2019年10月31日

卒業4213Italia Flash della fotocamera213幸義光(フラッシュ)213(壮強太陽)

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4213京都船旅3113
古譜2113大原練習2013天の下2413 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/31、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
秋はまた来ると 園原のさおれ墓
ひめゆりの塔が立つ 牛が周りを見て
歩けば楓なり 頭には赤い布巻きモウ
喜びの声を出す 親牛子牛連れ 我が
家の 座敷へ上がり寝る 花の屋敷

 狐の天気予報。〇r1960/07/26
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【光緒帝母】
 清国光緒帝母像、香港の像である。これを拝む若い人で
ある。明示維新という、像である。清国(しんこく)の名糖
である。古い中国という、清国の産業という、これの表象
である。
【サトウキビ】
 言葉を正しく使う、ていも(帝母)という。帳簿のこと
でもある。丁簿という。これを、庭の母という。清国の
名糖という、さとうきびの植わった庭とぞす。
サトウキビの造り話という。

 沖縄首里の郷とぞる、せむれる、という。せてその
やよらく、という。そこの庭の話ともぞる。首里にサトウ
キビが植わることとぞ。芯の砂糖という、砂糖のやまの
お書きという。

 清国の砂糖という、首里の砂糖と同じ砂糖である。
首里のやのお書きという。
【光復】
 香港に光復があるという、清の時代の原子炉がある。
この清国である。、若い人のいう清国である光緒帝の
表象である。これを、象徴という。清国の象徴である。

 アメリカ、リンカーンの光復町という、古いアメリカの
町である、ダラス国という。原子爆弾がかかっている光復
である。
【reincarnation、ダラス国のこと】
 リンカーンのリインカネーション、reincarnationという。
転成輪廻という、second coming の、リインカネーシ
ョン・タウゼルという。たうせ町ともいう。リンカーンの
一部である。復た来る夜明けの光、リインカンのことという。
reincarnationで、nation、国である。ダラス国をリンカ
ネーションという。50州の前である。

 首里の砂糖きびという、砂糖のきそみき、という、芯の
ことである。リンカーンにもある、砂糖のシュガーという、
ここのシュガーという、首賀村の砂糖という。
この辺の言葉の掛かりである。

 砂糖天という、甜菜という、砂糖の空の日という。砂糖の
植わっている晴れた日である。甜菜という、原爆の話である。
古い黒砂糖を、元という、元白という。黒砂糖を食べること
とも、元白。これが、原爆をいう、原爆を爆欄という、原に
植わるサトウキビを爆欄という、原爆ともいう。原子爆弾の
爆発があった話という。

 香港上空、ダラス国のリンカーン、首里という、原爆が
落とされた話という。人がいなかった頃である。

 ダラス国のだらすの町である、そこのサトウキビの
造りという。同じ種である。

 光緒帝母という、傘を手に持つゴーグルの葉はという、
若い人のおお母さんである。中国清国のお母さんである。
日本にもある、北白川宮のはくせる、という。博士になる
という若い人である。告白の状という、言うむとを告白と
いう。告白状の言葉の清らかさという、光緒帝母のお教え
である。

 百万という、ピュアーという。香港日教の待歩という。
雨予想の日は、傘を持って歩くという。雨待ちの、待歩で
ある。ゴーグルは雨除けである。

 百万待歩という、ピュアーの雨という、雨を百万という。
雨百万像という、若い人のお母さんの像である。

 言葉を正しく使う、雨百万のお教えという、光緒帝母の
象という。

 まちがえば、晴れの日でも傘をささなければならない
かも、百万逮捕となるかも。ゲット・レインという、
レイン・コートのコートが裁判になるかも、
雨が人を逮捕するかもしれない話という。

 ピューリタンという、清ら里の譚である。若い人は、
自分をピューリタンという、清国の清の、ぴゅーらか、
という、古く、清いことを、ぴゅーらか、という。

 明示維新事情という昨今のことである。北白川の子供
歌舞伎の話がかかれば、子供がでてくる話という。
北白川宮の三段傘屋根の宮という。あまのがわという、
雨の川である、雨が降り、雨筋ができる、それを渡る
幼児という、後ろから支える親、これを、おうぶという、
王歩という、おんぶの話である。幼児が背負う親という。
バイキング路という、幼児が歩む雨筋の道である。
ハッセルブラ道ともいう。

 幼児が出てきて地に塩をまく、安全清らのピュータンと
いう、ピュータン里の、ピューリタンという、平理単と
いう。平理をピューリと呼ぶ北白川の平理単村宮という。
瑞典の村という、ばい王の山という。

 王が背負う、ばい王である、これを、負(おう)という、
人の背負い姿という、王を負という、表しの宮である。
ばい王という幼児をいう。法皇ともいう。

 瑞典語が、きれまなをいう。北のしらゆら、という意で
ある。白川のことである。北白川という。『きたきたき
た』と、幼児に手拍子を送る親という。北白川院宣という、
親の手拍子である。ぴゅーりっツアしょう、である。
平律亜という、ピューリツァーという。子供あやしの、
ピューリッツァという。
 
 幼児が先導する祭りという、稚児のことである。ピュー
リという、ピューリタンの、おまつ稚児という。
リータンバックのタンともいう。リータンという、幼児を
あやす言葉である。『リータン』という、幼児を呼ぶ、
我が子を呼ぶ、言葉である。リータンの口を、リタンバク
という。ツァーは北欧語である。ロシアの皇帝とも。
子供のことである。

 ピューリタンの北白川の宮という話である。東大御講、
トーニー明日という、十二明日の御講である。瑞典語の
講義である。

 十ニを、トーニーついという、ついの講義とぞず。
対。たみせらろく、これなるにる。
灯台元暗し、暗い山のお教えという。香港の灯台とも。
白い仮面をかぶる北白川の宮である。能のような仮面と
いう、頬当てのことともいう、頬しらめ、という。
頬だけ白い化粧をすることとも、頬ぬ、という。
北白川まゆはまのお書きという。北白川語という、
幼児の言葉を、そういう場合もある。『あーや』『さー
や』という。古い武者の掛け声でもある、山編み笠被りの
武者姿という、あやさあみゆき、という、ややもち、と
いう。子供連れの武者である。

 後、餅に変わる、綾餅、菱あみ餅ともいう。菱編み笠と
いう山傘である。タオという、田尾の麓という、麓の村の
言いのことである、たおせま、という。
 麓の村の菱崎という、一般名詞である。麓の村を菱崎と
いう、菱村ともいう、後、菱字(ひしあざ)という。この村
を『邑』という。口巴のやみふき、という。

 白川宮の前の宮をいう。口巴の宮という、ここの踊りを
『さいそく』という、さいれるのゆみふり、という。
さてるるろりっく、という。北白川の元宮である。
口記山お書きという。しのっぷ山という、丘の宮である。

 かゆれほんるく、れれせる、るこっす、れてるそんほみ、
とぞず。ここの、しのゆみ(篠弓)の御講義である。
トーニー弓、トーニー楽という、弓楽の御講義である。
長靴を履いた聴講生である。長靴講義の歌という。
れめっせる論とぞず。トーニーゆんらく、という、
とに谷のおん、という、とにの谷という、谷をとに
という、瑞典語である。後、カックリーという、のれせる
れんすれ、という。連れる道川の谷の炭、という。

 他にに炭焼きをする、炭徳という。炭徳口録という。
これの意が、北白川の子供歌舞伎の一部にある。瑞典語が
炭焼きの言葉である。
バイカン、--とむれの意、
メニスミ、メニスム、--くくすれろの意
ムニックス、--ろくろくのゆれ
メハアブ・ルクス--ろろんす、るりるり
モヨムフェ、--白い地、もっけ、とも
これが、瑞典語の言幹(ごんかん)である。
これを、展開させれば、スウェーデン語になる。
上の五語は、スウェーデンの、ドロンという、ドロン
トスのくこんかま、という、冠語である。スウェー
デン語の冠語である。北に通じる言葉である。
北欧語という、一部英語である。

 英語のカレドニア渓谷の英語になる。『メレル』『メレ』
『メル』という言葉がそれである。カレドン語という、
カレドニア・ラッセル・論句である。『ララ』『ヨーホー』
という、山の状態を調べる時に、山に向かって喋る言葉で
ある。『ヤッホー』という言葉ともいう。出が口巴の宮で
ある。空気の状態をみて、天候を論ずる時に用いる言葉
である。ららせる言葉の一部である。声の通り、帰りを
みて、天気を調べることという。北白川宮の言い伝えで
ある。子供歌舞伎に一部入っていることとぞふ。

 東大御講義である。とに明日山、ここにる。
谷という、十ニという意味である。

 古い『森みやる』という、見ることをみやるという、
谷に関する言葉である。アメリカ・ハドソン川上流の
トーニーでもある。筏組みの言葉とも、−ニー英語と
いう。『ピル』がこれである。筏のことをピルという、
ハドソンの上流の言葉である。後、下流のハマンセラ
という、ハドソン流域の冠語になる、カーレル・レンゼー
という、カワックスのかすれす、という。一部、
スウェーデン語にかかる。バイズリーの言葉という。
バイトがこれである、川という流率計算がこれである、
後、今のコンピューターのバイトである、流域という古い
コンピューター用語である。川流れのプロックという、
後、プログラムである。流率計算で出たウィッスのプ
ロックという、川の状態の敬さんのプログラムである、
後、コボルという、コボプロックという、古いプロ
グラムである、プログラムを組む言葉である。

 冠語のプログラムを、コボプロックという場合もある。
ISがこれである、一解である。
アジャン、アジャンパという、いすれる用語である。

rein、英冠話の冠詞である。『また来る』という意。
reincaln、cainが冠である。光来復冠、自由の女神の冠
でもある、他の像の冠でもある。

そうきょうよい講義、先生おられ、御健康に。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2113大原練習2013天の下2413 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39638
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@374上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/26柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@374
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽