2019年09月12日

卒業4109Italia Flash della fotocamera14幸義光(フラッシュ)14(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4109京都船旅3009
古譜2009大原練習1909天の下2309 Italia Flash della fotocamera14幸義光(フラッシュ)14(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー  カワイ社
  ハーモニー・アシスタント自動作曲 ミリアッド
【歌詞】創郷 
黒い草 黒い木が生え この世は黒
緑木々は 後の世に来ると 肩並べる
友語る今 幸義光光る時 目の前
煙を上げる東山 木陰 野中の
撮影 色付きデジタル


 狐の天気予報。〇r1960/06/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/5/29 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
健康安全第一。 
【黒木御所】
 土佐の黒是の山。亀をおむがむ黒い土に立つ若い人とそ。
鴨野白家へ行く人とそ。白い土の家という、ここを白居と
いう。白居賦という、この文とそ。

 土佐高知より帰って来た人である。土っ佐ふめより、
という、土佐高知の黒れる山という。黒やらの岩より、
という。野の人の住まいという、偉い人という。

 なっぱれーるけ、という、なりるせめよる、という。
土佐山の行き帰り、ジャンボのずん胴という、スカイレー
のバスという。スカイラークというずん胴ジャンボの
ジェット機である。土佐のはりまや橋という、ここへ
降り立った飛行機とそ。土佐よっこしれっく、という。

 土佐への旅行のことをいう。今、帰って周りの黒い土、
黒い草、黒い雑草、黒い木とそ、幹も黒い木の植わる、
若い人の住まう地である。皆、黒い世の中の色とそ。

 黒い土屋根、黒い塀、黒門、黒戸の家という。黒い
ガラスという、中へ入り、ガラスを見れば外が見える
造りである。黒山今ぜく、という、黒木御居の家という。

 後、烏の黒家という。真っ黒烏をたとえる言いとそ。
ここにいる御学問所へ通う、黒ずくめの制服の若い人とそ。
後、学生服という。

 今、黒木御所という、黒い造りの御所という、後に、
京都府という、京都御所の西の住まいという。後、葦藁ぶき
という建ちになる。

 そこの御所で、東に、塔がある日とそ。尖塔である。
今の御所である。この御所を建て替える日の記とそ。
やお山花山という、やおすめのごも、という。
ごれるらんくのいま、という。いまれるおりそ、という。

 この西の黒木御所という、ごもせる山らま、という。
ここのお書きという。若い人の御学問所である。府庁が
建つ前であるという。東山を、くほうゆり、という。
くほう山という。くほうそんめく、という。
ひが上がる東山という。煙が上がる日という。

 この日、磐城世という。若い人のがんぜら、という。
がんぜらの世という。東連峯の山という。この煙が
この御所にやって来ていることという。匂いが硫黄の匂
いである。ここを、いざやまろくという、山麓である。
小高い丘状の御所である。賦の山魔の絵という。このやの
うちふち、とそ。縁が山である所である。

 そうきょうの居住まう、よい宵の黒落ち日沈む日の書き
である。後、京都府庁舎が建つ以前のこととそ。
ここを、高地という、後、こう浜という、後、煙来たる、
煙来御所という。えんえんのお書きという。むごすめの
お書きという。

ここの歌のこうたま、とそ。
 ♪『とうしばやまそる、のうる、
   とうれるこっこのそうめ、
   てれ、すっかるろっく』という歌の節の
 御所とそ。黒木御所遣りという。のうえらむ、
という山々のめでの言いとそ。
らむれるこっくす、という。黒木御所の前の御所で
ある。
後略。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2009大原練習1909天の下2309 Italia Flash della fotocamera14幸義光(フラッシュ)14(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38598
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@396上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@396
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽