2019年10月08日

卒業4149-1 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4149京都船旅3049
古譜2049大原練習1949天の下2349 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/07、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
星曇り 天の海の 磯の原に立つ時に
遠くの方 星海が煙を上げてる
教わる 星の世界が 地上に来た
モクモクと綿海 一つの飛び上がる
星が見え いくつもの星上がる
地上の星


 狐の天気予報。〇r1960/07/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2016/11/6 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
【歌意】
【星冠】
 星冠の夜。天皇を見る日。星の海を天皇という、これを見る
点という、地点の帝方という。自分のいる所を帝方という。
星を見ている姿の人を、点拠という、点尊(天尊)の山という。
天皇スという、天皇を見ることをいう。天能ともいう。
天能点という、自分のいる地点とぞふ。主に天体を論ずる言
葉に使う。天尊の意味である。
【天体】
 おおよ原という、ここへ立ち、天の海が降りて来るという、
この教えを受けた、遠くに、山のように、海のように見えた
星の世界という。まっすぐ前を見る姿とぞる。星が降りて来た
という時という。
【星冠の地】
 おうよのみことという、おうあまおうよのみこと、という、
星冠の地球という、おうよのみことという地球である。
地球のことを、みこと、という、帝方の言いという。
地球を尊ぶ、我が地をめでる言い、とぞる。
【天尊】
 古い日の京都である。この日の京都を天尊京都という。
天体を尊ぶ、天尊という。
 自分を天皇と言い、自分の頭を天皇という。自分の子供を
天尊、天孫という、自分の子供に敬語を使う親という。
お足、お手、行かはる、行きはる、・・・行かれ・・という。
天神という、子供のことをいう。
(以下、前出部)
【天神】
 子供に天神と言わすことという、子供に安全が出てくるこ
とである。星冠子お書き、これなる。星飾りのおもちゃ帽子
を被る子供とも。
 小さな天神宮を作り、子参りの宮という、天神を口に出さす
こととも。大きな木の根元の小さな宮という、大切なものと
いう。

防衛をしらない子供に、天神と言わし安全を手に持たす、この
知恵を天、点という、頭頂部を天という、この知恵という。
天神の歌を歌わすことでもある。子供が手にする安全という。
成人も、天神を口にする話という。

 童謡が流れる、交差点、道路以外の子供の安全をも意味
する、道路管理者の慧眼である。
 『ここは・・・天神様の・・・・・』童謡という。
 子供に教えて歌わす、これを教える大人という、どちらも
安全という。
短調であるから・・とかいう・・、短調長調よりも、
安全の歌である。
小さい時から、子供に教え歌わす、文部省の慧眼である。
子供に手を振り上げない親という、天神という言葉である。
どちらにも、良いことという。
【天神さん】
 子供を呼ぶ時、『天神さん』と呼べばよい。
 大人を呼ぶ時にもそうである。『お〜い、天神さん。』
  
 世界同時革命、共産主義という、
 革命の世、安全を手にすることという。
 トロッキーという若い人である、柳の葉のような狭い葉の
 木を、トロッキー、トロキという。
 
 隣に住む小母さんと、家の向かいの小父さんと、今日も
 仲良く、安全に、これが安全共産主義革命である、安全を
 共に産み出すことという、家内安全、命革めの話という。
 これを、天皇の共産主義という。偉い人の共産主義で
 ある。生産手段の共有という、安全健康の知恵を出す
 ことである。一緒にラジオ体操五分間という類で
 ある。安全健康を導入した偉大な経済学という。
 
 学問の枢要という、安全健康が基本である。 
 
***インターネット、綿海、『天の川』で、
  検索すればたくさん出てきます。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2049大原練習1949天の下2349 Italia Flash della fotocamera49幸義光(フラッシュ)49(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38998
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@262上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/02柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@262
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月07日

卒業4153Italia Flash della fotocamera53幸義光(フラッシュ)53(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4153京都船旅3053
古譜2053大原練習1953天の下2353 Italia Flash della fotocamera53幸義光(フラッシュ)53(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/06、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  Accid
【歌詞】創郷 
天の川 写す夜 綿のような川
天の川降りる夜 盛り上がる川
珍しいよ カメラを肩に見れば
勇気が沸くよう 文に記した珍らしい夜
幸義光 星と写す 雲のような綿のような
星のくまゆら きれい

 狐の天気予報。〇r1960/07/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】

【フォートワース天皇】 
 フロリダのダスベーという、この時に、フォートワースを
モという、このモにダラレルという言いを掛ける、これを
ダラセムれる、後、ダラス言いという。

【ダラス】 
 ダラスを、ファースター、フォースターという、ダラス
モーという。ダラスの町の天る(あまる、てる)、という。
これを、ダラス天、ダラス天皇という。ダラスを星都という。

 この言いの京のごゆ所という、古い御所とぞる。
京の御所のだら山る、という。古く、稲を、だっせという。
この御所の、人を送る時の装束という、黒い仮面をつけた
ダースベーダの恰好という、しらぬきという、真っ白の仮面
と白い衣類という、映画のクローン・トルーパーである。
星都の送りをいう恰好である。人を見送る思う鑓という。
手に持つ物をいう。モップのような飾りともいう。

 ダラスの天皇のなり、という。ダレックスという。
ダラスの町の矢の、ふるきく、という。タラスを、フォー
スターという、四の星という、この星を宮という。これを、
星幕という。星の都の歌という。スターソングという、
サイクロニー・ヤンク、ヤンキーとも。古いダラスのダック
スくく、という。今の、ワラグーラ、ワラゲーラという、
南部の英語という。ワラゲラ、ワラゲラという、水の
ウォーターをワラという、ゲット・アウトという、ゲラと
いう。水が出たという、これを、ワラゲーという、ウォー
ターゲートという。水門という、ウォーターゲートの
すみゆみ、という。

 自分をワラという、ウィ・オール We-allという、
ダラスの英語という、ワラという言葉が、英語の、星に
なる、という意味ともぞる。

【メビウス】 
 ダラスの御所を、みずゆら、という、ここのみずらを、
星ぬぬ、という。星ぬみずち、星ぬみずら、という。
ダラス門家という、ダラス・ゲート・ハウスという、
星の御所という。ここの御所の言いの、メビウス、という
、これを、めのゆの、という。メビウスを、めのゆの、
という。天の川が、地上に見える御所のという。
メビウス・パレラルという、後、パレスという。

 ここの言いに、ワラ・ファルアルという、ダラスの冠語
である。このファルアルを冠という、ダラスの古い星の
まつという、祭りである。天の川が地上に降りて来る祭りの
意味という。天の川をヘルという、ヘル・ファイアルとい
う、祭りの日のことをいう、祭りのことともぞる。

 これを、ダラス巫女という、古い巫女の恰好とぞる。
ダースベーダの恰好である、白子のみぬる、とぞもる。
白子というしらぬい、しらぬき、クローン・トルーパ
という、白い巫女という、巫女を王子(男の場合)という。
出す兵衛という、ひょうえ(兵衛)御所という、星御所の
話という。あまゆまれる、という言葉である、英語である、
ダラス英語である。ダラス冠お書きという。

【トラック】 
 トラックと旅をいう、シー・トラックというワラゲラ
という、繰り出すということ、とぞる。これを、ウィ・
オール・ローという、オルローという織り朗という。
しらぬい織りという、御所の織りである、ダラス御所と
もいう。ロックス・レーレ・ロッカンのお書きという。
ロックン・ロールという、織物のロックン・ロールである。
あまゆまのお手という。ダラス毛のクロツェーという、
ダラッシァン・レーウェーという。杉織り、杉綾織りの
ダラス織りである。古いダラスの織物である。

 カウセル連る_の_お書きという。古い町ダラス、若い人の
故郷である、ダースベーダの故郷という、しの宮のよんの宮、
フォースターという、スター魚津という、スターウォーズと
いう、クロイツェのはこくく、という話とぞる。しらぬきの
恰好をする、天の川が降りてくる、ミルキー・シーズという。
ダラス織りを、ミルキー・ロットンという、京都の御所の
冠語である。ダラッセン・パールレーの山という。
天の川が降りて寝るという、その枕の山である。ダラス路
という、五輪車の行き、とぞる。

 ダラスにおられる若い人の古い言葉の話という。織られる
ことという。ダラス毛のおゆふる、とぞる。
 ウィンター・パースという五輪の道という。ウィントン録
という、ダラス御所お書き、とぞう、とぞるも。
 スカイ録の宮という、スカイ兵衛の言いともいう。ワルラ
ーという、パットン・レーツともいう。後、ワーという、
ワーちゃ行く、わっちゃ行く、というあ、歩き目見の言い
という。

【オーチス】 
 叔父(伯父、小父)さんという、O'uncle オーアンクルと
いう、敬語である。ダラス冠という、ダラス英語の冠詞で
ある、O' オーのことである。O子、王子、皇子・・巫女
・・という。星都論、これなる。
スター魚津お書きなり。
オーチスという言葉の語源である、英語単語のオーチスの
語源、とぞう。語源麗しく、天の川渡海という、綿が盛り
上がったように見える天の綿海ともいう。

【星都ダラス】 
 星都ダラスの綿織りである。カックスという、後、カク
ストン、とぞる。ウィルラックの言いという、ウィルストン
ルックの織り宮のおはゆ、という。おはゆを、お、という。
尾、緒という。織物の末端、ともぞる。

【マイアミ】 
 マイアミからダラスへ行き、ここを北上してオマルパレー
、オマハの近くのリンカーンという、ジェットスクの旅と
いう。リンカーンの花火という、町の呼びという。

マイアミを、糸ゆり、という、
ダラスを、みぬゆぬ、という、
エッジワース(エッドワード)を、へいじ(兵時)、という、
リンカーンを、ぬぬほむ、ぬぬほる、という、
これを、四の世という、四之宮の糸という。
この航路をスクエア・ランという、スック・オール・ローと
いう。若い人のジェット航路である。カナダという古い日の
エドワード空軍である。

 ダラス天皇機という、半月翼の二枚羽である。よくの
お書きという。のち を、ダグレルという、ダグレル機
という。順天候のトッポという。翼のことを、トッポと
いう、ダグレル・幕バクという、ダグ朝という、朝幕の
ダグセという、、ダグレル・マッカーサーという、ダグラス・
マッカーサーという、マルケスという、幕の幕(ばくのまく)
という、ダグまくゆっきの山という、ダグセの山という。

 ルーイル・パットン・ルックともいう。パーセル・スーズー
本るい、とも、とぞもる。東大にるお書きという。
ダグラス・マッカーサーの東大ルックという、あずまひろの
GHQという。ジーミス・ランブーという。GHQの灯台とも。
これを、インゲという、イングリシュのGHQという。
イギリスGHQという、カナダ論馬ともいう。GHQをデックス
という、カナダの空軍の言葉、とぞる。エドワード空軍という
カナダ空軍である。

 後、パプアで南方になるマッカーサーの話という。
たくさんのダグラス・マッカーサーという、御名の人と
いう、若い人の名でもある。アメリカの若い人である。

 東京のGHQという所で、原爆を落としましたという、
若い人である。原爆論という、えのら芸の話という。
原落ちの山という。

 そうきょうの原子よいこと、とぞる。ふむる山のお書き
という。歴史より健康をとる話という。

 よいウンコのエノラ芸という、ウンウンというて、
ウンコをする人という、原爆落としという、野分たつ
話である。野分たつ匂うの宮という、源事物語という、
源為家、ダグラス・マッカーサーの人である。
平時、藤原家安という、薫将という。
自衛隊の宿舎をいう、現時薫舎という、匂う類推あれあれ。

そうきょうのよい事、多い多い、よいことである。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2053大原練習1953天の下2353 Italia Flash della fotocamera53幸義光(フラッシュ)53(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39038
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@485上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/01柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@485
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月06日

卒業4151Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4151京都船旅3051
古譜2051大原練習1951天の下2351 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/06、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1960/07/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】
 (江戸時代の廻船問屋)
【フォートワース天皇】 
 フォートワース天皇という、フォークロレアという、わって
という、わってどうという、わつたつのペッ国という。

 門前獣が、ルンバをおどる人にあわせて、立って一緒に
舞う、これを、わって舞いという。ルンバの山という。

 わてたつという、かっぱの絵という。この絵の後ろの
甲羅という、こっぺさう、という、こるけるのめむふむ
という。めるれるるるする、という。後、『るるする』を、
るめという、るるという、るするておす、とぞる。

【モップ】
 この『ておす』を、『手をす』という、手をする『るる
る』という、手の動作を、るるるという。るるせるもっくす、
という。これを、もうれば、という。もむすむのゆきゆき、
という。手を揉む動作という。この手の揉むを、もっぷ、
という。もっぷす、という。もるれるおくるき、という。
床掃除のモップのことになる。このモップの先につけら
れた糸様のものを、もせゆく、という。この『ゆく』が
ゆきである、モップの掃除のことをいう。もるて、という。
行く方向を手ということとぞふ。

 フォークスという、フォークのやたきき、という、ここを、
八千代六、という。八千代のおるくという。アメリカの
マイズリーという、この『ズリー』が、フォート・スリーの
ズリーである。後、マイズミという、後とそふ、マイソル
という、この『マイ』を、『うき』という、入落弓という。

 入すの山という、後、ニュースという、今のニュースで
ある。落ちという、行くことをいう、入すという、行くこ
とをいう。

【ニュース】
『ニュース、マイオク』という、『マイオクへ行く』意味
である。れが、フロセルの言いである。今の地図で言えば、
フロリダである。この期のフロという、後とそず、フロルだ、
フロリダという。『フロルだ』の『だ』を、ニョッチョン
という、ニョッチョンれーれ、という。ニリテスという、
にりてむ、ともいう、言葉である。

 このニュース・マイオクが、新聞を持つ人と言う。
ニュースがダブった意味に使われる言いという。
にゅおくという、ことのはお、という、後、言葉という。

【インカ】
 ニューゼル・レタという。レタの言いのニュースを、
るりせ、 という。るりるりのおそるり、という。るりを
ことゆき、という。るりの磯のるけ、という。るるす・
ふみるみ、という。これが、ニュースというう、ニュー・
インという、インド花の言葉になる。ニューインの印国と
いう。古いインカーランという、インカのはお、とぞ。

 ここが、インカをいう、インカの文化という、コンスタ
シアノスという、インカ文化をいう。ここで、マチュピチュ
という、アイアミという、フロリダという。インカの繋がり
という、これを、コンスタキという、コンスタ期であるとも。

インカのコンスタ期という、この期の記しという。アイアミ
らんべ、という、後、マイスという。このマイスが、マイ
レムの意のマイスである。後、マイ、マイト、マイツという。
このマイツで、舞う津という、まうつの音便のもう津という。
この『もう』を網と表す、網津という、アイアミのとでおく
話という。この『おく』のおくである。おきという意味で
ある。アイアミ寝のおき、という、タンバという町の興し
である。セント・ジョーという、セントピーターという、
タンバのそばの町という、フロリダの町である。
ルンバの興しという、踊りで興した山という、その踊りを
コンキスという、ルンバとも。

【タンバ】
 タンバを興す話という、古い屋の家のはとゆと、という、
鳩を見たとそ、舞っている丘の家の御叔父と門前獣と、
そこへ来た鳩とぞる。

 これを、『舞っている』という敬語という、『舞って
おられる』という、これが英語の造りである。同じ言葉で
敬語と普通の言葉を使う、使いとぞる。これを、オーセム
という、『行く』という、『行かれる』という、同じ
言葉という。オーセムの英語という。これを、しゃっこく
という、しゃかれくという。しゃそんの言葉とぞる、
しゃくそんの言葉という。古い日の英語という。

 ウィという、ウィ・ハッツという、ダンスの最初の出の
合図である。後、あこくという、あすくめる、あすくる
ともいう。あすくめの山という、この舞いをもいう。

 ルンバが風であるこの風がおうふうという、大風の言い
に、おうをつける言葉とぞる。台風という、タイフーンと
いう、同じ言いの言葉、とす。タイフーンのたいくん、と
いう。大君とぞる。台風をおおきみという。この地方の
言いという。マイアミの大君という、これを天皇という、
アイアミ天皇という。これが、てんこうという読みになる
ことに天候と表す、アイアミ地方の天気という。

 人を天皇という、台風の名に人名をつけるアメリカの良心
という。人を崇めることを、天皇という、これを、しの言い
という、行為を天皇という、人のことを尊ぶことである。
アメリカン・コンシェンスという。コンキスのコンである。
これが、ピーターという町の原義である。後、セントと言
葉をつける町という、台風をも崇める町という。

【トーブ】
 台風が来る日をトーブという、トーブ・タンバという、
セント・ピーターの町という、タンパという町の傍である。
ここのコンが、スペイン語のコンである。コンキスタと
いう言葉の出のことという。フロリダのフロすべ、という、
これ以前を、ダスベという、ダスベーだ、という。
しゃくそんの言葉という。しゃっかくという、しゃくそん
という言葉の話である。古くダスベーという町である。

 日本語の出す兵衛がかかり、たずべえという、秋田の
言葉という、ここを、たみせくという、ダスベーをたみせ
という、たみせのオッパという、オーパという、意味が
言葉である。オーパという言葉である。憩うという意味とも。
オーパ楼の山という、ピーター山という丘の意である。

 セントペッ則の山という。則が言葉である。日本則入と
いうことである。べえを入れた話という。コンキスタの話
である。

【コンキスタドール、サタデー・ナイト・フィーバー】
 コンキスタドールという、ルンバを踊る人のことをいう、
相いの門前獣とも。ナイト・フィーバーのあの恰好である。
サタデーのお書きという。つむじ風の恰好とも、フィーバー
のこととも。サタデー・ナイト・フィーバーという、さる日の
ことをいう。行く日とも。土用という話とぞも。週が去るを
いう日という、土曜である。

【コンキス暦】
 土用のこんきという、根気のいる日という、土用のこと
をいう。コンキス暦という、土曜を最後にする暦という。
土曜を一番、前にする土曜の始まりの暦をピーター暦という。
この町の古い暦である。

【ピーター暦、好き暦、好暦】
 ウィという始まりの書という。ピーター暦のお書きいう。
この町の由緒である。若い人のすき暦という、好暦という。
こうかまの歌という、の書きである。好かまの歌。

【シチズン】
 天皇という、人をいう、これを市の言いという、市井の
言いという。市民という、シチズンという、コンキスの言い
とぞる。ウィという、自分をいう、自分をウィという、
初めの土曜のことでもある。月の最初の土曜をウィという。
自分は行くという、ウィ ゴーという、このピーターの
町の古い言いである。コンキスの役の言いという、後、
ダスベーの言いという。ウィ・ダス・ゴーという、
自分は行くという意である。古い町のピーターという、
後、ピーターパンの話の掛かりになる町でもある。町名
が、それである、掛かりである。暦を掛けた町の名という、
ここに、あすけがある。あすか、飛鳥という、日本の掛かり
である、ピーターパンの跳ぶ姿という、風に舞う蝶という、
大風に舞う、乗るという、門前獣のことである。
 ダスベーの町、ここなるを。ダスベーダーの町である。

【ダースベーダー】 
ダスベーダの黒い服という、あれを仮面という、しろぬき
のお共 という、始の意味ともいう。土用の意味
でもある。

古い日の送という、ダスベーダーの恰好のお送りという、
『大お爺さん、おられおられ』という、若い人の物語と
いう、遠く山越えられる大お爺さん、『健やかに、とわに』
という。旅出の送りである。

 大お爺さんおられおられ、お書き。若い人がダース
ベーダーの恰好をして送った話という、お送りした話
という。
 古い古い日の、そうきょうの良き話である。ダース
ベーダー送という。これを、シカ出という、ラスモス
ともいう。

 映画の話である、ダースベーダーの話はそういう話
である、人形劇の令和物話である。ダースベーダーと
いう若い人である。

 これを、フロリダ未来記という、コン期という、来た
る期の来ん期という。期と記を一緒にした意味という。

 コンキスタドールという、ラスモーニア・ラッセンと
いう、イタリアの言いという。自分をイタリという、
この言いの言葉である。ラスモーニア・ラッセンという、
天皇をダスベーダーという、黒幕の言いという、若い人
である。

sotu4151、よいこいのお書きという、送り来いそわるる、
鯉寄せの山という、立って踊る門前獣を鯉という、
ダースベーダー変身である。しらよら、様れるそっくく、
という。ファイルという名の若い人である。
ファイル・モンキー・ベッセム、なよなよのベッカムと
いう、古くベッセムという、ピーターの意味でもある。
フール・ピーター・レールという、ピーター語の山という、
土曜日のエープリル・フールという、ベッセム・フール
という、エープリル論勢の山という。ベッカム・スール
山、これなり。フロリダ沖の波の山である。

 古く、アーマ、ハービーの台風、若い人の見で、ヨンを
いう、ヨンの高さの波とぞ。遠く沖合四百である。フロ
リダが没した日という、また、来たアーマ、ハービーで
ある。ハービーという、波の日である。フロリダの古い
土用の暦、波の日と表す、土曜日の古い表記である。
ハービーデーという、海の底が見えるという、アーハー
の山という、スりー・サイクロンという、後に子供を
連れる、台風である。
 フロルー摂津の山、ここなるを。セット・フローお書き
sotu4151なりなり。

 セット・ダースという、せれすれのセレモニーという、
ベッカム・フールの、ファイするという、手をすることと
いう。
 セット・ダース → ベッカム・フール → セレ
モニー → ファイ・ルー という言葉のフローである。
ファイルオンデーの山という、ベロンズともいう。
これが、フロリダの古い地名である。
 フロリダのことを、セット・ダースという、ベッカム・
フール、セレモニー、という、ファイ・ルーのファイル村
という、コンプレス・やっき、フロリダ・ヤンキーという。
後略

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2051大原練習1951天の下2351 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39018
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@284上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/01柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@284
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月04日

卒業4147Italia Flash della fotocamera47幸義光(フラッシュ)47(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4147京都船旅3047
古譜2047大原練習1947天の下2347 Italia Flash della fotocamera47幸義光(フラッシュ)47(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/04、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
爽やか肌寒い時 むこうの友 手をす
やあやあやあ ご機嫌は如何 秋の
午前中 肩かたカメラの道行き
遠出の姿おりめよく なり整え
写そう この辺で 幸義光 光り
遠足の碑


 狐の天気予報。〇r1960/06/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【八千代川】
 若い人が町を歩く、古い日の町とぞう。八千代川がある、と
いう。普段着の着物を着た人とぞる。

 珍しく、世をいとう、世をめでる人の歩み、とぞめ。
そてきそき、という。この譜とぞる。とぞう山のお書きとす。

【一厘】
 店がある。古い日の店である。商品が並べられ、商品に
札が立てられている。『一厘』『銭』という、古い表記の札
とぞう。そんな古い表記の村である。若い人の遠い記憶とぞう。

 大お爺さんゆ、いつも子供をお抱きのお姿とぞう。お爺さ
んのおられる町という。若い人の記憶の旅である。

【千穐楽】
 この町にゆきしぶという。あんなみのよきるけ、という。
なみゆまのおりて、とぞう。せてゆせ、こわるららもる、と
ぞう。八千代富川という、えびらぎのおらる・けつれく、と
いう。大お爺さん楽という、ここの楽のこき、とぞす。
これを、千穐楽という。せんずのぱそ、という。

 千代富奥山という、大お爺さんゆあせるら、なつむめと
みく、という。大お爺さんのお姿という。『せめるれ』と
いう、せめるおことの大お爺さんという。

 ありてそわられ、せてる山のおい様とぞう。世は、み
そうの期をとる、えぞめそという。後、えぞの期という。
えぞ山のおんという。山が鳴くという。山鳴きの場の
おいきみ、という。

 高い山ゆられ、えぷすよりゆら、とぞう。
大お爺さんさんありるらりせら、そそす、おいろろの
おいきみ、とそす。

 ゆみた山という、あぁりる山のお書きという。えとゆとの
ゆとの、大お爺さんさんとぞうす。かちくれらる山る、とい
う。えうせてのよみすり、という。この日の山という。

 ひむすらるるおいやき、という。遠く、アフレスローとい
う、おきひきのゆばよそ、という。これを、こうけす、とい
う。むゆろまのおきゆり、という。古く山をいう。山ゆま、
という、山のこととぞる。

 お山ありて、くされる、そんとす、という。村の出来の
言いという。この村のお造りという。大お爺さんお村、と
いう。若い人の懐かしき思い出という。10軒から20軒程の
村という。町とぞす、町ゆたの、ペンペムという。町せら
らっく、という町のむみそゆ、という。めゆれるかこゆり、
という。大お爺さんせめられ、ふつをめる、とぞう。
ふつゆつのゆま、という。とみするれとす、という。

 そのおじいさんの丘のおもに、という、お言いとるれく、
せんせのゆまそ、という、名を、山ふらく村、という。
村の山のお書きという。これを、せんとく、という。
大お爺さんありらる、おゆれる、という。めてゆたの
あお、とぞう。あおらるゆみすみ、とぞう。せむすててそ、
つるゆるありくる、という。めめその山という、この譜を
いう。ふとゆと山せ記、という。

 お写真そわるられ、お子ゆこせむれる、せてするるめす、
とぞう。後ゆた、めの世という。この世のあきす、という。
後、あきすとぜ、とそう。あきすとぜねこ、という、ペペソ
のあきふり、という。あきそのおいせる、という。
あきすとの山という、この譜のこととそ。

 せめそ弓、これを、ろくれく、という。ろくれのや、と
いう。カーターといわれた御叔父の御弟君である。ゆみ様の
お絵という、お爺さんにお抱かれ御叔父という。わたゆたの
い山の家のお住まうからるや、という。ここの、八千代川
という。川のやのゆまはる、という、ゆま原のはるゆら、
という。ここを、れみそも、という。後とぞ、う、お書き
という。う山々のゆ、という。れとすやむせる、という。
てっする山のう、という。うの鳥の落ち来る日とぞう。
ひがしむらく、という。この『むらく』が、村である。
村ということの、出来ゆり、という。

【墨造り】
 古く、村ゆき、という、村へゆる、という、村ろの
くみすみ、とぞる_せ_ねねするむみよ、という。
大墨の山という、後、かるせ、という。むみよのくゆせる、
という。墨を作る場の、大墨場という。墨山のおき、とい
う。墨を作る若い人という。墨を集める話という。

 黄色い山の目、とぞす_ふるく_ふみすみ、という。
この日、丘われという日の、丘床という。丘する目の世
という。後とぞす、あむたむかむふく、という。この『ふく』
を、『え』という。あらたえという、麁服と表す意味という。
麁服のはむ、とぞ。後、墨造りの意という。

 黒袖のくれなう屋という。麁服屋のお書きとぞう。
お爺さん世、ありるありす、ろろくゆみそよのあるたす、
という。攻める村のおそゆそ、という、これを、戦という。
後、戦争という。戦争という、人の行きのことをとる言い
という。歩むことを戦争という、戦争するという、歩む
ことをいう。

 ウォーク・ウォーという若い人の歩みである。ここへ
行く日の、攻めという。歩き行くことという。ウォーの
意味という。これを、うおく(魚句)という。古い日のこと
の意とぞす。

【戦車】
 戦車で行った人である。山登りの戦車という、ドイツ・
ムーラベという、ウーイル・パットンとぞう。戦車のこと
である。菱形の緒という、戦車のきゃた、である。

 この之きの山、今をとめすめ、という。とめすめの時と
いう。大津楼の山という。大津之き之きの山という。
ここの村をときそく、という、ときそくえ、という。
この『え』を、えという、江という。(山偏に、エと書く)
これを、えもの、という。えもののお書きという。

【パットン戦車】
 歌山のお絵という、これを、えという。ええの弓山という。
えものの話という。戦車に現れる絵という、山の江を行く
せんつ、という、パットンという、パットン戦之き、という。

 山をのべという、山のべという。山野の戦とく、という。
戦車をいう、古く、山登りの車である。今の戦車である。
降りて洗車をする人と言う。洗車群団の居間という。
がその山の言いという。がそわという、がそ輪という、
戦車のきゃたである。きゃたひら、という、きゃたぴら、
という。きゃた平菱、という。菱のきゃた、という。
若い人の秘史という。ひしひしと迫るお書きという。
これを、攻めの世という。

 戦う戦う戦う、攻め攻め攻めという、行き行きて、復、
行き行く、越しの世という。中国古詩の表しという。

 行行重行行・・・という、中国の古詩という、若い人の
戦車行きである。これを、とり山のお書きという。中国へ
入ったという人である。著作剣を腰にぶら下げていると姿
という。東大行きの丘われ着の人である。中国古詩の著作
という、スパーッと切る文という、きれる頭という、頭の
帽とそ。頭帽子のお書きという。ずぼしという、スパーッ
と切るのは文である。スパッツという衣類のきるいという、
奉行姿の頭被りをきるいという。そういう頃である。
若い人の話である。今をお去る三百年前という、東大の
お書きという。

 この数字を並べれば、パットン戦車は三百年前のもの
である。若い人の秘史である、今、明かされる歴という。
ヒトラーが作ったという、戦車の歴史という、ヒトラーが
若い人である三百年前の人という。

 若い人秘史の見方という、先の世の解説書、類である。
第一次大戦という、青島攻略という、第二次大戦という、
なかったという、若い人秘史である。パットン戦車とも
いう。

【ゆみしふきゃたのお平】
 第一次大戦に出てくる菱形のきゃた平の洗車という、
パットン戦車の後に乗った人である。パットン戦車、
それから、ゆみしふきゃたのお平という、おひら戦車
という、実録記録の映画という、実録第二次世界大戦
という映画にでてくるパットン型戦車という。

 若い人という、パットン型戦車が新しいという、
菱形のおきゃら戦車という、第一次大戦という、映画による
話という。実録という、実録と書いてあるだけである。
観客を動員するには、実録第二次大戦と書くのである。
 
 世界的アンネ・フランクの霧がかり、という。霧がか
りの細工という。

 あんな戦争なんかはなかった、という若い人である。
無効の経路という、頭脳の価値山という、スパーッと
切り捨てる第二次大戦という、そうきょう国という、
東条師範の山という、無効の道という、戦車行の道で
ある。
 戦車の行った後を道という、戦争中の話という、その
後、歩兵が歩いて進軍という、若い人の歩きという。
道造りのことをいう、こうして道は作られたこととぞ。
映画、実録第二次世界大戦は、道造りの話である。

 第二次大戦に、健康安全を、投入すれば、そうなる
ことという。

 実録という映画の第二次大戦という、歴史から切り
捨てることという。若い人秘史を未来記録実録という、
お書きである。
  
 丘われ着で、棗先生に教わるという東大の若い人と
いう、実録若い人未来秘史より。

 大お爺さんおあらる、この日のことという、今の
ことである。大お爺さんと、居間にいた話という。
家族団欒の世という。戦争後の平和の居間である。
平和というお書きという。

【ハワイ真珠湾】
 ハワイ真珠湾へ、戦争するという、若い人が真珠湾
へ行き、未来に観光する作り物という、攻めた跡と書いて
作り物を置いた人である。観光名所ということとぞ。
若い人秘史である、真珠湾攻撃一話とぞ。写真にとって
おけば、よくわかることという。やなぎ。

そうきょうよいお書き、人生は楽しいです。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2047大原練習1947天の下2347 Italia Flash della fotocamera47幸義光(フラッシュ)47(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38978
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@527上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/29柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@527
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月03日

卒業4141Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4141京都船旅3041
古譜2041大原練習1941天の下2341 Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/03、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
幸義光 花に向かえば道に秋櫻子
立てば枯れ葉舞い落ち 手を揃え
写れば 匂宮貴公子菊 紅の時立ち
筋雲引かれ空

 狐の天気予報。〇r1960/06/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1990/10/3 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
2019\10\1 記。
【ベルリン】
 若い人はいう、『子(シ)は、歴史に無効をいう』と。
天照山越えてぞ来たる、豊の蚊、ゆきをとめ、るるを
こゆれず、こいるきをよみにとめず、これを、ろいそふ、
という。ろみろの、ゆめぎく、とせ。

 そうきょう国建国にあたり、世界史、及び、各国史を
一旦、無効にする。アポスト、ポトス、世にあるをいう。
たいをせくせる、世のくくすをいう。けむするむきゆき、
やもよふの世を、これ、という。

 てくせるの山という、大根御紋の列車があるをいう。
城曳きの電車もあるをいう。御台高台、ゆおてるけせる。
ててを、よみろる、という。天照山ありる、せんふき。
これを、朝令暮改という。
 
 令和さんみく、ろるをこくけにとる、ろそん、とす。
れんほるの山という。すすたるれむせむ、という。
びすれるろんくを、いう。

【第二次大戦】
 第二次大戦という、なかったをいう。無効の大戦という。
若い人はいう、『第二次大戦はなかった』と。

【明訴の駅】
 ハワイ、マウナケアという。マウナケアの谷である。
勿論、降りていけない、急激な坂で、滑ってしまう。
観光の名所になっている所という。ここへ電車を通し、
下へ降りるという若い人という。恐ろしいほどの急坂で
ある。中程に駅を作ることという。一晩下へ降りれば、
海抜より低い所である。狭くなっている。円錐状で狭く
なっている。

 ここへ電車で降りた人と言う。そこへ着き、高の十足
(じっそく)という、八足ともいう。神社で使うものである。
この底で祭り、上へ上がり、にっぽく、という、れむせの
おいゆら、という、この祭りを置いた日とそ。
 ハワイ暦の今日である。10月1日という、ハワイの、
後ムーの暦という。

 この暦のけまふきという、けまそむのおゆこしという。
ゆっこくの山という。日本式祭りの供えをして上へ上がっ
た人である。逆円錐形で、小さな底である。畳二条程の
大きさである所という。

【マウナケアの底】
 そのけの絵という、絵を江という。そこの祭りの名を、
よみやれ祭りという。よみの山の祭りという。ハワイ、
マウナケアの底である。そこの一歩という。一歩の地と
いう。まっせんくうらく、という。まゆすてのお祭りという。
稲を供える祭りである。

 上でこれをいう。稲穂のおき、という。電車の中で
少し寝た人である。ねいね祭りという。中腹の駅の祭り
という。これがハワイのマウナケアである。

【アローヨ祭り】
 植えの祭りを、マウイ・いな浜という、いねりむゆ祭り
という。ハワイ語の、アローヨという、アローヨ・フェと
いう。アローヨ祭りという。このアローが、稲があるとを
いう。後、ハワイ米という。アローよね(アロー米)という。
祭りの米という。

【はずかわゆ】
 ハワイを、はずかわゆ、という。はずかわゆ島のはさきぜ、
という。祭りをハオレルという、ハオサともいう。現、祭り
のハワユキという、ハワッスという、はわれるよもよも、
という。ハワイの祭りを、よきはっぷ、という。よきよきの
祭りという。ハワイのゆこらくみす、という。これが、
御所の御簾にある、ゆきゆきのお御簾という。ゆきお御簾の
またゆた、という。まりせるゆま浜という、御簾である。
ハワイの腰に巻くスカート状のものという、この御簾の
造りという。古い衣装である。

 これで、ふるをいう。ふるえるおまゆき、という。ハワイの
腰振りダンスという。この腰振りの仕方のまゆ振りという。
ますべすのまゆせる、という。これが、アローレという、
アローレの振りという。頭に、清くをいう、清い頭の意の
振りゆり、という。振りゆり論の山という。

 ハワイ論ぜるのえたそと、という。後、えちるまつふ、
という。ハワイの獣をめでる意の祭り、ともとぞる。ここ
を、れむほる、という。ハワイの祭り所をいう。れむほる
えたそり、という。これが、明治という、明らかに治む
祭れの言い、という、ハワイ語のことをいう。

 日本語の祭りという意味、底を意味することとも。
まつゆつの意という。ハワイのメールという、祭りの
意味である。メルともいう。この言葉の冠の意を、頭に
付けるハワイ山のめで、とぞほこ。ほこを地という、
地の意味のほこという。地をたっとぶ祭り、とぞ。

【イダル】
 祭りを、イダルという、ハワイの言葉という。ハワイの
まゆれる、という。この意味が、マウナケアである。
眉がふり舞うという、舞うの毛の、マウナケという。
アをつける、マウナケアという。アが後の意味である。

【後ムー】
 後ムーという、後のムーという。後ムーのまうゆみ、と
いう。インドの真南のムーの、後、太平洋のムーという、
インドの真南のムーの後、このムーに住まいする人という、
若い人である。ここの言葉に、ジュゼジューという言葉が
ある。後、フランス語になる。ムーの頃のこの地である。

【ハワイ髪型】
***という人がおられるをいう、後のハワイとぞる。
わたせの意の浜ゆま、という。この***の、分けの山
という、ハワイ分けという、上方の話という。ハワイの分け
という。分けを上と下にする、上方という。ハワイ・ランと
いう髪型とぞも。ハワイの分け方である。今の世に、よく
している男の髪型である。明治をいう髪型である。分けの
意がこれである。

 この分けで、後ムーをいう。後のムーの地という意、と
ぞる。この日の東大という、後のムーの行きの前である日、
とぞる。とぞすての絵という。青門を、とぞ門という。
東大山分けという、頭の髪型という、ハワイの分けである。

【丘よれ着】
 丘よれ着という、丘世の礼着という。丘よれ着という。
丘われ着ともいう。脇差をさす代官、奉行の恰好という。
ハワイれっぺ、という恰好である。この頭の恰好で、この着
をする、山のうゆらる、という。うむすてのやや、という。
あすれる山という。山々のうけ、という。山分けルックという。
はなゆらの御方という、八千草の御叔父という、八千代草が
咲く小山の場という、東大の青門外という。花の御叔父という。

【八千代草】
 この八千代草が、蛍川の草である。八千代草のお書きという。
蛍川に同じ草が生えること、とぞる。八千代蛍という、蛍と
いう、夕告げ虫という、大きなもので、10センチほどある
蛍という。源氏大の穂たる、とぞる。蛍の山のお書きという。

【天徳虫】
 この蛍を、天徳という、天徳虫という、これが、ハワイの言い、
とぞる。ハワイに同じ蛍がいることという。明治蛍という。
明治虫という。

 この三角を、明治切手という。東大、蛍川、ハワイの三角
、とぞる。明治に発行された三角の切手である。三厘の額という。
三厘切手である。明治時代の話という。丘穂の恰好の切手という
話という。三厘御所発行である。ハワイの発行という、ハワイの
マウナケアの中腹の駅という、ここの発行である。あと、蛍川と
いう、ここの発行という。三点で発行された三角の切手である。

 ハワイの、金額の言いに、三アローという古い金額の言いで
ある。この言いがある、ハワイのマウナケアの場、とぞる。
東大水戸、という、切手の名前、ともとぞる。

【涯山暦】
 10月1日の発行である、日本の10月1日でもある。10月1日で
合わすハワイの暦、とぞ。この暦を、涯山暦という。今の日本の
新暦という、今の暦である。ハワイのマウナの暦、とそ。

 ハワイをめでる意味の三角の暦である。三角形の暦という、
切手、とぞる。涯山所発行という暦である。ハワイの天文台が
描かれている暦、とぞふ、とぞう。東大にもある日という、
東大暦という話、とぞうう。

【東大暦】
 『とぞうう』という、暦の言葉である。 暦語の、うう語と
いう。東大語である。ううの東大という意味、ともとぞうう。

 2019\10\1 の記が、天文の木である、ハワイ・スラホン
という。バック・スラッシュ \ である。切手発行の日付にも
使う、三厘御所なむ目、という。ななめ棒のこと。
大阪の八千草棒という、印のことである。御叔母の御教えという。

【東大暦】
 八千草の薫る木という、八千草薫という名前の若い人という、
立山意千尋という若い人である。山立て棒ともいう、駄作者が
使う名前である。格好良い名前をじきに使う駄作者という、
名取である、名人である。
 中岡の御叔父の教えである、坂本の御叔父と一緒におられる
叔父である、座っておられるお姿である。西郷隆盛の後ろ姿
でもある。有名な御叔父である。東京上野在であられる。
 京都在、中岡の叔父を拝めば、そうなるのである、名取の
名人になる話という。名取になる若い人である。

 明治遅れ男という、遅れている人である。銅像から名前を
名乗る人である。若い人の名取という。本に出てくる本名と
いう、若い人の本名である。
 八千草薫、坂本龍馬、中岡慎太郎、近藤勇、・・・・
西郷隆盛・・・小泉純一(郎)、天照大御神、・・若い人の本名で
ある。拝んで名前をいただく人である。拝んで頂戴という部で
ある。立山意千尋という黒幕の政治家ともいう、その若い人
の本名である、たくさん本名を有す人である。

【八千草薫山目】
 八千草薫山目(やまめ)というシーラカンスの名前である。
芸達者な魚である。鴨川、蛍川、ハワイの浜にいる魚である、
八千草魚というシーラカンスである、おなかを見せて浮く
芸をする、そういう魚である。若い人の好きな魚である。

 後ムーのマウナマーという、マウナケアの底の八千草祭り
の話とぞ。
 
 若い人が本名と言うて使うのである、黒幕の政治家
である、吉田茂という人である、リンカーン・ワシントン
ともいう、らしく、華盛頓と書く人である。

 若い人はいう、『たくさんの名前を・・』と。
駄作者が無理やり若い人に付けるのである、黒幕の役らしく
である。
『著作者の名前ですか』と、
『気がついたときは、もう遅いのである』
そんなことには早い人である、駄作者をやっているという。
『名取の方法は?』
『盗っ人の方法である、本に出ている』という。
『八千草川という川の名前ですか?』と
『自分の名前である。』 若い人の名取という話という。
【フォートワース天皇】
 フォートワース天皇という、『第二次大戦はなかった』と
いう人である。若い人という、数々の偉人伝に名を成して
いる人である、自分のことを子(シ)ともいう人である。

 花の名前をめでる、めでる名という、芽名という、
八千草薫名の若い人という、池近くの小泉純一という、
立山意千尋という政界の黒幕の、本名である。林間薫る
フォートワースという、エッドワード空軍基地から行く、
強天候のジェット機の名である、八千草薫機という。
若い人のことである。花をも御叔父と言うて名乗る人である。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2041大原練習1941天の下2341 Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38918
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@353上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/28柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@353
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽