2019年10月15日

卒業4167Italia Flash della fotocamera67幸義光(フラッシュ)67(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4167京都船旅3067
古譜2067大原練習1967天の下2367 Italia Flash della fotocamera67幸義光(フラッシュ)67(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/15、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
阿岸之原 降りきては 我が機見る
三本足を出して鶴のように立っている
遠くの甲の府へと来た日は朝霞
薄墨色 機の横の石浜の長建ち屋
幸義光光らせば世に示す
唐の王の次第のゆかり


 狐の天気予報。〇r1960/07/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 江戸時代の廻船問屋
<<【奈良丹波市(たんばいち)、三輪周り】>>
【鮫の出】
鮫の出、鮫太陽のあがること。鮫光(さめひかり)という、
この地の言いである。奈良の鮫行きという、太陽のことである。
鮫のお日山のお書きという。

『鮫が来る』という、日の出迎えをいう。柏手を打つこと
の出の世の場、とそず。
 夢打ちという。夢山のお日山という。藤堂の山の巣という。
この『巣』を、ようふま、という。陽京のお日ゆり山という。
ここを、後、あま変えたという。尼を天と表す地域の行き
という。地域を、地行くという、地育のゆら浜という。
太陽を、さめつけ、という、おおゆさめ、という。

 目の覚めに掛けた言いの場のことという。大目付鮫と
いう、人をそういう地域、とぞす。これで、鮫太陽の点
という、覚める人の時とぞ。

 時間の時点に、天を付ける、天点の宵の守るという。
ここを、こうつ、という。交わる津の言いとそず。
とずる山のお書きという。

 てんの尼の里という、尼山という、てんの里をいう。
これを、てゆれる、という。ファーブズという。ファー
レラともいう。ファッスズすみそも、という。この言いの
てんを天という、点とも。この『すみそも』の『そも』が
、そもそもという、そもれらの言いとそず。とぞすの山と
いう。そもそも山 とも。

 つうるうのいきふき、という。つるつる天という、つん
すみのつる闇という、つるつる来る闇のことという。これが、
天に上る闇の言いとぞず。天つる天という。この地域の、
地育という、地にあった闇が天へ行く、地が育ったという、
地の絵のふりうり、という。

 これが、地起きさみ之き(さみゆき)、という。之きばしば
、という、行きしばの、行った場という。これを、之き芝
という。芝れる山という。芝山すんむき、という、向き踏み
の場という。むきむき山のお書きという。向踏譜という、
この事の記である。
【巻いて行く】
 『向きさん念おいて』という、これを、向こう世の言い
という。向きさんという、向きの方面をいう、これをむきむく
という、後、まきむくという。まきむくのよっこむ、という。
まきすら山お書きという。巻き向く山という。
『行く』ことを、『巻いて行く』という。同道のことという。

 この同道の山の麓の矢のおしふり、という。おしうすやお
浜という、太陽の周りを浜るべ、という。浜れれ、とも。
浜るやっかむ、という。やりくれのおしふき、という。
やややのお書きという。
【向福】
 天つる天の『つる』を、吊るという、これを、山という。
これが、之きという、行くことを、そう表すゆいのしよ、
という。由所の話という。ここの由所を、ゆいさみ、という。
由所をゆいさみ、という。ゆういさみ、という。言う勇み
である。勇々のごけ元という。語源のことをいう。天つる
天の場の言いという。後を、向福という、福に向かう、
向福の場という、向宵の夜半という。向福の言いという。

 天の里の、尼の里という。尼里山という、これの東藤と
いう、東藤の柿という。東藤天という、これを尊ぶ町と
いう。鮫太陽のお勇みという。光るつるの尼槍という。

 覚めたひの目の山気という、山木とも。これが、山楼の
謂れである。向きさん、向き三、向き山とぞふ。
【幸子辺道、さちこべみち】
 向きという、目を向けた太陽という、自分を、ひ、とい
う。ここの言いとぞず。とめらるとどふるのいそよし、と
いう。磯という磯の浜の太陽という。ここの道を、向道と
いう。向宵町の向かう福の道という、さちこべ道とも。
さちこうべという、さちの頭という、幸頭の目覚めという。
【張春】
 これを、こう張る君という、春を張るという。お張るが
来たという、この張るを、針という。張り春、針春、張春
という。向福の張春という。ここの闇を、向かう福という、
向こう闇の向福閣という。闇を閣という、向宵町の言葉で
ある。幸おお、という、幸多、さった山という。さたのお
柿という。沙汰のことを、幸多という町である。目付の
鮫ふられ
、という。幸の鮫という。鮫太陽の向幸陽という。
幸多い町である。

 あの場の磯みそ、という、幸鮫を、みそ、という。
みそ太陽という。これを、みそら張る、という。みそら春
という。向宵町の言葉である。


 東大の、ひがしあずまという、あなみくみくという。
そっぱくりき、というこの記とぞず。かまする山のお絵と
いう。かりするたいはむ、とぞず。この記を、よき、という。
良きという。良いきをよきという。この町の言いである。

東藤藩よいき、という。世を行くという、世育浜るか、と
いう。後、るか書、るか所という。大目付のことを、るか、
という、向宵町の幕々という、ばくまく、まくまく。
大目付の幕所という、きよ山々という、丘われを、そう
いう町である。きよ山着という、丘幕着とぞず。

 丘われ着を着る東大という、あずまひろという、とう
だいという、東京の東京大学と同じにいう、あずままん幕
という、幕府を幕藤、幕富士という向宵町幕(府)である。

 藤堂藩の『目付けられ』という、目付けられ磯よみ浜る、
ゆみゆよ、という。ゆゆ、ゆゆゆ、とぞず。これが、この
四城の言葉である。城主を目付という意味である。
東藤目という、藤堂のすみふりという、これを、いかすみ、
という。いかすみの言い、とず_そ_ろう_る、お閣しむる
城という。東藤藩の城である。幕富士城郭という。城郭城
という。若い人が、居間 、これを書いている城である。
ゆゆ、ゆゆゆのお書きという。

 天皇をつみという所である。津見。しんけんという、元の
意を、つつむ、という。これを、しんかみ、という。あま
ふき闇という、あまふき閣のおい浜という、この『浜』を
太陽宮という。たい浜とも。たいせまのおいつみ、という。
太陽の周りを津という、陽芯という、太陽である。用心棒
という。心する太陽という、光をやっつ、やつ、という。
やつの光という、はいかるせいふ、という、はいせいふの
磯の言いとぞず。はいせの山という。
【はいせ】
 伊勢の津という、これを、はいせ、という、はいせの津
という。向宵町を、拝す幕という、拝幕のふそゆそ、という。
民をとるう浜という、民の太陽という。太陽をたとう世と
いう。拝太陽のこうく、向句という。これを、くめゆりと
いう。くそ、ともいう。大運の向運という、向福という。
後、幸の運という。幸運の話である。

 うんこ、運子の太陽とぞす。うんという返事のたっとび
という。運拝譜、これ、とぞる。

 うんの教えという、そうきょう太陽の運という。よい運
という。良運向福の太陽拝道という、太陽を拝む町である。
手をよる山のお書きという、夜を手という。やあい、夜会い
という、やややのゆゆゆ、とぞる。
【やあいの町】
 夜に、やややと挨拶をする町の人とぞう。手三本を立て、
その指を回す仕種という、太陽を表す、月をも表すことと
いう、やあいの町という、向宵町である。

 これは、無考証の駄作者文である。無考証ではあるが、
有効である。有効証という、そういう効き目のある効証
である。大運幸運を持ちたい人という、運行証の免許と
いう。人生行路のお書きという。

拝太陽、その一つである。
若い人のすることという。
其の二つ、拝城という、
其の三つ、みつみつ山々という、言えばよいこととぞ。
其の四つ、しじょう、そうく、という。排便の時という。
其の五つ、ごかくかと、汗をいう。
其の六つ、むるろという、門出の時の挨拶という。
其の七、七をやおという、しちすという。物数えの時。
其のやつ、やつすめるせお、という。家へ入る時。
其のここの、津を身、という。寝る時である。

心することという。幸運への言葉である。拝城というて、
二に関することをする時に使う言葉である。以下、同様。
三叉路へ差し掛かれば、みつみつという。こういう使い
ともぞ。

 有向上の言いである。幸運の人の言いである。
コンピューターに向かって、コンクレーという、コン
ピューターから幸運がでてくる話という。テレビも
そうである、コンクレと言うてスイッチを入れることと
いう。スイッチを、コンクレという。幸運の言いという。
コレクレ・オンという、これで、オッケーである。
よいことを喋れば良い話である。
電車運転の出発進行という運転士の言葉の類という。
人に言っているのではなく、自分の行動、意識の確認。
安全再確認とも。

 そうきょうよい数え、口上の付き、という、よい付き
である。覚めのよい人。

 有効証の駄作者である。『いいなはれ』、とぞもる。
灯台の数えでもある。灯台をとももる、よいこ_うろ、という。
うろ光という、灯台先明かしである。兼光という剣先光、
剣光である。灯台の光をそう言う。
【鬼機、チャンス】
 古い頃の東大御所(ひがしだいごしょ)の言いでもある。
秋篠亭のことである。秋篠はゆ御所とぞる。
『いいなはれ』を、『いいなはい』という言いである、
『いいなさい』意である。
『いいなはい、いいなはい』、駄作者の記である。
鬼機、鬼期、迫る言いとぞす。チャンスのことを、鬼機、
鬼期という。チャンス到来の言いである。有拝山おとず、
とそ。

 コンクレ陰東家という、秋篠家の別名である。草冠に
影と書く字とも。コンと読む漢字である。クレを呉と書く
字とも、草冠影呉という、コンゴとも。向後のことである。
日向(ヒムカ)の君という、コンクレということである。
そうかんえいご、という言葉である。陸運の言葉である。
コンクレッテ、コンテナ、・・、陸上運搬用語とぞ。

 草冠を書くした、官営という、とってつける、菅営と
いう、すげかんという、すげ編み笠のことでもある。
草冠影呉を菅営語という、運搬を菅営という。
秋篠鳥という、木に飛び上がる鶏である。丹波市、三輪、
石上周辺の棲息である。
【から墨】
 墨から墨まで知る人という、秋篠印という、官の裏判と
いう。役所等で裏判を使うことという、秋篠判という。
この記を、菅編印(すがあみいん)ということである。
芋で造った印ともいう、芋判のこととも。墨を、からす、
という。からす墨、から墨という。判子用の墨である。

 鶏山お書きという。いかす身の若い人である。
いかすみ造りの丹波市柳の柳春、長柳春という、張春の
ことである。場所でもある。丹波市みっとみ、という
言葉である。ミックスという、墨にいか墨を混ぜる筆の
先という、筆のおき所という。いかはねの字という、
はねのある辞しとぞ。秋篠字という、ぱはのはねという、
字である。若い人のサインという。左印はね、という。
鳥が飛んで左に回ると時とも。左印飛という、左院の
山という。信官という見方である。

天皇の書を宸翰(しんかん)という話とも。
【信官御所】
左印紙という、左上の印紙である。うくれく、という。
右印紙という、右上の印紙である、ゆみほみ、という。
信官御所の言葉である。

 たきひまらきにある、丹波石のこととも。効句城とそ。
『しらんでよ』『しらんぜよ』という、城の言いである。

アフガンにもあるコークという。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2067大原練習1967天の下2367 Italia Flash della fotocamera67幸義光(フラッシュ)67(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39178
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@-37上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/10柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-37
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽