2019年10月31日

卒業4213Italia Flash della fotocamera213幸義光(フラッシュ)213(壮強太陽)

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4213京都船旅3113
古譜2113大原練習2013天の下2413 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/31、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
秋はまた来ると 園原のさおれ墓
ひめゆりの塔が立つ 牛が周りを見て
歩けば楓なり 頭には赤い布巻きモウ
喜びの声を出す 親牛子牛連れ 我が
家の 座敷へ上がり寝る 花の屋敷

 狐の天気予報。〇r1960/07/26
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【光緒帝母】
 清国光緒帝母像、香港の像である。これを拝む若い人で
ある。明示維新という、像である。清国(しんこく)の名糖
である。古い中国という、清国の産業という、これの表象
である。
【サトウキビ】
 言葉を正しく使う、ていも(帝母)という。帳簿のこと
でもある。丁簿という。これを、庭の母という。清国の
名糖という、さとうきびの植わった庭とぞす。
サトウキビの造り話という。

 沖縄首里の郷とぞる、せむれる、という。せてその
やよらく、という。そこの庭の話ともぞる。首里にサトウ
キビが植わることとぞ。芯の砂糖という、砂糖のやまの
お書きという。

 清国の砂糖という、首里の砂糖と同じ砂糖である。
首里のやのお書きという。
【光復】
 香港に光復があるという、清の時代の原子炉がある。
この清国である。、若い人のいう清国である光緒帝の
表象である。これを、象徴という。清国の象徴である。

 アメリカ、リンカーンの光復町という、古いアメリカの
町である、ダラス国という。原子爆弾がかかっている光復
である。
【reincarnation、ダラス国のこと】
 リンカーンのリインカネーション、reincarnationという。
転成輪廻という、second coming の、リインカネーシ
ョン・タウゼルという。たうせ町ともいう。リンカーンの
一部である。復た来る夜明けの光、リインカンのことという。
reincarnationで、nation、国である。ダラス国をリンカ
ネーションという。50州の前である。

 首里の砂糖きびという、砂糖のきそみき、という、芯の
ことである。リンカーンにもある、砂糖のシュガーという、
ここのシュガーという、首賀村の砂糖という。
この辺の言葉の掛かりである。

 砂糖天という、甜菜という、砂糖の空の日という。砂糖の
植わっている晴れた日である。甜菜という、原爆の話である。
古い黒砂糖を、元という、元白という。黒砂糖を食べること
とも、元白。これが、原爆をいう、原爆を爆欄という、原に
植わるサトウキビを爆欄という、原爆ともいう。原子爆弾の
爆発があった話という。

 香港上空、ダラス国のリンカーン、首里という、原爆が
落とされた話という。人がいなかった頃である。

 ダラス国のだらすの町である、そこのサトウキビの
造りという。同じ種である。

 光緒帝母という、傘を手に持つゴーグルの葉はという、
若い人のおお母さんである。中国清国のお母さんである。
日本にもある、北白川宮のはくせる、という。博士になる
という若い人である。告白の状という、言うむとを告白と
いう。告白状の言葉の清らかさという、光緒帝母のお教え
である。

 百万という、ピュアーという。香港日教の待歩という。
雨予想の日は、傘を持って歩くという。雨待ちの、待歩で
ある。ゴーグルは雨除けである。

 百万待歩という、ピュアーの雨という、雨を百万という。
雨百万像という、若い人のお母さんの像である。

 言葉を正しく使う、雨百万のお教えという、光緒帝母の
象という。

 まちがえば、晴れの日でも傘をささなければならない
かも、百万逮捕となるかも。ゲット・レインという、
レイン・コートのコートが裁判になるかも、
雨が人を逮捕するかもしれない話という。

 ピューリタンという、清ら里の譚である。若い人は、
自分をピューリタンという、清国の清の、ぴゅーらか、
という、古く、清いことを、ぴゅーらか、という。

 明示維新事情という昨今のことである。北白川の子供
歌舞伎の話がかかれば、子供がでてくる話という。
北白川宮の三段傘屋根の宮という。あまのがわという、
雨の川である、雨が降り、雨筋ができる、それを渡る
幼児という、後ろから支える親、これを、おうぶという、
王歩という、おんぶの話である。幼児が背負う親という。
バイキング路という、幼児が歩む雨筋の道である。
ハッセルブラ道ともいう。

 幼児が出てきて地に塩をまく、安全清らのピュータンと
いう、ピュータン里の、ピューリタンという、平理単と
いう。平理をピューリと呼ぶ北白川の平理単村宮という。
瑞典の村という、ばい王の山という。

 王が背負う、ばい王である、これを、負(おう)という、
人の背負い姿という、王を負という、表しの宮である。
ばい王という幼児をいう。法皇ともいう。

 瑞典語が、きれまなをいう。北のしらゆら、という意で
ある。白川のことである。北白川という。『きたきたき
た』と、幼児に手拍子を送る親という。北白川院宣という、
親の手拍子である。ぴゅーりっツアしょう、である。
平律亜という、ピューリツァーという。子供あやしの、
ピューリッツァという。
 
 幼児が先導する祭りという、稚児のことである。ピュー
リという、ピューリタンの、おまつ稚児という。
リータンバックのタンともいう。リータンという、幼児を
あやす言葉である。『リータン』という、幼児を呼ぶ、
我が子を呼ぶ、言葉である。リータンの口を、リタンバク
という。ツァーは北欧語である。ロシアの皇帝とも。
子供のことである。

 ピューリタンの北白川の宮という話である。東大御講、
トーニー明日という、十二明日の御講である。瑞典語の
講義である。

 十ニを、トーニーついという、ついの講義とぞず。
対。たみせらろく、これなるにる。
灯台元暗し、暗い山のお教えという。香港の灯台とも。
白い仮面をかぶる北白川の宮である。能のような仮面と
いう、頬当てのことともいう、頬しらめ、という。
頬だけ白い化粧をすることとも、頬ぬ、という。
北白川まゆはまのお書きという。北白川語という、
幼児の言葉を、そういう場合もある。『あーや』『さー
や』という。古い武者の掛け声でもある、山編み笠被りの
武者姿という、あやさあみゆき、という、ややもち、と
いう。子供連れの武者である。

 後、餅に変わる、綾餅、菱あみ餅ともいう。菱編み笠と
いう山傘である。タオという、田尾の麓という、麓の村の
言いのことである、たおせま、という。
 麓の村の菱崎という、一般名詞である。麓の村を菱崎と
いう、菱村ともいう、後、菱字(ひしあざ)という。この村
を『邑』という。口巴のやみふき、という。

 白川宮の前の宮をいう。口巴の宮という、ここの踊りを
『さいそく』という、さいれるのゆみふり、という。
さてるるろりっく、という。北白川の元宮である。
口記山お書きという。しのっぷ山という、丘の宮である。

 かゆれほんるく、れれせる、るこっす、れてるそんほみ、
とぞず。ここの、しのゆみ(篠弓)の御講義である。
トーニー弓、トーニー楽という、弓楽の御講義である。
長靴を履いた聴講生である。長靴講義の歌という。
れめっせる論とぞず。トーニーゆんらく、という、
とに谷のおん、という、とにの谷という、谷をとに
という、瑞典語である。後、カックリーという、のれせる
れんすれ、という。連れる道川の谷の炭、という。

 他にに炭焼きをする、炭徳という。炭徳口録という。
これの意が、北白川の子供歌舞伎の一部にある。瑞典語が
炭焼きの言葉である。
バイカン、--とむれの意、
メニスミ、メニスム、--くくすれろの意
ムニックス、--ろくろくのゆれ
メハアブ・ルクス--ろろんす、るりるり
モヨムフェ、--白い地、もっけ、とも
これが、瑞典語の言幹(ごんかん)である。
これを、展開させれば、スウェーデン語になる。
上の五語は、スウェーデンの、ドロンという、ドロン
トスのくこんかま、という、冠語である。スウェー
デン語の冠語である。北に通じる言葉である。
北欧語という、一部英語である。

 英語のカレドニア渓谷の英語になる。『メレル』『メレ』
『メル』という言葉がそれである。カレドン語という、
カレドニア・ラッセル・論句である。『ララ』『ヨーホー』
という、山の状態を調べる時に、山に向かって喋る言葉で
ある。『ヤッホー』という言葉ともいう。出が口巴の宮で
ある。空気の状態をみて、天候を論ずる時に用いる言葉
である。ららせる言葉の一部である。声の通り、帰りを
みて、天気を調べることという。北白川宮の言い伝えで
ある。子供歌舞伎に一部入っていることとぞふ。

 東大御講義である。とに明日山、ここにる。
谷という、十ニという意味である。

 古い『森みやる』という、見ることをみやるという、
谷に関する言葉である。アメリカ・ハドソン川上流の
トーニーでもある。筏組みの言葉とも、−ニー英語と
いう。『ピル』がこれである。筏のことをピルという、
ハドソンの上流の言葉である。後、下流のハマンセラ
という、ハドソン流域の冠語になる、カーレル・レンゼー
という、カワックスのかすれす、という。一部、
スウェーデン語にかかる。バイズリーの言葉という。
バイトがこれである、川という流率計算がこれである、
後、今のコンピューターのバイトである、流域という古い
コンピューター用語である。川流れのプロックという、
後、プログラムである。流率計算で出たウィッスのプ
ロックという、川の状態の敬さんのプログラムである、
後、コボルという、コボプロックという、古いプロ
グラムである、プログラムを組む言葉である。

 冠語のプログラムを、コボプロックという場合もある。
ISがこれである、一解である。
アジャン、アジャンパという、いすれる用語である。

rein、英冠話の冠詞である。『また来る』という意。
reincaln、cainが冠である。光来復冠、自由の女神の冠
でもある、他の像の冠でもある。

そうきょうよい講義、先生おられ、御健康に。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2113大原練習2013天の下2413 Italia Flash della fotocamera79幸義光(フラッシュ)79本の町の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39638
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@374上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/26柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@374
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月30日

卒業4201Italia Flash della fotocamera201幸義光(フラッシュ)201(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4201京都船旅3101
古譜2101大原練習2001天の下2401 Italia Flash della fotocamera201幸義光(フラッシュ)201(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/30、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
秋は懐かしいにおいがする 昔
遠い故郷の藁ぶき屋根の家
金木犀の匂いに 思い出す
柿の実もたわわなる 細川
黄の土の道と玄関と
土取り口に入れる 甘い味


 狐の天気予報。〇r1960/07/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/7/8 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【歌意】
 土が薬という。真っ黄色の土、これを、風邪薬に飲む、
甘い味がする、故郷の黄色い土。大お爺さんのお知恵、
そんな思い出の故郷、藁葺き屋根の泥になった土が被さる
板間、引き戸。歩けば足は泥だらけ、懐かしい頃です。
 黄室という、藁ぶき屋根の頃の呼び、便所のこと。
 赤室、藁もたせの室
 紫室、かきぜ室、書斎
 黒室、みぜやみ室、寝室
 白室、居間
 緑室、時の部屋、時計のある間
 青室、子供の間
子貢の間の呼び。論語の子貢である。
論子という若い人の住む家である。
立て藁の家。大きさが百坪、一軒家である。
ごろんぼ、生のままの皮のついた木である。
柱もそうである。三段の立て屋根。笠山ともいう家の
造りとも。
 この部屋の呼びを貴賓という、後、遊郭の呼びになる。
御所にある頃で、この呼びである、室である。
他の地にあった時もある。我が家を御所にもっていった
人である若い人である。我が家も御所という人である。
大お爺さんおらっせる家という。他地方の大お爺さん家
でもある。皆、尊所御所と呼ぶ話である。
御所楽の世、なるなる。
子貢御所の言いである。
【日本】
日本を地落つ国という。
みすゆすという、ミスチルの語源である。川を湯という
言葉の使いという。これを、とぅという、とうみす、という、
川のことである。
川湯渡りという、湯川の中の縞という、川中島の合戦という。
合戦を、相という、この物語が川中島総合旋という曲まがりである。
指揮を総帥という、音楽のことである。第参考時という、参考の
講義という。これを、講師という孔子が、講師である講義という。
後、孔子廟を各地につくることという。その孔子を工師という、
孔、講、工の三こうである、これを光に充てた三光である。
三光の講義という、この時の大王という、大をもとめると
いう意味の求王という、求王という、聴講生をいう。
求王講という、孔子の廟堂の話という。求王講という、
孔子のことの講義でもある。中島山の話という、川中島求王講という。
音楽の話である。

 そうきょうよい時、秋の日の一日です。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2101大原練習2001天の下2401 Italia Flash della fotocamera201幸義光(フラッシュ)201(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39518
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@425上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/25柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@425
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月29日

卒業4209Italia Flash della fotocamera209幸義光(フラッシュ)209(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4209京都船旅3109
古譜2109大原練習2009天の下2409 Italia Flash della fotocamera209幸義光(フラッシュ)209(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/29、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷 
光映え秋写す 小手元のカメラ
姿勢よくハイ こちらを見てハイ
流れる川音 かけ鳥の鳴き声
澄み渡る遠空 狭川波 木々より
見ては山の麓道行く

 狐の天気予報。〇r1960/07/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【大阪合流】
 若い人がいう、『大阪へ行く』という。そういうて船に
乗った人という。ここを、大阪合流点という、二条城
という城の中である。

 京都に雨が降った頃である。花世山々という。花の世の
お行きほきるき、という。この時の、あよ春という、あよ
そのあてゆて、とぞず。

 あてた浜山の言いとそず。これを、大阪みっこしゆき
ふら、という。せんの山のお書きという。あててるこくを、
すそむ、という。るるせる、ゆみそみ、という。ゆゆせる、
ろくす、という。れを、東大花録という。

 東大の講義の録の言いの、いそての浜とき、という。
東大の、おい浜という。おいするさまそま、という。
これを、二条城こんすり、という。二条をこつという、
こゆせのせめそめ、という。これを、たゆふ、という。

 たゆせるももせ、という。もものゆおやら、とぞず。
東大の御講義のこととぞず。東大のはいけ講という。
はいする山々の御講義という。東大とよの講義という、
とうせる御講義とぞう。

 東大を、てゆくす、という言いの講義の中のお言葉と
いう。教授の御講義である。これを、てけすけ、という。
東大のとおほむ、という。とっせるるいるる、という。
【大庭】
 『たいてい』という話である。これを、おおみかど、
大庭という。庭の鳳をめでる講義とぞず。めでの、おお
みかど、という。たいていという、かと山の大きい庭の
ことを、たいゆみ、という。これを、たい浜という。

 恰好が、くんたま、という。くんすのたまふま、と
いう。これの言いの、たいていごんはく、という。
きんげん、謹言という。講義の中のお言葉を謹言という、
東大の言葉である。

 鳳がいた東大という、今の、足の大きい鳥である。
大鳥という、鳳という。この大鳥の、自己の箱の話とぞず。
大鳥の巣である話という。大鳥巣お書きという。

 鳥を、うかめく、という、東大の冠語の言いの講義
とぞず。『うかめくやまふ、としいす、すみする、かこ
ふり。』 これが、東大の鳥の講義である。鳥のことを
いう講義である。

 『アイ・ロックス』という、英冠語を使う東大の英冠語
である。これが、『聴く』意味である。『私は聴く』とい
う意とぞう。若い人がそう言うた話という。あい浜山のお
言いという。東大の、あいよのあいるか、るくす、という。
あい浜の言いである。

 大鳥の口を、るけるけ、という。これが、東大の鳥を
いう言葉である。るけっこす、ともいう。るけるけのおき
ゆまの、おいせま、という、東大の教室である。
ここが、るけっ講という、東大の講義室ともぞ。
石山完口録という東大の講義の名である、るけっ講という。
【始祖】
 始祖の話の、とうの山川の糸るせの大鳥、とぞず。
これを、しそみす、という、るけっ講野中の、鳥の言いで
ある、鳥を、しそみす、という。

 この『しそ』が、始祖である、紫蘇ともぞる。
始祖鳥の絵という、この絵の鳥の、ことの講義ともぞる。
るけっこうの、きょという鳴き声についての話とぞる。
【きょきょ】
 きょきょという鳴きをする鳥の声の出しの話という。
きょきょから出る声とぞず。きょせふれ、という、鳥の
喉のことの説という。この説の、きょを、けすふすという。
るけ鳴き声のことの説明である。

 きょちょうという、るけ始祖の鳴きは、こわまる、という
場所の中から出てくることとぞる。るけこわの声という。
これが、るけのこいの山という。大きな鶏様の鳥である。

 後、鶏をるけという、るけどりという。声を 、きょるけ、
という。きょっそむ、ともいう。きょるれるの、おいくこく、
という。これが、鳥類の講の出という。講義のことの出で
ある。

 後日、ことのよの御講とぞる。東大の鳥類という鳥類学の
初めである。るけの話という。学舎の外に棲んでいた大鳥の
話である。鶏様の大きな鳥とぞる。東大の中にいる鳥である。

 東大を尊ぶ、東大の冠語という、東大の鶏冠語という。
鶏冠語の、きょ、という。東大きょの鳥という。
とおせ山のお書きという。

 きょきょるる東大の人の言いいう。人をきょきょという、
鶏様の大鳥の鳴きを、人にきょと言うたという、これで、
人を、きょという、東大の鳥冠語である。

 きょちょう、人のちょうをいう。ひとおさの、ひとどり、
という。人を鳥の鳴きから、人という意味とぞず。鳥と人の
話である。大山の御講義ともむとぞず。鳥の鳴き声から出た
言葉である。東大きょと、学生をいう。

 後、居になる。東大の宿舎である。鳥がいた宿舎という、
鳥ともに住む若い人である。東大人鳥居区という、宿舎の
ことである。昔の話という、今の話である。

 浜山語という、東大冠語の鳥冠語である。
『きょら、いすてす』という。『きょめ、すするら』という。
『きょる、けめそめ』という。きょきょすお言いとぞず。
東大に住んでいる自分であるという意である。

 鳥の鳴き声を、きょ声という、居声。という東大冠語で
ある。この日の御講義とぞず。
『きょめ』とぞ、おん仰り、聴講生を呼ばれた教授とぞず。
講義始めの言葉である。

 『きょめ、せたるき、およっそす、けれるけれっそ』と
ぞず。東大冠語言いの御講義の言葉である。御お言葉と
ぞず。
【十一明日】
 といつ日の御講義である。といつあした、という。十一
明日。とめそめの浜のおいそみ、とぞる。
後略す。

 補。
【ドメイン】 
 ドメインという。土明院講、土明員講という。
土・明員という、『土』が、東大鳥冠語の冠詞である。
ド・メインという。土を見る鳥の足という、後、字の出来
という。土の住まう鳥の巣のいとぞる。後、今のドメイン
である、居住区である。
ド・サックス、という、鳥の走る姿とぞる。
ド・フルク、鳥の尾振り
ド・ソミ、土の板状の場の座り、
ド・クク、靴操る(くつくる)、鳥の居住所
ド・レル、ドの土の言いを、鳥の口という、鳥の口、
ド・ソワル、土に糞をする鳥のお尻、
ド・スミル、鳥の胸の辺り、
ド・ケケス、鳥の羽、また、羽の生えている所、
・・・
・・・
東大の鳥用の鳥に関する言葉である。日本語の冠詞で
ある、東大の冠語とぞる。
東大を、ド・フルユルという、東大の鳥冠語での呼び、
名古屋の城の言いとも。
阪大を、ド・カクフク、
後の、名古屋大を、ド・ククフク
京大を、ド・イ
広島を、バンセムという、ド・バンセケの冠詞を略した
言いともず。
九州大を、ド・ヨイホ、ド・ヨイという、
 後を、ホモメムという、ホルストともいう。
 東大の鳥冠語である。
アメリカを、ド・ダラー、ド・ダラス、ド・メッソメという。
フランスを、ド・リュー、
ドイツ、ド・デ、
ロシア・サラセンを、ド・コクユリ、
イギリスを、ド・レメルー、
スペインを、ド・スッコル、
国連を、ド・メルル、とぞず。
・・・
・・・
 ド・メインの国名という、東大冠語の国名である。
鳥の世界という、鳥の鳴き声から出来た鳥冠語である。
この日の東大の看護である。土明員語(どみょういんご、
とも)、土明員の言葉である。後、どみょうこうるり、と
いう。後、土御門(つちみかど)語という、土の紋のあった
東北学舎である。東北学舎の言葉である、そこの一室と
ぞず、聴講生の寝起所である、寝起楼という。後、しん
かんすり、という、東大の宸翰所である。東大の人の
書き物を、宸翰という東大である。振翰とも。辰幹
とも。竜玉の辰の意とぞず。たつを説くことの意とも。、
しんかんのことである、東大出の言葉という。

 学者肌という、鳥肌のことを、振羽(しんば)という、後、
親派になる言葉とぞふ。東大親派の話である。親派閥、
閥という、集まりのことである。
【ドミトリー】 
 鳥の群生を、鳥閥という、これを、とりばつという、
閥を、ドミトスという、ドミトリーという、鳥の住まい
である、寄宿舎という。鳥好生である、この日の聴講生
である。土御門語の出来である、土御門典能という書きで
ある。土の門である、土御門人のお書きという、大和朝廷の
埴輪をいう、埴輪を土御門人という、土御門人形という。
土好きのお書きという。
 土の様々な能力である、典能という。辞典の能力を、
辞典能という、語彙数など、土御門人種より出た言葉である。
粘土細工等の総称の学典拠という、学典である。埴輪人形の
造りより出たこととず。
土壁のあった東北学舎である。
 古代大和朝庭土人、若い人という。
【竜樹】  
 そうきょうのよいお書き、柳植え様、しだれしだれ様の
柳添亰という。後、流転という言葉とぞふ。流転樹、竜樹
(ルージュ)という、柳植木のことである、東大冠話である。

 ドメインという、土を見分けること、土を見分ける目
とも。土御門の謂れである。土門、土御門をドメインという、
東大冠語類である、一解。
これより内を院とも、土門庇の土壁造りのこととも、
ドメイン屋敷花の世である、若い人の住まう東大内
東北学舎一室である。聚楽の土ともぞ。
聚楽第の壁のこととも。

 早狭川灯台、東大内の灯台、裏の早狭川の陸流れの灯台
ともお書き。
 そうきょうのよい川である、よい灯台とも、簗木造りの
陸の灯台とも。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2109大原練習2009天の下2409 Italia Flash della fotocamera209幸義光(フラッシュ)209(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39598
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@547上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/24柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@547
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月28日

卒業4189Italia Flash della fotocamera89幸義光(フラッシュ)89(壮強太陽):イカスミ柳

文だけ。

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】 卒業4189京都船旅3089
古譜2089大原練習1989天の下2389 Italia Flash della fotocamera89幸義光(フラッシュ)89(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 

【創曲】2019/10/22、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
  ACID
  駄作SuperComposer
  バンドインボックス PG Music
【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1960/07/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/5 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【東大聴講姿】
 平安貴族の、広巾後ろ垂れ、ふく清ふかし、という。
長袴の意とも。吹かしという、風をよる着という。風を
意味する、吹かし垂れるきすみす、という、北白川宮の
言いである。前合掌という、前の吹かれ身という、立て
三本という服装である。三本着とも。子供歌舞伎の言いで
ある。

 東大山身(やまみ)という、東大の学舎正という、学良の
書生という、東大の御講義を聴く姿という、ながしやり
ふりという、若い人が東大で羽織った服装である。
白ゆらふり、ともいう。垂れを前へ回して手で掛ける、
帯締め前持ちという、東大の白るき山という、
前ゆまのおりるり、という。

 花床のお行き前ゆま、という、青山御所の、ふせぎ屋着
という。花のまつの、祭りの時のむめふり、とぞず。
古い歌舞伎の恰好でもある。これを、こかぶす、という。
古歌舞伎である、かぶすという。平安朝のような頃の設定
の歌舞伎という。かぶす平安という。

 内容が、立てるものという、建物が一部である。立てに
関する内容である。たれを前へもってくる、前立て身前、
という。後ろゆらふらの垂れである。真っ青立てという、
青い垂れを使う歌舞伎という、かぶせという。たれを被せ
ともいう。

 一般に使う場合は、垂れ巻きをする、主として、
衣を使う所の、身に垂れを巻き、祖という仕事をする時と
いう。巻いて机に向かう時という。使う垂れという、しだ
れという。しだれ柵とぞず。桜巻貝の恰好という、一般の
者が使っていた、寒い時の巻き物である。長垂れの使用
という、そうして勉学に励む学生という、寒学着という。
頭にすげ編み笠を使う、夜であれば、灯台書生という、
薄い暗い時の机の前の学生という。使用法である。

平安殿での御学問という。寒い時の姿である。若い人の
姿という話とぞる。防寒勉学という、勧学の言葉である。
地名にある勧学町、勧学村という。勧学字身(あざみ)と
いう、習いの中のことという。就中(なかんづく)の語源
である。

 宮城内、若い人家での御教えである。下宿生もしていた
古い日の頃の、学びるまなの書生姿という。
 東大御講義のむつのあすれ(あする、とも)日のきょん浜
の御学問という、まなの御講という。おりるりゆよそよ、
という。とうほみ山お書きという。若い人が、今受け
ている御講義である、京都の御所の夜学講義でもある。
御講師おらるる日という。桜貝講義ともいう。
その恰好の聴講生である若い人である。
 
 かなしきにやありるらん日。
 東大かなしきゆかれられ、ありゆらくくすり、るるる。
 ありす山らら、るるするとふ、るるっく、れれす。
 すっるるやまる、あおらくゆみす。
 つみふらるやまさ、あすすれれろ、こゆこゆ、ありるる。
 すっすくれるす、ろろすすみす。
 ゆらふらられる、れろるむむすり、これゆら、
 れとす。おばゆすする、めるる、るみす。
 ありそやむるら。これよるにみるめめる、
 れとんと、かなゆらせめる、せてるれめす。
 これゆら、れとす。一広ゆ、せてすれ、これよる、
 ゆゆかる、東大廊下、いまゆむ、るるく、れくせく、るくる。
 これすらゆ、これを、東大やちよるるく、という。
 八千代記、これなるを。一広八千代今なるを。
 わたせますめす、めるゆ。ここるる、せるる、せめるせめ、
 これなり。
  大おじいさんゆ、あられあられ、大お婆さんゆ、
 ろろるありすおありらる、おあられおあられ、
  大お爺さんおおらるおらる、おあらるおあらる、
 ありありすゆゆ、ももる、れとろ、ぬみぬ、せれせ、るるす記。
 おごそごっそ、るってるめめす、るるる。なきみゆらら、
 そてる、あるらる、るるふ、るるろ。れれれ。
 れれ花、ゆいそ、これとるるめす。がっとく、これなる。
 東大ありるありる、あするむいそる、じぇろそ、るるる。
  みつゆつみつる、むむすせれろれ、せてるろっくす。
 一広広郎、みみすすすみゆ。あすみす、ろろる、するる。
 東大みつゆつ記、これなるを。
 せてそや、あふるるる。東大紺花。あゆゆ、すすゆす。
 安芸由良さっすす、俣原くろする、すゆゆ。ゆゆすめっつる。
 おいそるれてほ、ほほるするる。そ。
 東大講、むそゆその日、これなるお書き。
 大お爺さん御講義、ありてす。
 大お婆さん、かゆさま、ぬぬするくる。
 一広ゆ、かきてす。
 ややみらる、おかるら、おからるくる、るくす、
 めってすれっくす、これとゆ。
てれてるさまる山さ、むいよっとす。
るみす、るみるみ、ろくる。
りゃっくす。

そうきょうよいお書き、これにる。
****
一言、冠語。
東大冠英語。
 I go hat Lex. Goer. Goer.
YouE gatta Lem-mai.
 講義を聞いた話の意。

 hat words、冠語のことである。
 文に、hatを使う使う所が多々ある。
 ハッセラワップーという、東大の冠の英語という。
 YouE gatta という、いおみの山の言いという。
 今の英語のgattaである。
 Lem 講義、lexとぞ。
 May yuu rac. という、古い形である。
 rac-Lex のことで、講義。
 東大藩校ベルックスとぞ。
 今の英語の、新しい形の英語の冠語である。
 ベルリン・ロンドンという、ベルックスの冠語である。
 ロンドン城の冠語である。
  Hat-word London という、ロンドン城のことである。
  What'll be という、wall allの意である。
  all を、 'llで表す、 what'll を、all
  という、what'll の使いという。
  今の英語の関係詞、what である。
  goer 動詞名詞の 行く、行く所、である。
  I what'll be----there am I の意。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2089大原練習1989天の下2389 Italia Flash della fotocamera89幸義光(フラッシュ)89(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39398
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@490上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/17柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@490
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年10月27日

卒業4175Italia Flash della fotocamera75幸義光(フラッシュ)75(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4175京都船旅3075
古譜2075大原練習1975天の下2375 Italia Flash della fotocamera75幸義光(フラッシュ)75(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/10/18、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
空高いゾー 日は頭上に 旅でかける
手にカメラを 弁当に海苔巻きに 
止ったでんでん虫 少しずつの
秋が来た来た 実りの秋の訪れ
声も通るヨ

**槙に止るカタツムリ


 狐の天気予報。〇r1960/07/13
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2015/4/29 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【駄作番付カタツムリの巻き】
 マンハッタン・カッスクとそず。大きなでんでん虫、
けんそうの虫とぞず。うゆうゆ虫とも。マンハッタンの
槙の木枝の、ぼくそくろく、という。めれるれゆゆゆ、
そてんす、れれて、れろふ、るるゆ、るるす。

 マンハッタンの、曼発端とそ。すずろ虫の玉行きの景と
いう。枝の端まで行く、すずろの端びく、という。かすく
虫とそ。カタツムリの足跡のことを、かすくという。

 かすくれて、ゆゆろく、という。ゆゆゆせむ虫のおきゆみ、
という。おきてるねる後という。後跡の後ろ脚という。
カタツムリの足という、よい路行の露光という。足跡を残
す路行(露光)虫という。光る足跡という。

 カタツムリの足という、人の足を褒める見という。路行
見のお虫という。食べる露の虫食べという。食べやらの虫
食いとそず。とむれる虫々の、お伝足跡という。

 おでんに入れるでんでん虫の料理という。おでん虫の話の
食べのくい歩きとそず。くい垂れ枝の槙の木とそず。槙虫
という呼びに、たてたてという、立てた手を、立て杭という。
杭縦の虫の食い巻き乗りゆれという、海苔巻きのご飯の添え
蒸し、という。まき虫蒸しという、マムシという、秋マッタケ
のご飯に添わる、マムシ秋飯という。

 海苔間山蕗(のりまやまふき)、ふき上げる円筒という、
遠出を遠投という。投る(とうる)、遠る(とうる)の遠投遠
虫の、むすわずという料理である。虫蒸し料理という、
蒸し虫とも。むしまむしという、ムールル闇巣見(やみすみ)
という。これを、トウレルという、通れる間の矢という。
矢通しの廊下のことである。畳を敷いた通し廊下である、
カタツムリという、でんでん廊下という。

 槙の木の階段を添える建物という、でんでん建てという、
カタツムリ階段という。槙の木登るでんなでん虫という。
これを、添う組み、という。カタツムリの屋敷という。

 これを、家の並びにする、長屋の組み方敷きという。
方式の語源のような言葉という、建築用語である。
カタツムリ方式という。

 山形かたつ、むろる、ひかくき、という。ひかしきの
敷きという、式という。ひかのや、という。ひかのやの
歌である。長屋型の組み家の歌である。でんでん虫を
ほめる歌でもある。

 でんでん虫の足跡という、長屋造りの家々である。
片流れ、山形、廻船型、螺旋状という、そういう長屋の
作りともいう。長屋のある街を、虫公町という。

 カタツムリの虫公という、これを、建武の虫という、
建武虫のはしばし行きという。羽柴の槙という、ここを、
羽柴御所という、槙の木御所、槙御所という、羽柴虫行
御所という。川越え埼行きの、こえごえごゆけ、という。
こえが、こえた、小枝の先の虫の端場という。槙の木を
こえの記という、言いの方のいい、ごゆこえ行きゆき、
そむれる、こっく、という。こっく御所という。

 黒い調理着をいう。こっくりえのくりゆりごっこく、
という。こっく御所ともいう。さきゆまのめゆれる、という。
こんくすごゆふき、という、這い色の光る屋根という。
虫這い屋根という、虫が這うた後のように光る屋根をいう。

瓦屋根の瓦の端が光って見えることをいう。このように瓦
を敷く工法という、カタツムリ敷き、式ともいう。屋根
工法の虫である。
 河原に木の皮を用いる、かたんき、という、かたんき屋
根の御所祖という。これを、さきさく矢間という。矢間視
(やまし)という、矢間視屋根工法という。屋根の造りの
一方法である。
 このような屋根の光って見える所が、カタツムリの
足跡である。屋根見学のかえで、という、楓の枝に
手をかざす姿の形容でもある、建築家の手という。
かえでの手という、建築から見た手である。

 曲のかえでという、歌詞を替えたとも、曲を替えた歌詞
とも、かえでの歌曲という話である。建築工法の歌かえで、
という。かえでの姿の話である。

 光の影の栄光という、栄華の映画という。役者冥利と
いう。傾く木の影という、まっすぐな木の影でもある。
ここの道に、楓を植える、主に坂道である、道の工法で
もある。

 道工法影番という、楓の番付という、これを、かえでの
木版という。そういう話である。駄作者木版である、かえで、
目印である。卒番の話である。本番4175番駄作。

 マンハッタンというかえで、ハッタリマンのことである。
すずろ歩き、曼歩健康です。万歩を漫歩とかえる人である。
見合い健康行、駄作者の歩きです。勝って行駄作、好む
駄作である、駄作造りの文とぞず。文建建築駄作とも。
文建という文徒という。

 文建作家、ふみ建屋という、長屋のことという。好長矢
家ともいう。、駄作者名、文長とも。文長岳楽譜、
駄作曲かえで、であります。文長いだけであります。

白い水がながれていた、白い砂浜の五条川という。
 
そうきょうのよいでんでん虫、歌になった虫である。
一言追記。
遊郭の言葉
名詞の三段活用
 動詞     名詞
学ぶ      まな
学びる     まな
まねぶ     まね
まにえる    まに
 これを、学遊、学尤(がくゆう)という。
『まもえばな』、『まもえばる』、という。後、自分を、
『のく』という、自分を『ミ』という、尤おき(ゆうおき)の
言葉という。

 『ゆうゆう、なまめば』と、『ゆっくり学ぶ』意。
『のく、なまむ』という、学ぶ、『なまぶ』という、
のくりての言葉という。古い遊郭で、ごっくす、という。
ごくれる、ともいう。この意の『ゆうみま』という、
言葉である。
 『のくりて』という、『のくの手』という意。
後、習いの手、習字の始めの言葉という、
習字が始まった頃の言葉である。
 学尤里村の言葉で、全国の習字をいう場所の
『のく』という、後、稽古の場、習字の教所の意
という、『のっこす』という、書道教室である。
のっこすという、書の後、ともいう、字が書かれた半紙の
ことをいう。のしというのしがみ、という、これの出とも。

カタツムリという、カタツムリの跡という、習字の行草書を
いう。カムラックス・れんての、カムッスムスという、これを、
ビッ・ハッブバーという、ビッが冠詞である。
 三段活用を、ハッブバという。ビーりるの言葉という。
コミッソン・スールゥのあるれんてす、という。
エーイル論理ともいう。
 学尤楼という御所の中の楼である、そこの言葉である。
後に、遊郭を作る御所の楼である。ゆうらるらっくす、
という。ろれんてのはいよみの、おるこる、という。
御所山の話という。御所の夜間講義である。
後程。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2075大原練習1975天の下2375 Italia Flash della fotocamera43幸義光(フラッシュ)43(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou39258
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@591上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/07/13柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@591
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽