2019年09月23日

卒業4125Italia Flash della fotocamera21幸義光(フラッシュ)21(壮強太陽):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4125京都船旅3025
古譜2025大原練習1925天の下2325 Italia Flash della fotocamera21幸義光(フラッシュ)21(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/09/23、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1960/06/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【江戸城】
 今日は彦根へ行くという、若い人である。時速1500Kmの
自動車で行くという。城を置いていく人である。目の
前に見る、彦根城という、何度も来ている城である。
小さな城門である。ここを、あちこち見て回り、『そう
きょうは、しめても』という、像である近藤勇御叔父上
の言葉である、そういた、はとみめの世、という。

【いいの城】
 そうきょうの言いの城という。いい山のお絵るれ、と
いう。花のいき、という。花山のおこやまる、ここを、
じょうという。じょう山のおせゆら、という。『おきょ
う、えど宮やら、よりてす、ここよら、そうれる、そっ
とゆきやる、めゆるおりする』という、れが、若い人の
言いのじょうのえきゆき、という。

 『とちゅうは、とぶように来ました』という、わかゆ
かのえりるり、という。いいのせくれむ、という、ここ
の大山のおまやる、という。この言いのゆきふり、と、
いう。ゆみ様のおりるけ、という。

【彦根譲】
 紀のよまの、えれん、ととす。れれする、とすれすの、
ゆいよの山という。紀の浜という、紀の浜の山のおしか
まめ、という。この言いをする、彦根の譲という。

 『ゆき浜えるらる、こよふけ、ろめす、おりらく』と
いう。せんやきの山のお書きという。おいするろくすと
いう。御所山のよみ、という。ごるれる、ゆみふり、と
いう。ここのおゆのふてゆと、という。紀州という、紀
の沢のしみゆみ、という。後、紀州おうゆり、という。
紀州の山という。

【とき】
 紀州の城を、とき、という。ときみひみ山という。
この城のおきゆれ、という。ここに、のれむ、という。
のっとのゆき、という。のりするめめふれ、という。
これを、よも、という。よもせまのおいき、という。
ようるるれんる、という。

『〜と、いう』切りである。紀州のふま山という。わが
ふみを、よめという。彦根だん文という。ひこよくの
ゆっぴ山という。ゆりゆりのえせむせと、いう。
えぺせらのお書きという。

 いいじょ山の絵のしかふりと、いう。しみせまと、
いう。いいのお書きという。

 城内へ車で入り、『江戸より参りました』と、いう
人である。きのうという日である。ここの木曽という、
紀州の木曽という、木曽みその山という。江戸城みえる
と、いう人である。江戸城まみめむ、そくゆりのふるき
と、いう。れむての山という。せてゆてと、いう、
あうすき山のお書きと、いう。ですてすの絵と、いう。
れうるよんてのあてゆた、という。

 『城を置いてきました』と、いう人住の城と、いいめ
まむろろ、とゆ。これを、とゆのおわふりと、いう。
れれするおせらると、いう。紀州彦様という、彦根の
城の言いと、いう。 せっかくという、せむせむの山と
いう。

 京都ごだいより、江戸ふりに行き、ここゆ、けてくけ、
そっきょのくみを、いたるら、せてゆて、あもまも、く
ゆず。おりせ、みそゆそ、ゆゆする、けれんてと、ゆ。

 ゆゆてのむみすゆと、いう。れを、きとすると、ゆ。
紀州お書き、これなるを。なるゆる、えせの山のみえを
と、ゆ。くろすろんての山と、いう。

【江戸帰還】
 ここを、また、すぐにたち、江戸帰還と、いう。江戸の
くきふみと、いう。めるれの山という。すぐに江戸に着い
た人である。 

 そうきょうよい時という、彦根城おいきゆき、よい
山の世という。
『彦根よい山、ありとわる』という彦根の音頭と、ゆ。
彦根さんまく、という歌と、ゆ。彦根ゆ山ら、ここる
ふみのゆおるせるる、ゆてらる、おるりそゆす。ここを、
彦根城という。譲とも書く、城であることと、ゆ。

 お婆御上ありてありらる、せむれ、おありる、ろろの
ゆきやき、という。せるるろくれる、ふるるよみ山と、
ゆ。

 若い人は城を見上げている今と、ゆ。がんぜ山のお言
いという、城を太守と、ゆ。紀州の城のいいである。

 城原(しろばる)ふま、という。紀州駒という。こま
こまの、くろるく、せもん、という。城の好きな人で
ある。城を、よめのは、という。浜すまのゆみ山と、ゆ。

『彦根ゆ、ありてすっぱく、せせまの山』という。紀州
おわろ、という、おわらをいう。おわらを、おわろと、
いう、紀州の城の言いと、ゆ。彦根の言いである。

 『おたっす、江戸や、いきす、かえらる、ゆいゆい』
と、いう若い人と、ゆ。

 お婆御上ありて、おありら、ららる、そっと、むみ
ふり、なつくしく見ゆる、城らささゆら、せせるろんけ
と、ゆ。

 懐かしい城である。中へ入れば、懐かしさ多きにわく。
懐かしき城ら、ふるれる、我がゆ、うれらうれうれ、
懐かしきありるありせ、ありるありる。

【新選組】
 どんてありせ、ふっくす、ろりす、これを、ろると、
ゆ。ろるまくの城という。まくゆ、つみす、すするる
あせるせ、黒木御所の城言いである。まくと、いう。
ますく、まく、まくつ、まくる、まくふら、まくふらる
と、ゆ。城のことである。黒木御所の彦根の場の言い
である。新選組を興す城である。黒木御所の興しと、ゆ。

 新選組の丘という。丘譜お書きと、ゆ。おたっすと
いう新選組の近藤勇像の言いと、ゆ。自分をそういうの
である。明示維新の彦根の言いである。
彦根ゆ懐かしきゆ。太守もみふれ、れれら、そるれ、
ゆみゆ、手を挙げてぞ、懐かしく見るゆ。

 古き日の大津のみこのいきと、ゆ。大津みことも、ゆ。
卑弥呼の名をいう、ひみここめと、ゆ。

【韓国行き】
 米のなる外という、そとを、ひこゆると、ゆ。彦根城の
名元である。小崎はんつれと、ゆ。ここから、福井小崎へ
行く道と、ゆ。韓国京城と、ゆ。韓国行きの出の城である。
琵琶湖海上路とも、ゆ。

【涙城】
 若い人は、懐かしきを感じ回想する、『つい、この
あいだのことや』と、ゆ。涙ありる、涙流るる懐かしき、
城ゆありて、そわら、おわらろ、紀州おわろと、ゆ。
健康の涙と、ゆ。懐かしき城である。涙城と、ゆ。
りーらま城とも、ゆ。

 ゆゆの波と、ゆ。大津のみこの涙と、ゆ。琵琶湖の波と、
ゆ。涙の出る城である。御婆御上、ありるおありる、お
あれあれ。

 『お婆さんゆ、涙ありてぞ』大津み彦お言い。
お婆さんゆお口、『江戸へもどろ』、若い人承り。

 夢ふき、彦根のことをいう。夢ふきおわろろと、ゆ。
また来る城と、ゆ。

 若い人はいう。『我がゆ、この城の涙保ちて、世を
渡る』と、ゆ。若い人の心である。近藤勇像御叔父上の
、目の効験あらたかと、ゆ。涙と、ゆ。

【ジェット・ヘリコプター】
 6輪7輪8輪の自動車の車と、ゆ。懐かしきにやありていう。
彦根ゆ、らららの城という。らららの涙山、懐かしき多き
ありるありる。ジェット・ヘリコブターの添い飛びと、ゆ。
後ろに飛ぶヘリコプターと、ゆ。途中、紀勢(きぜ)へより帰る、
復路の旅と、ゆ。ジェット機になるヘリコプターである。

【グリーンランド小そうきょう国】
 若い人は立つ遠くアフガンニスタンのはらめるという
場の立ちと、ゆ。大そうきょう国なった今である。遠く、
グリーンランドを思う、小そうきょう国という。
そうきょう世界、今なるを。
 
 世界同時革命という、どこにいても健康という意味
である。明示維新というお書きと、ゆ。
今をお去る日と、ゆ。そうきょう、双ぶ日である。
双ぶ人とも。双ぶ我がとも、ゆ。

 柳ふり、柳しだれの今日の日、よいことである。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2025大原練習1925天の下2325 Italia Flash della fotocamera21幸義光(フラッシュ)21(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38758
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@486上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/18柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@486
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽