2019年12月01日

sotu4271

【十三城】
 十三の城住まいという、若い人の網育ちという。
人形の手持ちという、、これを大阪きっかく、という。
大阪育ちという。長柄みんるるの山という。十三の住
まう大阪若らま、という。大阪若の育ちとぞず。十三の
若い人である。阪急相川のちかくともいう。長柄河畔の
育ちという。あいよ浜という、あいよの住みという。
阪急の下町という、懐かしの人形持ち歩きという。
そこの竹山の人形で、阪急の町という、竹山浄瑠璃
という、竹山網の丘という。阪急相方の住まいとぞず。

 東大講義の人形学である。大阪阪急をよる、名古屋
抜き番の阪大ゆう録という、この夕の講義とぞず。
 大阪相町、名古屋しょんほく、という、大阪ろん
るうの山という。竹山のお講とぞず。東大講義の
ナッポレンハンという、講義をハンレルという、長柄
の網の言葉である。淀川ぶもう、という、これを、
ぶうみゃう、という。後、奉行である。城主を奉行と
いう、十三のあい、という。あいあみのあっぺ、
とぞず。あっぺ言いの、大阪この近辺である。

 阪急を、こうほん、という、こうほん電車という。
相網(あいあみ)電という。この電車で、網を曳いた
若い人である。十三立売網という。立売のうりるり、
という。ここの寝を、レモスリレル、とぞう。
睡眠学の竹である。竹の造りの枕という。立竹枕と
いう、紫宸殿のすいむという、睡務の役目を、若い人が
する、睡務ごん、という。これを、すいらむ、という。
【さちの井】
 紫宸殿の奥御所という、さちの寝、という。さちの
寝の音という、さち寝のねね、幸寝の寝音、しんおん
という、心音という。略。
捜索する御所という、この御所を
、ゆっぺという、ゆうらぶという、ゆうせむのつと
つとという、ゆめゆめ(努々)という。夢のうつれる、
ゆいさるという、これを、天与という。略。
ロシアらまの、おいかま、とぞず。
竹の枕の造りである。しんしんという話という。

 この御所和ごめるぎという。ごゆせるという。
明治維新の一官部である、紫省という。式部省の
ごっぺ、という。これを、おやるふみする、という。
御所の捜索という。柳を持つ鬼という、略。
大和朝廷の査察官である。 
 さちの井を言う、大和査察である。

 日本に天皇は必要でないという人という、
首を垂れて、説を拝する人である。人の意見
として、大切なものである。
亀山天皇像という掛け軸である。これを拝む人で
ある。孝明天皇という掛け軸である。これを拝む
人である。自分の頭を描いた絵であるという、
自分の頭を拝む人である。昭和天皇という
似顔絵が描いてある、これを、おりたたみ、
ポケットに持つ人である、大事にする人である。
 レーニン像という、これを拝む人である。
マルクスの本をおしいただいて読む人である。
自分は非人、えったであるという、部落が
好きな人である。御所に寝起きし、御所外を
尊所という人である。

 今はなくなった非差別部落が好きな人
である。非人、えったという言葉も差別用語
として使ってはいけないという、こんな時も
過ぎてしまい、そんな注意もしない時である。
こういう時になって、自分のことに使う人で
ある。 自分は、えったである、非人である、
雲助である、・・・・・という人である。
これは、山拝み川拝みの言葉であるともいう。
古代大和の自然崇拝者である。
弥生時代の人である。

そうきょうをよい時という人である。
自分は鬼でもあるという、柳、桃、桜を
持つ鬼である、花鬼であるという。
-----
 機械の世の中である、非人と言う機械である
お書きという。
posted by 秋残り at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

sotu4269

【本阿弥冠話】

本阿弥冠話という。人体冠話でもある。
 
 今の臓という、人体の臓である、これが本阿弥の、
立ての見立てという、人体医学の部落見という。
くらという、人体の臓という。
心臓を、しんける、という、
膵臓を、すわむれ、という
腸道を、すかめ、とぞう、
肺臓を、すい、いするら、いすつる、という、
胃を、こわ、こみゆみ、こす、れ、という。
秘所を、そそ、という、
姫を、けそめそ、という、臍のことである。略。
臍む川るり、という。るり臍という。
膵臓を、ひめらめ、という、すわれむの、睡眠と
いう、膵臓の働きのかかることをとる、本阿弥の医学
という。略。
人体解剖をする場を、ぶつという、ぶめすめ
という、これが、御所の部落の場の言いという。
天皇の頭という、人体の頭である、天皇所の、天脳
所という、人体のてんのうである。医学の出の本るり
という、後、こうらくという、こうせまという、
こう山の言いとぞず。部落を、こう、という。
人体のことを説く部落である。
【陳(ちん)】
 医者を陳(ちん)という、陳者という、のぶれば、と
いう。医者が述べる人体のことを、せいふ、という。
内臓をふという。ないふという、ないないという。
おなかのことを、ないない、という、幼児語でもある。
天皇を自分にとる医学とぞず。
御所の医学という、本阿弥医学とぞず。古く、賀陽府
という、内臓のことである。
 本阿弥獄という、解像のかいさ、という。解剖の
ことをいう。本阿弥獄舎という、外科の医学館である。
手術の場とも。非人のゆり、という。ゆり者という、
手術の場とぞ。本阿弥ふり山のお書きという。

 これを、大政という、古く、大政町という、官発
布という、ここを、官沢という、干拓の語源である。
 
 これをとる、熊襲という、熊の屋のおいふり、と
いう。おいせまのおいせ、という。伊勢の山という。
熊を伊勢という。お伊勢御所という、京都御所にいる
熊という、ウインタテリウムという、熊ともいう。
ウィン熊という。ウィンという、熊の一種ともぞる。
恐竜である。
【合歓】
若い人の合歓という、ネムという、ネモの言いとぞる。
ネモの御所という、御所の紫宸殿をいう、ネモレ御所
という。これを、ねらくれ、という。ネムという、
レムのことである。ネモ睡眠の、ネム御所という。
大阪合流という雑魚寝の御所という。若い人が寝る
紫宸殿の雑魚寝とぞす。

 お爺さん、おお、おらる、おゆりねのおごそご、
とぞず。本阿弥ごゆ、本阿弥寝ともいう。これを、
ネモともいう、ネムの御所の里ゆた、という。ゆたが、
歌である。ネムのねんね、とぞず。古くの、秀吉のねね
とぞむ。とぞむるやゆよの夜という、御所を訪れる闇
という。闇を、やゆ、という。闇夜を、やゆよ、という。
闇山のお書きという。脳の闇をとる文という。

 自分の寝る所を紫宸殿と言うて、大切にしていれ
ばよい話という。これを、橋の下の言いという。『
父は長柄の橋の下』という、略。
 人形を橋欄干につける大阪城下という、天満橋から
お人形投げたという、針先の偽餌である、人形堀釣り
という、長柄漁法という、偽釣りというのである。
 長柄神崎という、かみ様のかんざきゆいるる、と
いう。人形を欄干下に置く、網という、これの定置
網を、人形船でよる漁法とぞいう。長柄の非人形と
いう、非形という、網のことをいう。

 京都の菱形の餅を、非形という、ひぎょうという。
ひぎょう餅の人形という、ひな祭りのこととぞう。
ひな祭りに欄干様をたてることという。立てぼんぼりの
ことである。

 本当の編みという、ひな編みの網を引く船の飾りと
いう、ひな祭りに船を飾る、長柄船楼という、ここの
ひな祭りである。ふなっしる、ふなっしま、という
島ゆまのおかれるせめすれ、という。これを、愛という。
『愛』と返事をする、大阪の長柄周辺の言葉とぞす。
阪急相という、阪急の電車の通る大阪、十三の城かうと
いう。城味噌という、城の言いのとぞず。十三の城である。
高槻相釜ともいう、かまれのおいっそ(おいっそむ、
とも)という。阪急城という、はゆれるこいうす、という。
ウィンという、ウィントスのウィンタテリアムである。
大きな網を、ウィンタテリアムという、あむせらの
ゆいはむ、という。ゆいゆいの阪急とぞう。

 阪急電車をウィンという、ウィントスという。
ウィットン・ラークーという、阪急の電車の走りを
真似る、はもふり走りという。テト足を一緒にする
走りという。左足左手、右足右手。これで走る走りの
動物という、豚走りという、れを、なゆるという、
なゆりの走りという。犬の清走りという。
【お犬公方】
 お犬公方の綱吉という、これを、網綱(あみつな)と
いう、将軍網という、この将軍を、網目揺れ、という。
城主を、めゆれ、ゆれむ、という、この地方のお犬様で
ある。ここを、犬沢城という、十三の城とぞず。
古く、伊予ヶ山という、十三城の城である。後、立売堀
(いたちぼり)という、杭を立てる、杭是(くいぜ)という。
 びっくら立て、びっくら堀という、掘方、立て方の
十三立売(いたち)という、城を立てることを、しらさわ
やり、という。この、しらさわを、なにわという、波の
花の言いとぞず。長柄ごんれく、という、ごんそめの
言いとぞず。
posted by 秋残り at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業4268 ANGOLA Guarda-chuva 友ヶ島13唐傘(壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/08/25 神奈川県庁。柳。
 2024/11/30 やなぎ。ボリビア。

**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4268京都船旅3168
古譜2168大原練習2068天の下2468 ANGOLA Guarda-chuva 友ヶ島13唐傘 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/11/30、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
唐傘さし堂々とあゆまれ 下駄を
お履きのお爺さん 常島 砲台へ
歩まれて 岩に越しかけられて
お休みまた歩まれ 星キラリ
光って 我が世を御覧
夜はしずか更け

 狐の天気予報。〇r1998/08/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【東大講】
【歌意】
【太子道】
【御台菩提】
 東京を訪ねるという、東京消息のうざれ者という。
自分を、ごわせる、という御台菩提の言いである。
 
 ロシア・エカテンという、冬の到来という、黒い冬
が来るという、黒冬の、雪のいとの色とぞず。いとと
いう、色のことである、この言いの葉山゛所とぞず。
エカテンという、天のことをいう。黒いどんよる日の
言いとぞず。るろすうという。
【葉山離宮】 
 これを聞くヒットラーという、『最後の一兵まで』
という。『うちは、戦う』という、一兵である、若い
人のヒットラーとぞず。人等である、ヒトデのこと
という。ヒトデ海岸の歌という。自由の女神の一兵
である、ヒットラーという。ヒトデのことを、ヒッ
トラーという葉山御所という、葉山離宮とぞず。
御所はそういうとこである、口砲もたくましいのである。
偽物自由のおばという、歌は本物であるという、
歌手という。
略。 
 
 フランスルイ王という、アルセーヌ・ル・パンと
いう。これを、岩窟という、岩窟のいとの言いと
ぞう。ルイルイの言いという。シャイヨーのおいせ、
とぞず。シャイせるお言いとぞず。アルセーヌ・ル
パンの話という。フランス版、人無しという、人で
ない話の言いとぞず。城という、話という。
『貴殿はおれたであろう』という、名古屋将長の
話という、名古屋と岩窟とが同じく言われる、アル
セラルーという。日本の歴史を否定すれば、アメ
リカやフランスはどうなる、否定される話という。

 世界で戦争をしたという、『その頃、日本はな
かったで』と言えば、『ロシアは参戦しましたか』と
いう。これを、アンナ・カレーニナという、ドイツの
ヒットラーのこととぞう。

 ロシア・ランという、若い人のそうきょう国建設
である。文部省においた『ふそゆり』という、歴史
書である。これが、若い人の著述である。今の歴史
である。GHQダラス国お書きという。
【ダラス国リンカーン町】
 ダラス、リンカーン光復町にいたという、若い人
という。ダラスの国のお書きとぞず。アフリカ、まゆ
けらのミナベという、これを、みゆん、という、
みゆんとすのうりする、とぞず。波の山の絵という、
高山とうけす、という。高山の御用則という、高山
幕府のロンドン・バックスである。
日本大使館という、ロンドンの町の若い人の家である。
略。
 アメリカのニューヨークという、ここをクロイ
ツェという、くっせるひっぱら、という、ここの地
の夢という。黒い地のニューヨークという、カレー
ドンという、カレードニアの黒い地とぞう。黒色の
土である。黒い雪が降ったニュヨーク五番楼という、
ここの地の土という、黒雪地とぞず。同じく、祖連
ナホトカ、ウラジオという、ここに振った黒い雪と
いう、黒雪祖という。同じ黒い色の土である。ロシ
ア東方の黒い雪降りという。地球が今の地球である。
この日、ナミベに、ミナベともいう、アフリカミナベ
である、白い雪が降ったことという。
【白い大陸】
白い大陸というアフリカである。白い砂漠とぞう。
白い土の砂漠がある。ここを、左氏という。サウジ
アラの波という、水をとるナミのミナとぞう。ミナ
ベナミベの地とぞゆ。アフリカのアンゴラ・ナミビ
アという。ここに日本語が通じる所がある。何ヶ所
かある。そこの白い雪である、雪語という言葉を
しゃべる部落という、字である。ナミベミナの場と
いう。若い人が寝起きする所である。ワンボーの台
という、みなよのハッパスという、白い手をいう、
手を葉という、これがいわれる、この場の地である。
流れともいう、手のことである。白い台地という、
期である。記とも。
【江戸のはよ様】
 介錯は、城のことである。切腹という、城を切る
ことという。略

 古く、葉山を、えっ、という、部落という、部落の
出の若い人という。えっと、ともいう。これが、御所
の造りである。聖徳太子の聖の意味でもある。寺を
部落と言うてさげすんだ話という、多くの寺が聖をいう、
これを、さされる、という、寺の古い言葉である。
寺の意を聖という、この寺を、御所という言いをする、
京都の寺の言いという。『寺へ上がる』という言いを
する、京都の古い頃とぞず。寺を尊ぶ言いである。
聖の字とぞず。見口の人という、顔の字という、聖の
こととぞ。これを、きよぜるという、寺の呼びである。
寺を、きよぜるという、京語という。寺の山のお書き
という。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■ 
 そうきょうよいお書き、貝を拝む人である。
 貝の手の合わしという、将長手という。

【日記の効用】 

貝暦、いつもの時間。
 帆船来たりて、よい貝という。柳。

 ある貝の日記、より。
 そうきょうの良い時は、


です、過去はどんどんよくなっています、柳うぇ〜。   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2168大原練習2068天の下2468 ANGOLA Guarda-chuva 友ヶ島13唐傘 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou40188
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@601上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/08/25柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@601
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3445 :イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3445京都船旅2345
古譜1345大原練習1245天の下1645 Portugues 晴れ海(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/01/04、柳晴
     創曲、海庭 福・正
     造詞、木場庭洋平・正
     監修、田村 操・正(秋残り市在)
     訳  冴柳 一良・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】Sea
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AAcid Music Studio
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1918/09/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【海上】今様(こんさま)作曲。
 A氏が京へ着いた時、真新しいコンクリート建ての建築物が
見えた。
 若い人が住んでいるという。丘はなくなり、池も小さく
なった。大きな蝶やトンボが飛んでいて、ステゴノザウルス
もいた。トリケラトプスという動物もいたという。恐竜が
いた丘と池である。

 そこで、会議が開かれる。京都会議という会議である。
ティラノザウルスもいた、恐竜ヶ丘という、日陽ヶ丘の
今である。

 着いた港は、音沢港という。小さくなった池の港である。
後に、こうと言われる。音沢公である。
『行ったこう』『着いたこう』『サチコこう』という、
音沢方言である。後に『行ったか』となる、公の言葉
である。港沢薫る話という。港の公という。公港の話で
ある。『航行、着いたこう』という、公港に着いたので
ある。航行の公港という、『航行が終わったか』という
話とそ。
 光沢のお書きという。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1345大原練習1245天の下1645 Portugues 晴れ海(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4458
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/29柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽