2019年11月04日

卒業4221Italia Flash della fotocamera221幸義光(フラッシュ)221(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4221京都船旅3121
古譜2121大原練習2021天の下2421 Italia Flash della fotocamera221幸義光(フラッシュ)221(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/11/04、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
あの人は紫着に コスモス畑中
とった花をにおぐ 赤いベルトをした
手にスリムな体 肩に長い髪がかかる
秋豊かな木の実が落ち流れ 手を振れば
にこりと笑いこちら見る 差し出す
小花は細手に薫


 狐の天気予報。〇r1960/07/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【歌意】
 ことをこみにとめ、この意の歌。
 北東の屋の東のゆいとという、めゆらむの山の丘の上の
花畑に亀をいう。これを、ろくせめ、という。亀の六角を
つくせるという。つくせるれこまく、とい、亀のこととぞ
ず。この亀の意を、うたよみという、うれせるかよふる、
れとれ、るるれ、という。この意の歌である。

 亀をじょっきまという。亀のゆいせまにろくすをとる、
れとれろという。れろれろのゆみふり、という。亀を、
れろ、れろれろという。
 
 御所山の裏の海浜という、御所の山の家のあるたたゆか、
という。この御所の磯の歌の家ろこす、せってるるおす、
れめそれという。また行く仙洞御所である。大お爺さん
おらるれ、大お婆さんはなゆかる、彫りの塔見るという、
若い人のいる御所の奥の湯かという。若々のいよという。

 いれせるゆいすて、という。むゆっすのこいふり、と
いう。たあゆる・めんすま、という。大おお大山のお爺
さんともいう若い人である。とぞすれえるう、という。

 大きな機関車のあった御所である。城曳きの機関車で
ある。巨国という名の機関車である。今も御所へ行けば、
あることという、昔の今である。

 これで城を曳くという若い人の行きとぞす。とっぺの
山のお書きという。御所ゆかれ・はっくす・れえるう、
とぞす、れってれっての掛け声の機関車とぞゆ。
 木材所に置かれた機関車とぞす。後、大きな木材運びに
使われた御所機関車の話である。その機関車の歌でもある。

 古い世のかみふきという、かいせるやらるせめよれ、
とぞす、おいそる屋のふゆれるという。今の機関車という、
これが、中に入っていた機関車である。大機関車の中の
機関車という。とれば紅園をいう、紅園発車の機関車
とぞ 。(とぞの後に一文字空ける) ろみそ山お書きと
いう。この日の歌の造りの五歩という、人の歩きの機関車
の音とぞす。あと山の家のお書きである。

 東京ナイトライトという、なら空のお行きとぞす。
東京をらぶせまという、らぶせまこうく、という。これを
るいという、後、ルイ機関車という、ルイ王朝のはゆれむ、
という。ルイぜら論という。ミケランレーという、ルイ・
ムッスクのあゆてす、とぞす。れてれてのすいふり、と
いう。これをナッペという。ルイ山のお書きという。


 きょという、きょきょするあてゆて、という。機関車
に乗る若い人という。機関車の中に機関車が入っている
、大きな機関車である。

 とうしぎの山という。古い御所の中という、この御所の
ぶっせという、機関車をいう。ぶみつゆのゆらゆら、と
いう。煙を上げる機関車のことをいう。後、大根紋の大
機関車という。お乗られる大お爺さんお婆さんという、
ナポレオンのお帽の恰好とそず。皆、ナポレオンの恰好を
してのっていた日という。ナポレオン発、発車山ゆら、
ありるる、るるせ、よわるえんゆら、これを、御所仕立て
という。゛所発を、御所仕立てとぞす。

 京発を、京仕立てという、大阪発の、おおるく、という。
これが、ナポレの音という、言葉をいう。ナポレオンという。
大阪をナポレオン都という、かっさんめらるき、という。
かってばのやのふふゆり、という。ふせるせ山のお書きと
いう。

 ナッポリーラ・アンナハーナという、あふぁせるくみ
ゆり、という、れめんそのくいふり、という。大阪合同と
いう、大阪合流のれてゆてという。大阪へ行くことを大阪
合流とぞす。

 東京町区の山という、御所の発で行く、宮城である。
この日の江戸とぞす、えうてのそんよみとぞす。えうてら
山野家という、若い人の行く宮城である。今の宮城である。
皇居のことという。若い人が住む家である。

 東大講義という、東大の十という。十大の山という、
東大のことをいう。宮城から東大へ機関車で行った人であ
る、若い人である。ナッフアン荘という、東大の寄宿舎の
呼びである。明治の頃の呼びである、花山のお書きという。

 アッファンレという、ナポリのこととぞす、革命のナ
ポリという、ナッファンルルーのあゆよっそん、とぞす。
革命を尊ぶ巨国機関車である。革命の印という、この日、
東大を、巨国大学という。ナポリラ・オンファラーと
いう、ないせる講のくそゆそ、という。むみゆそのあい
せる、とぞす。歌の大学という。大そゆ山のお書きという。

 機関車で行く東大という。とうゆらの山のお書きという。
なっぱ山という、なおんのゆいふりという。なおん山の
おんくれ、という。みみするるすすめす、これを、すめ
らおという、すべらおとも。

 すめら山の滑発という、江戸の城のすめら地からの発
とぞす。ゆんまはっくの山という。あいらすやま という。
我が家のある江戸城内の家である。あっせらるうはなやる、
という。長くいたその家である。東大の通う花の家とぞす。

 革命はわが手にあるをいう。ナポレオンと革命の話と
いう。この日の東大の講義である。聴講生の若い人という、
自分を朕という人である。東大学朕という、楽朕の歌の
講義という、歌山のあおめる(あほめる)、という。あほ
山のお書きという。これを、阿方東大という。あかたの
言いとぞす。阿方、伊方、兎方・・という言いである。
阿呆宮という、あってのゆいそむという、かんてるえ
てすて、という。シナの阿呆宮である。この日のシナを
清(しん)国という。しんらるゆいはる、という。後、
田島山という、田島晴れの山という、タージーマハール
という、インシナの宮である。

 日本語が通じるインドとそず、漢字が使われるインドで
ある。田島晴れという話という。まんせらるうのやほう
らく、という。やるやるのういすゆ、とぞす、田島
晴れのことをいう。

 『レンラレンラレンラレンラ・・・』という掛け声と
いう、京都にあった田島晴れという、タージマハールの
小さい宮である、同、造りである。
 『ヒージー』という、インド・タージマハールの掛け声
である、とぞす。

 牛を拝むという、牛やす山のおいえ花やらという。
れむせるおっけく、という。めるれるゆいほる、という。
彫り物の牛という、天神さんのお置きである。牛の家と
いう菅原山のお書きという。ヒジ牛の山という、天神山を
ヒジ山という。いうすてのえっぺす、という、えべすの
話という。えべすさんのお牛とぞす。

 牛の形の電骨という、電車のことという。この牛を
乗せて東大へ通う人という、若い人である。東大の中の
天神屋にあることとぞす。牛の石像という、学問の象徴
である。生きている動物の牛とぞす、東大中でともに
過ごしたことであるよ、とぞすうるう。『とぞすうるう』
という、この言いを、とまんせ、という、とまんせの言い
という。牛をコッポという、京の幼子のコッポリ履きの
下駄という、このコッポリを、ルイという。

 ルイ様げむせま、という。とぞすうるう、るんまる、と
いう。るりという、るり語の言いとぞすうるうよ。
明治大学の言いの使いとぞす、東大明治の大学合同という。

 十五、十六の明日の講義という、日も合同した、東大
明治の講義という、太陽の子という、ルイっ子の講義と
ぞすうるうよ。幼児に向かうような言いである。
明治の言いである。『よ』の使いである。

 『私よ、おいきます』という、これを、ルイっ子語とい
う、太陽王の言いである。『余っ、てきえーら』という、
よってきえる、気を得るとという。スペイン語という、
フランスを含む、ギリシャを含む、エスパン国という。
エスパニョーラのおききき、とぞす。

 後、『ウィ』という現、フランス語の、ルイ・エス
パンという。これを、エスパニョーという、エスパンの
ルイ入れという、この物語の、言葉の物語を、フランス
革命という、ルイ王朝のナポレオンという、太陽王と
いう、若い人の東大講義である。

 ルイっ子の御講義という、この日、合同の日である。
大百合の咲く丘の見える東大の青門、入った所の学舎
である。外を鈴かけの道という、鈴掛け同志のとう
みょう、とうめい、東明とぞす。灯明の灯り、東の
山野上という、上らる山様という。れれおんてす、
とぞすよ。

 『よ』を冠詞と言う、冠学という、大学帽子の出と
いう。後、冠学を、勧学という、東大で大学を出すこと
とぞす。これを、勧学灯明という。灯篭に灯のある灯明
という。灯篭ひひかり、という。これを、東京訛りで
、ひしかり、という。菱形の帽子の出という。
とうめす山のお絵という。東大の学帽のことという。

『ああ、玉杯に、弾受けて、そうかや、うんまに、
 ろろおきす、 れろたる山に、あいはなる、そてゆき
 やんまのひんをゆる・・・』 三骨のお書き歌。

『仰ぐ灯台、火の居れと、やめるかぐゆの、けっせる
 やみに 、けるるおいずる、あっさくかれる、あーれる
 灯台、かなのやみ』 若い血潮という。 
 
 東大の灯明という、てえせるせいくれ、という。
とっくせ山のおみふみやらやら・るるす・よいふり、
とぞす_ぅるうよ、山のお絵書きとぞる_すう。

 とごとむという、これを五十六という。山本五十六と
いう、元帥陛下の御講義とぞる。元帥に陛下をつける
明治時代である。めいたらという言葉である。
庶民立派の山という、これを平民という。原水の元は、
地の下であったという、地下を元帥という、立命の
言葉の出とぞす。論語の立命であるよ_すう。

 後、立命の陛上という、ナポレ音を陛上という、ナ
ポレオンである、言葉をナホンという、エルパッソーの
冠語とぞふ。言葉を尊ぶ御所である、ここを、陛上陛下
ごく所という、御所をごくという、ごもせま御所という。
フラン闇のお書きという。闇の文という、この文である。

 そうきょうよいお書き、明治も明示も今である。
大前漢御所とぞす_う、大過去御所ともいう。四条縛り
城という、奈良の大和の三輪奈良の辺りの御所とぞす。
大過去御所という。しめしめ山のお書きという。城を
縛る人である、若い人である、そこの東大の話とも。

 東大を字有りという、字(あざ)出しの丹波市東大とそ。
地名に使う字出ある。字の縛り番という、これを、数用
という、一字一柳という、これの出の地である。
丹波市番という。二字二桜という、三字三椋、四字四楓、
五字五桐、六字六ス、七字七府、八字八棟、九字九塔、
十をボウという、越天楽のぼういつのぼうである。
この楽の出とぞず。市天楽という、丹波市天花の楽と
ぞず。れふれるゆいっくす、という。
 字(あざ)を出す楽である、市天楽という、一天落
ともいう。一点落の人である、アップ・サイド・ダウンと
いう、一点落という。塔をひっくり返した人という、
一点落地という、あざの字を上下逆に書く人である。

 東大にある一点落入学所という、古い木造の学舎で
ある、その入り口とぞず。

 そうきょうのよい坂、これを見ていき、みて降ろす
花ゆな坂とぞす。この坂を越えた機関車である。
 『若い血潮の一点に、あーゆま、ほろすの、あお山の
  あるれかいはる、くってん山に、あれる川岸、
  光りつる』 
 若い人のカーキー色の軍服姿である。腰に大和剣を
下げて聴講する人である。ワルサーPの服内である。
赤い印の軍帽姿、忘れ緒という恰好の拝講である。
これを丙民という、丙民姿である。

 大和剣という、そりのない真っすぐな剣である。
短軍長靴、半長靴である。カッカ、コッコという音が
する木の床の学舎である。イーアル・カックスという、
かいぜんのごようの恰好とぞず。かいぜんちょっき、
という、服中のワルサーの支えである。菊の紋という、
その門が入っているピストルである。

 歌より染めた、東大講義の項の文。駄作者が伝えると
いう若い人である。よとふふい人いう、余という、せよ
の人である。『私せよ、いかしてめられ』とぞす。
じゅっかくの御所の言いという。『私は、みづくりして、
参ります』という意とぞず。ワルサー持ちの言いである。
ルイっ子外則という言葉である。
みづくろう話という。

 東大言い、明大言い、交えて候(そうろう)。
候の東大衆という、塔みる言葉である、とぞず。
主として灯台の言葉である。 
『おいら岬の灯台守は、・・・』という、灯台守の
言葉である。山崎岬の陸灯台ともいう、山の岬である
場合とも。東大中の灯台とも。仲良し灯台のたんびす、
これを、ビズとぞず。とうだいビズの話という。

 びずれて、すみふる、すよよ、れんすそ、そめつ。
れれてる山のお書きという。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2121大原練習2021天の下2421 Italia Flash della fotocamera221幸義光(フラッシュ)221(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39718
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@408上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/30柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@408
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽