Montanhas azuis 友ヶ島65青山 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou40878
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@512上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/10/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@512
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽