2019年10月04日

卒業4147Italia Flash della fotocamera47幸義光(フラッシュ)47(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4147京都船旅3047
古譜2047大原練習1947天の下2347 Italia Flash della fotocamera47幸義光(フラッシュ)47(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/04、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
爽やか肌寒い時 むこうの友 手をす
やあやあやあ ご機嫌は如何 秋の
午前中 肩かたカメラの道行き
遠出の姿おりめよく なり整え
写そう この辺で 幸義光 光り
遠足の碑


 狐の天気予報。〇r1960/06/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【八千代川】
 若い人が町を歩く、古い日の町とぞう。八千代川がある、と
いう。普段着の着物を着た人とぞる。

 珍しく、世をいとう、世をめでる人の歩み、とぞめ。
そてきそき、という。この譜とぞる。とぞう山のお書きとす。

【一厘】
 店がある。古い日の店である。商品が並べられ、商品に
札が立てられている。『一厘』『銭』という、古い表記の札
とぞう。そんな古い表記の村である。若い人の遠い記憶とぞう。

 大お爺さんゆ、いつも子供をお抱きのお姿とぞう。お爺さ
んのおられる町という。若い人の記憶の旅である。

【千穐楽】
 この町にゆきしぶという。あんなみのよきるけ、という。
なみゆまのおりて、とぞう。せてゆせ、こわるららもる、と
ぞう。八千代富川という、えびらぎのおらる・けつれく、と
いう。大お爺さん楽という、ここの楽のこき、とぞす。
これを、千穐楽という。せんずのぱそ、という。

 千代富奥山という、大お爺さんゆあせるら、なつむめと
みく、という。大お爺さんのお姿という。『せめるれ』と
いう、せめるおことの大お爺さんという。

 ありてそわられ、せてる山のおい様とぞう。世は、み
そうの期をとる、えぞめそという。後、えぞの期という。
えぞ山のおんという。山が鳴くという。山鳴きの場の
おいきみ、という。

 高い山ゆられ、えぷすよりゆら、とぞう。
大お爺さんさんありるらりせら、そそす、おいろろの
おいきみ、とそす。

 ゆみた山という、あぁりる山のお書きという。えとゆとの
ゆとの、大お爺さんさんとぞうす。かちくれらる山る、とい
う。えうせてのよみすり、という。この日の山という。

 ひむすらるるおいやき、という。遠く、アフレスローとい
う、おきひきのゆばよそ、という。これを、こうけす、とい
う。むゆろまのおきゆり、という。古く山をいう。山ゆま、
という、山のこととぞる。

 お山ありて、くされる、そんとす、という。村の出来の
言いという。この村のお造りという。大お爺さんお村、と
いう。若い人の懐かしき思い出という。10軒から20軒程の
村という。町とぞす、町ゆたの、ペンペムという。町せら
らっく、という町のむみそゆ、という。めゆれるかこゆり、
という。大お爺さんせめられ、ふつをめる、とぞう。
ふつゆつのゆま、という。とみするれとす、という。

 そのおじいさんの丘のおもに、という、お言いとるれく、
せんせのゆまそ、という、名を、山ふらく村、という。
村の山のお書きという。これを、せんとく、という。
大お爺さんありらる、おゆれる、という。めてゆたの
あお、とぞう。あおらるゆみすみ、とぞう。せむすててそ、
つるゆるありくる、という。めめその山という、この譜を
いう。ふとゆと山せ記、という。

 お写真そわるられ、お子ゆこせむれる、せてするるめす、
とぞう。後ゆた、めの世という。この世のあきす、という。
後、あきすとぜ、とそう。あきすとぜねこ、という、ペペソ
のあきふり、という。あきそのおいせる、という。
あきすとの山という、この譜のこととそ。

 せめそ弓、これを、ろくれく、という。ろくれのや、と
いう。カーターといわれた御叔父の御弟君である。ゆみ様の
お絵という、お爺さんにお抱かれ御叔父という。わたゆたの
い山の家のお住まうからるや、という。ここの、八千代川
という。川のやのゆまはる、という、ゆま原のはるゆら、
という。ここを、れみそも、という。後とぞ、う、お書き
という。う山々のゆ、という。れとすやむせる、という。
てっする山のう、という。うの鳥の落ち来る日とぞう。
ひがしむらく、という。この『むらく』が、村である。
村ということの、出来ゆり、という。

【墨造り】
 古く、村ゆき、という、村へゆる、という、村ろの
くみすみ、とぞる_せ_ねねするむみよ、という。
大墨の山という、後、かるせ、という。むみよのくゆせる、
という。墨を作る場の、大墨場という。墨山のおき、とい
う。墨を作る若い人という。墨を集める話という。

 黄色い山の目、とぞす_ふるく_ふみすみ、という。
この日、丘われという日の、丘床という。丘する目の世
という。後とぞす、あむたむかむふく、という。この『ふく』
を、『え』という。あらたえという、麁服と表す意味という。
麁服のはむ、とぞ。後、墨造りの意という。

 黒袖のくれなう屋という。麁服屋のお書きとぞう。
お爺さん世、ありるありす、ろろくゆみそよのあるたす、
という。攻める村のおそゆそ、という、これを、戦という。
後、戦争という。戦争という、人の行きのことをとる言い
という。歩むことを戦争という、戦争するという、歩む
ことをいう。

 ウォーク・ウォーという若い人の歩みである。ここへ
行く日の、攻めという。歩き行くことという。ウォーの
意味という。これを、うおく(魚句)という。古い日のこと
の意とぞす。

【戦車】
 戦車で行った人である。山登りの戦車という、ドイツ・
ムーラベという、ウーイル・パットンとぞう。戦車のこと
である。菱形の緒という、戦車のきゃた、である。

 この之きの山、今をとめすめ、という。とめすめの時と
いう。大津楼の山という。大津之き之きの山という。
ここの村をときそく、という、ときそくえ、という。
この『え』を、えという、江という。(山偏に、エと書く)
これを、えもの、という。えもののお書きという。

【パットン戦車】
 歌山のお絵という、これを、えという。ええの弓山という。
えものの話という。戦車に現れる絵という、山の江を行く
せんつ、という、パットンという、パットン戦之き、という。

 山をのべという、山のべという。山野の戦とく、という。
戦車をいう、古く、山登りの車である。今の戦車である。
降りて洗車をする人と言う。洗車群団の居間という。
がその山の言いという。がそわという、がそ輪という、
戦車のきゃたである。きゃたひら、という、きゃたぴら、
という。きゃた平菱、という。菱のきゃた、という。
若い人の秘史という。ひしひしと迫るお書きという。
これを、攻めの世という。

 戦う戦う戦う、攻め攻め攻めという、行き行きて、復、
行き行く、越しの世という。中国古詩の表しという。

 行行重行行・・・という、中国の古詩という、若い人の
戦車行きである。これを、とり山のお書きという。中国へ
入ったという人である。著作剣を腰にぶら下げていると姿
という。東大行きの丘われ着の人である。中国古詩の著作
という、スパーッと切る文という、きれる頭という、頭の
帽とそ。頭帽子のお書きという。ずぼしという、スパーッ
と切るのは文である。スパッツという衣類のきるいという、
奉行姿の頭被りをきるいという。そういう頃である。
若い人の話である。今をお去る三百年前という、東大の
お書きという。

 この数字を並べれば、パットン戦車は三百年前のもの
である。若い人の秘史である、今、明かされる歴という。
ヒトラーが作ったという、戦車の歴史という、ヒトラーが
若い人である三百年前の人という。

 若い人秘史の見方という、先の世の解説書、類である。
第一次大戦という、青島攻略という、第二次大戦という、
なかったという、若い人秘史である。パットン戦車とも
いう。

【ゆみしふきゃたのお平】
 第一次大戦に出てくる菱形のきゃた平の洗車という、
パットン戦車の後に乗った人である。パットン戦車、
それから、ゆみしふきゃたのお平という、おひら戦車
という、実録記録の映画という、実録第二次世界大戦
という映画にでてくるパットン型戦車という。

 若い人という、パットン型戦車が新しいという、
菱形のおきゃら戦車という、第一次大戦という、映画による
話という。実録という、実録と書いてあるだけである。
観客を動員するには、実録第二次大戦と書くのである。
 
 世界的アンネ・フランクの霧がかり、という。霧がか
りの細工という。

 あんな戦争なんかはなかった、という若い人である。
無効の経路という、頭脳の価値山という、スパーッと
切り捨てる第二次大戦という、そうきょう国という、
東条師範の山という、無効の道という、戦車行の道で
ある。
 戦車の行った後を道という、戦争中の話という、その
後、歩兵が歩いて進軍という、若い人の歩きという。
道造りのことをいう、こうして道は作られたこととぞ。
映画、実録第二次世界大戦は、道造りの話である。

 第二次大戦に、健康安全を、投入すれば、そうなる
ことという。

 実録という映画の第二次大戦という、歴史から切り
捨てることという。若い人秘史を未来記録実録という、
お書きである。
  
 丘われ着で、棗先生に教わるという東大の若い人と
いう、実録若い人未来秘史より。

 大お爺さんおあらる、この日のことという、今の
ことである。大お爺さんと、居間にいた話という。
家族団欒の世という。戦争後の平和の居間である。
平和というお書きという。

【ハワイ真珠湾】
 ハワイ真珠湾へ、戦争するという、若い人が真珠湾
へ行き、未来に観光する作り物という、攻めた跡と書いて
作り物を置いた人である。観光名所ということとぞ。
若い人秘史である、真珠湾攻撃一話とぞ。写真にとって
おけば、よくわかることという。やなぎ。

そうきょうよいお書き、人生は楽しいです。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2047大原練習1947天の下2347 Italia Flash della fotocamera47幸義光(フラッシュ)47(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38978
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@527上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/29柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@527
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽