2019年09月25日

卒業4127Italia Flash della fotocamera27幸義光(フラッシュ)27(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4127京都船旅3027
古譜2027大原練習1927天の下2327 Italia Flash della fotocamera27幸義光(フラッシュ)27(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/25、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
秋の夕日 西方へおわす 
御父御母ゆむ そたれよ 
きみばゆわる いつぞの会いに
懐かしき悲しきを とめると
いもせためふぬやに来
田は写すうつしよ


 狐の天気予報。〇r1960/06/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【歌意】
『きみば、ゆわる』、『君は、ゆわる』という君闇浜の夕。
夕方が丸いという、景色の見を表現したこと。妹を背負い、
田んぼに来たこと。ためふという、田んぼの屋に来たこと。
田に写った、君の姿である。

【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1920/6/13 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【天気予報】
 ウインタテリウムの天気予測という。
ウインタテリウムが、空を見上げ『うむ』という、
天皇晴れという。『ハッ』という、雪が降ることである。
天皇ゆっきら、という。ゆきせ、ともいう。ゆきざりの
やのお書き、とでっと。

天気の言い方、大ゆらしの言い。
天皇晴れ、晴れの天気をいう。
天皇雨、 雨の天気をいう。
【九条城】
 安槌城(あづち、あづい)城という、京都の九条城という、
ここを、口数(こうすう)という、これを、口入(くにゅう)と
いう。

【白写宸殿】
 この時、豊中の白写りという、白写宸殿という。籠池
という。白写しの写真という、写宸という。写真という、
けたという。坂巻先(さかまきさき])という。

 京都、高辻を、迫みき(さこみき)という。迫みき弓春
という、春原のくぜゆれ、という。くうりる、という。
後、くうりい(苦力)という。くうみすの山ともいう。
ここを、れってかんふか、という。府の前の府省という。
譜省津という。ふれみのごそみゆ、という。

 ここの言葉が、『〜とで』という。紀州久世(くぜ)と
いう。久世豊目(くぜとよめ)という、ここを、きんぱす、
という、きんさむのおりはる、という。

【烏丸西】
 若い人が降りた場所である。今の京都高辻である。
高辻の籠為(かごため)という。ここを、きっさくめる、
とす。とめすせんとの山という。千都という。
高辻の烏駕籠(からすかご)という。烏丸の西である。
西千都巣(にしせんとす)という、これを乱という。
乱言いという、みだれ言いという。乱見る言いという。

 彦根からの行程という、乱という行程である。
行程乱ざく、という、乱千という、乱先絵(らんざきえ)
という。ここへ行くことを、乱入(らんじょう)という。
口中(くなか)という、この言いを、紅中目(べになかめ)
という。紅中山という、紅白(べにしろ)のくこめら、
という。

 京都を、くめまみ、という。くるす、という。
くるめらむのおいい、という。くるせらるう、という。
これを、地皇陛上という。地皇空是のおんの言い、とず。

 センテックスという、せるらるむっそむ、という。
めるゆんずうの言いという。れるてよんとめ、という。
れるするこっすめ、という。これを、明治という。
明治曼(めいじまん)という、明治維新の執行という。
ここを、烏ごめくら、という、後とず、烏ごせ、という。
烏目(からすめ)、とずむ。とうせの山という。とうれる
かゆふれ、という。とずすむれとん、とず。れとん城と
いう。烏白(からすしろ)という。これを、口入楽(く
にゅうらく)という。くちいりかんさけ、という。

【通商】
 ここを、とうす瀬戸、という。通商という。北の商の
くべずら、という、くみせ、という。みゆみんてすの
くせみく、という。

 これが、北の商を、そのまま北にする、きもゆら、
という。高槌闇(たかついやみ)という、高槌籠目(たかつい
かごめ)という。たかぜけ、という。駕籠目乱みく、という。
みるを、みくという。高槌乱みる、という。乱たむ山の
お書きという。京を期という、期闇屈閣(きやみぐっかく)
という。これを、小田和津(おだわづ)という。根立ち津と
いう。根立ちだち、という。寝た地立ち、という。
これを、だて地、という。後とず、いたちだる(鼬樽)という。
鼬という恐竜がいた地とず。これが、地に付く高の意である。

【高槻】
 高槻という、高月という、高台という、高宮という、
高瀬、とず。高の付く地名という、鼬竜がいたことという。
鼬びっかむ、という、鼬べっかむ、ともいう。べるさ、とず。
べるされって、という。べるさるのや、という。
べるさるともいう鼬竜である。これを、二千という。二千滝
という。二千の烏目という。

【鼬の目、にっく】
 鼬の目を、にっくという。二千目竜という。この鼬が立って
歩き、尻尾に三角の研の先のような尖りあった、鋸の形状の
せしるれという、せし尾という尻尾という。ゴジラの絵という。
ごじらである。その竜がいる烏目である。

 烏丸という通りという、鼬通りという高槌(たかつち)
の言いである。映画になっているゴジラという。この高
槌をゴジラゆられる、という。ゴジラが歩いた地である。
機械竜ともいう、深草の軍団である。深草ゆっ閣のゆみ
ごみ、という。深草師団という。京都会議という、京都
会議のパフという、パフ座通りという、パフ座行きと
いう。パフを道鏡という、背鏡の柳ぜむ、という。
鏡竜という。この鏡竜の背という。瀬戸竜という。

 カーゼルという、カレッセという、これを、かろ、という。
高かろ、という。たみかろともいう。高民かろるき、という。
かろ期という、かろ木という、高いことをかろという。

 高かろう辻という、東をやりという、これが、高円れく
(たかまどれく)という。高辻の高円おと、という。
瀬戸を、戸という、お戸という。後、音という。音戸と
いう、おととの山という、ゴジラをおとと、という。
高円竜という。高さ20mほどである。この竜が歩いていた
高円地とず。今の京都の烏丸高辻周辺という。機械竜である、
生き物の恐竜ともぞ。

【駕籠(かご)】
 恐竜を駕籠という、『かごめかごめという、かごの中
の鳥』という、『いついつでやる』という、この『やる』
が、やりである。かご槍見という、かごみ、ともいう。
かごれるるっくつ、という。パフ座交来(パフざまじく)
という意味である。ドラゴンという、ドラ木、ドラ期と
いう。ドラッカーという、どらくの山の意である。

【ドラッカーの経済】
 これを、経済見という。ドラッカーの経済という、
計量経済学という、ドラッサムとず。恐竜の経済である。
経て済むという、経済の京晴れという。京竜ともいう。

 リブズ・バイ・ザ・シーとず。李府津、買、座視、
という。李負ともいう。ここを、李府の海という。
室という、白室という。狛れる山のお書きという。

【匂天神】
 途中寄った所という、江戸行きの寄りである。
駄作者同行文という。深草師団の、立ち原水やら、
竜の休憩徒の池という、烏池とず。高辻烏丸という。
池の水という、後、匂う池水という、後、天神が降った
という、匂天神とず。ゴジラを天神という烏池の室の地とず。

 烏のとまりという、烏がとまる、ゴジラの尻尾という。
名画鑑賞の話である。ゴジラが走れば池になる。
お江戸に本という、お江戸日本話という。本に出ているゴジラ
とず。『毎日出ている』という、『いついつでやる』という、
『いついつである』意とず。いついつという、毎日、毎時で
ある。パフ座通りお書き、これなるやかぬ。 

********************
1960年時点、若い人が使っているもの、明治維新の頃である。
 **電化製品** 
 携帯電話、スマホ、タブレット、
 下敷きのように薄いコンピュータ、ノートコンピューター
 薄型テレビ畳一畳、水不要振動型洗濯機
 **薬**
 インターフェロン
 **乗り物*
 リニアモーターカー電車、
 時速1000キロ、1000キロ以上自動車、原子力自動車
 ジェット機、ロケット機、
 二階建て切り離し型ロケット・ジェット機
 **他**
 高速道路、世界各地海底トンネル、海上空港
 楽器シンセサイザー、各種デジタル楽器(バイオリンなど)
 事務所コンピューター1000〜4000ビット
 デジタルカメラ、デジタル・フィルムカメラ一体型、
 原子炉・水素炉、(地域型ドーム、半径3〜キロ)
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□■ 

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2027大原練習1927天の下2327 Italia Flash della fotocamera27幸義光(フラッシュ)27(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38778
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@257上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@257
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽