2019年10月26日

卒業4199Italia Flash della fotocamera99幸義光(フラッシュ)99(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4199京都船旅3099
古譜2099大原練習1999天の下2399 Italia Flash della fotocamera99幸義光(フラッシュ)99(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/26、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
肌寒く 秋深く 遠出に 栗持ち
渡り船 後に波 花浜 弓山
向こうの岸辺に赤い木々見えて
静かな船室にエンジン音だけ
聞こえてる こっちを
鳥が見ている

 狐の天気予報。〇r1960/07/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
<<【そうみす】>>
 紅中紅室の、おことせえるく、という。おっくそうの言
葉という。くめさくの、めっさるれぇて、という。むみ
むみのよみすみ、という。これを『そう』という。

 むみむみを、そっつれれ、とそず。この『とそず』を、
そうみすという。相楽のゆみ浜という、そこの言葉で
ある。言葉に『れれさ、そうら、そうみす』という。

 ここの見の渓谷という、この渓の言葉とも、そぞず。
『そうみす』を、口にする、東大やよちよ(八代千代)
明日という。これを、紅白よく、という、紅白の幕という、
紅白の翼という。れっとすっくるの、るるする、という。
 先生の御乗り物である。東大のむこせる、という、
今の、ジェット・レーハンという。ジェット機の中型機
である。
 
 この『そうみす』の言葉が、後、いたおかをいう、
いたおかのおゆふま、という。これを、るこっくす、と
いう。これが、東大の冠世羅(かんせら)語という。後、
いこくれ閣という場所の建物の表しになる。北相けっこす、
という、けるそるのゆいらるに、なる。
これを、『そうみらて』という、そみそみの言葉のいの、
になる。なるれるよみそも、という。

 言葉をたっとぶ、はらくもの言葉とぞず。昔、かわさま
という、川ようの流れがあった場所のはこるき、という。
はこるきという、文所を箱に置くこと、とぞず。

 川様という、いこやみふりの、古記という。紅という、
紅中の、紅の室のなお花という、なおののの、ふりすり、
という。これを、るけっこく、という。るる花の記という。

『みそす』という、『そうみす』の言葉のことである。
これが、みたゆり言葉の使いのそこるき、という。
今様、英語の使い初めというたぐいという。

 紅中の紅室で使われた言葉という。その言葉の話という。
東大ややもせの御講という。先生がジェット機で来られた
ことの日の御講である。紅中紅室の話という。

 こうしつという紅室の花ゆらの、紅華ゆっき、という。
紅せる論せる、という。紅中みすの山という。後、紅を
皇に表す、皇室の出のことという。北しづのやのおくる、
という。これを、こうてる、という。こう山のふみゆりと
いう。こませまのお歌という。書き物を歌という日の
とっきく、という。とくせるの歌という。うるせるれも
すれ、とぞず。紅室のみす言葉になる。

 『そうみす』の造りの言葉を、いいてる、という。
てるれるのおこと言いそみ、という。後、照という字の
造りの話という。これが、ジェット・レーハンの造りの
言葉である。この造りが、ジェット機の造りである、文に
よわる設計図である。

 空を飛ぶ乗り物の造りの講義である。八千代機という、
千代機というジェット機である。これの設計図の見とも
いう。講義のやおれるすみすみ、という。東大御講義の
千代八代明日という、講義の八日講である。すむれる・
さっと。さっと講義という。さるせるの山という。

 くめっすずの山という、八代八代のおんせまる、
すすれる、という。すまっそのおりすり、ともとぞる。
『みそっす』という言葉という、ジェット機の用語である。
そうみすともいう。

 後、このジェット機の造りの、こうれむ、という。
宸殿の建物の造りになる。以上、宸殿の屋根の造りである、
文によわる設計図である。

 そっくすという文のはなのゆれゆれ、という。後、御簾
という、宸殿の御簾になる。

 紅室の紅を皇にとる、皇室という、上文より、空が掛か
ることという。言葉を補い、天皇という、空皇という。
皇室を、すべりしつ、という天空滑空の言葉になる。
紅室の紅の塗りをも表す、紅空機という。赤の塗りという。

 赤閣機という、せきかまゆき、という。天紅機という。
紅室という天の閣である、ジェット機である。紅室のはかの
夢せめ、という。夢の山という。夢をさきという、さき夢の
真当という、これを、ジェツという。紅中紅室のてっぱく、
という。てっくすのゆい、という。てっくすのゆれ、とも。

 こういみのふりくり、という。くっせのゆいすり、とぞ
ず。これを、みとせま、という。みるれるせっぺのくい山と
いう。くいが柱である。夢を見る夢に掛けて、建物を、寝
殿という、後、宸殿という。寝るを起こす意味とも。
根て暮らす場を宸殿という。紫宸殿に寝置きする若い人で
ある。さき夢楼ともいう。さきさまのゆめまえ、という。
夢前。夢をさきということとぞず。
夢みすそうみす、とぞる。

 これが、言葉の設計図である、言葉を作る設計図である。
『そうでず』山のお書きという。

 若い人の乗る、丸い玉の空飛ぶ乗り物という、ドローン
ラックのおのりゆり、とぞいいもも。

 ウランの流れのお書きという。原子炉の講義ともいう。
八千代原子という、現当の原子閣である。原子炉のことで
ある。『そうみす』という言葉を使う場所である。
『原子炉み、原子炉みす、原子炉みすでそうみす』という
言葉の使いという。

 御簾のある若い人の清藁葺きの萱せり間、という。古い
田舎様の建物である、原子炉がある話とぞゆ。

 『ウランが流れている』という若い人という。川ようの
流れである。昔、見ていたウラン川である。若い人が座
ってみている、ウランの流れである。スマホを使ってい
た若い人である。過去を振り返るという、そこに未来が
ある、今のことという。後からやって来た過去である未来
である。

 地球の人口が少なかった頃である。空飛ぶ乗り物を
交通手段という、過去の話である。今のアメリカ、
国土が大きく、飛行機が主な交通手段になる。
現、日本では法律が規制する、安全の為である。
ドローン事情お書き。

 コンコースという小型のジェット機である。これに、
乗る若い人である。コンコルドの最新鋭機である、
そうみれす。ジェット機に乗っている若い人の言葉で
ある。ドローンラックという、丸い球体の乗り物である、
新鋭の機という、記そうみす。

 ジェット機が、縦においてあり、元素閣す、原子炉原子
閣、水素炉、球体飛行機、古代の乗り物という、過去を
探れば、出てきた記憶の旅という、若い人は、過去に
未来があるという、今のことである。
 
 古いお書きという、未来お書きである。既来過去復活
未来、とでも、言いそうみす。若い人は、もうできた、
という、そうきょう国建国である。

 また未来を見にゆくという、未来を見る人である、
過去にある話という、若い人の旅は続く、脳の旅である、
過去の現実の旅でもある。
ダラス光復町お書き、みっす。リンカーンの町辺り、
なつかしきあるにや。夢咲き夢町、若い人の好復故郷で
ある。

 『この世をば、我が世とぞもう、望月の、
  かけたることも、なしと思わば』
 蒲鉾道へ歩き行く若い人の手、梨を、しこつみ、という
わだつむしみ、という、梨の糸川地球という、雨の川と
いう川を一跨ぎ歩く人である。餅のような太陽を見ながら
梨を手に歩く人である。
 蒲鉾道天体、雨筋を天の川という、糸川の雨川、糸川の
星という。地球より少し大きい、地球と同じ星である。
糸川地球ともいう。おばけなし地球という。なしの地球と
いう、糸川の話である。かの有名な和歌であある、なしの歌
これなるを。若い人の遠足歌謡とも。遠出には梨を持って
いくことという。
 
 八千代ちよちよの東大、八千草薫東大である。みょう
やなぎともいう、咲いている学舎、学楽薫日である。
やちさ山お書き 、これ、よっとるれれるするる。
『これこれ、咲きの薫さん、西へ行くのは、土っ地下へ・・・
』という有名歌謡である。地蔵もとの薫花、なつかしきある。
東大もと咲き、かおれ花、影慕いの青門西、すずかけの子
という、立教の出という。

 名古屋番振り、立教かげゆら、鈴かけ同志とぞも。
すずかけの道という東大のすずかけの道である、ここを
立教道という、立教大学のすずかけ道、同志あえゆら、
という話である。名古屋城の鈴ふまの場という、三角の鈴
とぞる。鈴振りの合い(図)、雪渓の名の由来という。
雪渓図の滑り道、アインソノール、ドイツ語の冠語である。
涼道雪渓という、蒲鉾のぶつぶつのついた蒲鉾の雪渓と
いう、穴ぼこ道の設計図である。小さな山あり谷ありの
冷温室の雪渓、設計という、鈴振り恒室という。
アイス・アリーナである。アリーが凍る意味である。
窒素炭素の御講義という、この講義である。

立教仕立てという、おゆたえ服で、そうみす。
ミスチスという服である。麁服を、おゆふく、という、
ミスチル・ランツゥという。ツキノワグマの飾りをする
服とも。首飾りのことである。立教の服装という、
ミットクルクという、これを、すずかけ飾りという、
服の設計の講義という。優影香(やさかげかおり)という
若い人である。

 鈴掛け優影のこゆうどう、という、道である。
ブランテ・ミスタル、プラテーション・ロックという、
こゆこゆの道という。学びの道の意である。学植なる。

 よいくくのまな、東北大学、後番(あとばん)である。
学びるという古語を使う、みっそす、である。るんらくと
いう大学である。大学のことを、るんらく、という、
みっそす冠典という、滔天ともいう、やふらの、天寒大学
という、宮をマーミムという、これを立教仕立てという。
冠立ての山という、るるんすのゆははむ、とぞず。
学びのことを、まな、という、学韻用語である。
学韻を、学蘭、ガクランという、ラックス語の大学である。
大学をガクランという、スー・ラックスである。スーは、
冠詞である。これを、学韻冠語という。
スー・ユーニーという、同志社のスバッテスである、
立教の、サックル
東大の、ヨミミミ
京大の、スルミ
阪大の、レロロ
これに、スーをつける、大学呼びの言葉である。スー冠詞
という、これを、スーカムという。すそんつんくという、
あしゅだなの言いという、亜主棚。
机を、アッシュという、棚ともいう。この言葉を使う大学
である。東北大学の教授言葉である。先生の言葉である。
スー・ユーニーで、総の大学である。
ユニバースという英語である、大学指揮官という、スー・
ユーニーで総長を表す言葉とも。

京大では、スルミッツという、総長である。ゆがもと、とも。
他大学、同様。スルミという長を表す場合にも使う。
首相を、せよつる、という、スルミからの言葉とぞず。
大臣を、かよふき、という。
京都市長を、キョウハッツ・スルミという。
東京都長を、トーレル、とーれるみやすみ、という。
大阪府を、そうか、という。そうきょうか、ともいう。
仙台を、きょうほく、
名古屋を、べめもる、
横浜を、のいこむ、
岡山を、とみはま、
広島を、ほん、
 この『ほん』が、大本営のほんになる。
仙台学巻のいう、本営である、日本を本営という。
仙台学巻の言葉である。学巻は、書道の言葉である。
書道を、みゆっすみすす、という、仙台学巻である。
書道の学巻の言葉である、仙台学巻ともいう。
仙台クワッションともいう、せんのめ、という。
略 
 総帥を、むれ、と
いう言葉である。きょうれる・らんくの言いという。
これが、つんくという、対句の言いという。

つんくが、学ればの用語である。
がくればと読めば、そいする
まなればと読めば、すいする、という、疎水の語源である。
『そうみす』の言葉という、疎水の造りの言葉である。
『御簾だんだんはる』という、疎水の水流れ、
疎水に御簾を浮かす、御簾流しという、がくればみぬふる、
という、そうすい連絡という、れんそんのことのもと、
こともとのるり音という。言葉のことである。
つんくガクランの話という。
そうすい元という、これを、そうれるという。そもそもの
意とそる。疎水から出た、そもそもである、一解である。
『デーアールみって、すっとんすぅ』という言葉である。
ルールルー語になり、後、中脳の言葉に近くなる。

冠語の出来である。大脳冠語という冠語を経た、
ちゅういつらんずう、という。ちゅうめらの言葉とぞふ。
後、数学の乱数ともいう。脳の働きである。
乱数の出しという仙台学という。残像が残る話でもある、
物を見た残像である。ミスチルとも。

心理に関わることで、言葉を悪用すれば、言葉にかぎらず、
仙台捜査が出て、仙台逮捕になる、警察動員の大学という。
仙台法制の藩という、みつばつ、という、ばんせらという
大学である。仙台大学校という警察の前進である。
広島台拝の本営という、そこの総水である、総水営という、
これを総帥という、水関連の言葉である。
 日本の国は、水が総帥である、水周りの国である。
村上水軍という大衆歴史物という、ムレである。
疎水を総帥という、ムレ造りである、人工河川である。
ミスチル・みっすすの言葉である。
4199 よいくくという話とぞふ。
 
そうきょうの、よい秋の日、健康で楽しくいきましょう。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2099大原練習1999天の下2399 Italia Flash della fotocamera99幸義光(フラッシュ)99(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39498
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@504上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/21柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@504
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽