2019年09月29日

卒業4135Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4135京都船旅3035
古譜2035大原練習1935天の下2335 Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



【創曲】2019/09/28、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
江戸みや この日 青い門より入った
丘われ着の姿よし 脇差腰に 麁服の袖
紐うるわし 写したと 幸義光光り
東大の学舎の野 横に烏と子 鴎鳥
餌をついばみ 時午前


 狐の天気予報。〇r1960/06/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1998/10/8 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【祭り】
 祭りと言う、嚆矢祭りのこと、とぞズ。古い祭りという。
祭る、はのやの、すすれる、という。すみみく、という。
これを、からずみ、という。烏が、やをとという。矢音の
すまゆまつゆ、という。

【まつゆ】
 烏の『ヤー』という声のまつゆれるという。まつゆの
いきやむ、という。祭りをまつゆという。まつゆ浜るり、
という。かあをとという、烏の孔子という。烏がまつわる
ことのいわれという。このいわれのまつゆ、とずぞ。

 江戸のこうかくという。こうれのふきゆりという。
江戸城使祭りという。江戸のかすこという。江戸やら、
よりて花めむ、すめるき、そむす、とぞず。

 これが、嚆矢の意とずぞ。嚆矢を烏の声という。これを、
やき声という。声を山文という、山の文の意とずぞ。これ
の、かよきる、という。かるれるおりする、とずぞ。

 せんての、とずを、とずぞという。とぞずを、とす、
という。烏のやとかの意という。カー、ヤーの声の烏の
こゆ文という。こゆれるかくれる、とずぞ。とっすやむ
れむ、せのそつつつ、とずそ。そっつくむゆすみ、という。

 東大の江戸という、西をこきぜ、という。こきゆぜ、とも
いう。これを、東大語という。東大の言葉である。

【思考】
 思考を、かもめ、という。かもめの来讃という。鴎を呼ぶ
東大という。思考程都という、江戸のこと、とずれとず。
思考をたっとぷ東大という。鴎の来讃のあくせ、という。

 あくせす東大という。あくせを、つみかの世という。
これの言いのあくせす東大という。東大を興す日の、若い
人の声とずぞめ。これが東大を、あずゆみる、という。
あずま興しという。ささぜの寝という。

 いざる土佐の高知とすぞ。高知のやのおふれる、という。
土佐れる山のおきゆり、という。これのいざめゆり、と
いう。土佐もっかる、という、めるれるよんみ、という。
これが、とうそうくくす、という。東大をめてふりという。
めるすてのや、という。

 蒲鉾道の東道という、東が上がる道とゆ。めるせるま
ばんせ、とゆ。とゆせるお書きとゆ。

 東大の蒲鉾学舎とゆ。とけゆまっぷつ、とゆ。めてゆ
はるくる、とゆ。東大の学者の造りとゆ。とっせれっけるの
ゆよ造りとゆ。とぞず山のお書きとゆ。若い人の先明しで
ある。東大卒業の文という。入門即卒業という、若い人の
業という。初をやまはめ、という。卒業の仕方である。
あと言うだけである。あの若い人という。ああ、あああ、
という卒業の山という。

【東大の烏帽】
 卒業は、あとにあ、という。あのいそ、という。のい
ふるろんくる、という。ろんてのむみそるせせて、とゆ。
とせめその、ちき浜のおこと言い、とずすむる_すすゆ_
とする。浜山のおくれる、という。てめそのお書きとぜ。
お書きゆき、ありてそわるせめるせせせ、とずる。
山瀬のお言いという。これを、烏嚆矢という。東大の
烏帽という、烏の声の表しである。

【声(こわ)】
 この嚆矢を思考程の、きゅかるり、という。きゅきゅ
きゅともいう。きゅきゅのかゆけ、とすれずる。烏の子の
闇のこわれる、という。こわの槍という。烏山のおけ
るり、とずうずる。文末をいう、烏の鳴き声である。

【鴎】
 鴎がこれを聞きべえた褒め、とす。すめすめの褒めゆめ、
という。烏とうぜ、という。烏をめでる鴎の立ち上げと
いう。立ちの鴎の、太刀姿という。かよせむすぶ、という。
これを、学れる、という。学生の本分という。鴎の学び
という。

 丘われ着の若い人の奉行姿という。烏と鴎を見る奉行の
もめゆ、という。奉行のゆりよすらく、という。ゆいせ
という、謂れ、とずるぞす。鴎の立ち姿の形容である、
文末である。

 ぎょこふく、という文の書き方である。これを、麁服(
あらたえ)という。袖の紐の意という。奉行の袖である。
麁服の御所関(ごしょぜき)という。

 若い人の丘われ着という、その丘を、きゅという。
きゅきゅかくという、亀甲の頭のかんべす、という、
この意である。学究を丘という、学校の丘の意、とでるれ。

 学を、たつめる、という。たつせ、ともいう。たつふ、
ともいう。これを、学竜という、流れをいう。たつの意
とぞず。文末が、丘われ着の意をとめたとどめ、という。
とどめたくく浜という。東大の丘の浜の言い、とでずめ
るせるとぞ。とぞの言いをする東大の浜の言いである。

【夏目漱石先生】
 夏目漱石御書とぞ。夏目山お書きという。ぼっちゃんの
新山(あらやま)という。蒲鉾道を歩きながら、こう思考した
体(てい)という。夏目漱石先生の思い出という。

 若い人の先灯りという、東大の灯りという、棗先生のお
言葉である。あああという、お声という。遠い古い過去の
物語である。明治の世におられる先生である。

 若い人の丘われ着を褒めて下さったという、若い人のと
という。練て興きた、という、練興の御青門という。

 寝て起きたのは、烏の山の鴎立ちこわれみ、という。
江戸青山御所の、こわともいう、越えのことである。
青い山という、青い門のお書き、とでず。

【東大遊句】
 この文を、ええ、という、江戸城門の桜という。
さくゆきの絵という。ええの山という。ろぶせ、という。
ろんけのおゆふれ、とです。ですという、文尾のことの
言い、とず。ですを広める文である、お書きという。
古く、東大遊句(あずまだいゆうく)という。遊学の若い人
である。あああと言った後の弁という。学弁という、後、
答辞という話である。東大遊郭の話ともとぞ。

そうきょうよい話、先よいことです。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2035大原練習1935天の下2335 Italia Flash della fotocamera35幸義光(フラッシュ)35(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38858
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@550上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/23柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@550
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽