2019年10月08日

卒業4149-2 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽):イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4149京都船旅3049
古譜2049大原練習1949天の下2349 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/07、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
星曇り 天の海の 磯の原に立つ時に
遠くの方 星海が煙を上げてる
教わる 星の世界が 地上に来た
モクモクと綿海 一つの飛び上がる
星が見え いくつもの星上がる
地上の星


 狐の天気予報。〇r1960/07/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2016/11/6 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
【アトランタ】
 フォートワースで会い、一緒にダラスへ行き、アトランタへ
行った人という。これを、ジョックという。あうたるの行き、
とぞふ。乗り物が、自動五輪である。この間、下に薄く水が
張っていたという、若い日の旅、とそず。

【フォーク】
 フォートワース天皇という、人を天皇という言いの出の
フォークスという、これを使う人の言い、とぞる。
フォークという、食べる物の使いの枝(え)という。
これを、え(枝)という。え・フォークという、後、フォー
という、後、あ・フォークという。えほうの山という。
この言いの山のあたるりの記とぞるやおす。

 エ・フォークという、アインガッツの、アイゴの言い
という。後、ドイツに、イーンという、今のアインの読みの
英語読みという。この言いを使う、アトランタという、
イーン・ラッセという言いをする、アトランタの古い、ドッ
コンキという。後、いとという、イーン、とぞす。

 アトランタのヒューれるという、ヒューストン語にとる、
アトランズーラという。アトランタ語という。ドイツ語
アインを、イーンという、この期の、ジョージア州周りと
いう。チラノという獣がいた、とぞる。大きな獣である。

【チラノ五輪獣】
 これが、自動車の中から見えた日という。五輪獣と
いう、この日のヒューストンという、コンという呼びの町
である。コンへ行くという、若い人という。また、来る町
の古い日、とぞる。ヒューストンがなる日という、この日
の海、とぞる。ヒューストン海という。後、陸が上がる日の
町という、

【ヒューストン】
 アフリカが来た日の前の日である。ヒューストンに、この
碑がある。ねにあるヒュース・屯の町、とぞふ。ヒューズ
にあるうちの家という、アトランタ・モーゼという。これが、
あるをいう。あるす山のおよえよ、とぞる。ヒューストン
の町の絵という、これの書きの江という。海だけの家である。

【トラック】
 これを見る旅、とぞふ。旅を、トラという、町の古い言葉
という。トラックという言葉である、アトランタの言葉という。
後、シッツという、後、シティという。シティー・トラック
という。トラックの町という、後、ア・トラックという、後、
ア・トランタという、アトランタの町の名の由縁という。

 アトランタ・シッテ・ロットという。ロクする町という。
フォートワースより行くアトランタである。この航路が
今の道である、ダラス、ジャックソン(後、メルフレという)、
ポーリズ、ポーツ(今のミンタムである)、メルフィル(こ
こである場という意、後、ハップという)、モーベ、
コッケル、アトユニ、アトランタである。

 アメリカ、フォートローゼの旅という。ローゼンブラーと
いう、さっての行きという。サックスラクの山という。
アトランタのけにふき旅という。古い話という、フォーワース
の海里という、これが、一海里という単位の長さ、とす_る_
日の旅の一里という。海の距離を陸で使う、一海里の旅のこ
とという、カタリの山のお書きという。片山山という片せる
山の見の磯、とぞす_る_せとれ、とぞず。

【マイアミの海里、マイアミ・ビーチ・ルンバ】
 フォート・ワンという数えの、海の距離のことという。
フォーツーという、フォースリーという、数えという。
後、わんふという、マイアミの話という。マイアミに風が
来る日という、イルマ・アーマという、連れのハービーと
いう、この日の台風という。昔あった台風である、先に、
また来る台風、とぞる。マイアミの山という、マウント
ラースのお風という。マイアミ・ビーチ・ルンバという、
風のことである。

 大きな山という、マステル・マウントという。まゆれるの
よきふり、という。この風のおんの御方とぞる。その御方の
お住まいという、60年前の話という。若い日の山という、
太陽の山のお書きという、日照るマイアミという。
サン・シャイニング・スタッフという、太陽をまいせまと
いう。シャイニング楼という、ろくろのお書きという。
ポパイの帽子をきておられたお爺さんという、お爺さんの丘
である。シャイニング丘という、シャイニング・ヒルという。
そのおじいさんのお数えである、海の距離を陸で使う、距離
量りの数えという。ワンフーという、ワンツーのお数えとそ。

 ハービーラーム海という、この日のフロリの海という。
フロル海という、マイアミの海である。この海をマイアミ
天候という、マイアミ日和の意味という、これを、マイアミ
天皇という、てんこうという読み、とぞもふ。

 フォートワース論勢のゆま、という、フォートワース会議
の場である。また来るフォートワースという、アメリカの
山のお書きという。片山のおてはる、くくる、るする、
れけてそ、ゆめる、お書き、という。

 古い日のフォートワースからマイアミである。五輪の旅
という。今のオリンピックという、オリンピアの名の五輪車
である。ファイブ・ロックなり。この書なり。

カクストンの御叔母という、カクストンの御叔父という、
カーター山のお書きという。かたれるすむす、五輪の書とい
う。カーター・ラッセルという、ラッセルの車、ともぞ。
五輪車である。

【アーマーとハービー、子を連れる】
 先般来た、アーマーとハービーという、イルマともいう、
台風、とぞす。古い日の台風、とぞる。そこのマイアミの
お爺さんである。一緒にいた日という。吹き荒れる台風と
いう。海の家のお書きとぞる。ここを、灯台家という、後、
灯台ができるひぃという。マイアミ灯台のひとという。
ニューヨーク自由の女神の若い人である、兵士である。

【ワイアット】
フォートワース会議の天皇という、大お爺さんである。
大后という大お婆さんである。ワイアット・マープの
お書きという。後、ワイアット・アープという。ワイ
アットが天皇である意という、マイアミ・ビーチ冠話である。
のち、西部のユミサの絵へ行く。今のメキシコのカンクン、
メリダである。

【プログレソ】
 プロックスの70枚のコンピューターという、コンピュー
ターの使いの人という、英語のコンピューターである。
プログレソという町である。コンピューターの町という。
イタリアのコンのぺずるハプルという。イタリア語のコン
ピューターという。ローメル・ハックの名のコンピュー
ターという。70枚のプロックスという、今の記憶装置という。
メモレーゼという、イタリアのドイツのような言葉という。

 コンペスともいう、コンピューターの言いのドイツ掛かり
という、イタリアのコンピューターという、コボルである
言葉という、プログラム言語である。イタリア語のコボルと
いう、今のコボルである、イタリア・プロッ国という、
プログレソの国である。山の家という、低い丘の家である。

【ブログ】
 メキシコという前の名である。プログレソという、
メキシコ湾の意味である。プロが湾である浜という。
グレソのグレタ屋という。グレ照る、日照りの屋の落ちと
いう。サン落ちという、ブログ風の吹く屋という。後、この
意のブログという。プログレッソという、ブログの屋の言い
である。メキシコの海の山という意、ともぞる。

セブンティーンという、サンセット・セブンの意、ともぞ。
セブンティーンという、セブンティーンのという意。
セブンティースともいう。サンセットの山という、この
海の矢という、アローよわれる、という。アロースという。
あろれるるっす、という。コンピューターの冠語である。
コンピューティーノ・ハッツという、コンピュートという、
さろれるゆみすの言い、とぞろ。

【ルンバ】
 門前獣がたくさんいる浜である。大門獣ともいう。大
きな海のミミズという、見た目である。ミタモスの獣と
いう、この世の、海の矢のお生き物、とぞす。台風と
一緒に現れるひとでもある。獣をひとという、この地の言い、
とぞす。マイアミ・ビーチ・ルンバのルンバの舞いという、
ウェスタン・ハットにぶら下げ紐の上着をきて、手を上へ
上げる仕種という、この獣の立った姿である。人になつく
獣である。立てば人身大である。

 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2049大原練習1949天の下2349 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38998
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@262上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/02柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@262
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業4149-1 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4149京都船旅3049
古譜2049大原練習1949天の下2349 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/07、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
星曇り 天の海の 磯の原に立つ時に
遠くの方 星海が煙を上げてる
教わる 星の世界が 地上に来た
モクモクと綿海 一つの飛び上がる
星が見え いくつもの星上がる
地上の星


 狐の天気予報。〇r1960/07/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2016/11/6 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
【歌意】
【星冠】
 星冠の夜。天皇を見る日。星の海を天皇という、これを見る
点という、地点の帝方という。自分のいる所を帝方という。
星を見ている姿の人を、点拠という、点尊(天尊)の山という。
天皇スという、天皇を見ることをいう。天能ともいう。
天能点という、自分のいる地点とぞふ。主に天体を論ずる言
葉に使う。天尊の意味である。
【天体】
 おおよ原という、ここへ立ち、天の海が降りて来るという、
この教えを受けた、遠くに、山のように、海のように見えた
星の世界という。まっすぐ前を見る姿とぞる。星が降りて来た
という時という。
【星冠の地】
 おうよのみことという、おうあまおうよのみこと、という、
星冠の地球という、おうよのみことという地球である。
地球のことを、みこと、という、帝方の言いという。
地球を尊ぶ、我が地をめでる言い、とぞる。
【天尊】
 古い日の京都である。この日の京都を天尊京都という。
天体を尊ぶ、天尊という。
 自分を天皇と言い、自分の頭を天皇という。自分の子供を
天尊、天孫という、自分の子供に敬語を使う親という。
お足、お手、行かはる、行きはる、・・・行かれ・・という。
天神という、子供のことをいう。
(以下、前出部)
【天神】
 子供に天神と言わすことという、子供に安全が出てくるこ
とである。星冠子お書き、これなる。星飾りのおもちゃ帽子
を被る子供とも。
 小さな天神宮を作り、子参りの宮という、天神を口に出さす
こととも。大きな木の根元の小さな宮という、大切なものと
いう。

防衛をしらない子供に、天神と言わし安全を手に持たす、この
知恵を天、点という、頭頂部を天という、この知恵という。
天神の歌を歌わすことでもある。子供が手にする安全という。
成人も、天神を口にする話という。

 童謡が流れる、交差点、道路以外の子供の安全をも意味
する、道路管理者の慧眼である。
 『ここは・・・天神様の・・・・・』童謡という。
 子供に教えて歌わす、これを教える大人という、どちらも
安全という。
短調であるから・・とかいう・・、短調長調よりも、
安全の歌である。
小さい時から、子供に教え歌わす、文部省の慧眼である。
子供に手を振り上げない親という、天神という言葉である。
どちらにも、良いことという。
【天神さん】
 子供を呼ぶ時、『天神さん』と呼べばよい。
 大人を呼ぶ時にもそうである。『お〜い、天神さん。』
  
 世界同時革命、共産主義という、
 革命の世、安全を手にすることという。
 トロッキーという若い人である、柳の葉のような狭い葉の
 木を、トロッキー、トロキという。
 
 隣に住む小母さんと、家の向かいの小父さんと、今日も
 仲良く、安全に、これが安全共産主義革命である、安全を
 共に産み出すことという、家内安全、命革めの話という。
 これを、天皇の共産主義という。偉い人の共産主義で
 ある。生産手段の共有という、安全健康の知恵を出す
 ことである。一緒にラジオ体操五分間という類で
 ある。安全健康を導入した偉大な経済学という。
 
 学問の枢要という、安全健康が基本である。 
 
***インターネット、綿海、『天の川』で、
  検索すればたくさん出てきます。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2049大原練習1949天の下2349 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38998
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@262上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/02柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@262
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽