2019年10月14日

卒業4163Italia Flash della fotocamera63幸義光(フラッシュ)63(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4163京都船旅3063
古譜2063大原練習1963天の下2363 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1960/07/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【今昔】 
 『学校へ行きます』と、御学問所のある学校へいった若
い人である。学校に住んでいる人でもある。京は、そこへ
行ってアイス語を教わるという。アイス語で行われた講義
である。御学問所御広義という。

 ミケランジェロ先生という、英人の先生、米人の先生も
おられる。英語での講義という。教科書は、大学生の読む
教科書である。時至り、若い人は大学へ行く、教科書は
昔、習った教科書である、御学問所のあった学校という。

 『どこかで見た本だ』と、思ったが、気が付くのは、時
過ぎた時である。『ああ、そうだ、御学問所での本である』
。フランス語とて、そうである。

 明治時代であったかな、と思うが、現代である。明治
時代の御学問所という、若い人という。学校が家である
頃という。馬もいた所である。よく思い返せば、飛行船に
乗っていった日もある。懐かしい時代である。

 ベルホヤンスクという、ベル山の見のお書きという。
講談師の先生という、義太夫の先生という、御学問所の
学校の講義である。

 夜は夜とて御所へ行き、講義拝聴の日々である。近代
雅楽という、京都会議の頃でもある。

 東をみれば、東山が煙を上げている、西山もたまには、
煙を上げ、始祖鳥が飛んで来る、そんな日々である。
縦葦藁葺きの家にいけば、ウインタテリウムという恐竜も
いる話である。水素炉もあり、100ボルト、200ボルト、と
いう発電と、電気設備である。壁一面の大きな液晶画面
である、景色が映し出され、芽を楽しませてくれる。

 手には、スマホ、タブレット、カバンの中には、下敷き
様の薄いコンピューターという、下敷きでもある。外から
見れば田舎の一軒家という、そういう家である。

 無線電信は御所に通じている、周りの家にも通じている、
インターネットの家という、アメリカにももちろん、連絡
できる。トツーのモールス信号という、これも駆使する人
である、テレックスもそうである。

 家の前には、縦置きのジェット機が並んでいる。大砲も
ズラリと並んでいる、ロボットが行き来する往来という。
若い人の昔である。

 若い人は、今、タブレットを持っている、若い人の昔の
タブレットである。若い人の過去はそういう過去である。
横の家には、機械馬が、ドンと立っている。幌馬車にも、
使うものである。いつも、ご飯を持っていく若い人である。

 明日は大原御幸という、行くことを幸という人である。
帰ればアメリカという、アメリカ御幸である。その日のお
書きである、ダラス御幸という。若い人は、ウィンドウ・
ショッピングをする昨今である、大昔に見た液晶テレビが
ある、懐かしの昔が帰ってきた話という。

 皆、今のことである。今に生きる若い人である。
見た目に、時代は進んでいるか、バックしているか。
明示時代へ行けば、液晶画面があり、江戸時代では、
城が動いていたという、明示維新といえば、よく考えれば、
中国の殷以前の、大前漢という次第王の王朝という、若い
人の昔である今である未来である。そういう時代が今である。
卑弥呼城に住んでいたという若い人である。

 戦車で西山越えて、あの丘超えてという、戦車行軍の歌と
いう、道無き道をいった人である。船を浮かべて京都の町
という、青森へは廻船問屋といって行った人である。

 壁はあるという、アフガンにもある、始皇帝の壁とい。
万理の長城である、その一部という。壁が好きな人である。

 デリッサ・メンデルという、メンテ・サーファーの 
壁の泳ぎ見という。壁が浮かんているという、若い人である。

 大阪浪花こいしや、菜の花の園の電車行である。ひら
ゆらなるふる、電車の御々幸という。藁ぶき屋根の家から
出る浪華幸電得という、埼玉三郷からジェット機で来た
京方のやよ(八代)の世という。

 阪急相方もろとろゆんみる、御幸電という。もちろん、
お召し電車という、『召しますきいき』という、浪華朗
達という。浪華朗のお書きという。
 
 紅葉そうきょう、よい作文、若い人の作文である。

墨から墨まで、ご存じ、無考証
年賀状、暑中見舞い、他、墨で書く時に、イカ墨を混ぜる
と、よいです。この奈良丹波市、三輪の墨には、こんな墨があ
る。目付の墨という。どんどん使えばよいです。
他、壁に、イカ墨を混ぜる。少し黒くなります。
城下町といいます。大原こうゆみ、ともいいます。
家を建てる時には、一室でもそうしておけば、
よいですヨ。立っている家には、御自分が、
模様のように、塗りたくりますか。
こういう壁は、家こぼちでも、大切に扱い、また、
使えばいいですヨ。
この頃に、癌というような病気がなかった
ように思いますが・・・・・
京都二条城にもあります、すみよまべ、といいます。
御所の、しのゆれ、といいます。ししせむ・やれぞく、とも。
民家では、おくすみの家、といいます。
関東の、ごけこく、とも。
東北の、むいすら。
北東道の、よきふき、と。
九州の、おいぜごわよき、島津よっこそ、といいます。
アメリカ、ダラスの、キックカレードック、
イギリスロンドンの、いかみかど、と。
ロシア・サラセン、みそほきず、
中国の、台中、みろふれ、きゆんてす、
中国内地の、ぼぼぜられる、
アフガン、ゆきぞきし、
アフリカ、コンゴ、てせばざ、アフリカ・モルト、
世界にたくさんあります。
オーストラリアでは、いかのえいご、といいます、
スキッド・ワードと、です。スキム・ライクとも。
ニュージーランドの、ろいせま_る_ず、もるとめ、
マダガスカルの、るるるめ、るりっと、ルコンスキ、と。
ブラジルの、よきさま、ヨキロット、
アルゼンチンの、ノルテ、と。アエーサ、とも。
世界にたくさんあります。

墨から墨まで、ずず〜っ黒、上様、お目付け、ずず墨黒、
お歯黒、麁服を、くみよき服、ともいいます、いかすみ黒の
黒麁服(くろあらたえ)と言います。いかすみやのお書き。
青山御所、おちそみすみふる、よよ黒のへとさまゆり、
いかなる部屋でございましょうか、若い人の黒住まい、
若床花ゆり、れろそ、るれす、ゆみゆみのいそみ、
はうれる、ろろす部屋でございます。
歌舞伎に出てくる一節です。
『いかに、いかに』
『いかなる、すみ』
『青山出の駄作者、戯作技芸の黒幕、紫幕、よよ巻いてゆかれ』
『はははははははは〜ぁ〜』
青山町お書き。
『明日は、大イカ墨黒白』
『白状いたせば、くろしろでございます。』
『なな、なんと、なんと、なんと字を書くのか』
『青山なんとか、青山状の目付、山に目がある、
 山目付、そちくろの子曰、こうして、目を回せば
 目は白黒、役者の目、赤黄あたま、頬は青花、
 ももや灯篭とぞ、ゆかれ』
『黒幕を、すみから、すみまで、いかれぇ』
『黒墨した、いかすみ上、かすみの千畳敷、
 いかすみ空の住まう、万理の長城、いか舞いあがり、
 下は、墨黒、イカスミ書きの雪渓、ずは高い所にある。』
『貴君が頭は高い頭とか、』
『はっははぁ〜、目がお高うございます。』
『目の付けようである。』
出世目の話という。略。いかす見、いかす身、イカスみ。
ゆかれ花の奥青山御殿とぞす。


ロンドン・マルチ儀といいます、イカ墨壁の地球儀です。
普通の壁とどうやって、見分けるか、ポセする花、この言葉で見分けます。
後ほど。

日常生活にイカ墨を使うことです。
そうきょうのよいイカスミ壁、柳そば、桃床、桜身の住まい、
と言います。

****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2063大原練習1963天の下2363 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39138
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@349上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@349
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽