2019年10月03日

卒業4141Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4141京都船旅3041
古譜2041大原練習1941天の下2341 Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/03、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
幸義光 花に向かえば道に秋櫻子
立てば枯れ葉舞い落ち 手を揃え
写れば 匂宮貴公子菊 紅の時立ち
筋雲引かれ空

 狐の天気予報。〇r1960/06/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1990/10/3 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
2019\10\1 記。
【ベルリン】
 若い人はいう、『子(シ)は、歴史に無効をいう』と。
天照山越えてぞ来たる、豊の蚊、ゆきをとめ、るるを
こゆれず、こいるきをよみにとめず、これを、ろいそふ、
という。ろみろの、ゆめぎく、とせ。

 そうきょう国建国にあたり、世界史、及び、各国史を
一旦、無効にする。アポスト、ポトス、世にあるをいう。
たいをせくせる、世のくくすをいう。けむするむきゆき、
やもよふの世を、これ、という。

 てくせるの山という、大根御紋の列車があるをいう。
城曳きの電車もあるをいう。御台高台、ゆおてるけせる。
ててを、よみろる、という。天照山ありる、せんふき。
これを、朝令暮改という。
 
 令和さんみく、ろるをこくけにとる、ろそん、とす。
れんほるの山という。すすたるれむせむ、という。
びすれるろんくを、いう。

【第二次大戦】
 第二次大戦という、なかったをいう。無効の大戦という。
若い人はいう、『第二次大戦はなかった』と。

【明訴の駅】
 ハワイ、マウナケアという。マウナケアの谷である。
勿論、降りていけない、急激な坂で、滑ってしまう。
観光の名所になっている所という。ここへ電車を通し、
下へ降りるという若い人という。恐ろしいほどの急坂で
ある。中程に駅を作ることという。一晩下へ降りれば、
海抜より低い所である。狭くなっている。円錐状で狭く
なっている。

 ここへ電車で降りた人と言う。そこへ着き、高の十足
(じっそく)という、八足ともいう。神社で使うものである。
この底で祭り、上へ上がり、にっぽく、という、れむせの
おいゆら、という、この祭りを置いた日とそ。
 ハワイ暦の今日である。10月1日という、ハワイの、
後ムーの暦という。

 この暦のけまふきという、けまそむのおゆこしという。
ゆっこくの山という。日本式祭りの供えをして上へ上がっ
た人である。逆円錐形で、小さな底である。畳二条程の
大きさである所という。

【マウナケアの底】
 そのけの絵という、絵を江という。そこの祭りの名を、
よみやれ祭りという。よみの山の祭りという。ハワイ、
マウナケアの底である。そこの一歩という。一歩の地と
いう。まっせんくうらく、という。まゆすてのお祭りという。
稲を供える祭りである。

 上でこれをいう。稲穂のおき、という。電車の中で
少し寝た人である。ねいね祭りという。中腹の駅の祭り
という。これがハワイのマウナケアである。

【アローヨ祭り】
 植えの祭りを、マウイ・いな浜という、いねりむゆ祭り
という。ハワイ語の、アローヨという、アローヨ・フェと
いう。アローヨ祭りという。このアローが、稲があるとを
いう。後、ハワイ米という。アローよね(アロー米)という。
祭りの米という。

【はずかわゆ】
 ハワイを、はずかわゆ、という。はずかわゆ島のはさきぜ、
という。祭りをハオレルという、ハオサともいう。現、祭り
のハワユキという、ハワッスという、はわれるよもよも、
という。ハワイの祭りを、よきはっぷ、という。よきよきの
祭りという。ハワイのゆこらくみす、という。これが、
御所の御簾にある、ゆきゆきのお御簾という。ゆきお御簾の
またゆた、という。まりせるゆま浜という、御簾である。
ハワイの腰に巻くスカート状のものという、この御簾の
造りという。古い衣装である。

 これで、ふるをいう。ふるえるおまゆき、という。ハワイの
腰振りダンスという。この腰振りの仕方のまゆ振りという。
ますべすのまゆせる、という。これが、アローレという、
アローレの振りという。頭に、清くをいう、清い頭の意の
振りゆり、という。振りゆり論の山という。

 ハワイ論ぜるのえたそと、という。後、えちるまつふ、
という。ハワイの獣をめでる意の祭り、ともとぞる。ここ
を、れむほる、という。ハワイの祭り所をいう。れむほる
えたそり、という。これが、明治という、明らかに治む
祭れの言い、という、ハワイ語のことをいう。

 日本語の祭りという意味、底を意味することとも。
まつゆつの意という。ハワイのメールという、祭りの
意味である。メルともいう。この言葉の冠の意を、頭に
付けるハワイ山のめで、とぞほこ。ほこを地という、
地の意味のほこという。地をたっとぶ祭り、とぞ。

【イダル】
 祭りを、イダルという、ハワイの言葉という。ハワイの
まゆれる、という。この意味が、マウナケアである。
眉がふり舞うという、舞うの毛の、マウナケという。
アをつける、マウナケアという。アが後の意味である。

【後ムー】
 後ムーという、後のムーという。後ムーのまうゆみ、と
いう。インドの真南のムーの、後、太平洋のムーという、
インドの真南のムーの後、このムーに住まいする人という、
若い人である。ここの言葉に、ジュゼジューという言葉が
ある。後、フランス語になる。ムーの頃のこの地である。

【ハワイ髪型】
***という人がおられるをいう、後のハワイとぞる。
わたせの意の浜ゆま、という。この***の、分けの山
という、ハワイ分けという、上方の話という。ハワイの分け
という。分けを上と下にする、上方という。ハワイ・ランと
いう髪型とぞも。ハワイの分け方である。今の世に、よく
している男の髪型である。明治をいう髪型である。分けの
意がこれである。

 この分けで、後ムーをいう。後のムーの地という意、と
ぞる。この日の東大という、後のムーの行きの前である日、
とぞる。とぞすての絵という。青門を、とぞ門という。
東大山分けという、頭の髪型という、ハワイの分けである。

【丘よれ着】
 丘よれ着という、丘世の礼着という。丘よれ着という。
丘われ着ともいう。脇差をさす代官、奉行の恰好という。
ハワイれっぺ、という恰好である。この頭の恰好で、この着
をする、山のうゆらる、という。うむすてのやや、という。
あすれる山という。山々のうけ、という。山分けルックという。
はなゆらの御方という、八千草の御叔父という、八千代草が
咲く小山の場という、東大の青門外という。花の御叔父という。

【八千代草】
 この八千代草が、蛍川の草である。八千代草のお書きという。
蛍川に同じ草が生えること、とぞる。八千代蛍という、蛍と
いう、夕告げ虫という、大きなもので、10センチほどある
蛍という。源氏大の穂たる、とぞる。蛍の山のお書きという。

【天徳虫】
 この蛍を、天徳という、天徳虫という、これが、ハワイの言い、
とぞる。ハワイに同じ蛍がいることという。明治蛍という。
明治虫という。

 この三角を、明治切手という。東大、蛍川、ハワイの三角
、とぞる。明治に発行された三角の切手である。三厘の額という。
三厘切手である。明治時代の話という。丘穂の恰好の切手という
話という。三厘御所発行である。ハワイの発行という、ハワイの
マウナケアの中腹の駅という、ここの発行である。あと、蛍川と
いう、ここの発行という。三点で発行された三角の切手である。

 ハワイの、金額の言いに、三アローという古い金額の言いで
ある。この言いがある、ハワイのマウナケアの場、とぞる。
東大水戸、という、切手の名前、ともとぞる。

【涯山暦】
 10月1日の発行である、日本の10月1日でもある。10月1日で
合わすハワイの暦、とぞ。この暦を、涯山暦という。今の日本の
新暦という、今の暦である。ハワイのマウナの暦、とそ。

 ハワイをめでる意味の三角の暦である。三角形の暦という、
切手、とぞる。涯山所発行という暦である。ハワイの天文台が
描かれている暦、とぞふ、とぞう。東大にもある日という、
東大暦という話、とぞうう。

【東大暦】
 『とぞうう』という、暦の言葉である。 暦語の、うう語と
いう。東大語である。ううの東大という意味、ともとぞうう。

 2019\10\1 の記が、天文の木である、ハワイ・スラホン
という。バック・スラッシュ \ である。切手発行の日付にも
使う、三厘御所なむ目、という。ななめ棒のこと。
大阪の八千草棒という、印のことである。御叔母の御教えという。

【東大暦】
 八千草の薫る木という、八千草薫という名前の若い人という、
立山意千尋という若い人である。山立て棒ともいう、駄作者が
使う名前である。格好良い名前をじきに使う駄作者という、
名取である、名人である。
 中岡の御叔父の教えである、坂本の御叔父と一緒におられる
叔父である、座っておられるお姿である。西郷隆盛の後ろ姿
でもある。有名な御叔父である。東京上野在であられる。
 京都在、中岡の叔父を拝めば、そうなるのである、名取の
名人になる話という。名取になる若い人である。

 明治遅れ男という、遅れている人である。銅像から名前を
名乗る人である。若い人の名取という。本に出てくる本名と
いう、若い人の本名である。
 八千草薫、坂本龍馬、中岡慎太郎、近藤勇、・・・・
西郷隆盛・・・小泉純一(郎)、天照大御神、・・若い人の本名で
ある。拝んで名前をいただく人である。拝んで頂戴という部で
ある。立山意千尋という黒幕の政治家ともいう、その若い人
の本名である、たくさん本名を有す人である。

【八千草薫山目】
 八千草薫山目(やまめ)というシーラカンスの名前である。
芸達者な魚である。鴨川、蛍川、ハワイの浜にいる魚である、
八千草魚というシーラカンスである、おなかを見せて浮く
芸をする、そういう魚である。若い人の好きな魚である。

 後ムーのマウナマーという、マウナケアの底の八千草祭り
の話とぞ。
 
 若い人が本名と言うて使うのである、黒幕の政治家
である、吉田茂という人である、リンカーン・ワシントン
ともいう、らしく、華盛頓と書く人である。

 若い人はいう、『たくさんの名前を・・』と。
駄作者が無理やり若い人に付けるのである、黒幕の役らしく
である。
『著作者の名前ですか』と、
『気がついたときは、もう遅いのである』
そんなことには早い人である、駄作者をやっているという。
『名取の方法は?』
『盗っ人の方法である、本に出ている』という。
『八千草川という川の名前ですか?』と
『自分の名前である。』 若い人の名取という話という。
【フォートワース天皇】
 フォートワース天皇という、『第二次大戦はなかった』と
いう人である。若い人という、数々の偉人伝に名を成して
いる人である、自分のことを子(シ)ともいう人である。

 花の名前をめでる、めでる名という、芽名という、
八千草薫名の若い人という、池近くの小泉純一という、
立山意千尋という政界の黒幕の、本名である。林間薫る
フォートワースという、エッドワード空軍基地から行く、
強天候のジェット機の名である、八千草薫機という。
若い人のことである。花をも御叔父と言うて名乗る人である。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2041大原練習1941天の下2341 Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38918
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@353上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/28柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@353
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽