2019年09月17日

卒業4119Italia Flash della fotocamera18幸義光(フラッシュ)18(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4119京都船旅3019
古譜2019大原練習1919天の下2319 Italia Flash della fotocamera18幸義光(フラッシュ)18(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/16、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
桜赤く染め 安芸は深まる くれなう
桜の影 立てば 幸義光 記念にする写真
始祖鳥と写す 奥園 戯れる大鹿 楽しく
秋の一日は 影優し日の世 和ぶ秋足


 狐の天気予報。〇r1960/06/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【荊務】
 若い人はいう、『今日は、刑務をする』という。刑務と
いう、印刷、製本である。荊務という。ここを、刑務所と
いう、印刷製本業務をする所である。ここへ行って本を
作る人という。

【原子力印刷】
 ウィンタテリウムの著書を残すという。ウインタテリ
ウムの教えという。『刑務ありてすわせ』という、ここを、
まゆせまという。原子力印刷という、原子の地からで印
刷をする所である。***御書という、***の御著書という。
これを置くという。わたせま山という、古き日のの紫宸殿
である。紫宸殿中の部屋という、そこにある、玄当という
機械である。印刷製本機である。これを見ている人である。

 宮中出版も、ここですることという。帝四状という、
宮中瓦という、宮中瓦版である。後、御所出版 という。
の業務を荊という、荊状通という。紫宸殿からの出版と
いう。

 時を、宮中みとの時、という。めるれるよんるれ、と
いう。この時の言いとそ。とでとでのいお山という。
文を、とでで置く言いとで。黒木御所の紫宸奥殿である。

 ゆの絵の時とそとでよも山おいるせせやるるするる
とそで。これを黒木御所の書きという。後、とでを丸に
する表記とで。

 うむやっぱの荊疎という。けいらるという人とで。
若い人の記ともとで。城の旅行の記とも。ここで、作ら
れた書き物とで。城の記という、たくさんの白を動かした
ことの記が書かれている本であるとで。

 しぱよらという、せせのよみ山とで。らお山のお書き
ともいう。らおのけだも、とで。けだ山の磯という、黒
山の東山とけという、山とけのぺっさぶという。とでみ
そのこくれる、とで。後、こという書きとで。

 又岩やらという、又やらのおしすしとで。おしおという、
いばるせもののゆみゆら、とで。とで宮のよみおり、と
いう。よみさま山のおしゆし、とそとで。とです山という。

【紫宸奥殿御所】
 けいよらのよりふり、という。けいを使うことの山の
言いとでゆ。とで山という、とれるれ(とでるれ)ともいう。
ありすらられすよみふりのゆおたや、とで。
黒木御所の指針という、紫宸奥御所のしそせま、とでいう。

 ここの業務を今日はするという、京はするという。若い
人は、きょう、という、自分をきょうという人である。
御京という、御今日という。今日の日の自分を、京という。
古い日の、山そ言いという、山言いとも。

 白い猫という、白い猫の作った書き物を、たくさん刷る
という、刷造所という。この仕事である、若い人の大事な
仕事とで。原子山お書きという。

 活版印刷もする人である。ガリをきるという、ガリ版の
印字という、これも若い人の仕事である。ここの出版と
いう、黒四という出版物とで。

【故郷】
 故郷をいうウインタテリウムのことが書かれている本を
作るのが今日の仕事とで。
 若い人はできた本を見ている、ウインタテリウムの署名
の署名がある書物とで。鉛筆を持ったウインという、ウイ
ンタテリウムの署名である。平仮名に丸がしてある署名と
で。とでもの、とでとも、いう、署名のことである。

【ウイン落書】
 大切なことが書かれてある、ウインの落書という。自
分の故郷が書かれていることとで。自分の生い立ちが書か
れている書き物である。ウイントという書きものの名前とで。

 この御所に住まうウインタテリウムである。石碑の前の
小さな林にも、このウインタテリウムの家がある。ここの
ことも書かれている、ウインタテリウムがいう、自分と
いう、自分の故郷というとで。

 若い人とともに住まい、これからの世に生きることを
楽しむ動物とで。始祖鳥を見ては、『ふくく』という、
声を出して、若い人に知らせる。若い人は、ウインタ
テリウムを、ふくく、という。黒木御所の天当の家と
いう、ふくくの住む家であるとで。
 若い人の訪ねた家でもある。ウインタテリウムが、応接
室、奥の座敷とで、通してくれたのである。ウインタテ
リウムの小さな子である。親は御所で仕事をしている、
印刷業務に携わるウインタテリウムという。出来た本を
手押し車に載せ、それを運ぶ仕事である。一冊一冊丁寧に
手押し車に積んでいるウインタテリウムの親である。

 御学問所の教壇に立ち、若い人と自分の子供に、学問を
教える教授とで、後、きょうほま、という、若い人が
先生と呼ぶ、ウインタテリウムである。

 自分を、ひほは、という、立って教えるウインタテリ
ウムである。この日の授業という、ねえねえむれるけ、
という内容である。後、ネムというウインという言葉の
意味とで。れが、今日の日の授業である。

 万物たっとしを教え、万物の命をたっとぶ教えである。
これを、革命という、ウインタテリウムの言葉とで。
革命という言葉を説くウインタテリウムとで。ウインタ
テリウムのうき、という書きである。革命をうきという
黒木御所の言葉とで。浮世という後の世とで。
浮世草という、ウインタテリウムの書いたものである。
故郷という書き物である。ウインタテリウムの羽織が
飾ってある黒木御所の御祖居間とで。

 黒木御所という御所とで。

【人は恐竜の足指から出来た】 
 人は恐竜の足指から出来たとで。ウインの意である。

 そうきょうのよいお書き、今もある、先の世の府庁所
とで。その一室である、そこの書物とで。人の言葉と
同じ言葉である、ウインタという意とで。これが、てる
ひとである、ウインタテリウムの名前ともとで。
ウインタてるひと、ウイン-立てる-ひと、とも、
ウインタテリウムの意ともとで。後、勝竜という、のち、
ウインという勝の意味とで。

 若い人の家にいるウイントンという恐竜である。
勝仁章これとで。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2019大原練習1919天の下2319 Italia Flash della fotocamera18幸義光(フラッシュ)18(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38698
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@284上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@284
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽