2019年10月16日

卒業4169Italia Flash della fotocamera69幸義光(フラッシュ)69(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4169京都船旅3069
古譜2069大原練習1969天の下2369 Italia Flash della fotocamera69幸義光(フラッシュ)69(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/16、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
朝の原 霧晴れていく 楽し
奥狭古文筆のいかすみ黒し
我がの書斎狭し大石
石垣中の部屋一部屋角に
七面鳥いたり来て
仮面の飾り見てる


 狐の天気予報。〇r1960/07/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 江戸時代の廻船問屋
<<【大和奈良、吉良のお国】>>
 吉良上野介のという、国の名のお書き、とぞるせる。
これを、いみよま、という。吉良上野のすけにく、という。
国をにくという。吉良のおゆれふ、という。

 吉良由良のおきやりという。吉良の伊予とぞる。吉良公
を国府という。ここの言いの、吉良目付という、吉良ゆらの
お書きという。おおおお爺さんのおゆふ、という。

 吉良上野の山という、ここの大山という、大山国府の
きゆれるや、という。この言いに、大府をいう、吉良の
国の御名という。これの言いに、吉良三言いという。

 大府の中心を、たまふる、という。この『たまふる』を
ふるせる、という。鯛山のお書きという。吉良山のおき
ゆり、という。吉良上野の家という、渡るやずせつ、という。
世に名をおす、という、名をわたすえま、という。
<<【吉良由良の円幕】>>
 世を渡る言いという、吉良上野介という。吉良由良の円
幕という。円の幕せくるふる、とぞる。この書きの説明と
いう、世に元禄という中心のことの書き、とぞる。これを、
いまるき、という。大お爺さんありてそわるる、られる、
ろむそむ、という。吉良三十郎という若い人の名という。
<<【栄華の物語】>>
 栄華の物語という、この栄華の名である。また、行く
下総の国のや、という。われるお行き、とぞふ_る_よよの
言いのかまよる、という。この日、奈良という下総である。
<<【吉良るりの里】>>
 奈良大和という下つ総の故郷という、吉良るりの里と
いう。大お爺さんおられおられ、ゆゆゆ、れれせる、る
もす、という。吉良園山の大お爺さんという。

 大石子という名という、わが世のわたせの名という。
若い人のお行く地の名前とぞる。大石蔵菊という、蔵山の
裏という。蔵せるやらやら、という。遠い下の総の国の
興し、という。中心をとる、日本の臍の下という、日本の
臍の西脇のおいさむ、とそず。とぞとすれとす、という。
<<【中心蔵】>>
 中心蔵の名の山の池という、その畔のゆきふり、という。
振り降る雪の中にある、せせるるやおやお、という。
やおの家という。また行く、吉良る坂るか、という。
<<【赤い雪の頃】>>
 ここの雪の赤い雪の頃という。赤々山のお絵という。
古い山のお書き、とそず。るんるるの闇という。奈良の
山のおわるせむせる、おてす、とぞふ。

 大お爺さんおらるお家という。ことやかのゆみるか
という、ゆみとす、ともいう。かれする秋の世のこと
とぞす。京府のお行きという。三郷れくの山という。
<<【赤方城(あこうじょう)】>>
 日本の臍下という。三郷のこい浜という、そこの
おいれ、という。おいふる山のお書きという。大お爺さん
おせやるすするす、るるす、せるせ、れをおよ、すすす、
という。赤方城(あこうじょう)のお書きという。
<<【夢をめゆという】>>
 後、赤床のおす、という。城をおすという。おすとす、
という。古い御代のお書きとぞふ。ゆゆするあゆふる、
ともす、てるする、れと、という。めゆのお言いという。
夢をめゆ、という、大お爺さんお教えなる。

 赤方山の糸せれ、という。大お爺さんの吉良す組ふり、
という。今よら、むそるゆ、ことの頃という。えそ甚
つくの着物という、それを着てお会いする、大お爺さんの
みもはる、という。ゆゆすれとるるめす、とす。ずずず。
吉良山のお書きという。日本の鯛をいう。鯛せら録と
いう、この文とぞす_る_るるる書。

 吉良の絵の山という。大山のおせらく、という。
きらるらてせの、るいるいという。後を、吉良する、と
いう。東大の、あずまひろ、という。京のきらすさくる
ややのお伊勢という。きららさっくく、という。遠い
下総のおきゆり、という。吉良由良そみそみ、という。
これを、きららかん、という。

 日本を興す話という。ゆませまのおいそみの、すけ
るけ、という。これのかよはる、という。春をかよ春、
かよう春という。賀陽ごもふり、という。賀陽御所の
きららよんまるという。きらせらのみゆるる、という。
吉良の山のお書きという。
<<【幸子之き】>>
 吉良つ文山、ここなるを。若い日の御幸である。幸子
之きという。幸のくのやもせる、という。我が世の、
ふけるか、という。大お爺さんおいらる、おすゆる、と
いう。赤い雪の譜という、これなるを。
<<【下総】>>
 *******************これを誅すと
いう。我が世の春という、また行く下総のききくく、と
いう。はなすことをいう。

 我が若き日のおいゆき、という。おわるさむすむ、と
いう。糸山のお書きという。糸するてゆふ、という。れと
山という。れるすみゆてす、という。ここを奈良野という。

 下つ総の幸総山という。日本構想の山とも。明たらの
闇踏み、という。文とも。闇文の歌という。秋篠のまみ
ふら、おじぇつれ、という。三本立ちのジェット機とそず。

 これの乗りのことという。三郷床らぐらり、お行くこみ
ふみ、という。よよの渡りのお行きという。幸行き山の
おゆす、とぞる。ぞるてすの山という。三郷もんくくの家
という、ここを出でて空から行く、三郷三空のみゆっつ、
という。ゆつゆつのおせるせ、という。
<<【甚せむ着】>>
 大お爺さんおらるおらる、ゆゆ山のおつるつという。
鶴のようなジェット機とそず。五人乗りの機である。
吉良由良のおおおお爺さんのおてすまのゆせるかよふ、
壬生由ヶ原のおいそむの場とそず。また行く吉良由の
大お爺さんという。おいらるおいらる頃に、また行く
はよふの丘床着という、甚せむ着の甚丹きもそめる
さまよま、という。甚つく着のことをいう。

 遠くお町ありるありすありるありせ、おおおお爺さん
という。きらら坂みか山浦ももよ、るるく、せるる、
よいゆ、よいす、よいむのゆっさむ、という。遊山を
ゆっさむ、という。中心記の書きである。

 とぞすトラックという、トラせらのとるるうっとす、
という、うっつくともいうるうっからの山という。
みゆるるせむれる、おりしおりおり、るるふ、ろくす、
つゆつゆさんのこぺらく、という。あふれるゆよいそみ、
という。大お爺さん、ありてそわるありそゆゆゆ。
この書き、下総国の書きである。国興す今である。
<<【中心倉の秋篠機】>>
 中心倉の秋篠機である。そうきょうれんたす、今の
今である。そうきょう国、なりてぞ、ゆゆす、あふがん
立ちのはお、という。あふれる国ゆ国すむるくす、と
いう。今成るをいう。

 大お爺さんすわらるお座ありするるふ、とつとつの
けっけく、という。おばゆらそそす、るみそみしずゆつ
経のお行きという。静由津経由のお行きという。
<<【アフガン幸】>>
 秋篠由コンクル・レックスという。アフガンれての
アフユせんてる、ろんるく、という。これを、下冠由
多(しもかんゆた)という。下総の冠話である。
アフガンという外っ国のおはゆは、とぞす。アレキ
サンドスの言いという、アフガンのことという。
ことのは、である。古き日のアフガン思う若い日の旅
とぞず。アフガン幸を兼ねた分という。

 栄華のあふすめ、という。あふるる波ゆかんさむ、
せてす。ルコックルという、アフガンのこと、とぞと。

 るるふる山のお書きという。あふるるふまゆまの
ことという。ふるせる山のお書きという。点祖という、
点の祖のふめるや、という。ふすゆす山服という。
これを、あたらえ、という。あらたえのあたら、という。
あらたえ山のお福、とぞる_る_こゆす書きという。
れれんとのお書きともいう。この文である。

 アフガンに、めいじを言う声を聞く、立ち、とぞず。
アフ山のおあらたえ、とぞず_る_ろろろゆりゆり、と
ぞず。アフガンの糸そよるるすよみよみの、ろくす、と
いう。この書きの意、とぞる_ろ_ろくるろくす、という。

 アフガンをこう家である。三郷の山ともいう。大和奈良
埼ゆ玉という。埼玉のおゆあふ_る_あふがん詣で、とぞず。

 埼玉三郷の闇月という。闇の月の明る耀という。埼玉の
名の元、とぞずる_ろ、すずす。闇の中の玉である、埼ゆ玉
という。大和奈良の夜のお書きとぞず。東大の講義とぞず。

 東大浜の埼たす弾みむろ、くくく、すずす、ろくす_る、
お書き、とぞず_る、とぞず。東大元のお書きという。
東大の山のお書きという。東食山ともいう、この譜とぞ_す。
うたゆたの文という、吉良由良せてるすみす、という。
<<【秋篠機発進】>>
御所ゆけこてて、秋篠ゆ原ゆ、せむせむいきゆき、という。
御所より意刷った人という、若い人である。秋篠機で出る、
ゆゆ幸という。『オットー』という発進の声である。
発進をおとという。これを、おつ、という。後、乙という。
甲乙の発進という。『甲オットー』という、乙発進の山
という。

 歩くことを、つみという。つみはばという、歩巾のこと。
天皇という自分の歩幅を、とくろゆき、という。つみとくろ、
とも。つみはばのゆき、である。ゆきたけという、言いの
ゆきという。つみ巾という。着物のゆき丈という。
 この言いで、つみを、自分にとる、天皇つみという。
天のおつみという。天皇の山という。
そういう意味での言いという。
 小崎御所の糸紡ぐつみ、という。糸紡ぎのつみ、という。
麁服のつみぎ、という。つみを紡ぐを、つみぐる、という。
天皇のつみぐる、という。天皇をつみぐ、つみの、つみに、
つみの、という。天皇のつみ、という。
 自分が自分の服を、作ることに、つみの天すき、という。
天すきのつみとめ、という。古くの、新田義貞の言いとそ。
新田の天皇という。自分を天皇という、新田義貞である。
天皇のつみという話である。
 
 つみは、ちみを体にする言いとそず。
『つみは行きます』
『ちみは、といさまのひですか』
貴君は行きますかという意とぞす。
古くの並河の言いでもある、川沿いの町の一般の言いである。
この言いを天皇言いという。つみの言いという。
麁服の言いともいう。つみ山の言いのあらたみ袖服ともいう。
漁師の言いともぞ。漁師を天つゆら、という、この言いの
尼つゆらの天皇という。鵜飼の漁の場の天を、点足という。
天足場の天を、天皇点という、この点を天篁、天篁点とも。
鵜飼のつみ、つみの鵜飼とも。鵜飼点かっくれえという。
小崎やん幕という場所の言いである。小崎御所の糸紡ぐ
部屋である。小崎みんくくのや、という。小崎こん、とも。
小崎山ふらの、ゆんみる、おいそ(おいそむ)とも。
 
 つみのかゆふく山という、ふくを服という。かゆすれ、
ともいう。漁師山のお書きという。


 若い人の中心蔵といういきしの木のある所とぞず。
2本足、3本足の秋篠機とぞず。名作、忠臣蔵からとった
名前である、吉良上野介という若い人の本名である、
浅野長矩とも名乗る人である。読んだ本、見た映画は、
自分の血となり肉となる、知識欲の旺盛な人である、
栄華の人という。
自分のことを吉良という、吉良はあさの栄華という、
こんなことをいう人である。朝の光を拝む人である。

処世の句に
『浅野原、霧が出でてぞ、晴れ之くを、
 きらら光や、我が世貫き』 若い人読む
暗闇行燈の歌、忠臣蔵名取歌。
御題『浅野光、吉良幸、旅行良好の日』とある、
取歌帖。
 
こういう人である、先人の教えを尊ぶ人である。
赤方(あこう)朗司吉良幸、ゆきゆきて秋篠機の旅という。
吉良吉良の赤方、麁服の清かる、お書きという。
 
おおおおお爺さん、おられおられ、世に明示という、黒幕
墨から隅まで、ずずっと行き、中心定理をとく人である。
この場を中心という、中心黒の真ん中である。大石座講演
の話という。大石暗の助の言い状である。生ま頃しの餡
食べての見学、よきよきに、大お爺さんという、壬生新選
組に加入された御方である。今も願い出がたくさんある、
健康安全塾である。きらきらの朝の兼光という、由緒ある
壬生派出所のはでな捕物帖という。
忠臣蔵より、吉良上野をとり
同じく、浅野長矩をとり、
・・・・という、
とったものが並べられている原録中心蔵である。
インターネット源録である。
ナナ取り八光、七面鳥イカロスの花遊びである。ハナ光り。
七面鳥を盗み鳥という、中心光鳥の話である。
食らうこの書きという。
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2069大原練習1969天の下2369 Italia Flash della fotocamera69幸義光(フラッシュ)69(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39198
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@448上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@448
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3700 :イカスミ柳

卒業3700 :イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽