2019年10月12日

卒業4161Italia Flash della fotocamera61幸義光(フラッシュ)61(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4161京都船旅3061
古譜2061大原練習1961天の下2361 Italia Flash della fotocamera61幸義光(フラッシュ)61(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
【歌詞】創郷 
蒸気潜水艦が家の前にある 堂々
座る玄関の前 戸開けて 頼もし
気持ち楽しくなる海の音が聞こえ
ザザッ音 遠い海の景色に浮く
ブイの中 沈み行く 海中を
探る船 鋼鉄の造り船

 狐の天気予報。〇r1960/07/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2016/7/11 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【スカイ・パーセル】
ワン・チャクスという、カネデル・フロートという。
カナディアン・フックスという、ふうれるははの山という。
はは由良沖の御空という、ここを、ミックスという、ミキ
サーという、空路の着発進である。『発着す』の着の字の
目を書かない字という。ソ(ハ、とも)と王とノという字で
ある。これがある直線の町である。これを、ソツという、
ソツの発進という。直線路の空路の発進とぞず。ダラス
天皇航路ともいう。スカイ・パーセルという、航空用語
である、ロル・オンという、エンジン始動をいう。
この直線のダラス網の言葉である。

 オクラホマ・ミキサーというフォーク・ダンスのおき
でもある、これを、ダラスGHQという。げんすいろく、
という。ダラス連列のお町という、スカイ・クロスの
ララミー鈎という。ララミーの山という。

 GHQ発布という、オクラホマ・ミキサーである。ダグ
セル・ロックという。ロック山お書きという。エンペラ
論という円平の論という。丸い翼という、頭に丸い羽根を
つけたエンペラ機という。天皇途上機という、ダマスーの
言葉を使う、日本冠話を使う直線の空港という、古い日で
ある。

【ダラス冠話】
ノース・ミー、という言葉である、北上する意味である。
サウス・ノーという、南下する
フジを、マという
サイコを、クルーという、
東上を、マルーという、
西下を、クルーソーという。
これを、ダグラス冠話という、航空の冠語である。
ダマスー冠話と英語の混じりである。
土佐の高知の言葉である。ノーミーという南北の言いであ
る。土佐高知のオッペという、おるれるという、おりそんの
お言葉という。古いダラスという、ダラス国である。

 土佐に英語が通じる話という。土佐の英語である、古い
土佐をいう。これを、トンブという、英語と日本語を使う
所の意、とぞ_る_るす。後、スパニーが使われる所とぞす。

 古い世界という、アイス語が通じていたことという、
アイスランド語である。英語、フランス語、ドイツ、
イタリー語ともいう。どの言葉も全部通じていた古い世界
である。漢字、諺文、キリール、梵字・・・・アラビア
文字とも。

 民族の独立という、一面、言葉を制限する面が出る。
どんな言葉も通じる世界がよいという若い人である。
また、それになりつつある極近時の世界という、町の道路
案内もその一つである。

 南米に漢字があるという、アフリカに漢字があるという、
日本にキリールがあるという、ドイツに梵字があるという、
我が国民は、簡単な二か国語がしゃべれるという。中国の
簡体字、繁体字が使われていた日本である。

【黒御所】
 この御所を、クロイツェーという、黒御所という、
黒ごのお書きという。トイツ、イタリア、多軸トルコ
という、枢軸のはこ、という。言葉の広がりを線、という、
直線国のアメリカのダラス国という、ここの議会の
コンフォートという、コンフォースのお議会という。
これを、オン・カンファレンスという、最高の意味のオン
という、アメリカの最高である。ダグレル・ルースーと
いう、アメリカのやのお書きという。

 キリール・ハットン・れいくう、ともいう。ダラスの
冠語という、キリール文字で書かれた冠語ともいう。
ダラレルというお書きである。
 ダラス国をロンという。テキヤ国という、テキサコと
いう。

【スーフォールズ】
 スーフォールズという、ここから右へ曲がった金月、
 天井丸い羽根の機という、ゴールド金、曲げの
飛行、レッテルのゆませる、という。直角曲げである。
スーフォールズ、ワシントン、デトロイト、ロチェスター
、空港並びである、左鈎という、呼びである。
レフト・ターンの言いという。ランセル日々の言いとぞず。
後、右鈎という。

 オマハから西へ行く、リジャイナ経由のボイジーという。
ロックス・リンゼーという呼びの空路である。右翼半月機
の旅である。おじゃいな天空天、リジャイナの古い名という。
おじゃいな天空天である。ここを、天中という、天皇天中
という、天せるるみすみ、という。空中天皇という。
天候測の経路でもある。主に、三つ葉を翼につけるダラス
国の天候機である。ダラス環頭という、ダラスのみの絵と
いう、ダラス・リンゼーの航空路論である。
ダラス天皇ともいう。地一交一という、一路の山のお書き
、とぞず。

【播磨航路】
 土佐の高知の天空路という、播磨航路という、ジェット機
航路である。これを、ドッコ所、ドッコ書という。ドッコの
ドノという、ドノバンという言葉の語源ともいう。ドノバン
行きという、土佐高知のはりまや橋である。

 坂本の叔父の落ち経路という、ここからアメリカへ行った
話という。坂本の御叔父はそういう叔父である。
『ドノバン』という黄勢闇丸という、飛行のはこ、という。
デッキのゆやられる話という、デッ閣という、海援隊の叔父
である。空路を海路にする話という。ドノバン航路という。
海援の救助という、保安船の航路、とぞる_ず。
『とぞずる』が、保安庁の言いである。
後略。

【明地光秀を祭る】
 明智光秀を祭る御所という、そうきょうのよい話という、
明智みょうという、後、おぜんだいみょうという、おぜん
という、明け山の名であるとも。おぜんみょうという。
禅定という語源であることとも。

 明地小五郎という、少年のよい行為のことをいう、名
前で表す、よいことを探る貞とぞる。探偵という、辞書を
引く行為でもある。探偵書と、辞書をいう場合とも。

【潜水艦の底】
 言葉の探偵である、これが、自然体(しぜんてい)の底と
いう、後、対数の底になる。ログ底のログ元という、探る
という行為という、ログ探偵という、これを、偵底という、
潜水艦の底のことである。

【探偵】
 潜水艦の行為を探偵という、探海の山という話である。
そうきょう探偵のよいさみ、という、近藤光秀という名の
元という。近藤勇のよいさみである。様のことをいう。
よい様近藤勇という、
『よい様、アラレが』という、
 『おりて来たか』
『よい、おりすま』
 『おりるせせぞ』
『あられぇー』という。

 『月様、雨が・・』の武市 瑞山の全平太という、
ぜっくくのやの絵という。どちらも土佐の話という。
そうきょうの土佐のどしょん、という。どしょうの道習い
という、大阪の道修町の読み方の出という。どしょうまち、
どしょ町という、浪華どんぜく、という。浪華どんたくの
山という。

【通天閣】
 『月っしょ、しゃしゅしょ』という、しゃしゃの、おな
いお習い、という。これが、浪華の、ろうか、という読みを
取る、読みをする浪華風録という言葉である。ろうか語と
いう呼びの、大阪門所(もんじょ)という、ここを、尊所
(そんじょ)という。浪華風録尊所という、後、浪華風閣と
いう。通天閣のことをいう。ここを、通路ごゆごぜ、と
いう、古く、秀吉を秀、秀世という、場所という。

【通天橋】
 京都の東福寺通天橋の浜の言いとも。他の通天橋とも。
通天橋という、痛点という、ここを、治す点という、
治すツボという、痛い所を治すことをいう。これを、
通る_る_と、という。つうるると。針治療の点ともいう。
坂本の針治療ともいう、龍馬という医者である。
この医者を、暗見妙医師という、石をなでて病を治すと
いう、神社の石のことという、医師という。これを、
インターファールレーという、いんせまのお言いという。
病気を治すことをいう。いみ様のお書きという。

【武市瑞山】
これが、武市 瑞山の医者である。土佐の名医伝という。

 若い人維新痛快伝である。医者の快伝免許を持つ人で
ある。維新妙医師という、若い人の意志である。
石から生まれた人である。これを会教という、古い
土佐の快教である。

 土佐快教という、土佐海越えた、海峡越えの貝と
いう。大きな貝を土佐貝という、この二つのかいの教えを
貝の教えという、会教、快教を貝教という、二枚貝の帆立
貝という、武市 瑞山の口という。

 口開きに、『かいきょう、花は添うをよかという』と、
いうて話をする開口会話という、武市 瑞山の講談という。
これを受けた付きという、付き人の受けを、月受けという。
『そうきょう、れれをとめれれ』と、受けて会話をする、
れれ受けという。講談に見る土佐の口さわりという、
さわりの場という。初めをさわりという。口沢の山という。
土佐歌舞伎ともいう。

 講談の世の受けすめ、という。これを、すめ、という、
かべ、ともいう。口川山という、口火をきるという、初め
のことをいう。だしよめ、ともいう。れれよめ、ともいう。
れれせるのゆんはう、という。この『はう』が、英語のハウ
ともいう。

 古くの、だすべえ、という、初めのことをいう。だすべえ
だ、という、ダーク・グレーのことという。暗黒色のかいぜ、
という。会話をかいぜという。かいざる山という。
 
 これを、壬生よら、という、壬生の新選組ともいう。坂本を
入れるしんと、という、新選組の初めという、鴨のすめら、と
いう、すめらみのすめそ、という、新選あらたの改めという。
新選組の大改という、大会の語源である。新選組が始めた話
という。近藤勇の代表という、鴨野清乃という人もいる。

【明示維新】
明示維新という、古代大和朝廷の官という、明示維新というのが、
大和朝廷の頃である。この古代を子(シ)という、しだい(子代)学
という、古代学の古い言いという。

【次第王朝】
 どちらを書くのも、意志次第という、次第王朝という、大
前漢の王朝という。次第王という大前漢の王である。殷の前の
漢である。

 この漢の考証という、石を調べるはこの話という。調べる
時に、石に問うという。石を見るのに、石の意思を聞くこと
をいう、これを、石通しという、この時に水が出る石という、
これを、インターストンという、この水を、インターファ
ルメルという、インターフェという、インターフェロンの
材という。この自らできたインターフェロンがある。

【石の蓄電器】
 これで、後、この石に、電気を蓄える蓄電器という石に
なることの、石の通しというこれが、後、ダイオードと
いうものにもなる。

 石の記とぞそ、これを史という、大前漢の石である。
石を電気ということの言いの賦とそ。電気を石という、
古い頃である。

 『石様、水が』という、
  『調べてみしょう』という。
 『睨んで御覧にいれましょう』という歌舞伎の役者の
 風邪直しという、風邪をひかない言いという。
 
 石に電気を蓄える、医師通電という、電気治療という。
今の話である。今様の若い人という。

 ダマスーの石という、ストンという、ダマス語である。
奈良三輪の近辺である。石をストンという所である。

 すっぴんという言いもある、奈良のすっぴん、石である。
べつ石という、べつすという、きれいな石をいう。

【岩走る】
 石から生まれた人の書くことである。石像原石を、すわ
石、すわ岩という。石語である。石二つ合わせてカチカチ
すれば音がでる、この音を、いわばしる、という。

 岩走る水という掛け話になる、石人という石から生まれた
若い人である。水も滴るよい人と呼ばれている人である。
水の滴る岩である。石から生まれた石の宮(いそのみや)と
いう、石造りの御殿である。大和時代という石笛の話で
もある。石から生まれた人は幸福な人という。

 ラッキーストーンである。誕生石のことである。
石山のお書きという、若い人の現時物語である。
『今様、柿が』
 『なる話である』、あき子の秋という、あきしのの
秋という、あきしのの宮という、あき御所のことである。
秋石物語という石様である。

【おいわさん】
 国造りには水がともなう話という、石が流れるという。
大きな石が流れる水の出という。これを、ごろ石という。
石見山という、岩見頃という今岩様のお書きという、
大きい石を岩という、大岩石という、お岩さんの祈願(奇岩)
という。お化けのお岩さん、幽霊の病直しという話である。
 お岩さんの恨みという、病気が治る話である。
 
 そうきょうよいことを言い、健康安全に生きる。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2061大原練習1961天の下2361 Italia Flash della fotocamera61幸義光(フラッシュ)61(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39118
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@207上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@207
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽