2019年10月20日

卒業4179Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4179京都船旅3079
古譜2079大原練習1979天の下2379 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/20、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
青い砂嘴細長くのびている青浜
もと波浜歩きゆき 青はどこまでもつづく
花は青い花 木は青くに染めてる 青い町
青色に砂表 もとみことのゆ ぬまり
さおさせのぞく くぬまぬうゆふみ
ふみ海浦 鈴土浜

 狐の天気予報。〇r1960/07/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【歌意】
津々で、続く意、休符の歌詞。
ボフルキ、アフリカ語で、棒という意の砂嘴である。
鈴土浜、ボユの町、本の町のこと。アフリカ語。
そこの浜野の歌。
もと波湖、後、本帝湖。ボフン、ボフンムという。
跡、白くなった浜という、フー津という、フムモムという。
みとという家、若い人の家。
アフリカ語で、ポ、家の意。本の町の言葉、土鈴海岸の町、
奴隷海岸とも。若い人のことを奴隷、土鈴という、ポーホ
という。アフリカの本の町の冠語である、ポー冠、
ポーホ冠とも。
【奴隷】
 奴隷とは、属するという意。スレーブ、スレードという、
コンピューター用語にもある言葉である。
鈴土浜という、土鈴を作る浜である。この土鈴のことを、
奴隷ともいう。この土鈴が繋がる意の奴隷という、家の
壁、柱等、人の古詩、手、など、鈴をつける場所である

 このつけられた鈴を奴隷という、奴隷鈴のことである。
奴隷海岸という場所である。土鈴海岸、蒼地浜、鈴鳴き
山里(やまり、やまさと)、本の町のポの意味である。
もとす町、もとい町とも。鈴作り用の鋳型がある町である。
青鈴、白鈴、黒鈴・・・・である。土鈴の町という。
アフリカの町である。

 スレーブにするという、持ち物、服につけることである。
その意の奴隷である、今は使われないことである。
使えばよい話である。

 若い人は自分を奴隷という、土下座をする人である。
鈴をめでる人でもある。土をめでる人である。
 冠語を、隷語という、字体にも隷書という。鈴から出た
隷書という、丸い形の字である。鈴隷の書という、これを、
つちみやら、という、隷篆の字体のこと、とぞう、
(とぞえとも)。隷属など、たくさんあります。
【とぞえ御所、つちみやら】
 とぞえ御所の、つちみやら、である、後、土御門とぞ。
土身と書けば、土下座の意も添う、土見で、粘土細工の類
である。土御門は、土でできた門の意とも、どこにでも
ある土造りである。土み手のおいほり、という、おいぼれの
語源とも。とぞらるれっそのお書きとぞう。

<<【東大30日寝食】>>
 東大へ30日間いた若い人という。丘われ着で、広義を聞
いた人と言う。
<<【一夜のはれか】>>
 初講、*****という東大の学曽(がくそう)という。
東大の家の横の校舎という、ここの講義とぞう。
『一夜のはれか』という講義である。後、かせという、
学問という、かせのお学という、東大学問所という。
御学問の講録という。この文である。

 学問のたおれ、という話である。この『たおれ』という、
たお山のたおれである。ここを、玄落という、後とぞふ、
東大りきさやき、という。りものゆいせら、という。
<<【おんの話】>>
 この頃の東大という。木造の学舎という。 二階の講義
室である。そこで聞いた、おんの今のことを、聞いたこと
という。お学山のお書きという。

 おんという話である。これを教わった日という。日山の
矢間つづ、という題の話という。塔のことの造りという。
この塔の話とぞる。
<<【南アフリカ、ローデシア】>>
 南アフリカの二つの塔とぞる。一つの塔の本岬という、
南アフリカローデシアの塔とぞずる。もう一つの塔という、
けっつ塔という、この塔の中の位置の話とぞる。

 二つの塔が、並んでいた場所という。今の、ローデス
という、ロードスの言いとも、ここのローデシアという、
ケープタウンの町という、ここの塔のことという。

 喜望峰という、そこの塔である。この塔と本岬という、
これが並んでいた、本岬の塔の高さという、100メーターの
高さのはこみむ、という。ここの塔の名を、けといき、という。
けといき塔という。け塔、ともいう。

 この二つの塔が並び、中に川の小さい川があったとぞる。
この話という、後、アフリカが離れて行く、南の場のこと
とぞふ_る_る。
<<【本帝湖】>>
 後の、二講を、明日にすることの意図という。明日は、
本帝湖という。この日の午後である。次の講義を、明日の
日の講義という、次を明日という、東大の講義の呼び
である。
<<【奴隷海岸、本の町】>>
 本帝湖の講義という。これを、かまふき、という、講義
の呼びである。
 奴隷海岸という場所の西にある本という町のこととぞる。
この町のラ氏が、本帝湖である日の講義の内容という。
この講義を、本帝湖よんせく、という。
 水の色が、青色である。手にすくえば、青い水である。
これが、本帝湖の半島という。ほんの町から、砂嘴の造り
の、半島状という、これが出ていた湖の時の話とぞの。

 この湖が、はかい(波海)という、アフリカと、後の
南アメリカの中にあった状島という。状島が砂嘴である。
<<【青い砂嘴】>>
 この砂嘴の色という、青い砂嘴であることという。
青い浜という、青れく闇墨という。この青という、これを、
ゆきやき、という。青い雪が降った話という。今の、
奴隷海岸という。奴隷の糸文という、の文とぞる_つ。

 これの講義で二講目である。この講義の初日という、
6月の頃とぞず。春の夜半のこうしく頃という。
春の夜半の講義という、日中の講義である。40分の講義時間
である。

 東大の初の講義である。若い人が受けた講義という。
これが、一番初めの講義である。東大初の講義である。
名を東大初日という、丘われ着姿の若い人である。
<<【青山御学】>>
 この日より前の日が、青山お学という、青山御学の
おこめく、という、お話という。これが、世にいう、
半島の学である。
 
 半島の日を、ごという。ごの日のおこけく、という。
ごやおみ、ともいう。ごよせよのふれるれ、という。
東大の前の話である。青かのきむふみ、という。この文で
ある。
<<【青山藩校】>>
 若い人の墓がある青山御学問所である。そこを、
あずる青という、後とぞる、青山藩校という、少しの間の
呼びである。すぐに、東大という呼びになる場である。

 東大の学山浜という、後、東京東大という、後、塔大
学門所、後、東京大学という。東京大学を東大という、
この東大を、あずまひろ、という。すぐ、とうだいと
呼ぶ日のことという。

 これが、東大初日、その前の藩校学という、その前の
お家の学という、東大の前の家である。ここの書きとも
ぞるすする、はぬゆる、お書きという。はぬゆる学びと
いう。これのまなのふくゆき、という。

 東大の曽るき(そうるき)という。曽るきの学び針と
いう。はもえめ山のお書きという。東大を興す若い人の
話である。夏よらの春という、時のことである。
とぞずらんのくいそみ、という。若い人の学びという。

 アフリカが分かれた話が、次である、明日である、
東大の言いである。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2079大原練習1979天の下2379 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39298
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@495上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@495
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月19日

卒業4173Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4173京都船旅3073
古譜2073大原練習1973天の下2373 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/19、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
私に光あてては写す日の
微笑み見せて 小手立てては
用意! にこりと 木の影長い
赤染の楓小枝 今見る古写真に
懐かしい思い出 君の面影やさしさと

 狐の天気予報。〇r1960/07/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【Before USA, USA以前、ダラス国】
 
 『ダラス国 ありて原爆 落としたる
  リンカンしもの ゆきにたうとう』
  
 ダラスという大きな国という、地域という、直線空港国
ともいう、アラモからウィニペグ辺りまで。
 アメリカを三つにわった真ん中の国である。この英語が
ある。
 Light ライトという、 国を意味する。
 Roll  ロールという、 仮面を意味する。
 
White roll ホワイト・ロールという、白仮面のくみさば、
とぞる。これを、light mode ライト・モードという。

Rollを、『巻いて行く』意味に使い、ダラスの冠語を使う。
ローション・ロックという。これが、仮面のダラス国会と
いう。ダラスの国らむ、という、ダーレル・レーランという。
ダレス・ロックという、この『ダレス』が、雨にかかる、
アメリカを、『雨の国』という、古く、Rain Light レ
イン・ライトという、ダレールという、ダレスの意
という。『雨だれの世』という、ダラスの国である。
アメリカの、雨国の雨の意味である。ウーという、
フランス語のウーにかかることの意ともとぞる。ウーを
目という意とぞる。目の国という、これを、目雨の国と
いう、Rain Eye Light レイン・アイ・ライトという。
 この頃のアメリカという、スーフムのめゆれる、という。
【雨国】
 レインとアメリカをいう、うっ国という、うこくという。
雨国。この『う』が、フランス語のウになるひに、雨除けの
玉という、眼鏡をいう。この眼鏡の造りの話という。
全部、柳で作ってある眼鏡とぞふ。レンズを玉という、この
玉の造りという、光る玉という、柳の葉で作られている。
【柳の眼鏡】 
 柳葉玉という、柳の葉で作られた玉の眼鏡、とぞゆ。
やなぎをとるレンズという。目を、うがしま、という、麻生の
島の言いとぞる。これを、薫る言いという。後、香る言いとぞ
る。

 麻生の島という、麻生ごゆれの、麻の御所という、後とぞふ、
麻生御所という。この麻生御所の絵という、これが、江である
ひぃという。この『ひぃ』を、時という。日とも、分とも。
 行った日、行った分、行った時という。日時分の、時という、
意味である。
行った分という、行った時である。
行った日という、行った時である。
行った時という、行った時である。 皆、行った時という
意味であり、代表を、行った時という。時日分の時、と
いう。これが、麻生御所の出しである、麻生御所発である。
これの言いを、麻生大朗是(あそうたろうぜ)という、
大朗(だいろう、たろう)の言いという。大朗是。

 この言いが、『時を越えて』という言い、ともぜる。
一般に使う、行った時、という言い方である。行った日でも
あり、行った時分である。頃ともいう。時を越えた言いと
いう。太郎冠者が、これである。言いの話である。太郎
冠者の言いという。麻生冠者とも。麻生出のことをいう。

 これが、時を越えた、時代の改浜という、時代革命と
いう、健康安全を入れた、時代革命のことという。
時代革命宣告という、線国という、線を元にした国とす。

 この意味でせんごくという、宣言をいう、時代革命宣告
の、居間のことという。時代をいまという。これが、馨を
香にした時とぞふ。

 ライト・ローという、ライト・ロールのダラスの冠語の
タイムという、タイム・ロール・オールという、ライト・
ロールが掛かる言葉とぞふ。
【香光国】
 香光という、香光国という、チンタオという青島の
こみゆり、という、これを『巻いて行く』ロールの台原(
たいはら、だいげん)という。チンタオの巻きえき、という。
行きをえきという言葉とぞる。
【清国光緒帝母】
 チンタオという、青島の、さんずいという、清国のことを
巻きえき、という。中国の清(シン)のことをいう。光緒帝
という。

 これが、言葉の掛けである。
香港という、ホンというこうという言い方という、読みで
ある。Koh コーという、コーロワという読みという、香港。
ロワが帝である、ロワイの庭という。

 清(シン)にフランスが掛かり、古い北京という、北祥と
いう、北祥邦という、北京の周辺のことという。ここの、
コーを、ダブゼという、ダフネという、ダレセともいう。
コーが国である。
【美国】
 これが、雨国という、ウークーという、うこくという、
あまくにという。アメラッゼという、国をいう。
アメリカが掛かり、アメリカを、みっかく、という、時代
という。時代の美という、後、美国(ミークー)という、
中国語のアメリカである。

 これが、時代を掛けた雨という、言葉のことをいう。
雨の日の眼鏡という、ロール・アイという、ダラス冠話で
ある。

 このダラス冠話が、冠をロールということに、日をとる
という意がある、太陽のことである。この日をとることを、
アンビラーという、これが雨平という表しをする、ダラス
国の雨平という表記という、この漢字(雨平)が、このまま
アメリカにある、アメリカの地という、レイン・レベルと
いう。ロール・オンの発進の、雨日発進という、古く、
突風雨日の発進とぞる。

 フォートワース・レイン網という、エドワード空軍基地の
巻きという、同じ地域という、東にアトランタを巻きいれる
ダラス国という。直線の、逆T字になる。

 北のボイジー、スーフォールズ、ボストンという、直線を
入れて、ダフネルという、ダラス冠話である、ダブルの語源
である。キの字をまっすぐ書く表記という、ダフネル・スト
ラットンという、ダブル・ストレートのスーフォーという、
スーフォールズ航空である。後、リンカーン・ロックという
航路である。
【清手国、ダラス国】
 このダラスの雨という、これが、光をとるアンビラーの
雨傘という、雨傘を冠という、ヘッド・レイン・コックという
頭雨国と表すダラス冠という、雨傘を冠という、雨傘ダラスと
いう、これを、清光取という清雨手という、ダラスの清い頭手
という。清手国というダラスである。ダブル・ダラスの国という。

 これが、清酒を掛けたよい香りである。
 
 これで、香港という場所に、
清国(中国)、光緒帝
ダラス(雨国、アメリカ)
日本、時代
韓国、光宗、光徳 が、掛かる駄作者のお解という。
旭日旗という時代の旗である。
【雨傘革命、時代革命】
 これらが掛かる、雨傘革命、時代革命という。眼鏡をかけた
光緒という、光の矢、光線を遮る役目の眼鏡という、傘を持つ、
アンブレラの光緒という像という。若い人の御母上の像である、
尊く拝む人である。三日呼という像である。

 黒い旗が、日を白くという、黒光の讃日旗である。時代革命
という日本語でもある。

 ライト、ロールという、ダラス英語、ダラス冠話がある
香港ロールという。ロール・オールのことという。皆巻いて
行く光録の山のことである。

 イギリスのことをウェンという、黒いウィンチェスターという、
ブラック網という。黒いイギリスという、スチュアートという、
あっか山の黒包装という、黒い包装紙を使う、良国包装という。
これを、いん、という。陰。陰のめでという。ブラックのめでで
ある。黒い旗ともいう。

 後、黒紙廟という、黒い建物のことである。スチュアートの
意味という。須中暗の意味である。図案という、黒い紙の白線の
図面とも。スチューという、すなか黒という、暗黒の黒である。
暗黒を須中という。
【ノキア】
 これで、イギリスが掛かった香港という。古く、青島
(チンタオ)を、須中島という、香港を須中ノク、という。
韓国がノキアという、古い韓国の香港呼びである。

 言葉の掛かりである。香港に、古いダラス英語がある
ことという、タイム・ライト港という、香港港国という、
これを、香港港復という、香港光復である。香光国という、
タイム・ライト・ダブれるという。
【キ】
 ダブル・ライトを、ダブル・ストレート・ライトという、
キの字をまっすぐに書いた国の記という。ダラスのこととも。
古い地図記号の空港の印である。『キ』をまっすぐに書く、
縦棒のこと。

 港がダブった青島(チンタオ)朗島である。どちらも、
香港という。古い青島(チンタオ)である。薫りの島とも。

薫を香と書き、港を光と書き、光の復光、復港という。
光復香港、時代革命という、呼んで字の如く、
幸福本根である、時代革命の、健康幸福である。

 麻生御所を、復黒白ごぜ、ともいう、復黒復白の
麻植わる朝の御所とぞる。麻生え(朝映え)の黒闇という。
闇の香を光という、言葉の使いである。

 百万ドルの夜景という。その百万である。
『今沸いた』という紅茶の入れを、ウォーツという、
百万を、いまと読む、読まない今である。

 古い日本の旗という、旭日旗の薫島という。薫島旗で
ある。もとから香港の島の旗である。どこの国にでもある、
旭日旗、八光旗という。日は太陽のことでもある。
古いインカの旗、イギリスの旗ににていることという。
ロンドン・ウォーツという旭日旗のことをいう。
これを、カレードンれつ、という。カレーリアらんるくの
旗である。
【ダラスにある漢字】
香を、ホンと読む
港を、コンと読む
ダラス国の漢字の読みでもある。
足樽国という漢字の表記とも。
【光復町】 
 光復町というダラスのリンカンしもの町である。
リンカンにダラス省がある、そこの章である。キの真っすぐ
字である、旗である。真ん中日の丸の日章旗も使う。
キの真っすぐ字に逆V字を添える木の字の旗、章も使う、
リンカーン南の省である、ダラス・リンカーン章である。
リインカネーションという、ダラスの国の名前である。
転成輪廻の御国という、ダフネル・ネーションという。
寝る所のネルソンである。寝る子をたっとぶ国という、
【ネルソン】
寝〜所ん、という。古い丹波の黒生(くろう)の園生という、
そこの寝間であることという、言葉でもある。ネルソン提督
物語という。寝る村、寝る孫という、老尊の話という。
ネルソン楼の山という、リンカーンを祭る祭りという。
林間学校のことでもある。山小屋の尊びとも。
【立秋の民】
 立つ民衆という、立秋の民とも、アンブレ・セーラーズと
いう、尊い象である。香港の像という。光の効き目という、
サングラスをかけた目という、さんめがねのお書きという。
さんめがねという、『キ』の真っすぐ字であることとも。
【飛行機、空港の国】
 ソー・ダブル・ライトという三曲地という。これを、
六台という、六台地という、USA以前である。空港の
立国という。アメリカを飛行機の国という話である。
真ん中を芯という、ダラスの意味である。ダラス芯、
蝋燭の芯である。光の国という、ライトン国という。
ライト・オンである。USA以前の呼びである。
【香港冠話】
 香港を、ビーライトという、スチュアート期のイギリスの
呼びとも。香港をカーレクという、れみんその民国という。
民国の呼びという、青島入れた呼びである。
カンツァーレン・ファールレルという、香港冠語である、
ダラス冠話でもある。麻生御所の冠語である、カンツァー
という冠語のことである。

【蛍の光、原爆落とし】
Should auld aqeintance の歌。
『ひみこみ、かわれる、カンツァーレ、おうぎ、そみよる
りはべの、くみひこる、さみよる、あれる、おしこしの、
ふみやむつきひ、ひばよらの』
 古い日の国際連盟の、ダラス省の歌である。
 シュッド・オール ダクエイン タンツ、というアイル
ランドの歌の歌われという、ダラスの古いオールダックと
いう歌ともいう。タンツ、ビー、ファガッ(ト)、アン(ド)
、ネバー、ツルー、オブ、マインドという、原爆落としの
歌である。『〜マインド』の時に発射ボタンを押す、ソング・
スタッツの発射である。
 船舶、電車の古い日の見送りとも、歌を歌う見送り。
炊いた肉持って船送る人である。ダイタニック日和という、
手に拍子木の和船送りとも。

駄作者参考:
http://akinokori.sblo.jp/archives/20160120-1.html
卒業・試験・答案24船浦 (西山讃歌)

【たいたにく】
 遠足を、たいたにく、という、麻生御所の言葉である。
たいたという、よそという、他所のことである。
にくという、にべいき、という、これを、にくにべという、
にべら、にべる、にべそ、という三段活用という、ことの
楽器の琴をかけた、弾くことをにべという。
紅頬のにべ
こうかくのはるらく、という。
はるっせらんずうのお言いという。
たいたにくという、遠足、琴きき、という、琴を弾くこと
とも。この両の意味の、たいたにく、である。肉の炊いた
ものを持って歩くことという。弁当をたいたにく、という
言いである。遠足とも。

 たいたにく郷(ごう)の相南という、南面の天子という。
相対する南を、日当たり身という、見とも。麻生御所を
たいたにく郷という。おんごうという、御郷、炊き肉タニ
シのお持ちという、お餅とも、タニシを持って遠出する
ことという。旅にはタニシという。天子とは子供のこと
である。遠足の子供を、尼子、尼御子という。

 東へ行く時にも、先に西へ行って東へ行くという、歩き
のこととも、門出のこととも、歌が、シュッド・オールド
という出の意とぞる。蛍の光の、まがより光という、間を
とる門出という。古くの公卿の外出の時の作法という。
西へ少し行き、それから、南、東、北方面へ行く作法と
いう。とりあえず、西へ歩むという、西向きの太陽の現し
とぞず。太陽とともに生きる人という意味の歩みという。
麻生御所外浜歩き、という。
【しゃねく】
 麻生外朗三という、タイタニック外人という、しゃねく
の歩きという歩みである。しゃりという、炊いた肉のタ
ニシのご飯とも。タニシ肉をしゃれ、という。
しゃれみの歌ともいう、タイタニック・ソングである。
蛍楼という話である。

 便所で歌を歌い大便をする人ともいう、歌の切りで落とす
落とし方という、運落落としという。楽々の便という。
ジトンバ、ウントンベのことという、便所のことである。
黒御所という、麻生御所の隣の、相府御所という、そこの
言葉でもある。
 ジットン・ほうぜるの、ほうぎき、という。
原爆の音はくさかったという、音百歳(おとはくさい)
のことという。音年寄りの老尊ごくれくの言いという。
御所を尊所(そんじょ)という、御尊所(ごそんしょ)という
言いである。みなまれゆりの言いとも。
まれまらゆられ、おいる、おおお、という。
原爆を、みなまれ、という、元帥の語源という。
元帥を原水という、原水を元帥という、みなまれの言いと
いう。
【唱和源、げみこる】
 唱和源という、雅楽の唱和のこととも。演奏前の音合わせ
という、越天楽の
『ぼういつ〜』という、笙の唱和という、
『トラロ〜』という、笛の唱和という
・・・
・・・
 これをする雅楽という、麻生御所をしょうの御所という、
唱、笙。笙将の笛吹き大朗という、これを、闘唱という、
歌謡歌合い、歌合よき、という。よき御所という、鉞
(まさかり)を、よきという、麻生歌謡(麻生賀陽)ともいう。
歌のことを、麻生という、歌ごた、麻生樽(あそうたる、
あそたる)、という。雅楽を、げみこる、という。
麻生御所の言いである。これを、麻生芸るぎ、という、
後、芸子の言いになる。御町(おまち)芸者というのが、
これである、麻生芸者ともいう、歌手をもいう。

 駄作者の芸所見分である。原爆芸者という、幸多運者で
ある。偉い人の運という、黒壁便所の黒幕の人である
若い人である。
【くびあい、首相】
 芸者が、七条祇園の藤将を天篁という、おさげよきくく、
という。麻生天皇の芸者という、歌八番という、十八番の
麻生番という、得意のことである。天皇四番という、天皇と
呼ばれる藤の将という、大夫(たいふ)という、なっせ言い
という。来なっせ、行きなっせ、という言いの出とぞ。
粋な背の麻生大夫という、これを、首にろく、という、
後、くびあい、という、歌舞伎のこせよら、という、
歌舞伎に出てくる笛吹きを天皇連という、暖簾の語源である。
鳳輦(ほうれん)ともいう。藤将の乗り物という。
空気が乗っている乗り方である、鳳の屋根飾りが乗っている
物である、鳳輦者という、人は乗らないものである。
【鳳輦】
 鳳が乗者である、これを定者という、天皇の乗り物と
いう、鳳を天当渡者という、これを、かぶせ、という、
古くの歌舞伎の言いであることである。
歌舞伎をかぶせという七条祇園の定言という。かぶせ芸るぎ
の鳳輦送という、ホウレンソウが豊作の謂れという。
農作物をかぶせという、かぶせ豊作という、ジョック・ハッ
クスという、はくせらるうのお言いという。

 ホウレンソウの芳香という、大根島の縞模様という。
大根のせっ国という。大根の紋のとめるる、とそず、
謂れともとぞ。

 大根を乗せる鳳輦という。昔の、荷車という、引き
手をゴーカラという、クーリーともいう。荷車引きの
ことである。
【ドメイン】
 ダラスをドメイン発という、ダラスの鳳輦という、鳳輦
初国という、後、ドメインを国という。人が乗る鳳輦大根
人という、黒塗りのお召し列車である。ダラス天公という、
黒羽根のジェット機である、ドメインお召しという、
半月機左翼の乗り物である。 

冠を傘にする、アンブレラ・ハットン・ラークーのダラス
という、香港チャイニーのこととも。後、華蓋(かがい)、
天蓋(てんがい)とも。はながさ、きぬがさ。

 はながさ星、天皇大帝(北極星)を、はながさのように
飾るカシオペア星、五十番星などを含む十六星。
精選版日本国語大辞典より。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2073大原練習1973天の下2373 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39238
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@13上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@13
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月18日

休みます。

今日は、休みます。

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る
posted by 秋残り at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月17日

卒業4171Italia Flash della fotocamera71幸義光(フラッシュ)71(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4171京都船旅3071
古譜2071大原練習1971天の下2371 Italia Flash della fotocamera71幸義光(フラッシュ)71(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/17、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
空へ飛び行きまた回って
こちらへ来た鳥々の声
むれから離れて一羽の雀
あいらしく小首ふり私に話かけるよう
紅葉の影濃く 幸義光に驚いた


 狐の天気予報。〇r1960/07/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 江戸時代の廻船問屋
<<【奈良丹波市(たんばいち)、三輪周り】>>

 平端、郡山、奈良三条、石上(いそのかみ)、丹波市、三輪
奈良の懐かしい所である。若い人が、我が里という町々である。

 『丹波こいしや、ほうやれほ』という、これを、奈良の
ねだおれ、という。
 京のきだおれ、浪華くいそめ、奈良はなにはる、そての
やまふき、るてのそっぺる、という。なら岸によみをいう、
これを、ちょうながやまはら、という、奈良の古い簗木市
という、やなふらのむ、えんりる、という。奈良を柳楢之
(やなぎならゆき)という。奈良、楢、双とも。

 京にねだおる、奈良のそっ国、という。奈良数路(すう
ろう)のゆいはくく、とそす_う_。
 うをくだったという、奈良鵜とっく、うとゆとの宮ふら、
とそず。るるするかんくす、という。その日の山のお書き
という。るっくるらっくの山という。

 奈良鵜べんするかっく、という。古く、そんきのうる
するろみより、という。奈良の都の八重しだる、柳そん国
という。奈良を、柳しだるか、という。簗木しだ、とも。
<<【舞鶴】>>
 奈良三条に、舞い鶴闇という、奈良の舞い子の舞い鶴と
いう。舞妓を舞い鶴という、三条三輪のしみひみ、という。
ここを、てこつ、という。奈良舞妓のるりるり、という、
古く、京都伏見中之島の夕ふみ(ゆうふみ)という。夕楽の
家のおゆたさ、という、伏見遊郭のそとくり、という、
現、千石船という、疎水の船の之きに、しだれるやなの
やみなな、という。柳野ことをやみなな、という。やな、
とも。簗木をめでる遊郭の造りのすいひく、という。すい
ららのおりゆきん、という。おりせる、みんそす、という。
 柳の山のお絵という。おりさんるるの・あおよんそず、
とそる_むむ、という。むむれるろんくく、という。
<<【京都中之島】>>
 ここの、みっさぶ、という。みるれるろれんす、とそず。
奈良のとうひま、という。奈良れるろりおん、という。
ろんそるの闇という、闇奈良のひとくり、という。奈良を
断国という、ひこくを、なくいきという。なくいきのひこく、
という。ひわ山のお書きという。これを、悲歌(ひか)という。
非歌とも。悲歌の奈良という。京都中之島が、南を、きた闇
という。きたの反句という。ここの中之島を観月橋という。
観月の山の、中ふき山という。中れるそんとす、という、
地のことである。なかれた中之島という。

 中之島が二つある京都伏見という、観月橋中之島という、
下の中之島の北という、反対の言いになることをいう。
なかれた中之島という。北の中之島を、こうなま、という。
こうせる山の中之き、という。『の』を『ゆ』という、
この地の言いとぞす_る_馬場のゆかふく、という。
馬が鳴くことをいう、後、ばれくか、という、ばみその
すれふり、という。ここの、ばかせま、という。ばっくす、
という、ばりるれのえんせる、という。これを、エンゼル
楼という、中之島楼閣遊という。篭絡のみも山という。
れれんそのぴっぴく、という。中之島の弓振りという。
弓場ぞのぺるせる、という。ここの、みそ闇という、
みむせむのおきき、という。みやまのみきゆき、という。
この『みやま』を、みせくき、という、この『くき』が、
茎である。木の根元に生える、木の状の草をいう。
これを、『ユ』(じょう)という、しだき文字のじょうで
ある。この文字を、中之遊(なかのゆう)という、中之遊
(なかのゆう)の文字という、中山ユ(なかやまじょう)の
歌という。このユが、後に地図の記号になる。

 ここの中みやまの日々という、これを斐々(ひび)という。
言葉の音は、同じで、字が違うという。この、言いを、
さんむく、みむくという、三村という、場所という。三楽
のあおゆき、という。あおせらのさみそみという。
中之島のお書きという。
略。

 中之島、向島、中書島の辺。京都向こう中ぬなとのそ、という
場所である。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2071大原練習1971天の下2371 Italia Flash della fotocamera71幸義光(フラッシュ)71(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39218
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@458上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/12柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@458
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月16日

卒業4169Italia Flash della fotocamera69幸義光(フラッシュ)69(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4169京都船旅3069
古譜2069大原練習1969天の下2369 Italia Flash della fotocamera69幸義光(フラッシュ)69(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/16、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
【歌詞】創郷 
朝の原 霧晴れていく 楽し
奥狭古文筆のいかすみ黒し
我がの書斎狭し大石
石垣中の部屋一部屋角に
七面鳥いたり来て
仮面の飾り見てる


 狐の天気予報。〇r1960/07/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【小浜忖度、Obama Seal(ing)】アザラシ
 江戸時代の廻船問屋
<<【大和奈良、吉良のお国】>>
 吉良上野介のという、国の名のお書き、とぞるせる。
これを、いみよま、という。吉良上野のすけにく、という。
国をにくという。吉良のおゆれふ、という。

 吉良由良のおきやりという。吉良の伊予とぞる。吉良公
を国府という。ここの言いの、吉良目付という、吉良ゆらの
お書きという。おおおお爺さんのおゆふ、という。

 吉良上野の山という、ここの大山という、大山国府の
きゆれるや、という。この言いに、大府をいう、吉良の
国の御名という。これの言いに、吉良三言いという。

 大府の中心を、たまふる、という。この『たまふる』を
ふるせる、という。鯛山のお書きという。吉良山のおき
ゆり、という。吉良上野の家という、渡るやずせつ、という。
世に名をおす、という、名をわたすえま、という。
<<【吉良由良の円幕】>>
 世を渡る言いという、吉良上野介という。吉良由良の円
幕という。円の幕せくるふる、とぞる。この書きの説明と
いう、世に元禄という中心のことの書き、とぞる。これを、
いまるき、という。大お爺さんありてそわるる、られる、
ろむそむ、という。吉良三十郎という若い人の名という。
<<【栄華の物語】>>
 栄華の物語という、この栄華の名である。また、行く
下総の国のや、という。われるお行き、とぞふ_る_よよの
言いのかまよる、という。この日、奈良という下総である。
<<【吉良るりの里】>>
 奈良大和という下つ総の故郷という、吉良るりの里と
いう。大お爺さんおられおられ、ゆゆゆ、れれせる、る
もす、という。吉良園山の大お爺さんという。

 大石子という名という、わが世のわたせの名という。
若い人のお行く地の名前とぞる。大石蔵菊という、蔵山の
裏という。蔵せるやらやら、という。遠い下の総の国の
興し、という。中心をとる、日本の臍の下という、日本の
臍の西脇のおいさむ、とそず。とぞとすれとす、という。
<<【中心蔵】>>
 中心蔵の名の山の池という、その畔のゆきふり、という。
振り降る雪の中にある、せせるるやおやお、という。
やおの家という。また行く、吉良る坂るか、という。
<<【赤い雪の頃】>>
 ここの雪の赤い雪の頃という。赤々山のお絵という。
古い山のお書き、とそず。るんるるの闇という。奈良の
山のおわるせむせる、おてす、とぞふ。

 大お爺さんおらるお家という。ことやかのゆみるか
という、ゆみとす、ともいう。かれする秋の世のこと
とぞす。京府のお行きという。三郷れくの山という。
<<【赤方城(あこうじょう)】>>
 日本の臍下という。三郷のこい浜という、そこの
おいれ、という。おいふる山のお書きという。大お爺さん
おせやるすするす、るるす、せるせ、れをおよ、すすす、
という。赤方城(あこうじょう)のお書きという。
<<【夢をめゆという】>>
 後、赤床のおす、という。城をおすという。おすとす、
という。古い御代のお書きとぞふ。ゆゆするあゆふる、
ともす、てるする、れと、という。めゆのお言いという。
夢をめゆ、という、大お爺さんお教えなる。

 赤方山の糸せれ、という。大お爺さんの吉良す組ふり、
という。今よら、むそるゆ、ことの頃という。えそ甚
つくの着物という、それを着てお会いする、大お爺さんの
みもはる、という。ゆゆすれとるるめす、とす。ずずず。
吉良山のお書きという。日本の鯛をいう。鯛せら録と
いう、この文とぞす_る_るるる書。

 吉良の絵の山という。大山のおせらく、という。
きらるらてせの、るいるいという。後を、吉良する、と
いう。東大の、あずまひろ、という。京のきらすさくる
ややのお伊勢という。きららさっくく、という。遠い
下総のおきゆり、という。吉良由良そみそみ、という。
これを、きららかん、という。

 日本を興す話という。ゆませまのおいそみの、すけ
るけ、という。これのかよはる、という。春をかよ春、
かよう春という。賀陽ごもふり、という。賀陽御所の
きららよんまるという。きらせらのみゆるる、という。
吉良の山のお書きという。
<<【幸子之き】>>
 吉良つ文山、ここなるを。若い日の御幸である。幸子
之きという。幸のくのやもせる、という。我が世の、
ふけるか、という。大お爺さんおいらる、おすゆる、と
いう。赤い雪の譜という、これなるを。
<<【下総】>>
 *******************これを誅すと
いう。我が世の春という、また行く下総のききくく、と
いう。はなすことをいう。

 我が若き日のおいゆき、という。おわるさむすむ、と
いう。糸山のお書きという。糸するてゆふ、という。れと
山という。れるすみゆてす、という。ここを奈良野という。

 下つ総の幸総山という。日本構想の山とも。明たらの
闇踏み、という。文とも。闇文の歌という。秋篠のまみ
ふら、おじぇつれ、という。三本立ちのジェット機とそず。

 これの乗りのことという。三郷床らぐらり、お行くこみ
ふみ、という。よよの渡りのお行きという。幸行き山の
おゆす、とぞる。ぞるてすの山という。三郷もんくくの家
という、ここを出でて空から行く、三郷三空のみゆっつ、
という。ゆつゆつのおせるせ、という。
<<【甚せむ着】>>
 大お爺さんおらるおらる、ゆゆ山のおつるつという。
鶴のようなジェット機とそず。五人乗りの機である。
吉良由良のおおおお爺さんのおてすまのゆせるかよふ、
壬生由ヶ原のおいそむの場とそず。また行く吉良由の
大お爺さんという。おいらるおいらる頃に、また行く
はよふの丘床着という、甚せむ着の甚丹きもそめる
さまよま、という。甚つく着のことをいう。

 遠くお町ありるありすありるありせ、おおおお爺さん
という。きらら坂みか山浦ももよ、るるく、せるる、
よいゆ、よいす、よいむのゆっさむ、という。遊山を
ゆっさむ、という。中心記の書きである。

 とぞすトラックという、トラせらのとるるうっとす、
という、うっつくともいうるうっからの山という。
みゆるるせむれる、おりしおりおり、るるふ、ろくす、
つゆつゆさんのこぺらく、という。あふれるゆよいそみ、
という。大お爺さん、ありてそわるありそゆゆゆ。
この書き、下総国の書きである。国興す今である。
<<【中心倉の秋篠機】>>
 中心倉の秋篠機である。そうきょうれんたす、今の
今である。そうきょう国、なりてぞ、ゆゆす、あふがん
立ちのはお、という。あふれる国ゆ国すむるくす、と
いう。今成るをいう。

 大お爺さんすわらるお座ありするるふ、とつとつの
けっけく、という。おばゆらそそす、るみそみしずゆつ
経のお行きという。静由津経由のお行きという。
<<【アフガン幸】>>
 秋篠由コンクル・レックスという。アフガンれての
アフユせんてる、ろんるく、という。これを、下冠由
多(しもかんゆた)という。下総の冠話である。
アフガンという外っ国のおはゆは、とぞす。アレキ
サンドスの言いという、アフガンのことという。
ことのは、である。古き日のアフガン思う若い日の旅
とぞず。アフガン幸を兼ねた分という。

 栄華のあふすめ、という。あふるる波ゆかんさむ、
せてす。ルコックルという、アフガンのこと、とぞと。

 るるふる山のお書きという。あふるるふまゆまの
ことという。ふるせる山のお書きという。点祖という、
点の祖のふめるや、という。ふすゆす山服という。
これを、あたらえ、という。あらたえのあたら、という。
あらたえ山のお福、とぞる_る_こゆす書きという。
れれんとのお書きともいう。この文である。

 アフガンに、めいじを言う声を聞く、立ち、とぞず。
アフ山のおあらたえ、とぞず_る_ろろろゆりゆり、と
ぞず。アフガンの糸そよるるすよみよみの、ろくす、と
いう。この書きの意、とぞる_ろ_ろくるろくす、という。

 アフガンをこう家である。三郷の山ともいう。大和奈良
埼ゆ玉という。埼玉のおゆあふ_る_あふがん詣で、とぞず。

 埼玉三郷の闇月という。闇の月の明る耀という。埼玉の
名の元、とぞずる_ろ、すずす。闇の中の玉である、埼ゆ玉
という。大和奈良の夜のお書きとぞず。東大の講義とぞず。

 東大浜の埼たす弾みむろ、くくく、すずす、ろくす_る、
お書き、とぞず_る、とぞず。東大元のお書きという。
東大の山のお書きという。東食山ともいう、この譜とぞ_す。
うたゆたの文という、吉良由良せてるすみす、という。
<<【秋篠機発進】>>
御所ゆけこてて、秋篠ゆ原ゆ、せむせむいきゆき、という。
御所より意刷った人という、若い人である。秋篠機で出る、
ゆゆ幸という。『オットー』という発進の声である。
発進をおとという。これを、おつ、という。後、乙という。
甲乙の発進という。『甲オットー』という、乙発進の山
という。

 歩くことを、つみという。つみはばという、歩巾のこと。
天皇という自分の歩幅を、とくろゆき、という。つみとくろ、
とも。つみはばのゆき、である。ゆきたけという、言いの
ゆきという。つみ巾という。着物のゆき丈という。
 この言いで、つみを、自分にとる、天皇つみという。
天のおつみという。天皇の山という。
そういう意味での言いという。
 小崎御所の糸紡ぐつみ、という。糸紡ぎのつみ、という。
麁服のつみぎ、という。つみを紡ぐを、つみぐる、という。
天皇のつみぐる、という。天皇をつみぐ、つみの、つみに、
つみの、という。天皇のつみ、という。
 自分が自分の服を、作ることに、つみの天すき、という。
天すきのつみとめ、という。古くの、新田義貞の言いとそ。
新田の天皇という。自分を天皇という、新田義貞である。
天皇のつみという話である。
 
 つみは、ちみを体にする言いとそず。
『つみは行きます』
『ちみは、といさまのひですか』
貴君は行きますかという意とぞす。
古くの並河の言いでもある、川沿いの町の一般の言いである。
この言いを天皇言いという。つみの言いという。
麁服の言いともいう。つみ山の言いのあらたみ袖服ともいう。
漁師の言いともぞ。漁師を天つゆら、という、この言いの
尼つゆらの天皇という。鵜飼の漁の場の天を、点足という。
天足場の天を、天皇点という、この点を天篁、天篁点とも。
鵜飼のつみ、つみの鵜飼とも。鵜飼点かっくれえという。
小崎やん幕という場所の言いである。小崎御所の糸紡ぐ
部屋である。小崎みんくくのや、という。小崎こん、とも。
小崎山ふらの、ゆんみる、おいそ(おいそむ)とも。
 
 つみのかゆふく山という、ふくを服という。かゆすれ、
ともいう。漁師山のお書きという。


 若い人の中心蔵といういきしの木のある所とぞず。
2本足、3本足の秋篠機とぞず。名作、忠臣蔵からとった
名前である、吉良上野介という若い人の本名である、
浅野長矩とも名乗る人である。読んだ本、見た映画は、
自分の血となり肉となる、知識欲の旺盛な人である、
栄華の人という。
自分のことを吉良という、吉良はあさの栄華という、
こんなことをいう人である。朝の光を拝む人である。

処世の句に
『浅野原、霧が出でてぞ、晴れ之くを、
 きらら光や、我が世貫き』 若い人読む
暗闇行燈の歌、忠臣蔵名取歌。
御題『浅野光、吉良幸、旅行良好の日』とある、
取歌帖。
 
こういう人である、先人の教えを尊ぶ人である。
赤方(あこう)朗司吉良幸、ゆきゆきて秋篠機の旅という。
吉良吉良の赤方、麁服の清かる、お書きという。
 
おおおおお爺さん、おられおられ、世に明示という、黒幕
墨から隅まで、ずずっと行き、中心定理をとく人である。
この場を中心という、中心黒の真ん中である。大石座講演
の話という。大石暗の助の言い状である。生ま頃しの餡
食べての見学、よきよきに、大お爺さんという、壬生新選
組に加入された御方である。今も願い出がたくさんある、
健康安全塾である。きらきらの朝の兼光という、由緒ある
壬生派出所のはでな捕物帖という。
忠臣蔵より、吉良上野をとり
同じく、浅野長矩をとり、
・・・・という、
とったものが並べられている原録中心蔵である。
インターネット源録である。
ナナ取り八光、七面鳥イカロスの花遊びである。ハナ光り。
七面鳥を盗み鳥という、中心光鳥の話である。
食らうこの書きという。
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2069大原練習1969天の下2369 Italia Flash della fotocamera69幸義光(フラッシュ)69(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39198
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@448上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@448
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽