2019年11月06日

卒業4225Italia Flash della fotocamera mollusco225幸義光(フラッシュ)蜷貝225(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4225京都船旅3125
古譜2125大原練習2025天の下2425 Italia Flash della fotocamera mollusco225幸義光(フラッシュ)蜷貝225(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



【創曲】2019/11/06、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
秋日照る川由良 見てる紅葉の木
波は高く並んで貝が渡る 立て一列
蜷川の岸辺 三角様帽子様の貝
プカプカと浮き世を渡り 
我が世に波を共に渡る会


 狐の天気予報。〇r1960/08/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2017/8/14 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【東大講】
【歌意】
 貝会波岸。荒い波を渡る貝の会。共産貝の岸辺。
一列に並んで渡っていく貝の会。人の様でもあります。
京の蜷川の歌。大きい蜷貝という巻貝のこと。直径40
センチ程の貝です。もっと大きいのもいます。
 蜷川の共産村の貝です。
【蜷貝】
 蜷貝という貝がいる。大きな三角形のような貝で、これ
が、列をなして川を渡る、巻き貝である。この巻き貝の
姿を見る蜷川村という、ここに、共に産する党という、
人々の集まりとぞす。

 大お爺さんおられおられ、若い人が喜ぶ蜷川の村の、
訪ねという。蜷貝が数奇だという。帽子が渡っていくよ
うな蜷貝の列という。そこの村の共産という、ともに産
する山図の絵のことという。やまずという景色という。
景色をやまず、山図という。 

 蜷貝の山図という、山図貝という、山の貝という、こ
こに、城があるという若い人の訪ねの城とぞず。共産と
いう蜷川の村の城とぞず。
【共産村】
 若い人が行く、共産村という、この村の集まりの党と
いう、共産党とぞず、若い人が好きな党という。共産党
である。蜷貝が好きな若い人である。共産貝という、
古い蜷川の村のことという。

 大おじいさんゆ、おらるおられ、ゆてゆてのあふ山と
いう。蜷山論という。大お爺さんのお声という。蜷川の
歌の屋という、わわたる、わたせ、という、わわの歌
とぞず。この意の共産という、今の共産主義の元である。
【共産主義】
 マルクス・レーニンの共産主義という。川を見る人々と
いう。川山のお見とぞず。共産党の綱領のはこのいまの山
という。共産党の出た京都という。この共産党が今もある
京都と言う。大お爺さんおらるる共産城、共産状という。
共に、参上という、共産の城のお行きという。

 これが、共参上という、今日参上の若い人という。
共産のそうきょう、という。共参上という、これもある
という若い人という。大お爺さんのお住まわれる城とぞず。
【蜷貝掘】
 蜷貝掘という、堀をめでる文とぞず。こういう、きょう
さんがある、きょうさんじょうという、若い人の好きな
きょうさんの言葉とぞず、若い人の故郷である。

 京三条という、三条の堀という。三条の城という、こ
この参上でもある。京都さんじょう、という。京都の
古い頃という。

 これを、だぐまく、という。だぐせるきょうの、かせ
ゆせ、という、かくたるお書きという。だぐかくの山るら、
という。共産の京都をめでる人とぞず。共産党という今の
共産党である。古い京都市民という、共産党の好きな人が
たくさんいる京都とぞず。共産党が出た町である。

 やまずという、やまずの共産という。やまいにかけた
山のある、病まない共産という。自由主義もある共産
である。

 東大御講義むなゆなの講という。共産をめでる京都の
町衆という。町のことを、共という、これを、産する町の
きょう町衆という。共町衆という、共産を口にする町衆
である。

 協賛も入るという、京三もあるという、今日さん、と
いう。きょうさんの双きょう、という。双ぶ、きょうさん、
とぞず。東大御講義の意である。この日の、むなゆな、
という。むなせらのこういう、という。こうはむのこみ
すみ、という。蜷貝の渡りとぞす。蜷山のお書きという。

 蜷川村山ゆら、ありるせれる、そそゆす、すとす、と
いう。れむてん・そっふぁく、という。大お爺さんの
お教えである。東大のこの日の御教授である。
東大のごゆせるのふみやる、御講とぞず。

 貝の墨ともいう。貝が墨を有する話ともぞる。貝墨の
御講ともいう。この貝墨の造りである。共参党の人という。
共産党という、若い人の墨造りである。墨を作るという、
貝のお蔭という。きょうさんの会という、会議という、
貝の議という、かいを共に産することという。

 たくさんの会という、京都会議という、京都貝議という、
このかいを共にする若い人である。共都かい議という。
京都の古い町という、共都という京都がある日とぞず。
これを、きょうさんの都という。古い日のかんとうの宮と
いう、これの言いである。きょうさんとう、というので
ある。京の町をめでる言いとぞず。共産の町という。
これが、今もいわれる、共産京都という。これを、
共産党という、政治団体の共産党のことでもある。

 自民を含む共産という。昔の京の町である。城を
ろめゆま、という、これが、京都の古い、城の言いである。
ここの城のことという。後、御所の共産御所という。

 御所に共産党、共産主義があることとぞす。共産の畑
という、若い人が大根を植える畑である、京都御所の中で
ある。革命御所のある御所である。ここの話ともいう、
東洋の革命という、清い国を、もつれつ、という。
もつ山のおゆふり、とぞず。めんての山のお書きという。
革命共産の御所である。
【ウィン】
 ウィンという、ウィン津、ウィン都、ウィンてまさま、
という、てつる山るり、という。これを、きょうてる、
とぞず。てめそめのやるめる、という。ウィンという、
共の意味である。ウィン出の山という。ウィン立つ花、
という、これを、しもるり、という。しみそみのおりかわ、
という。ゆみゆみのおりせらめるり、という。これが、
共産をとる御所とぞず。

 革命をいう共産御所という。京都の今である。自由共産
の京都という。今も革命事務所がある、京都の革命という。
そうきょうの革命という、過去をよくする会という若い人の
いる所という。
【写楽】
 東大改革の過去とぞず。東大に、過去を明るくする会が
ある。これを、会光明という。共産がある東大という。
共産民という、東大の共という。明治を連れる灯名という。
透明の共産民改革という。写楽の山という。これを、写す
楽しむ民という、写楽民という。
【幸義光】
 カメラで写す幸義光という、講義光である。写楽民の
カメラという、幸義光の講義である。光る東大という、
東大中の灯台という、写楽灯台とぞず。

 カメラの講義という、木に写す写真とぞず。フィルムが
木である。この写真がある、東大の学長室とぞず。若い人が
いた室である。幸義光という写真技術でもある。日本の城が
写っている気のフィルム写真とぞず。ガラスのフィルムも
ある。ガラスに映る写真という。フィルムにガラスを用いる、
木を用いる、古テクニックである。幸義光の講義である。

 きょうさんの町、古い京都を、そうきょうさん、という。
若い人もそういうのである。そうきょうです、という若い人
という。返事に『そうきょう』という、挨拶に『そうきょ
う』という、話の初めに『そうきょう』という、これが、
創郷である、人を、『そうきょう』という京都である。
 双頬、双脇、双胸・・、p莢という漢方の薬草という、
これを、健康添う今日という、総京とぞず。総共ともいう。
生協の出という、組合発進の京都である。
 そうきょうの古い出とぞず。相京ともいう。古い京都で
ある。

 健康相共の山という。安全壮挙である。これを、双今日
双京という。過去に連なる今日という、未来へ連ねる今日
という、これを双今日という。双ぶ日という、双今日で
ある。『そうきょうさん』の若い人である。

 京みやびの貝という蜷川渡る貝という、蜷川村の貝で
ある。大きな貝が川を渡る、これを賛美する、きょうさん
である。共産党の蜷川村の人と言う若い人である。
革命の好きな人である。

 フラッシュ降る東大である。東大での若い人という。
今日も東大にいる人である若い人である。

 そうきようよいお書き、かいをめでる人である。
 詩想郷の文、歌とも、講義を史にしたもの。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2125大原練習2025天の下2425 Italia Flash della fotocamera mollusco225幸義光(フラッシュ)蜷貝225(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39758
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@535上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/08/01柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@535
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽