2019年10月02日

卒業4145Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4145京都船旅3045
古譜2045大原練習1945天の下2345 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/02、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1960/06/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 小浜バック・シー、小浜に原爆が落ちたという話、と
ぞふ。小浜をいう、小浜の効能をいう。これを、野にとる、
効能の山という。これを、使い、取る、後頭野という。
後脳をよるはくせ、という。ハックスという言葉ともいう。

 はくれるのくゆすくに、こんげるをとる、るみすみ、と
いう。これを、みっから、とす。せんてるの山という。
これをとる小崎のごゆふりという。小崎のけこをいう、
小崎後脳という。この脳の働きのえんをいう、えむすての
けよ、という。けむれるらんすふ、という。るむるむあく
れく、という。これを、んさはくという。さんめるのばむ
ふる、という。めろんずのこみせっく、ともす。

 小崎の源すべという。源ふるのけぶせぶ、という。これを、
源徳という。原ともいう。原野に、げすれふ、をいう。
ちみとゆのおりふり、という。これを、小崎こうれく、と
いう。小崎紅中ともいう。ル・ホアンとも。

 このル・ホアンのあんすべをいう。めるてのめよっとと
いう。めよする山ふりという。めるすめくて、という。
オール・ヨンテの山という。あんを、けっくつという。
けんれるの山という。山を尊ぶをいうこと、とぞず。

 小崎になる前の、まくすきという。この、まくすきの期の
こと、とぞる_るゆす_うっつく、れれつやり、という。
とぞすれっくの山という。この書きを、小崎ごゆほく、と
ゆ。とゆとゆのやっぺという。花よなのあくれく、という。
これを、小崎ごんぶ、という。

 インド・レーラをいう。イギリスのレーラレーラの歌である。
このインド・レーラに、ほぬすゆをいう。略。
 アメリカがインドを見たという、みた山のえるてをいう。
ハンド・ロンドという、ハンセムのおりする、という。
はぬふりやる、という。

 この『はぬふり』が、来たるジェット・キロという、ジエッ
ト帰路である。この帰路を、ジャという。じゃめすめ、という。
このじゃの掛けを、かりそる、という。ジャをかけて、インド
をよるアメリカ、とぞる。

 インドのアメリカがでる話が、インチという、このジャを
かけてよる、よりれる、という。アメリカのインチ尺という。
このインチの尺が、古く、ダッセという、後、ダレルという、
このダレルの期の尺という、長さの尺である、1ダレルという
単位という。この単位の町が、後を、とべる、という。
飛ぶ尺という、飛尺という。この尺が30センチの尺である。
古いダラスの前のダレルであるとこの尺である。
1ダレル尺という、30センチをとる言い、とぞる。
1ダレル尺、30センチという単位である。

 この尺をじゃかきという。じゃか尺、とぞる。このじゃかが、
元のしゃくである日の、との言いという。インドとの、という。
インド殿と表す、建物の木の尺、とぞる。コンクリートにも
使う尺でもある。今の折り尺という、尺である。主に殿用という。
インドの尺状という。じょうろくのうるれる、とぞる。

 アメリカが尺でよっていくインドの建物という。この日に、
インドの丸い建物を、しょくという。しょくさん、という。
しょくらの家という。しょっくす、という。これが、アメリ
カのロール・オッスである。これを後脳の出という。
後脳の働きの尺という。長さが後脳の働きである出、とぞ
る。アメリカが後脳で出るインド殿という、インドの建物と
いう。丸い建物に出て行くアメリカの後脳のよりという。

 アメリカの後ろという、バック・ショックという、ばく
せるともいう。ばくれくの、ばくみる、という。これが、
オール・ロールをとる、組み入れという。この期が、
メキシコのファカスキの町である。海辺の町という。
丸い建物があるメキシコという、ファカスキである。

 この木のファカという、このままの日本語のふぁか、
墓である。墓という丸い建物である。このメキシコの
ファカスキという、メキシコができた時の、海辺の町
、とぞる。海辺を、ファクスキという。クカのゆみ山と
いう。ファカスキを、ファクスキという。古いファチマ
の町ともいう。ボードゥーという朝の麻の意という。
この麻を、やなうり、という、後、梁木(やなぎ)とず。
梁木のファチマという。ファテスともいう。ボードゥー
のファチマという、後、ボーダーのティファナ、とぞ。

 今の、メキシコのティファナである。国境の海辺の町
のティファナ、ここにファカスキがあり、反対の地の
マタモロス、ここの地にもファカスキがある、丸い建物
である。ティファナ、マタモロスを結ぶ線、これが国
境で表される話とぞ。どちらも海辺の町である。

 この線の少し上が、海であった時の言葉が、ダレルと
いう町の名になっていた時である。後、ダレル尺を
ダラス尺という。1ダラス尺、30センチである。

 この掛かりが、ファチマになる、現ティファナという。
ティファナの尺を、ダロレ尺という、ファチマ期の言い
である、ファチマ尺ともいう。現ティファナ尺のことと
いう。丸い建物の建築の時の尺測器である。折り尺とも。

 織り尺を、ファティス・マックという、マック尺という。
幕落の言いという。1マックという、1尺である、30センチ
である。マック・ロールという、この測りで造る丸い建物
である、この期の建物という。

 この丸い建てで、ニューヨークをいう、この日のニュー
ヨークという、古いロンドの言いの、ロスアンゼルスと
いう。ロスアンゼルスに丸い亭ものがあること、とぞふ。

 ロスアンゼルス城という。砦である。メースバという、
ロスオスの山という。ここの、めるるはっちす、という。
建物のことである。古いロス・アラフという、後、アラモ
という、アラモの取りでという。ロス・アラモスという。
すっせんざの言いという、後、スパシモという言い、とぞる。
スペイン語のことという。

 ロスの尺という、ロスアンゼルス尺である。インド、
メキシコ、ダラス、ロスアンゼルスが、同じ尺である、これで
造られた建物、とぞる。これを、ダラス網という。この4点の
地の繋がりという。ダラス・コネクションという。尺より
見たコネクションである。

 イギリスのレーラの掛かりで、インドをよるアメリカと
いう。英領インドという、この前の言いに、ダラス領インド
という。インドを、ダーラル・レッツという。
(2019/10/03付け)ダラス連という。

 レッツ・ゴーのダラスを、レッツ・ロール・オーという。
尺のことであること、とぞる。言葉が、インドのヒンディラの
言葉をとる、アメリカのヒンズーという、ヒンディーという。
ヒンディオという、インディオの言葉、とぞる。
ヒンディー語の、ヒンディーが、インディオである。
言葉を、イン、という古いビンディー語である。
これを、インド楼蘭という、丸い建物の尺の言葉という。
ダラスモンルーの山という。
イギリス、アメリカ、インド、メキシコという、この4国の
より、とぞる。尺のよりである。

 1センチを、1インという、1インチという、ダラス尺の
代表である。ダラスの町の尺の古い言いである。
レッツ・オーという、この尺を使う意味という。

レッツ・オー・わんて、という、小崎木材のごこふき、
とぞる。小崎が、1いん、という。小崎を入れた5か国
という。ファイブ・ロールという、日本の古い福井の
小崎という、後、小浜という。小浜市のおばまである。

 小浜楼という、ちおのてめそめ、とぞる。ここが、小浜
浄瑠璃をいう、小浜の浄瑠璃という、天皇の人形劇という、
小浜天皇という登場人形という、この人形のことを、おばせら、
という。これの操りを、じょくしゅ、という。じょくしょう、
ともいう。

 じょくじゃ、という。『じゃ』は、『〜だ』の意、とぞる。
じょくというインドに掛かる町という、小浜論でる、という。
小浜の掛かりの、******** ジャカルタの掛かりとも。
小浜市の掛かりでもある。



 イスラムをとる若い人という。ジャカルタのムッセンラ
ークの人である。古いムーの町という、海辺の町である。
インドの南のムーという。ムーラバーという、そこの尺でも
あること、とぞう。

 大そうきょう国なった時、とぞる。既にできている、上海、
台湾、モロッコ間リニア路である。

 中国が掛かる、じょくしゅうのインドという、ジャカルタと
いうインドである。古く、じょくしゅう、という。じょくと
いう、尺のヒンディーである。後脳の話である。後が出る話
という。

 中国が掛かるじょくという、ふぁんじゃんじゅーという
インド際の中国という。中乱という中蘭という、インドの際
の中国である。ふぁんじゅんという、中国の挨の事はという、
ふぁんじゅんゆう中国という。そうきょう国中国である。
一帯一路をいう中国となる。原子炉建設のこと、ともとぞる。
台湾、モロッコ間リニア網、環太平洋リニア網、原子炉網とも。
南アメリカ原子炉網、リニア網、ホンジュラスの世界一大規模
原子炉、とぞる。建設をするものである。アメリカの壁、これ
をいう。エカテン・パフともいう、イギリスの鳥、とぞる。
始祖鳥の大きな鳥である。

 階段状の尻上がりの飛行機ともいう、イージス・ロックの山と
いう。エジプト・イージーランの山という、キリマン・ファック
の皇鳥(すべらちょう、すめらちょう)という。
 

 鶯の鳴きて来たる壁のこと、とぞも。大きな鶯でもある。
シーホーという鳴きをする、空飛ぶかいかまという、犬大鷲の
山という。シーホーという鴻鵠である。燕雀安んぞ鴻鵠の、
鴻鵠である。ロシアン・ゾメソフの鳥ともいう。

 習近平という、ならるお書きという、ならいちかおのお
書きという。習金平とも。若い人の名前である。

 時速40000キロを越せば、土がなくなるという、地球が
なくなること、とぞう。未来の地球という。
 4000キロで、地球が少しかこふをいう。過去が浮き出る
地球という。2000キロも過去のことである、若い人のこと
という。三半球論という。回帰線論という。

 縦糸の三半という、変更の地軸という、ミケソンクーラー
という。ミックスラックのするせぶ、とぞる。ピラミッドの
在処という。ナスカの地上絵という。巨大石像群という。
マチュピチュという、階段状の機械飛行機である若い人の行き
という。ジェット機という、空からの行きである。大きな
帽子を被ったメキシカン・ハットのような山という、飛行場
である。マチュ・キック・ルックという飛行場、とぞる。
マチュピチュの山のお冠、とぞふ。下からの道もある。

 滅ぼされたインカの国の王子という、ピサロというコル
テスという、掛かりは階段状の飛行機である、若い人が
行くという、行った人である。ジェット機で行った人である。
ピサロ・ジェットという、コルテス路機、とぞる。

 日本語の通じる麓の町という、そういうマチュピチュで
ある。古いアイスランド語があるとも。オウギ・ハックと
いう、円形扇の山という。この扇は飛行場である。
今から二百年程前の話である。

 若い人のインディーラン・ファールクという時速5000
という速さの乗り物である。京都会議のフォストという、
きんぜいらんろくという。

 マチュピチュ麓という、英語、日本語という、朝鮮諺文
文字がある場所、とぞる。東大という、早稲路(わせじ)と
いう、マチュピチュ行きの航空路である。帽子を被った
マチュピチュという写真ともぞ。地球がかこった時である。

 過去が戻る山という、別名である。マテヨルという、古い
時のこの山の名とぞる。じゃっぽれという、ハワイのマウナ
ケアの底の稲と同種の稲という。祭りを、ムヨという。
むよふまという。この言葉かある所という。若い人が置いた
言葉である。

 インディラ・インカラ米という、ささにしきという同種の
ことという。二百年前の話という。いっそめ・ふくすく、
言いという。『アヨー』という挨拶、とぞで。マチュピチュの
山頂の挨拶である。アヨーレ録という。未来へ行く前の日
という、その日の挨拶である。あんよんもなく、という、
飛行機のめでという、ジェットせいらく、という。
星落邦という、この近辺の邦名である。星落山ともいう。

 南米各地、台地ごと動いている時という。この時の言葉、
とぞる。アヨーという、アヨー語とぞる。人を、るけけく、
という、地を、アツという、あめするお言いとぞる。
 マチュピチュ天文時という、時間と暦がある、若い人家
とぞる。ここの天を、またふめ天という、またゆそめくと
いう。マチュピチュという、小崎御所原外ごゆのごば、
という、そこの冠語である。扇広げという意味である。
コルサロという、茨のすいとうごも、とぞれ。
コルサロ、これが挨の言葉である。その日の、暦の日、
10月を、弓闇という。闇の日の行きとぞる。
マチュピチュの山頂の暦である。うるうよんの暦という。
うるうはよけるせせろ、とぞ。

暦がインカーランルケである、ドイツの変わり暦である。
町の灯りをいう、ピッサ光という、ぴさゆさのいめ、とそ。
ふーるけやっきの山という、扇がなかった頃のマチュ
ピチュである。コンタキという町名である、若い人の住む
家である。ここの天皇という、コンキスコンという、
コンキスすめらふ、という。自分の才をいう、才能という、
この才能の意味の才天皇という、これを、天能という。

 天能星という、真上の星のことをいう。一般にも使う
言葉という。マチュピチュの天能星という、まため星、
という。またの山のお書きという。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2045大原練習1945天の下2345 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38958
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@102上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@102
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽