2019年09月04日

卒業4083Italia Flash della fotocamera8幸義光(フラッシュ)8(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4083京都船旅2983
古譜1983大原練習1883天の下2283 Italia Flash della fotocamera8幸義光(フラッシュ)8(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/04、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷

 狐の天気予報。〇r1960/05/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2004/11/17 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全体制。健康方法。
【土佐高知行】
 若い人は、土佐の高知へ行くという。鉄車輪の車に
乗り込んだ若い人という。
 途中の景色という、飛び去り、あっという間の高知で
ある。

 坂本の御叔父のお生まれになった所だという。かの有名な
坂本竜馬象である。中岡慎太郎の御叔父という、このお
二方を訪ねるという。京都におられる御叔父である。
明治維新に、活躍をされた御叔父である。
その御叔父がお生まれになったという、石を訪ねる旅と
いう。桂浜という、大きな石がある所である。そこにも
おられる叔父である。海の向こうには外国があるそんな日
である。

 ここの城に寝るという人である。その白の土間に間を
とり、蓆に寝る人である。蓆に寝て、体がかゆかったと
いう率直な感想である。朝、起きてみれば御叔母がおられた
という、銅像である。その御叔母に挨拶をし、そうきょうの
よきを祈る人である。

 世は、戦国時代という、そういう頃である。
 
 『いうたち、いかんちゃ、おらんくの池に、潮吹く魚が
  泳ぎよる、ヨセラル、サマレル』という。
  新語で歌う人である。
  
 『土佐の高知の播磨屋橋で、ぼんさん、簪、こうを見た』 
 『ぼんさん、簪解そうなことよ、ごぜさん眼鏡をこうを見た』
 『ごぜさん、眼鏡をかいそうなことよ、いざりが駒下駄
  こうを見た。』
  
 『御畳瀬見せましょ、浦戸を開けて 、月の名所は桂浜』
 
 『いざりが駒下駄、こうを見た』という、なぜ下駄が
いるかという、御叔父が、自らを、いざりといわれ、
『おたたせみせましょ』という、立って歩かれた話という。
城の救助という。城がそういう城である。

 歩けない人が歩けたという、御叔父のお教えである。
膝行の話ともいう。いざるという、膝で歩くことをいう。
足を大切にということをいう、革命的意見という。

 立ち歩きのことを、たたせみや、という、この地の
おたたせやみという、畳の場にことをいうことの掛け
という。

 足の病人とすれば、治ることという。革命の話である。
後、海援という、援の字を出す話という。尊い教えである。
おたたせみやのうりそみ、という。ヨセラル・サマレルと
いう、新語の冠さまよのごみそわ、という。
これが、ヨセラルという、伊のことという。
サマレルという、しょくの羽織という。羽織をしょぜやむ、
という、この期のこの地の言葉である、冠語の、えたみやま、
という、浜の黒い大きな岩という、この岩をめでたいとそ。

『こりあるよんだる、そめやるはおせに、そいそわれれてぞ
 そみそする、コレマル、ソイソル』とそ。海の見である。
 
『よみてそ、ろいおみ、ゆわれてあいかま、せぬゆり、
 そみらむ、そけとらせ、ヨイホメ、ミヨハル』とそ。
 御叔父のお歌である。そい山のお膝ゆの家という。
 御叔父のお家である。
 
 ここを、ごてゆき、という。京都円山の御叔父のおら
れる所である。いく松という有名な木がある。桂浜も
そうである。今も、御叔父の傍にある松の木という。

 『いざって行きますか』という、この言いの出という、
殿、電柱でござるという、電気の起こしという。波に
よる水力発電という。海の波が来る時の歩きという、
いざり歩きという。水泳へ行ったと木の歩きである。
磯目ヤマぜく、という、おりおる歩きという。
羽織の出来の織りの場のこととそ。織り山という、
高知の織りが、これである。いざよう織りという。

 山内一豊の妻という、銅像である。若い人がいう、大
叔母である。今も元気で、城におられるのである。
その御叔母の織りである。馬の横に立っておられる御叔母で
ある。馬をめでた織り立ちという。御御お叔母の尊いお姿
である。織りの名手である。

 この御叔母をごぜという若い人という。ごぜさんという、
若い人である。 城へ行けば真っ先に、この像を拝む人で
ある。若い人の偶像崇拝である。維新の群像という、その
お一人である御叔母である。かように山内家銅像を知る
人である。明治維新を駆け抜ける若い人である、今様に
明示維新という。歌も、新語がで歌う人である。粋な人で
ある。

 この高知の話が、からぜらごめ、という御所の話である。
この御所を、やおせる御所という。古代大和朝廷の御所で
ある。大和朝廷の明示という、古い話を新しく維新という。
そういう、ごちせそ、である。ごっちゃん山お書きという。
御馳走の語源である。

 いざって櫃の飯いをみれる、という、よそう話である。
膝行の櫃闇という、坂本の御叔父のされることである。
御畳瀬見せ間のおあゆ、という、歩みである。

『いざって行きましょ』という食いの話である。これを、
いざれいざよう、という、いざ山のおせふれ、という。
大和朝廷の卑弥呼の教わりという、卑弥呼を教育された
御叔父である。大和朝廷新記という。そこの御畳瀬に
書いてある話という。

 坂本の御叔父、中岡の御叔父という、皆、今も元気に
あるぜよ話という。ここを、御畳瀬御所という、大きな
御所である。海を背景という、桂浜のあの大きな御所で
ある。威信の御所という。明示威信という、桂浜の海の
見ともいう。

 高知というところはそういうところという。詩碑という、
自然の大岩である。こういうように読む場所である。
読みの海という、黄泉ともいう、桂の浜の海である。

 桂という、桂石という黄泉の石ともいう、その石を
持てば、大きな魚が見に来るという、よみ魚という。
くじついわれ、という。いわれの意味である。
岩をめでることともいう。

 その桂浜から打電をする、ダモツ・ハレスレという、
岩がえりの電波という、遠く外国へ届く電の波という、
海波を伝波という。くじつ岩浜のお歌という。松が
たくさん植わっている伝えである。伝えられるのは、
これを読む人である。

 いざや新書という、いざ、野心の巻きという。
維新の遂行をいう話という。遠く海外にも伝わる
話である。

 蓆に寝た若い人である。蓆殿という、蓆伝でもある。
京都ござゆらのごめ、という。ごめそめという。
坂本の御叔父のお書きである。

 御叔父と一緒に明治維新をするという若い人である。
大政奉還をされるのだという人でもある若い人である。
体制砲間でもあるという人である。家の前に大砲を並べて
見ている人である。

 『我が体制は、砲間である』という若い人という。後、
砲艦であるイージスという。

そうきょうのよい旅、健康安全、そういうて
今日も旅を続ける若いである。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1983大原練習1883天の下2283 Italia Flash della fotocamera8幸義光(フラッシュ)8(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38338
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@593上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/30柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@593
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽