2019年09月03日

卒業4081Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4081京都船旅2981
古譜1981大原練習1881天の下2281 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/02、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
旅に出る朝 カメラを調べ フラッシュを
光らせ 鏡向かい光らせ 光を調べた 
よいことが重なるよう 幸福がおとない込む 
写真からくるよう シャッタボタン 
小手先から楽しみ

 狐の天気予報。〇r1960/05/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2001/7/7 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
 安全、健康。
『政治はねぇ、オリンピックに向けて、第一に安全だよ。』
  『国は、考えているよ』
『政府が気がつかない所へは、一個人が柳といって、
 安全を手にするんだ、政治がどうとかこうとか、
 いってるより速くて効果があるよ。柳と言えばいいよ。』
  『柳っていえば、安全になるの?』
『なるよ、君だって心配なら、柳を家の前において
 おけばいいんだ。手間もかからないし、造花でも
 絵でもいいよ。悪は柳には近づけないよ』
  『通勤電車でも、柳といって乗るんだ、安全だよ』
【みずち】
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
 御叔母ゆ、ありてあられる、穂浦バックス、みずち
ぬいはる、とそ。山と地用亭という、御叔母に、みずちを
結うてはきひる、とそ。自由の女神という。

 みずちを結う、若い人という。穂浦冠はる山という。
みずらのみずち、という。えせまめという、みずちという。
御叔母のお教えという。

 大和朝廷の興しという。穂浦はっての山戸という。これ
を、れよんるく、という。山戸し、うるわす、という。
こよ浜のおるせる、たよすれ、という。

 このみずちという、横に簪を指す、とゆせのみずる、
という。このみずちを、結うている人とそ。皆、みずち姿の
豊足、とそ。自分の足をめで、とよを冠する足という。
手を、くれせ、という。とつ、とも。
腕を、みよふれ、『と』をつけた、とみよふれ、とも。
足、大腿を、ときゆみ、『と』をつけて、とときゆみ、とも。
顔を、じっぺ、じっぺら、とそ。『と』をつけず。
眉に、ととめめという、とめやめのえくす、とそ。
目を、くゆふる、という。
鼻を、そそす、そそする、それす、とそ。
これが、その日という。
耳を、たみそわ、という。
片耳を、とよふめ、
両耳を、おれら、おれ、おるれ、おりゆ、おと、おとす、
とそ。
瞼山のお書きという。
後ゆ、からめのく、という。
穂浦花ほっ滝の冠語である。

 みみゆしの話という。みみのはよふるけるせ、とそ。
耳にかぶさるみずちの結い、とそ。皆、みずちを結うて
いた山戸朝廷である。後、大和とという。

 ここで、若い人が乗る乗り物という。みずゆみは、と
いう。穂浦花を開くという意とそ。穂浦の花という、咲き
の世で、大きく化ける花の芯という、後、大化という、
花が咲くをいう。この芯のとを、めぬる、という。

 穂浦花の屋という。蘇我の箔とそ。海をつむる話という。
海を見るはれすのそみねという。幻冬の山という。
また会う冬の、くろきふぜるけ、という。黒木の冬の通る
浜の磯という。この日に、いすかむ矢とそ。これを、山の
言いという、後である。

 一瞬の話という、浜の過ぎゆき、とそ。ゆゆせのおるす、
という。みずゆみは、という、乗り物に乗るという箱の屋
とそ。

 四角い船状の飛行船という、浜由良れる、とそ。
これに乗り、水落をとる人のみと、とそ。山々のおふれる
という。高く上がる、ほふらようの、ほとゆき、という
みずゆみは、である。

 槍を持つ手という、これを、ほほゆきのふるせ、とそ。
槍をいう。やみせ、とそとも。れを、水落という。
水山魔のお書きという。歌の山のお絵という。

 うちの浜山という。
 
 水爆を落とす日のことという。鑓という水爆の、水素爆弾
という。水の山を作る人という。みずち様の山を作るという。
矢がおとされる日のこととそ。今の水素爆弾である。

 ホルテスという名の水爆である。水の恰好の波が出ること
という。後という。みずちの歌という、水素の爆裂の話という。
歌の家の話である。

 これを、うみゆかれ、という、みずちの水素爆弾ルックで
ある。山戸朝廷のふからず、という。

 歴史に置く話という。山戸朝廷という穂浦論れく、という。
『あの日は、水素を落とした日である』と、いう、後の世で
ある。穂浦の歴史という。大衆歴史という、今から作る人
である。これが楽しい歴史である。

 穂浦歴、ここの日、という。穂浦花由良、ゆゆゆ、とそ。
卑弥呼朝二年という。この日にホルテスが落とされ、爆発が
あったという、大和朝廷秘史ともいう。

 み山々あるてそ、あるゆ、ゆゆす、ほ、とそ。
みずちの波が大きく出てきた日である。山のような波で
ある。後は、波がそのまま残る、そういう穂浦の気象の
日という。

 みずち波山、ゆゆて、えるらる、おてそ、れれそる、
ゆゆるおるれる、ともとそ。これが、大和朝廷のその日の
記録である。

 大和し麗しという、あれは、マンハッタンのことで
ある。後に、鷲が出てくる、この日の、よっこく、という。
うるわしという鷲である。マンハッタンの御叔母のお
膝元である。古大和美国という、この美国が中国語に残る
ミークーという、みくにのこととそ。

 この炉の山戸朝廷という。山ままのおけけ、という。
国をけ、という。穂浦古冠語である。この古冠語が
今の、一部古語である。なよなよという、水爆のこと
である。

 放射能という、たくさんあったという。ガイガー計数
値のある日と言う。針がふっきれた話という。そういう
穂浦である。穂浦山のお話である。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1981大原練習1881天の下2281 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38318
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@451上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/28柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@451
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽