2019年09月08日

卒業4095Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽):イカスミ柳

卒業4095Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽):イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4095京都船旅2995
古譜1995大原練習1895天の下2295 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/08、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
故郷を訪ね歩く 見たことが 来たことが
思い出され幾年ふり 遠い過去 そのままで
残る古い看板見て 何度も来たと 甦る
思い出は鮮やか遠い遠い古い日
御父と来た 店の中 話まで
聞こえてきそう

 狐の天気予報。〇r1960/06/03
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2011/8/9 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
健康安全第一。柳状門御政府、ありてそゆらら、
坂本本坂、本所上野西郷そく、れれるるらるる、
これすよ、れてふ、ととす。
国会議事堂の若い人である。
【巧妙の旅】
 若い人は、『土佐高知へ行く』という。
 ジェット機で行く、巧妙の旅という。名を『きみそ』と
いうジェット機である。色が、赤と黄色、黒が少しとそ。
三角の翼という。京都から40分の行程にする。旅のヨンと
いう。ヨンかくの山という。

 新建の館ができる時とそ。上空から、斜め急降下、機首
を上げて着陸する着陸法である。水平から少し上がった
機首という。館の前の地である。はりまや橋という地で
ある。これで行った土佐ヨン旅行という。

 グンと迫る地という。着陸前の急降下である。
着いて館へ入り、『******の御おじさん』という、若い
人という。えらい人の御尊父である、偉い人が後に
こられた話という。ジェット・バスで来られた****
という。

【じょう】
 この日の館という、『じょう』という呼びである。
今の***という、そこで、おられたお爺さんという、
***御名のお爺さんという、***さんの御叔父に連れて
行ってもらった日という。***さんのお姉さんという御方
と、御父と御母と、御お婆さんのお写真と兄弟という。

 操縦が***さんの御叔父である。あっという間の旅行
という。みずちをしていた若い人と周りの人と、******のお姉さん
とそ。****さんの御叔父が、半みずちである。

 この日の記録という、****になる日の館という、
磯見の歌という。『しろにし』という言いと言う。
***みんかむ、ともいう。******のお爺さんの
お言葉という、『しろつや』といわれたお言葉という。

 これが、****という、やみよもの丘ゆき、という。
後、鉄車輪の旅行という。この日に、この家が、藁ぶき
の屋根の時という。綿山という、この家の呼びである。
京都の若い人の家という。お祖母ちゃんのお送りという、
お祖母ちゃんお写真を持って行く旅という。

 よみすもの顔れる、という、旅のよみよま、という。
ジェット機の旅のこたまれという。りりそるふまるめ、
という。ありるるよよふる、という。うちを出でる
言葉とそ。山々のお言いという。

【バクセルロック】
 四国の山のお書き暦という。四国山のおいゆ、という。
後、ジェット高速という、高速の光という。光の速度と
いう、この旅を後に出す旅とそ。御大叔父に連れて行って
もらう、未来の旅という。バクセルロックという旅という。

 若い人の古い記憶という、***の旅の前の旅である。この世の
まてという、果てである。ここを土佐高知という、カレ
ドニアの南端という、海があった高知という、後を、
こうほう、というひのためゆみ、という。

【山戸朝廷御所】
 あられる山のおこと、とそ。これを、ジェット機旅ゆき
という。山戸朝廷御所という、うちの****という御
叔父のお言葉という。山々の思い出という。
懐かしい山のお書きという、この記である。

 何度も来た土佐高知、記憶がむかしの記憶と重なる、
若い人の覚えとそ。えらい人のお父さんと来たという、
御大お爺さんである。写真を下さった御御爺さんとそ。
いつも肌身はださず、胸に持っている人である。

 御お爺さんおありあり、御おじいさんんありそありそ、
高知懐かし、古いとぎれとぎれの記憶である。今また、
来た、その館である。

【さっさ高知】
 さっさ高知という、さされるおいふるすとよ、めるてる、
ほるる、すそみそあるれ、せせゆら、おるれる。この日の
若い人の覚えとそ。

 さっさ高知という、竹ざさが植えてあった所という。
こう山うくせず、めるれ、よんてそ、るるす、おいっくす。
広い道であった後の旅という、『おっとさん』という
呼びという、自分のおさない頃の声が脳裏をよぎる。
なつかしさありるありる、てはえははえゆゆよる、
くめらく、おえつゆつ、えるるる、そよそよわ、
あるてれす、古い言葉で覚えるという、その頃の若い人である。

 『また来る』という、『よせて』という、***年後の旅
とも。遠い所である。今また来れたうれしさ、よよ、たた、
ありてそ。ありそみ、すすゆ、またゆらる、

 声を掛けた、見知らぬ御方、しばらくして、覚えにある、
あの日のあの時の御方である。***年前の御人である。

 記憶に訪ね、家訪ね、『ここの家の御方は』と、通り
がかりの人に尋ねる、『さあ』と、宿へ戻り、気になる
ので、その隣奥へ行ってみた。その家の前へ行き、思い出
は、若い人がよく遊びにいった家である。訪ねた家へ泊まり
そこから遊びにいった家である。ある日の晩である、もうお一
方が、訪ねて来られた、そんな記憶が思い出された。
若い人の遠い日である。土佐銀川、たかし川とかや、

 後、丘の御叔父と丹波を訪ねる。揺られた丘の灯の御叔父
とそ。

【いざり城】 
 土佐高知のここへ若い人はいた、いざり城とそ、長いいざり路
という、いざってあるくという、若い人は、膝をつき、
歩いてみた、相当距離やってみた、足が痛くて、少し
やり、少し立ち歩き、また、少しやり、という。
何度か練習を試みたが、足が痛いという、そういう人である。
『私はいざりです、いざって参りました』という人である。
『いざりが、駒下駄こうをみたヨサコイヨサコイ』という、
若い人の好きな下りである。その御蔭で立てる、そう思う
若い人である、坂本の御叔父のたっとい教えである。
中岡の御叔父のお声という、『いざみよ、うなはらるり、
よよてそ』、そう聞こえた、若い人の聞こえである。

 ここ、いざり城、若い人はそう呼ぶのである。蓆寝の
城でもある。坂本の御叔父のお教えという、暗察の人である。

【黒継月】
『土佐が国をいう、政府を忖度する、暗察の坂本という』、
はりまや橋お書き。黒継月(くろつぎつき)の矢、これなる。
『おたたせ見せます』という、浦戸を開けた人である。
『おかおか』と呼んだ人である。その御方という。
『お立ちあれ』とのお声あり。『お立ちあらっしょ』とも。
過ぎた日の思いとそ。

 丹波黒ざしせ、ともとそ。

【壬生の坂本逸話】
 御叔父は、近藤勇に傷を治してもらわれたという、
新選組の近藤勇の御叔父である。坂本逸話という。
新選組の近藤勇である。新選医局拾遺という、話である。
近藤の御叔父は今も、壬生寺におられる、小池の端である。

後、録音。
 どこかの人がうとた歌で、どなたかは、うなり人しらず、
暗察しても忖度しても、下手人不明という、へたな人です。
土佐高知の坂本麓にゆかりがあるとか、カンゴであるとか、
・・・らしいです。
 解説があるようです。独吟にしたらしく、暗殺者も
忖度主もありません。

 トンテン・・と、冒頭にありますが、独柳、、
この期の出しみたいです。
幕末から明治維新にかけての頃の録音です。

 録音主を、ロック・クナイダーということらしいです。
これが、はりまやの黒継の館という、ま、そこの光景で
しょうか。

 声高の高い所から、急に低くするという、坂本おちく、
という話です。坂本龍馬という維新の有名人で、その人と
行動をともにしていた人の作らしいです。中岡慎太郎という
維新人で、その人の作らしいです。
歌っているのは、坂本龍馬でしょう。

録音 歌 坂本龍馬 7分 
録音 歌の解説    2分
歌も解説も、あまりお勧めできません。
 坂本龍馬さんでしょうか、これでは、暗殺者も遠慮しますね。
 堪忍してくださいといわれまっしゃろな、
 いまだもって、下手人わからず、といわれていますが、
 暗殺者ねぇ、いないでしょ。断言します、暗殺者はありません。
 下手人、へたな人のこと。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1995大原練習1895天の下2295 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38458
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@534上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/03柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@534
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽