2019年10月20日

卒業4179Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4179京都船旅3079
古譜2079大原練習1979天の下2379 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/20、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
青い砂嘴細長くのびている青浜
もと波浜歩きゆき 青はどこまでもつづく
花は青い花 木は青くに染めてる 青い町
青色に砂表 もとみことのゆ ぬまり
さおさせのぞく くぬまぬうゆふみ
ふみ海浦 鈴土浜

 狐の天気予報。〇r1960/07/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【歌意】
津々で、続く意、休符の歌詞。
ボフルキ、アフリカ語で、棒という意の砂嘴である。
鈴土浜、ボユの町、本の町のこと。アフリカ語。
そこの浜野の歌。
もと波湖、後、本帝湖。ボフン、ボフンムという。
跡、白くなった浜という、フー津という、フムモムという。
みとという家、若い人の家。
アフリカ語で、ポ、家の意。本の町の言葉、土鈴海岸の町、
奴隷海岸とも。若い人のことを奴隷、土鈴という、ポーホ
という。アフリカの本の町の冠語である、ポー冠、
ポーホ冠とも。
【奴隷】
 奴隷とは、属するという意。スレーブ、スレードという、
コンピューター用語にもある言葉である。
鈴土浜という、土鈴を作る浜である。この土鈴のことを、
奴隷ともいう。この土鈴が繋がる意の奴隷という、家の
壁、柱等、人の古詩、手、など、鈴をつける場所である

 このつけられた鈴を奴隷という、奴隷鈴のことである。
奴隷海岸という場所である。土鈴海岸、蒼地浜、鈴鳴き
山里(やまり、やまさと)、本の町のポの意味である。
もとす町、もとい町とも。鈴作り用の鋳型がある町である。
青鈴、白鈴、黒鈴・・・・である。土鈴の町という。
アフリカの町である。

 スレーブにするという、持ち物、服につけることである。
その意の奴隷である、今は使われないことである。
使えばよい話である。

 若い人は自分を奴隷という、土下座をする人である。
鈴をめでる人でもある。土をめでる人である。
 冠語を、隷語という、字体にも隷書という。鈴から出た
隷書という、丸い形の字である。鈴隷の書という、これを、
つちみやら、という、隷篆の字体のこと、とぞう、
(とぞえとも)。隷属など、たくさんあります。
【とぞえ御所、つちみやら】
 とぞえ御所の、つちみやら、である、後、土御門とぞ。
土身と書けば、土下座の意も添う、土見で、粘土細工の類
である。土御門は、土でできた門の意とも、どこにでも
ある土造りである。土み手のおいほり、という、おいぼれの
語源とも。とぞらるれっそのお書きとぞう。

<<【東大30日寝食】>>
 東大へ30日間いた若い人という。丘われ着で、広義を聞
いた人と言う。
<<【一夜のはれか】>>
 初講、*****という東大の学曽(がくそう)という。
東大の家の横の校舎という、ここの講義とぞう。
『一夜のはれか』という講義である。後、かせという、
学問という、かせのお学という、東大学問所という。
御学問の講録という。この文である。

 学問のたおれ、という話である。この『たおれ』という、
たお山のたおれである。ここを、玄落という、後とぞふ、
東大りきさやき、という。りものゆいせら、という。
<<【おんの話】>>
 この頃の東大という。木造の学舎という。 二階の講義
室である。そこで聞いた、おんの今のことを、聞いたこと
という。お学山のお書きという。

 おんという話である。これを教わった日という。日山の
矢間つづ、という題の話という。塔のことの造りという。
この塔の話とぞる。
<<【南アフリカ、ローデシア】>>
 南アフリカの二つの塔とぞる。一つの塔の本岬という、
南アフリカローデシアの塔とぞずる。もう一つの塔という、
けっつ塔という、この塔の中の位置の話とぞる。

 二つの塔が、並んでいた場所という。今の、ローデス
という、ロードスの言いとも、ここのローデシアという、
ケープタウンの町という、ここの塔のことという。

 喜望峰という、そこの塔である。この塔と本岬という、
これが並んでいた、本岬の塔の高さという、100メーターの
高さのはこみむ、という。ここの塔の名を、けといき、という。
けといき塔という。け塔、ともいう。

 この二つの塔が並び、中に川の小さい川があったとぞる。
この話という、後、アフリカが離れて行く、南の場のこと
とぞふ_る_る。
<<【本帝湖】>>
 後の、二講を、明日にすることの意図という。明日は、
本帝湖という。この日の午後である。次の講義を、明日の
日の講義という、次を明日という、東大の講義の呼び
である。
<<【奴隷海岸、本の町】>>
 本帝湖の講義という。これを、かまふき、という、講義
の呼びである。
 奴隷海岸という場所の西にある本という町のこととぞる。
この町のラ氏が、本帝湖である日の講義の内容という。
この講義を、本帝湖よんせく、という。
 水の色が、青色である。手にすくえば、青い水である。
これが、本帝湖の半島という。ほんの町から、砂嘴の造り
の、半島状という、これが出ていた湖の時の話とぞの。

 この湖が、はかい(波海)という、アフリカと、後の
南アメリカの中にあった状島という。状島が砂嘴である。
<<【青い砂嘴】>>
 この砂嘴の色という、青い砂嘴であることという。
青い浜という、青れく闇墨という。この青という、これを、
ゆきやき、という。青い雪が降った話という。今の、
奴隷海岸という。奴隷の糸文という、の文とぞる_つ。

 これの講義で二講目である。この講義の初日という、
6月の頃とぞず。春の夜半のこうしく頃という。
春の夜半の講義という、日中の講義である。40分の講義時間
である。

 東大の初の講義である。若い人が受けた講義という。
これが、一番初めの講義である。東大初の講義である。
名を東大初日という、丘われ着姿の若い人である。
<<【青山御学】>>
 この日より前の日が、青山お学という、青山御学の
おこめく、という、お話という。これが、世にいう、
半島の学である。
 
 半島の日を、ごという。ごの日のおこけく、という。
ごやおみ、ともいう。ごよせよのふれるれ、という。
東大の前の話である。青かのきむふみ、という。この文で
ある。
<<【青山藩校】>>
 若い人の墓がある青山御学問所である。そこを、
あずる青という、後とぞる、青山藩校という、少しの間の
呼びである。すぐに、東大という呼びになる場である。

 東大の学山浜という、後、東京東大という、後、塔大
学門所、後、東京大学という。東京大学を東大という、
この東大を、あずまひろ、という。すぐ、とうだいと
呼ぶ日のことという。

 これが、東大初日、その前の藩校学という、その前の
お家の学という、東大の前の家である。ここの書きとも
ぞるすする、はぬゆる、お書きという。はぬゆる学びと
いう。これのまなのふくゆき、という。

 東大の曽るき(そうるき)という。曽るきの学び針と
いう。はもえめ山のお書きという。東大を興す若い人の
話である。夏よらの春という、時のことである。
とぞずらんのくいそみ、という。若い人の学びという。

 アフリカが分かれた話が、次である、明日である、
東大の言いである。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2079大原練習1979天の下2379 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39298
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@495上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@495
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽