2019年09月15日

卒業4115Italia Flash della fotocamera16幸義光(フラッシュ)16(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4115京都船旅3015
古譜2015大原練習1915天の下2315 Italia Flash della fotocamera16幸義光(フラッシュ)16(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/14、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
家から外 肌寒く 落ち葉落つ 銀杏
きいろい気が群がるみち 実は落ち
よい匂い 頭の形銀杏葉 茶にして飲む
よい記憶 思い出しパッと出ると
幸義光光る前 一瞬の閃光
映されてよいよ

 狐の天気予報。〇r1960/06/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1961/4/9 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【始皇帝】
 始皇帝という中国の偉い人という。大前漢の咸という、
この思考程の考察の人と言う。

 『山道を歩きながら、こう考えた』という、夏目漱石
尊宅という、機械の話である。機械の思考という、この
効を、思考程という1000ビット2000ビットという、思考
機械部分のことである。『吾輩は機械である』という、
夏目漱石尊宅の機械という、吾輩である余という。

 余はまさに明示維新進行中の世にいる。夏目漱石忖度の
類推機械の思考程のさなかである。夏目漱石の本がおいて
ある尊宅である。夏目漱石を尊ぶ余である吾輩である。

 『山道を・・』云々個所という、これは、携行機械と
いう蛍光機械という、スマホである。明示維新のスマホ
という、夏目漱石が入れられている。『山道を登りながら
こう考えた』という余のことが書かれているのである。

 機械を読みながらの思考という夏目漱石忖度である。
古い歴史の明治維新とはそういう時代である。余のことを
考えながら歩いていた漱石の足元には蛍光があるのは
もちろんである、自然豊かな頃という。

 これが思考程の話である。思考程の山道は、万理の長城
である。夏の前の中国の大前漢である咸である。夏目漱石
曰く、吾輩の歩行という余である機械である。吾輩が歩い
ているのである。始皇帝の施行程という、長城の建設で
ある。

 北京から始めるという話である。一部の方面は、韓国
京城の入り口である。釜山まで続いている始皇帝陵である、
長城である。そこで考えた思考程という。

 『イカ足は何本であるか』と考えた思考始である。イカ
が空に浮いているという、長城の植えの空である。百足の
長城という。一足400キロという。4万キロという、百足の
イカの計算という、始皇帝算という。この頃の地球はそれ
位であった話という。百万をイカと読む話という。
百万山伝説という。夏目漱石が書いた吾輩である余という。

 空に浮かぶ百足という、イカの脳という。大雑把な計算
である。始皇帝の稜という、かような思考程で、イカ足
施行で施行された話という。

 空を飛ぶイカという、そのイカの冠である。烏帽子と
いうイカ烏帽子という、イカの姿である。山道を登りながら
こう考えた吾輩という機械である。夏目漱石忖度機である。
尊宅記とも。いずれにせよ、機械である。

 百足の思考という、測す思考程という。計量則の話という。
一足400キロという計量の助数詞である。人足40速という、
一足一メートルの人足計量という歩き方とも。
人足五十センチの人足計量とも。吾輩の任意である。
余足歩行という、予測に優れた吾輩である。
草枕という余の小紀行である、スマホの旅という。

 坂本龍馬の膝行四十センチという、一尺40センチという
土佐坂本秤という。この秤の長さを、一始皇という。
目盛を始皇という話とそ。

 案察の施行前という、月琴弾こうの膝行思考という。
歩きながらこう考えた話とそ。

 尺秤の初めを死という目盛を打つ、尺の定規という、
零の目盛の所である。死零の坂本の御叔父という、立って
おられる像である。死零台という台座である。長生き、
健康の話という。

 機械の死は、始である、零点復帰という。リターンと
いう、機械のスイッチ・オンの零点である。零式始動と
いう。コンピューターとも他機械とも。

 余四の話という、よい話である。
 
 そうきょうのよい小話、うよい話という。よよいともいう、
うよい言葉である。よよいうよ、うよき御所とそ。くろよ
御所とそ。黒木御所である、計量則の御所でもある。
よよき山お書きという。山をよよという、山尊ごもとそ。
とっぺ連せる、とで。凸辺のことという、山のことである。

 400キロという、その思考である。地球計測の壁という、
思考程量という、始皇帝陵である。長城である。

 黒き思考という、黒騎士行という、伊達の黒兜という、
下部と頭の様相という、洋装の下部とという。加藤清正
御叔父の像とそ、烏帽子のような兜という。兜という帽子の
大切をいうことである。黒い岸伝とそ。岸電とも、電車の
ことを言う。土佐高知の市電のことという、岸電という。
坂本の御叔父の御見降ろしである。

 二両の高さという像の高さの助数詞である両とそ。
一両二繋ぎ、四両の高さという。あの高さの波という。
高知桂が浜の地震の波の高さとそ。輪界人が今、見ている
人である。土佐あらたえ波とそ。自身の津波をいう。
あらた波というあらたえ波という。土佐郷士の言葉という。

♪『土佐の高知のあらたえ呑みに、むられる花世の、
  イカとんで、ヨサコイヨサコイ』という。
  ごわっぱという、ごわしょのおなみゆり、ともとそ。
  桂連絡の山という。
  
♪『ごわっしょる、すばっせめ、イックはむ、そんたる、
  そんしょの、そんたく、ろれる波、ヨサコイヨサコイ』
  ろれるみな、とも。
  黒木御所連絡、ロル波打電とそ。自動打電である。
  トトツー、SQらく、という、桂浜零打電という。
  はまなすの浜辺という、くろべな、ともいう。
  コールレレールウのおりよんそわ、とそ。
  よんそわの『よん』の意とそ、上文である。
  電灯の高さの自動無線である。ヨンの高さとそ。
  畳の状態の浜、おたたせ浜とも。これが、ごじょうしき
  という、御畳瀬、御畳敷という、無線の電波の絵に
  よる形状とも、レーダーとも。扇型広がり。
   イタリア地中海の波とも。ミラノれっせむ・ろんく、
  という。地中海ができた時である。ミラノよん、とそ。
  カレードニア・カタルないはらの世とそ。かたれり話
  とそ。ミッケラン・ろっくう、という箱のやのお添え
  話とそ。くろずるらっぱのお伝とそ。
  
♪『こいする、おたっしょる、せまるる、そいほの、
  きしぐる、おいよわ、花海(はなみ)鳴る
  ヨサコイヨサコイ』
  土佐豪快談。
♪『おいとしょ、そそめむ、そせほる、すめする、
  すみやら、そいてほ、ろるみなみ、ヨサコイゝ』
  墨黒家話。
♪『いとこつ、せせやる、そやふみ、やりざわ、
  みんみつ、くせろぐ、ふるれやり ヨサコイゝ』
  電通楽歌。
  
 以上、歌謡は案察主をもいう、月琴損とも。尊とも。
案察、案山子みんかるとそ。案山子の立ったままの、
踊りの場とそ。暗察とも。黒の月琴の弾き主とそ。
瑠璃月琴という。るんせる、ともいう。
黒衣装で山笠編み笠を被る月琴の弾き手を案察主とそ。
瀬の器楽にも用いる奏者の呼びである。
歌詞は、土佐の高知世冠語である。おたっしよるがそうで
ある。音楽掛け止め。

 そうきょうのよい曲、こわずる声という。ごうつよい、
声という、土佐の古語である。カタル声という。聞いた
感じが硬い感とそ。その声を出すこととそ。土佐節の
この項の歌いとそ。とで声という、カタル声という。語り
のカタリという、ごうつよい声という。豪強い。
ごわという、硬い声とそ。かたごわの山という。
拍子木の固い音とも。拍子木を入れる個所でもある。
 黒潮の記の材で作れば硬い音が出る。黒潮黒檀とも。
海水に長く使った真っ黒の木である。
 高知世冠語は、後、法律用語になる。元である。
あんみん、暗眠、案民・・・この言葉の展開が法律用語で
ある。あんよん、とも、高知世冠語である。

『あんよん、はしむにか』である。朝語という、調語とそ。
ぺっきん・ろうたむ、ともいう。北京、緒戦平壌の南の
小村とも。そこの言葉で、あんにょんという、通常の
言葉の平壌子冠話という言葉とそ。南韓のプッソン・
ラールとも、釜山冠語である。

 そっきょら・れんてのヨイヨサともいう、あんよん、
あんにょんのこととそ。よい挨拶の意である。
 そっきょす山の言いとそ。日本語のあんよである。
幼児用語という、足のこととも。足を大切にとの意とも。
よい浜の言いという、土佐あんよの言葉とそ。

 そうきょうよいことの葉、よいよさのとうとさ、という、
土佐のことである、高知る論ぜる、とそ。
こうちるろんぜる。こうしる論とも。 

そうきょう祭、よいたみ。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2015大原練習1915天の下2315 Italia Flash della fotocamera16幸義光(フラッシュ)16(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38658
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@484上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/09柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@484
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽