2019年11月01日

卒業4215Italia Flash della fotocamera215幸義光(フラッシュ)215(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4215京都船旅3115
古譜2115大原練習2015天の下2415 Italia Flash della fotocamera215幸義光(フラッシュ)215(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/11/01、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
君が見ている祭り 秋の祭り
木曽にある里 藁屋根三段の
華蓋 蚊さ持つ祭りの人々の
松の緑映える 玄関の奥ゆかしの
廊下 たおれゆうかる花光る
空 秋こぬ

 狐の天気予報。〇r1960/07/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【東大講】
 平安園花の城、ゆおれままよる、せろよふふてす、これ
を、とずる、という。東大の平城山という。ここの、きめ
浜という、川のある東大とそず。この川をろく山という、
ろくの川の浜のや、とぞふつ。

 講義の合いに、見に行った若い人である。大きな川が
流れていたとぞず。東大の裏の川である。海のような
大きな川である。この様の話、ここを、東京という。
後のことである。この日、東京大学という、東京の名の浦
という。東京浦という、ここの浜である、東京大学浦闇
という、とうせるうっしず、とぞず、とそる。


『嗚呼玉杯に花うけて   緑酒に月の影やどし
 ・・・・・
 濁れる海に漂へる    我國民を救はんと
 逆巻く浪をかきわけて  自治の大船勇ましく
 尚武の風を帆にはらみ  船出せしより十二年
 ・・・・
 ・・・・
 魑魅魍魎も影ひそめ   金波銀波の海静か』
 
 歌に歌われた川とぞず。これが、十余年という、とにの
明日という。一高い山の春という、山狭(やまさ)
の歌とい
う。

 寄宿の園のや、とぞず。寮歌という土壁の部屋である。
やませられ、という、やんみううする、という。うつゆつ
波の金波銀波という。東大裏の浦である場所である。

 これを、呑み山の歌という、大海原の川るすみふみ、
という。

 緑酒という玉露をのんだことという。これを、銀たみ
という、たみを民という。銀民の話である。土壁で玉露を
飲んだことをいう。自地という若い人という。自分のいる
所をいう話である。そういう歌である。

 浦に帆をあげたということという。旗を立てたこととい
う。真ん中に日の丸がある旭日旗である。色も各種ある。
色旗山という、浜である。東大のもう一つ、前の東大で
ある。藩校以前の東大という、この日、復活をした
浜旗屋東大という。後、東大をいう、この東大である。

 かようがくふの歌という。学府という後、学都という、
後、学府という。この時の歌である。
通う学府という、歌謡楽譜である。

 通う十三の明日という、重相の明日のがくふである。
 
 『君が代は、ちよにおおゆ』という、その意味の歌と
いう。おおゆという、千代越え八千代越え、さざれ石と
いう、巌になったという、石の成長の歌という。大きく
なった石という、千代原八千代原大ゆ原にある。

 大原越ゆふるの大原とうきく、という。大原を大ゆ原と
いう。この大原の越えをいう。しゅうそうやんまらの、
やむるれ、という。八千代講という、東大の講義の元の
講である。じゅうそう屋お書きという。

 歌の補講である。歌の意が重なる、重ねの相の講義と
ぞず。

 大原越えの東大行きとぞず。富士の裾野の大原とぞず。
後の名歌という、くわしく、京なる都の東北が歌われてい
る。
http://akinokori.sblo.jp/article/177785712.html
ロボットのある東大という、東大ロボットの講義ともいう。
大原山という、富士山のことである。

 王愉という、王愉原るりのみよすむ、とぞず。れんての
ろめふめ、という。るるすといふる、とぞず。

狭掛けの歌という、山狭、狭庭。狭京の山という。山れる
おりすり、くるっくす、という。

 十二と十三の合間の話である。東大の講義日のことで
ある。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2115大原練習2015天の下2415 Italia Flash della fotocamera215幸義光(フラッシュ)215(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39658
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@471上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@471
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽