2019年10月16日

卒業3700 :イカスミ柳

卒業3700 :イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月15日

卒業4167Italia Flash della fotocamera67幸義光(フラッシュ)67(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4167京都船旅3067
古譜2067大原練習1967天の下2367 Italia Flash della fotocamera67幸義光(フラッシュ)67(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/15、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
阿岸之原 降りきては 我が機見る
三本足を出して鶴のように立っている
遠くの甲の府へと来た日は朝霞
薄墨色 機の横の石浜の長建ち屋
幸義光光らせば世に示す
唐の王の次第のゆかり


 狐の天気予報。〇r1960/07/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 江戸時代の廻船問屋
<<【奈良丹波市(たんばいち)、三輪周り】>>
【鮫の出】
鮫の出、鮫太陽のあがること。鮫光(さめひかり)という、
この地の言いである。奈良の鮫行きという、太陽のことである。
鮫のお日山のお書きという。

『鮫が来る』という、日の出迎えをいう。柏手を打つこと
の出の世の場、とそず。
 夢打ちという。夢山のお日山という。藤堂の山の巣という。
この『巣』を、ようふま、という。陽京のお日ゆり山という。
ここを、後、あま変えたという。尼を天と表す地域の行き
という。地域を、地行くという、地育のゆら浜という。
太陽を、さめつけ、という、おおゆさめ、という。

 目の覚めに掛けた言いの場のことという。大目付鮫と
いう、人をそういう地域、とぞす。これで、鮫太陽の点
という、覚める人の時とぞ。

 時間の時点に、天を付ける、天点の宵の守るという。
ここを、こうつ、という。交わる津の言いとそず。
とずる山のお書きという。

 てんの尼の里という、尼山という、てんの里をいう。
これを、てゆれる、という。ファーブズという。ファー
レラともいう。ファッスズすみそも、という。この言いの
てんを天という、点とも。この『すみそも』の『そも』が
、そもそもという、そもれらの言いとそず。とぞすの山と
いう。そもそも山 とも。

 つうるうのいきふき、という。つるつる天という、つん
すみのつる闇という、つるつる来る闇のことという。これが、
天に上る闇の言いとぞず。天つる天という。この地域の、
地育という、地にあった闇が天へ行く、地が育ったという、
地の絵のふりうり、という。

 これが、地起きさみ之き(さみゆき)、という。之きばしば
、という、行きしばの、行った場という。これを、之き芝
という。芝れる山という。芝山すんむき、という、向き踏み
の場という。むきむき山のお書きという。向踏譜という、
この事の記である。
【巻いて行く】
 『向きさん念おいて』という、これを、向こう世の言い
という。向きさんという、向きの方面をいう、これをむきむく
という、後、まきむくという。まきむくのよっこむ、という。
まきすら山お書きという。巻き向く山という。
『行く』ことを、『巻いて行く』という。同道のことという。

 この同道の山の麓の矢のおしふり、という。おしうすやお
浜という、太陽の周りを浜るべ、という。浜れれ、とも。
浜るやっかむ、という。やりくれのおしふき、という。
やややのお書きという。
【向福】
 天つる天の『つる』を、吊るという、これを、山という。
これが、之きという、行くことを、そう表すゆいのしよ、
という。由所の話という。ここの由所を、ゆいさみ、という。
由所をゆいさみ、という。ゆういさみ、という。言う勇み
である。勇々のごけ元という。語源のことをいう。天つる
天の場の言いという。後を、向福という、福に向かう、
向福の場という、向宵の夜半という。向福の言いという。

 天の里の、尼の里という。尼里山という、これの東藤と
いう、東藤の柿という。東藤天という、これを尊ぶ町と
いう。鮫太陽のお勇みという。光るつるの尼槍という。

 覚めたひの目の山気という、山木とも。これが、山楼の
謂れである。向きさん、向き三、向き山とぞふ。
【幸子辺道、さちこべみち】
 向きという、目を向けた太陽という、自分を、ひ、とい
う。ここの言いとぞず。とめらるとどふるのいそよし、と
いう。磯という磯の浜の太陽という。ここの道を、向道と
いう。向宵町の向かう福の道という、さちこべ道とも。
さちこうべという、さちの頭という、幸頭の目覚めという。
【張春】
 これを、こう張る君という、春を張るという。お張るが
来たという、この張るを、針という。張り春、針春、張春
という。向福の張春という。ここの闇を、向かう福という、
向こう闇の向福閣という。闇を閣という、向宵町の言葉で
ある。幸おお、という、幸多、さった山という。さたのお
柿という。沙汰のことを、幸多という町である。目付の
鮫ふられ
、という。幸の鮫という。鮫太陽の向幸陽という。
幸多い町である。

 あの場の磯みそ、という、幸鮫を、みそ、という。
みそ太陽という。これを、みそら張る、という。みそら春
という。向宵町の言葉である。


 東大の、ひがしあずまという、あなみくみくという。
そっぱくりき、というこの記とぞず。かまする山のお絵と
いう。かりするたいはむ、とぞず。この記を、よき、という。
良きという。良いきをよきという。この町の言いである。

東藤藩よいき、という。世を行くという、世育浜るか、と
いう。後、るか書、るか所という。大目付のことを、るか、
という、向宵町の幕々という、ばくまく、まくまく。
大目付の幕所という、きよ山々という、丘われを、そう
いう町である。きよ山着という、丘幕着とぞず。

 丘われ着を着る東大という、あずまひろという、とう
だいという、東京の東京大学と同じにいう、あずままん幕
という、幕府を幕藤、幕富士という向宵町幕(府)である。

 藤堂藩の『目付けられ』という、目付けられ磯よみ浜る、
ゆみゆよ、という。ゆゆ、ゆゆゆ、とぞず。これが、この
四城の言葉である。城主を目付という意味である。
東藤目という、藤堂のすみふりという、これを、いかすみ、
という。いかすみの言い、とず_そ_ろう_る、お閣しむる
城という。東藤藩の城である。幕富士城郭という。城郭城
という。若い人が、居間 、これを書いている城である。
ゆゆ、ゆゆゆのお書きという。

 天皇をつみという所である。津見。しんけんという、元の
意を、つつむ、という。これを、しんかみ、という。あま
ふき闇という、あまふき閣のおい浜という、この『浜』を
太陽宮という。たい浜とも。たいせまのおいつみ、という。
太陽の周りを津という、陽芯という、太陽である。用心棒
という。心する太陽という、光をやっつ、やつ、という。
やつの光という、はいかるせいふ、という、はいせいふの
磯の言いとぞず。はいせの山という。
【はいせ】
 伊勢の津という、これを、はいせ、という、はいせの津
という。向宵町を、拝す幕という、拝幕のふそゆそ、という。
民をとるう浜という、民の太陽という。太陽をたとう世と
いう。拝太陽のこうく、向句という。これを、くめゆりと
いう。くそ、ともいう。大運の向運という、向福という。
後、幸の運という。幸運の話である。

 うんこ、運子の太陽とぞす。うんという返事のたっとび
という。運拝譜、これ、とぞる。

 うんの教えという、そうきょう太陽の運という。よい運
という。良運向福の太陽拝道という、太陽を拝む町である。
手をよる山のお書きという、夜を手という。やあい、夜会い
という、やややのゆゆゆ、とぞる。
【やあいの町】
 夜に、やややと挨拶をする町の人とぞう。手三本を立て、
その指を回す仕種という、太陽を表す、月をも表すことと
いう、やあいの町という、向宵町である。

 これは、無考証の駄作者文である。無考証ではあるが、
有効である。有効証という、そういう効き目のある効証
である。大運幸運を持ちたい人という、運行証の免許と
いう。人生行路のお書きという。

拝太陽、その一つである。
若い人のすることという。
其の二つ、拝城という、
其の三つ、みつみつ山々という、言えばよいこととぞ。
其の四つ、しじょう、そうく、という。排便の時という。
其の五つ、ごかくかと、汗をいう。
其の六つ、むるろという、門出の時の挨拶という。
其の七、七をやおという、しちすという。物数えの時。
其のやつ、やつすめるせお、という。家へ入る時。
其のここの、津を身、という。寝る時である。

心することという。幸運への言葉である。拝城というて、
二に関することをする時に使う言葉である。以下、同様。
三叉路へ差し掛かれば、みつみつという。こういう使い
ともぞ。

 有向上の言いである。幸運の人の言いである。
コンピューターに向かって、コンクレーという、コン
ピューターから幸運がでてくる話という。テレビも
そうである、コンクレと言うてスイッチを入れることと
いう。スイッチを、コンクレという。幸運の言いという。
コレクレ・オンという、これで、オッケーである。
よいことを喋れば良い話である。
電車運転の出発進行という運転士の言葉の類という。
人に言っているのではなく、自分の行動、意識の確認。
安全再確認とも。

 そうきょうよい数え、口上の付き、という、よい付き
である。覚めのよい人。

 有効証の駄作者である。『いいなはれ』、とぞもる。
灯台の数えでもある。灯台をとももる、よいこ_うろ、という。
うろ光という、灯台先明かしである。兼光という剣先光、
剣光である。灯台の光をそう言う。
【鬼機、チャンス】
 古い頃の東大御所(ひがしだいごしょ)の言いでもある。
秋篠亭のことである。秋篠はゆ御所とぞる。
『いいなはれ』を、『いいなはい』という言いである、
『いいなさい』意である。
『いいなはい、いいなはい』、駄作者の記である。
鬼機、鬼期、迫る言いとぞす。チャンスのことを、鬼機、
鬼期という。チャンス到来の言いである。有拝山おとず、
とそ。

 コンクレ陰東家という、秋篠家の別名である。草冠に
影と書く字とも。コンと読む漢字である。クレを呉と書く
字とも、草冠影呉という、コンゴとも。向後のことである。
日向(ヒムカ)の君という、コンクレということである。
そうかんえいご、という言葉である。陸運の言葉である。
コンクレッテ、コンテナ、・・、陸上運搬用語とぞ。

 草冠を書くした、官営という、とってつける、菅営と
いう、すげかんという、すげ編み笠のことでもある。
草冠影呉を菅営語という、運搬を菅営という。
秋篠鳥という、木に飛び上がる鶏である。丹波市、三輪、
石上周辺の棲息である。
【から墨】
 墨から墨まで知る人という、秋篠印という、官の裏判と
いう。役所等で裏判を使うことという、秋篠判という。
この記を、菅編印(すがあみいん)ということである。
芋で造った印ともいう、芋判のこととも。墨を、からす、
という。からす墨、から墨という。判子用の墨である。

 鶏山お書きという。いかす身の若い人である。
いかすみ造りの丹波市柳の柳春、長柳春という、張春の
ことである。場所でもある。丹波市みっとみ、という
言葉である。ミックスという、墨にいか墨を混ぜる筆の
先という、筆のおき所という。いかはねの字という、
はねのある辞しとぞ。秋篠字という、ぱはのはねという、
字である。若い人のサインという。左印はね、という。
鳥が飛んで左に回ると時とも。左印飛という、左院の
山という。信官という見方である。

天皇の書を宸翰(しんかん)という話とも。
【信官御所】
左印紙という、左上の印紙である。うくれく、という。
右印紙という、右上の印紙である、ゆみほみ、という。
信官御所の言葉である。

 たきひまらきにある、丹波石のこととも。効句城とそ。
『しらんでよ』『しらんぜよ』という、城の言いである。

アフガンにもあるコークという。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2067大原練習1967天の下2367 Italia Flash della fotocamera67幸義光(フラッシュ)67(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39178
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@-37上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/10柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-37
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月14日

卒業4163Italia Flash della fotocamera63幸義光(フラッシュ)63(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4163京都船旅3063
古譜2063大原練習1963天の下2363 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1960/07/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【今昔】 
 『学校へ行きます』と、御学問所のある学校へいった若
い人である。学校に住んでいる人でもある。京は、そこへ
行ってアイス語を教わるという。アイス語で行われた講義
である。御学問所御広義という。

 ミケランジェロ先生という、英人の先生、米人の先生も
おられる。英語での講義という。教科書は、大学生の読む
教科書である。時至り、若い人は大学へ行く、教科書は
昔、習った教科書である、御学問所のあった学校という。

 『どこかで見た本だ』と、思ったが、気が付くのは、時
過ぎた時である。『ああ、そうだ、御学問所での本である』
。フランス語とて、そうである。

 明治時代であったかな、と思うが、現代である。明治
時代の御学問所という、若い人という。学校が家である
頃という。馬もいた所である。よく思い返せば、飛行船に
乗っていった日もある。懐かしい時代である。

 ベルホヤンスクという、ベル山の見のお書きという。
講談師の先生という、義太夫の先生という、御学問所の
学校の講義である。

 夜は夜とて御所へ行き、講義拝聴の日々である。近代
雅楽という、京都会議の頃でもある。

 東をみれば、東山が煙を上げている、西山もたまには、
煙を上げ、始祖鳥が飛んで来る、そんな日々である。
縦葦藁葺きの家にいけば、ウインタテリウムという恐竜も
いる話である。水素炉もあり、100ボルト、200ボルト、と
いう発電と、電気設備である。壁一面の大きな液晶画面
である、景色が映し出され、芽を楽しませてくれる。

 手には、スマホ、タブレット、カバンの中には、下敷き
様の薄いコンピューターという、下敷きでもある。外から
見れば田舎の一軒家という、そういう家である。

 無線電信は御所に通じている、周りの家にも通じている、
インターネットの家という、アメリカにももちろん、連絡
できる。トツーのモールス信号という、これも駆使する人
である、テレックスもそうである。

 家の前には、縦置きのジェット機が並んでいる。大砲も
ズラリと並んでいる、ロボットが行き来する往来という。
若い人の昔である。

 若い人は、今、タブレットを持っている、若い人の昔の
タブレットである。若い人の過去はそういう過去である。
横の家には、機械馬が、ドンと立っている。幌馬車にも、
使うものである。いつも、ご飯を持っていく若い人である。

 明日は大原御幸という、行くことを幸という人である。
帰ればアメリカという、アメリカ御幸である。その日のお
書きである、ダラス御幸という。若い人は、ウィンドウ・
ショッピングをする昨今である、大昔に見た液晶テレビが
ある、懐かしの昔が帰ってきた話という。

 皆、今のことである。今に生きる若い人である。
見た目に、時代は進んでいるか、バックしているか。
明示時代へ行けば、液晶画面があり、江戸時代では、
城が動いていたという、明示維新といえば、よく考えれば、
中国の殷以前の、大前漢という次第王の王朝という、若い
人の昔である今である未来である。そういう時代が今である。
卑弥呼城に住んでいたという若い人である。

 戦車で西山越えて、あの丘超えてという、戦車行軍の歌と
いう、道無き道をいった人である。船を浮かべて京都の町
という、青森へは廻船問屋といって行った人である。

 壁はあるという、アフガンにもある、始皇帝の壁とい。
万理の長城である、その一部という。壁が好きな人である。

 デリッサ・メンデルという、メンテ・サーファーの 
壁の泳ぎ見という。壁が浮かんているという、若い人である。

 大阪浪花こいしや、菜の花の園の電車行である。ひら
ゆらなるふる、電車の御々幸という。藁ぶき屋根の家から
出る浪華幸電得という、埼玉三郷からジェット機で来た
京方のやよ(八代)の世という。

 阪急相方もろとろゆんみる、御幸電という。もちろん、
お召し電車という、『召しますきいき』という、浪華朗
達という。浪華朗のお書きという。
 
 紅葉そうきょう、よい作文、若い人の作文である。

墨から墨まで、ご存じ、無考証
年賀状、暑中見舞い、他、墨で書く時に、イカ墨を混ぜる
と、よいです。この奈良丹波市、三輪の墨には、こんな墨があ
る。目付の墨という。どんどん使えばよいです。
他、壁に、イカ墨を混ぜる。少し黒くなります。
城下町といいます。大原こうゆみ、ともいいます。
家を建てる時には、一室でもそうしておけば、
よいですヨ。立っている家には、御自分が、
模様のように、塗りたくりますか。
こういう壁は、家こぼちでも、大切に扱い、また、
使えばいいですヨ。
この頃に、癌というような病気がなかった
ように思いますが・・・・・
京都二条城にもあります、すみよまべ、といいます。
御所の、しのゆれ、といいます。ししせむ・やれぞく、とも。
民家では、おくすみの家、といいます。
関東の、ごけこく、とも。
東北の、むいすら。
北東道の、よきふき、と。
九州の、おいぜごわよき、島津よっこそ、といいます。
アメリカ、ダラスの、キックカレードック、
イギリスロンドンの、いかみかど、と。
ロシア・サラセン、みそほきず、
中国の、台中、みろふれ、きゆんてす、
中国内地の、ぼぼぜられる、
アフガン、ゆきぞきし、
アフリカ、コンゴ、てせばざ、アフリカ・モルト、
世界にたくさんあります。
オーストラリアでは、いかのえいご、といいます、
スキッド・ワードと、です。スキム・ライクとも。
ニュージーランドの、ろいせま_る_ず、もるとめ、
マダガスカルの、るるるめ、るりっと、ルコンスキ、と。
ブラジルの、よきさま、ヨキロット、
アルゼンチンの、ノルテ、と。アエーサ、とも。
世界にたくさんあります。

墨から墨まで、ずず〜っ黒、上様、お目付け、ずず墨黒、
お歯黒、麁服を、くみよき服、ともいいます、いかすみ黒の
黒麁服(くろあらたえ)と言います。いかすみやのお書き。
青山御所、おちそみすみふる、よよ黒のへとさまゆり、
いかなる部屋でございましょうか、若い人の黒住まい、
若床花ゆり、れろそ、るれす、ゆみゆみのいそみ、
はうれる、ろろす部屋でございます。
歌舞伎に出てくる一節です。
『いかに、いかに』
『いかなる、すみ』
『青山出の駄作者、戯作技芸の黒幕、紫幕、よよ巻いてゆかれ』
『はははははははは〜ぁ〜』
青山町お書き。
『明日は、大イカ墨黒白』
『白状いたせば、くろしろでございます。』
『なな、なんと、なんと、なんと字を書くのか』
『青山なんとか、青山状の目付、山に目がある、
 山目付、そちくろの子曰、こうして、目を回せば
 目は白黒、役者の目、赤黄あたま、頬は青花、
 ももや灯篭とぞ、ゆかれ』
『黒幕を、すみから、すみまで、いかれぇ』
『黒墨した、いかすみ上、かすみの千畳敷、
 いかすみ空の住まう、万理の長城、いか舞いあがり、
 下は、墨黒、イカスミ書きの雪渓、ずは高い所にある。』
『貴君が頭は高い頭とか、』
『はっははぁ〜、目がお高うございます。』
『目の付けようである。』
出世目の話という。略。いかす見、いかす身、イカスみ。
ゆかれ花の奥青山御殿とぞす。


ロンドン・マルチ儀といいます、イカ墨壁の地球儀です。
普通の壁とどうやって、見分けるか、ポセする花、この言葉で見分けます。
後ほど。

日常生活にイカ墨を使うことです。
そうきょうのよいイカスミ壁、柳そば、桃床、桜身の住まい、
と言います。

****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2063大原練習1963天の下2363 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39138
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@349上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@349
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月13日

卒業4165Italia Flash della fotocamera65幸義光(フラッシュ)65(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4165京都船旅3065
古譜2065大原練習1965天の下2365 Italia Flash della fotocamera65幸義光(フラッシュ)65(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/12、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
幸義光 楓に 銀杏並木通り過ぎ
紅室西の道は錦 朝光を受けて
実りの秋を楽しむ 麁服(あらたえ)袖
紅にしつらえ ふくゆきつつ 
秋篠ぬ稲穂


 狐の天気予報。〇r1960/07/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 江戸時代の廻船問屋
【歌意】
【秋篠原】 
 秋篠野という所で、稲穂根がある所、ふくゆきという、
之(ゆ)きがてる、ここの、糸の世の秋、という。糸せらきふり、
という、子(し)のという、秋子を逆にいう、こあきのあきし、
という、この『あきし』を、秋の子という、秋のことである。
行くという行為の行きを、これく、という、これを、いく、と
いう読みの歌である。

 ふくゆきという、秋のすとふきという、ふきやらのあいしぶ、
という。ふきのふく、という、着る服のことの、あき袖という、
これを、麁服(あらたえ)という。袖をあき袖という。
この言いの、あらた篠原という、これを、秋篠という、秋篠原の
ふくという、風吹きを掛けた、福行きという、さちこうという、
これを、みゆき(御幸)という。幸行。

 幸行きのぱっぱく、という。ぱんせらのせゆて、という。
宮の張る花のゆきふり、という。これが、秋篠の宮の謂れ
という。
【京都堀川】
 京都堀川の福行き秋篠原という。稲穂根という、稲穂のことを
いう。るびるびの言いという。いなゆな、とも。稲穂根の稲闇と
いう。稲を、なっぱべ、という、なみすみ、なれる、ともいう。
いだほね、ともいう。
((陸穂(おかぼ)の田とも。
水田ではなく、畑である、いだだ、いだほねだ、という。
畑の稲穂を、いねせみ、という。使い分ける場合、イナ。
水田の稲穂を、そもする、という。使い分ける場合、イネ。
どちらも、いね、いな、という。どちらの田でも、同じく育つ。))

 稲なれや、という、稲をめでることの場の、うちゆみという。
うるせる山、とぞほ。ぽっぺす山のお書きという。おりれる
せむるき、という。稲をきという、せむるきという。

 この言いの秋篠の言いという、べに花るら、という、野辺に
咲く花を、べっとみという、べりせる、べんそる、ともいう。

 この『べん』の由緒を、紅室にとる、由緒を紅という、
これが、ぽっぺの紅に掛かる、ぽっぺすという言いの元で
ある。びんせらもっくくの言いともいう。

 びつゆつ、という、後、びつをびす、びずという、行く
ことをいう。びずみつという、みつの場へ行くことの意、
とぞず。

 秋篠原ゆ、という、『秋篠原から』という古語の掛かり
という。『秋篠原ゆ、ねっせむ』という、秋篠原から日を
費やしたという、秋篠原の行くらく、という。行くらく
れって、という、れてゆたの言い、とぞず。秋篠の言い
という。

 古代語を掛けて、『秋篠原ゆ、れてる』という、秋篠原へ
行く意という。『秋篠原から離れた』という、『秋篠原へ
行く』行為の元という。この『れて』を、はなゆら、という。

 後、ゆられて、という。
『ゆられて、行きそめれ』という。花ゆら語でいいますという、
ゆられての意。『行きそめれ』という、『行きしゃすれ』という、
『お行きあれ』という意。

 のち に、『行きそんせ』という、『お行きざんす』の元の
言葉という、『行きしゃんす』とも。いかれら、という言葉
使いである。
【京都雅官めく、麁服】
 京都雅官めく(みやびかんめく)という、秋篠の宮の言いという。
麁服という、あたら言いのあらたよ、あらたふ、あらたう、
あらたえという、福行きという、この時の服装のことにとる
言いという、あらたえ、とぞず。

 秋篠の宮の服である。麁服袖の紅という、紅色の袖口という。
洋服で、袖に紅色の細い線巻きをつける袖とぞず、麁服袖という。

 マットム・レンスラーという、とみむふるという、この
『ごふ』が服である。レッテム・ランスレーという、服の
ことである、このカタカナ語を、かんすめ、という、かん
すめ語という、後、すめら語という、後、そうふるという、
そうせむともいう。そうるけの山という、この話である。
山という、話のことである。話を山という言いを、そんるる、
そんてす、という。そんてすのゆいそれ、という。ゆいゆいの
もんよす、という。【子代語】
 めるれる・るりおっそん、という。
この言いを、子代(しだい)語という、おっそんの言葉という。
【冠語】
 秋篠の宮の、かんせらという。かんすめのかんせ、という。
カンツァーともいう、冠語という、くいせらの、おるかん・
くっくう、という。かんする・るみそり、という。

 めるてる・らんずうの山のお言いという、冠語のことである。
【ハッセル・ブラード】
 『麁服、ゆみして』という、麁服をはおという、はおれらの
ゆんべる、という、はおっすともいう。はりせるともいう。
あっせるや〜るのお言葉という、はっせるら〜れという。
ハッセル・ブラッドーの語源という。

 ハッセル・ブラッドというカメラの造りである、
はっせるせるの言葉という。はっせら・するらる、という、
はゆすてのおいゆらのせべすて、という。せめせめのるるせる、
という。野を行き人のブラッドーという、フラ道という。
ぶらせるロックス、という。ろみそみのゆゆせら、という。

 ここを少し取り入れた冠語である。
ハッセル・ブラード(ー)という、奈良朝れ(ならあされ)という
言葉の調子である。
ハッセル・ブラッドという大和朝れ(やまとあされ)という
言葉の調子である。
【ジーキル博士とハイド氏】
 ジッキス・センフックウの山という、ジーキル博士と
ハイド氏の影ひなた、という。同一人の日当たりと影の
ことの花の身の物語という、英国の物語である。
ハッセル・ブラッドと、ハッセル・ブラードのことである
物語という、若い人の御学問所の先生方である、ジーキル
博士とハイド氏である、原著の御講義という、英語の講義で
ある。【水爆御所・水幕御所】
 ユーフラ・セーラのユユテスの御講義という。後、英語の
冠語の講義とも。御学問所の話という。秋篠という若い人の
話である。秋篠原ゆれっつの、はのやる、おもの、とそず。
秋篠の宮の御所のお書きという。のち、水爆御所という、
水爆の置かれた御所である。水幕ともいう。水垂らしの幕
であることとも。【秋篠機】
 秋篠機という、一人乗りの水上艦幕である。イージス
発射のジェット機である。鶴が立ったような気である、蚊の
ような機とも、二本足である。500スクルという性能である。
 麁服服を着て乗る若い人という。よいよいのおゆすり、と
いう、えふてふのおいてる、とそず。これを、秋篠の宮の
由緒という。秋篠宮お書き。若い人の記である。

 ロンドン花やみて、そふらう、そそす、ゆいほる、ろっくす
お書きという。

 水幕の張り垂れという、はりせらのお幕とぞず_う_る・
お書き、とぞず。
【とぞず、とそず】
 『とぞず、とそず』は。『〜である』という意。
【アフリカ・ルクソール】 
 秋れらるっくのお書きという、この書きで、とぞず書きと
いう、古く東大の言葉である、東京大学である。
丘われの言葉ともいう。えんたまのおいっそる言いという。
ルックス・ルールの山という。れれてるるるそ、そすゆ、
れんてる、るるふ、るるそる、ルクソーという、ルクソール
神殿のルクソールである、ルクソーの宮という。アフリカ、
ルクソールである。ここのテンフラーという、えじつ言いの
テフという、古くテーベともいう。秋篠宮という日本の呼び
である。アメンホテプという、しんばらのしんそう、という。
神殿の造りである。しんとみの宮ともいう。きょうらかの
お宮、ともそぞ。この『〜そぞ』が、しんとみという宮の
言いである。
以上、歌意によせて。とめはば、るるす、ろりする、
るてそ、そぞ。〆。
********
********
<<【奈良丹波市(たんばいち)、三輪周り】>>
【東巴殿】  
 木斛(もっこく)の東巴殿(とうはでん)、爪下の透谷という。
これを、もいもいという。てふせるさまむま、という。
むいるいのや、という。れぶるよいふり、とそず。

 爪下(そうか)のつめのや、という。唐の下という。
唐下世という。よいよいの山という。これを、てとう、
という。てとうのふきやみ、とそず。楢身輪(ならみわ)
丹という、奈良の三輪の丹下(たんか、たんげ)という。
【簗木市】
 これが、奈良の楢と表記する楢の世という、梁張(やな
はり)という簗木山(やなぎやま)という、ここを、張(はり)
という、後、針とも。
【偲の楢】
 奈良張闇という、ぼくそという木斛の木のことをいう。
三輪木斛という、みりしのゆいふり、という。奈良を偲
(しのび)という、忍とも。忍偲山(にんしやま)という。
【木斛】
 丹波城下という、藤堂の歌という。忍偲のやのお書き
という。これを、にっぽという、二保という、、三保みくの
前という。美穂みくの、みきくきという。くきを茎という。
木斛ともいう話という。木に生える地面の茎という、これを、
もっこという、もっこくともいう。幹の木斛という、
けんすめら、という、幹よりの山という。けんつめ山のお
書きという。

 この家の東という、東爪殿(とうかでん)という。東方
のや、という。ここを、とみすみのうれく、という。この
やの浜という。浜ゆまのおいそい、とそず。ゆゆめる、
ろんかわ、という。ろんけかっくく、という。ろんせる
めい浜、とそず。ここの灯台という、これを、あずまむ、と
いう。読みのやのおそゆそ、という。奈良三輪の読みで
ある。

 芯当の山という、東山の、ひがしやまのひがしゆる、
という。ここを、ゆる山という。丹波市分け(たんばいちわけ
)の東である。ここを、しんとむ、という。しんとみ、とも。

 うち山浜里という。ここを、改め世という。改世という。
うち山浜里の言葉という。改めの山のお書きという。
せせまの山のお絵という。るるするれんて、とず。
【尼里】
 尼里ともいう、ここの尼路である。尼露の尼露(あまつゆ)という。
これを、受ける、簗木張台という、露受台という。
この意味の、関受世の台という。石積の台という。
十二段の台という。これを、尼受山張(あまうけやまはり)
という。後、とけづけ、という。尼という、天のことを
いう。この書を、筒が山書という。所とも。
【鴟尾(しび)、紫尾、沓形、ごろんぼ】
 このいかまいる、という。『このい』の、ゆりゆみ、という。
これを、子あさ、という。子朝という、しびやり、という。
しびの出の場という、これを、とのば、という。殿場。
しびを、屋根の飾りという。紫尾という屋のお書きという。
あいしびやみふる、じしびのふりやみ、という。これが、
梁張の意味である。後、簗木ごろ、という。家屋のごろ
んぼという意、とそず。東大闇浜る(とうだいやみはまる)、
という。東大闇のお書きという。
【藤京】
 この東大という、とうきょうの東大という。とうきょうを
藤京と書く場のこととそず。これが、藤堂の東大という。
藤堂藩お書きという。
【東大書是着(とうだいしょぜぎ)】
 丘われ着を、東大書是着という、東京の東大をもじった
言い、とぞず。なんみそうはく、という。南を難という、
藤堂のお書きという。難み双博という。難み双博の、
ならびひろ、という。これを、双大という。そうだい、
ならびひろ。

 東京と並ぶ、双大という、東大を、そうまみ、という。
この言いを、丘藤という、丘の藤の、東藤という。
東藤という表記とも。ならふり山のお書きという。
【矢背玉】
 ひょう山様のひょうきめ、とそず。すすゆす・れせる・
そすす、むみゆりの、やおせ、という。矢お背玉という。
矢背玉(やしろたま)のお書きという。これを、たまはめ、
という言葉、とそず。
【松の翠】
 闇山のおいく、という、松のおいき、という。この松の
いきを、翠という、翠(かわせみ)が来る松の緑という。
このえしょう、という、この絵松である。かいしょうと
いう、絵松という、絵に描かれた松を、絵松という。
これを、かいしょうという、かいしょうじょうという。
丹波東藤藩の城の名である。絵松城という、双状という。
双ぶ城という、これを、双白という。

 双黒の言いの東巴殿という、爪下殿という。四城縄締め
城といいう。丹波市の城である。山らまのお書きという。
これを、すすめす、という。すすゆみの城という。

 つめせる山ふり、という。山郡(やまごおり)の四野辺(
しのべ)という。よいむこの、お書きという。4165という、
4165の城番という。
【四城縄締め城】 
 四城縄締め城の白番付という、城番の城、ともとそず。
日本全国の城番という。にじょうじょう番ともいう。
これを、双白番という。ならふり、という。ふり番の出の
城である。
【4165】
 sotu4165という、駄作者のお書きという。ダマスー番
ともいう。駄作者のヨイムコ 4165という、駄作者脳の
なせる技である。カッカッカッカッと、しかつの言いと
いう。よんかつ、とも。四の爪の下という、四爪下の
しかっかという、師閣下の四爪城という。丹波市の城で
ある。双白の端麗という、双黒の丹墨という。二墨の
山のお書きという。

 4165 ヨイムコの駄作者である、ヨイムコウと伸ばす
よい成す口という。これを、為せばよい、という、
両為黒城という、松の翠という、松の粋という。
両良のお書きという。
 ヨイムコ、ヨイムコウ、どちらもヨイことという。

 『あいやぁ、まつれ〜』
 『あいや、またれ』という、まつの礼儀という。
 四城縄締め城の言い状という、
 あいや、まつれ山お書きという。
 
 この文を祭る駄作者という、しろの飾りという、
文とも、博文の、明示世という。白い文という、白文の
作文という。駄作者の言い状である、よい状という駄作
者の山のしろ、という。山拝み城拝みの若い人という。
駄作者の造りである。黒もあり、白もある、正解の白幕
という若い人である。精解ともいう、せいかいに詳しい
人である。

 駄作頭のことという、駄作番付である。書いていけば、
こうなったという、駄作番付したから、ヨイムコウで
ある。
【向宵町】
 下から、宵向こう、下町という、向こう宵という下町で
ある、向宵町(むこうよいまち、こうしょうちょう)という。
駄作者の無考証である。我が故郷である話という、墨か
ら墨まで知っているという、無考証の駄作者である。

 大目付は誰何(すいか)、駄作者の無考証である、向宵町
留め置き人、駄作者の文中の人である。向宵留め置かれ
よいよい町である人である。

下から4165番駄作である、駄作者番付上からでも下からでも
4165である。秋篠寺大和の番振りでもある。

この『下、した』を、つくるした、という。つくりの字の
意という。
『怒る墨』という、そんなことに墨を使うて、いかの
おいかり、とそず。錨の山ともいう、東藤山古(ひがしふじ
やまふる)という、布留川の川流れの錨をとめた場、
ともぞる。船奉行という人である。

sotu4165、若い人のことである。

そうきょうヨイ向こう日である。柳市京をとめ。 

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2065大原練習1965天の下2365 Italia Flash della fotocamera65幸義光(フラッシュ)65(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39158
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@241上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/07柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@241
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月12日

卒業4161Italia Flash della fotocamera61幸義光(フラッシュ)61(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4161京都船旅3061
古譜2061大原練習1961天の下2361 Italia Flash della fotocamera61幸義光(フラッシュ)61(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
【歌詞】創郷 
蒸気潜水艦が家の前にある 堂々
座る玄関の前 戸開けて 頼もし
気持ち楽しくなる海の音が聞こえ
ザザッ音 遠い海の景色に浮く
ブイの中 沈み行く 海中を
探る船 鋼鉄の造り船

 狐の天気予報。〇r1960/07/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2016/7/11 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【スカイ・パーセル】
ワン・チャクスという、カネデル・フロートという。
カナディアン・フックスという、ふうれるははの山という。
はは由良沖の御空という、ここを、ミックスという、ミキ
サーという、空路の着発進である。『発着す』の着の字の
目を書かない字という。ソ(ハ、とも)と王とノという字で
ある。これがある直線の町である。これを、ソツという、
ソツの発進という。直線路の空路の発進とぞず。ダラス
天皇航路ともいう。スカイ・パーセルという、航空用語
である、ロル・オンという、エンジン始動をいう。
この直線のダラス網の言葉である。

 オクラホマ・ミキサーというフォーク・ダンスのおき
でもある、これを、ダラスGHQという。げんすいろく、
という。ダラス連列のお町という、スカイ・クロスの
ララミー鈎という。ララミーの山という。

 GHQ発布という、オクラホマ・ミキサーである。ダグ
セル・ロックという。ロック山お書きという。エンペラ
論という円平の論という。丸い翼という、頭に丸い羽根を
つけたエンペラ機という。天皇途上機という、ダマスーの
言葉を使う、日本冠話を使う直線の空港という、古い日で
ある。

【ダラス冠話】
ノース・ミー、という言葉である、北上する意味である。
サウス・ノーという、南下する
フジを、マという
サイコを、クルーという、
東上を、マルーという、
西下を、クルーソーという。
これを、ダグラス冠話という、航空の冠語である。
ダマスー冠話と英語の混じりである。
土佐の高知の言葉である。ノーミーという南北の言いであ
る。土佐高知のオッペという、おるれるという、おりそんの
お言葉という。古いダラスという、ダラス国である。

 土佐に英語が通じる話という。土佐の英語である、古い
土佐をいう。これを、トンブという、英語と日本語を使う
所の意、とぞ_る_るす。後、スパニーが使われる所とぞす。

 古い世界という、アイス語が通じていたことという、
アイスランド語である。英語、フランス語、ドイツ、
イタリー語ともいう。どの言葉も全部通じていた古い世界
である。漢字、諺文、キリール、梵字・・・・アラビア
文字とも。

 民族の独立という、一面、言葉を制限する面が出る。
どんな言葉も通じる世界がよいという若い人である。
また、それになりつつある極近時の世界という、町の道路
案内もその一つである。

 南米に漢字があるという、アフリカに漢字があるという、
日本にキリールがあるという、ドイツに梵字があるという、
我が国民は、簡単な二か国語がしゃべれるという。中国の
簡体字、繁体字が使われていた日本である。

【黒御所】
 この御所を、クロイツェーという、黒御所という、
黒ごのお書きという。トイツ、イタリア、多軸トルコ
という、枢軸のはこ、という。言葉の広がりを線、という、
直線国のアメリカのダラス国という、ここの議会の
コンフォートという、コンフォースのお議会という。
これを、オン・カンファレンスという、最高の意味のオン
という、アメリカの最高である。ダグレル・ルースーと
いう、アメリカのやのお書きという。

 キリール・ハットン・れいくう、ともいう。ダラスの
冠語という、キリール文字で書かれた冠語ともいう。
ダラレルというお書きである。
 ダラス国をロンという。テキヤ国という、テキサコと
いう。

【スーフォールズ】
 スーフォールズという、ここから右へ曲がった金月、
 天井丸い羽根の機という、ゴールド金、曲げの
飛行、レッテルのゆませる、という。直角曲げである。
スーフォールズ、ワシントン、デトロイト、ロチェスター
、空港並びである、左鈎という、呼びである。
レフト・ターンの言いという。ランセル日々の言いとぞず。
後、右鈎という。

 オマハから西へ行く、リジャイナ経由のボイジーという。
ロックス・リンゼーという呼びの空路である。右翼半月機
の旅である。おじゃいな天空天、リジャイナの古い名という。
おじゃいな天空天である。ここを、天中という、天皇天中
という、天せるるみすみ、という。空中天皇という。
天候測の経路でもある。主に、三つ葉を翼につけるダラス
国の天候機である。ダラス環頭という、ダラスのみの絵と
いう、ダラス・リンゼーの航空路論である。
ダラス天皇ともいう。地一交一という、一路の山のお書き
、とぞず。

【播磨航路】
 土佐の高知の天空路という、播磨航路という、ジェット機
航路である。これを、ドッコ所、ドッコ書という。ドッコの
ドノという、ドノバンという言葉の語源ともいう。ドノバン
行きという、土佐高知のはりまや橋である。

 坂本の叔父の落ち経路という、ここからアメリカへ行った
話という。坂本の御叔父はそういう叔父である。
『ドノバン』という黄勢闇丸という、飛行のはこ、という。
デッキのゆやられる話という、デッ閣という、海援隊の叔父
である。空路を海路にする話という。ドノバン航路という。
海援の救助という、保安船の航路、とぞる_ず。
『とぞずる』が、保安庁の言いである。
後略。

【明地光秀を祭る】
 明智光秀を祭る御所という、そうきょうのよい話という、
明智みょうという、後、おぜんだいみょうという、おぜん
という、明け山の名であるとも。おぜんみょうという。
禅定という語源であることとも。

 明地小五郎という、少年のよい行為のことをいう、名
前で表す、よいことを探る貞とぞる。探偵という、辞書を
引く行為でもある。探偵書と、辞書をいう場合とも。

【潜水艦の底】
 言葉の探偵である、これが、自然体(しぜんてい)の底と
いう、後、対数の底になる。ログ底のログ元という、探る
という行為という、ログ探偵という、これを、偵底という、
潜水艦の底のことである。

【探偵】
 潜水艦の行為を探偵という、探海の山という話である。
そうきょう探偵のよいさみ、という、近藤光秀という名の
元という。近藤勇のよいさみである。様のことをいう。
よい様近藤勇という、
『よい様、アラレが』という、
 『おりて来たか』
『よい、おりすま』
 『おりるせせぞ』
『あられぇー』という。

 『月様、雨が・・』の武市 瑞山の全平太という、
ぜっくくのやの絵という。どちらも土佐の話という。
そうきょうの土佐のどしょん、という。どしょうの道習い
という、大阪の道修町の読み方の出という。どしょうまち、
どしょ町という、浪華どんぜく、という。浪華どんたくの
山という。

【通天閣】
 『月っしょ、しゃしゅしょ』という、しゃしゃの、おな
いお習い、という。これが、浪華の、ろうか、という読みを
取る、読みをする浪華風録という言葉である。ろうか語と
いう呼びの、大阪門所(もんじょ)という、ここを、尊所
(そんじょ)という。浪華風録尊所という、後、浪華風閣と
いう。通天閣のことをいう。ここを、通路ごゆごぜ、と
いう、古く、秀吉を秀、秀世という、場所という。

【通天橋】
 京都の東福寺通天橋の浜の言いとも。他の通天橋とも。
通天橋という、痛点という、ここを、治す点という、
治すツボという、痛い所を治すことをいう。これを、
通る_る_と、という。つうるると。針治療の点ともいう。
坂本の針治療ともいう、龍馬という医者である。
この医者を、暗見妙医師という、石をなでて病を治すと
いう、神社の石のことという、医師という。これを、
インターファールレーという、いんせまのお言いという。
病気を治すことをいう。いみ様のお書きという。

【武市瑞山】
これが、武市 瑞山の医者である。土佐の名医伝という。

 若い人維新痛快伝である。医者の快伝免許を持つ人で
ある。維新妙医師という、若い人の意志である。
石から生まれた人である。これを会教という、古い
土佐の快教である。

 土佐快教という、土佐海越えた、海峡越えの貝と
いう。大きな貝を土佐貝という、この二つのかいの教えを
貝の教えという、会教、快教を貝教という、二枚貝の帆立
貝という、武市 瑞山の口という。

 口開きに、『かいきょう、花は添うをよかという』と、
いうて話をする開口会話という、武市 瑞山の講談という。
これを受けた付きという、付き人の受けを、月受けという。
『そうきょう、れれをとめれれ』と、受けて会話をする、
れれ受けという。講談に見る土佐の口さわりという、
さわりの場という。初めをさわりという。口沢の山という。
土佐歌舞伎ともいう。

 講談の世の受けすめ、という。これを、すめ、という、
かべ、ともいう。口川山という、口火をきるという、初め
のことをいう。だしよめ、ともいう。れれよめ、ともいう。
れれせるのゆんはう、という。この『はう』が、英語のハウ
ともいう。

 古くの、だすべえ、という、初めのことをいう。だすべえ
だ、という、ダーク・グレーのことという。暗黒色のかいぜ、
という。会話をかいぜという。かいざる山という。
 
 これを、壬生よら、という、壬生の新選組ともいう。坂本を
入れるしんと、という、新選組の初めという、鴨のすめら、と
いう、すめらみのすめそ、という、新選あらたの改めという。
新選組の大改という、大会の語源である。新選組が始めた話
という。近藤勇の代表という、鴨野清乃という人もいる。

【明示維新】
明示維新という、古代大和朝廷の官という、明示維新というのが、
大和朝廷の頃である。この古代を子(シ)という、しだい(子代)学
という、古代学の古い言いという。

【次第王朝】
 どちらを書くのも、意志次第という、次第王朝という、大
前漢の王朝という。次第王という大前漢の王である。殷の前の
漢である。

 この漢の考証という、石を調べるはこの話という。調べる
時に、石に問うという。石を見るのに、石の意思を聞くこと
をいう、これを、石通しという、この時に水が出る石という、
これを、インターストンという、この水を、インターファ
ルメルという、インターフェという、インターフェロンの
材という。この自らできたインターフェロンがある。

【石の蓄電器】
 これで、後、この石に、電気を蓄える蓄電器という石に
なることの、石の通しというこれが、後、ダイオードと
いうものにもなる。

 石の記とぞそ、これを史という、大前漢の石である。
石を電気ということの言いの賦とそ。電気を石という、
古い頃である。

 『石様、水が』という、
  『調べてみしょう』という。
 『睨んで御覧にいれましょう』という歌舞伎の役者の
 風邪直しという、風邪をひかない言いという。
 
 石に電気を蓄える、医師通電という、電気治療という。
今の話である。今様の若い人という。

 ダマスーの石という、ストンという、ダマス語である。
奈良三輪の近辺である。石をストンという所である。

 すっぴんという言いもある、奈良のすっぴん、石である。
べつ石という、べつすという、きれいな石をいう。

【岩走る】
 石から生まれた人の書くことである。石像原石を、すわ
石、すわ岩という。石語である。石二つ合わせてカチカチ
すれば音がでる、この音を、いわばしる、という。

 岩走る水という掛け話になる、石人という石から生まれた
若い人である。水も滴るよい人と呼ばれている人である。
水の滴る岩である。石から生まれた石の宮(いそのみや)と
いう、石造りの御殿である。大和時代という石笛の話で
もある。石から生まれた人は幸福な人という。

 ラッキーストーンである。誕生石のことである。
石山のお書きという、若い人の現時物語である。
『今様、柿が』
 『なる話である』、あき子の秋という、あきしのの
秋という、あきしのの宮という、あき御所のことである。
秋石物語という石様である。

【おいわさん】
 国造りには水がともなう話という、石が流れるという。
大きな石が流れる水の出という。これを、ごろ石という。
石見山という、岩見頃という今岩様のお書きという、
大きい石を岩という、大岩石という、お岩さんの祈願(奇岩)
という。お化けのお岩さん、幽霊の病直しという話である。
 お岩さんの恨みという、病気が治る話である。
 
 そうきょうよいことを言い、健康安全に生きる。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2061大原練習1961天の下2361 Italia Flash della fotocamera61幸義光(フラッシュ)61(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39118
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@207上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@207
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽