2019年09月02日

卒業4074Italia Flash della fotocamera6幸義光(フラッシュ)6(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4074京都船旅2974
古譜1974大原練習1874天の下2274 Italia Flash della fotocamera6幸義光(フラッシュ)6(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/01、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー KAWAI
【歌詞】創郷 
よいことがあるとか 幸義光の写真
写せば写される人 跡、よいことがある
桜の木陰道行く時 秋には紅葉の影深い
デジタルの写真機 手に持ってはあちこちへ
写しに行く 季節の写し

 狐の天気予報。〇r1960/05/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜柳雲〜山吹雲〜桃雲〜銀杏雲〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2014/12/6 柳。
【オリンピックに向けて】
日本へ来る人に、安全・健康を、それには、植柳する、桜、
銀杏を植える。もっと早く、言葉に出せばよい、簡単。
 政府を忖度する人である、思いやりとそ。
乱暴者が集まらないように、国民、外国人来日者に、
安心してオリンピックを楽しめるよう。正(やなぎ)とも。  
【500km台風】
 穂浦花の水爆の後、何度も落とされている水爆とそ、
大坂の浄正橋(浄正)で、500k,の台風が発生した話という。
 この台風の高さが、干しの高さと同じの時、星が
飛んでいた。ホークという大きな星である。台形で、
偏台形である星である。これが、吹き飛ばされていたこと
という。

【大阪浄正】
 台風が大きく発生して、傘型の渦巻きとそ。高さ高度
四万である。この日の地球の形とそ。四万mに、
一旦回転す、この日が四万の高さである。反り返りあ
がった板状が、縦になった。この時、台風がたっている
場所から、四万のキロである。これが出た、縦になった
板の地上という、穂浦花が一番上になり、そこから、
四万kmという、星がそこにある、それが飛んでいた見え
とそ。水爆の後である。地球がなくなる威力がある水爆
の力という。浄正橋の話という。

 この日に、この板の地を、モノセラという。モノセラの
沖焼き、という。モノセラの沖が穂浦花である。道が縦
になったという、道が立っていたこととそ。自分のいる
地が逆になっている日に、自分は台地が前にあったと
いう、ととそ。重地という地に立つ人と言う若い人とそ。

【縦の地】
 縦になった時に地が分かれた、その地である。また、
基に戻った日である。四万キロの高さで台風が吹いている
これが、空の出来ともいう。星が風に飛ばされた話という。

 宇宙の出来に渦巻きが出でくるのも、この話からとも。

【台形の星】 
 台形の星が後、降りて来る、地球から見られた日とそ。
大きな星である、空にデンとある星という、月より大きな
星である。若い人が立っていた地である。縦になった地の
板の時に、別れた地という。今見る、台形の星である。

【穂浦ヶ咲屋】
穂浦ヶ咲屋という、干しのことという。穂浦がそうなった
ことという。ほかの地もそうなっている。後、水平の板状
になり、浮き上がった地とそ。低く浮いた地である。
ひっついたり別れたり、何度もしていることという。
最後に上へ浮き上がっていった。地の一部の星である。
ほかの地もそういうようになった話という。

 高さが五十センチほどで浮いていた地とも。二階の地
ということとそ。水爆の後という。穂浦が浮いたのである。
他に、小さな地が浮いていた。穂浦花浮き屋のことという。
そこに石垣がある日とそ。後、地を曳き降ろし、地に重
ねたこととそ。この石垣が今もある穂浦の築城の石垣とそ。
浮いた地に築城された石垣である。地ごと引き寄せたこと
という。水爆の後である。

 台風に向かって投下すれば、台風はなくなる。後、竜
巻が起こることになる。台風は崇めるものである。
これを、アガメムノンという。台風の祭りという、鉾による
、の鉾を、りしゃ鉾という。離舎鉾。神社の祭りの先頭を
よる鉾という、なぎなた鉾の昔の言いである、祇園祭の
鉾である場合とそ。他の神社でも離舎という、台風を祭る
場所とそ。

【アトランテス】
 水爆を落とせば地がなくなるという。アメリカの
水爆投下という、若い人がしたのである。どこかで、
地がなくなっていることとそ。ミスという島がなくなった
ことという。アトランテスという島という、ミスという島
である。ここがなくなった話という。この時、地球である
頃とそ、全地球を覆う波がでた話という、ロール波という。
ぐるっと地球を回った波という。若い人の御叔母が大西洋
で入浴をされた頃という、ミスの小島という、そこで
休憩をされた御叔母という、自由の女神のことという。
後でいわれたことという、『あの大島は、波を起こす島で
、私の絹掛けという、黒松の掛け山という、私の衣装で
あります』と、冬用のマントの自由の女神というそれが
ある島という。アトランテスという、それが沈んだという。
御叔母の絹掛けマントはある。トーチの外巻きもある。
若い栂トランプを立てた時には、あったことという。

 水屯脳という、ブレーン・ホッツという、叔母のあの冠
である。これが、自由の女神の冠語である。
目を、アイ、後、アイレバという
口を、モームという、モーラムとも。
耳を、メタルという
鼻を、アトランテスという
眉を、アッコという、後、アイアコクという
体の胸を、チェリーという
臍を、ブーミという、後、ブーメという、後、ブーメラン
   という
腹を、アッツミスという
両足を、ダブロムという
両足下を、ハンサム・ランデーという
靴を、ベルラクという
帯締めを、ベルハンムという
冠を、ブレーン・ホッツという
背中を、バックスという、
尻を、チェーハルという
手を、ホンという
本を、ブレーク・ワンという
腕を、ミットという、メルユーズとも
指を、ミンクスという
灯火を、グレーデン・ホールディングという
光を、メランゼという、メユモックという、メソスともいう
冠の尖りを、ペンサムという
視線を、ヨッという、ヨッセとも、ライン・ハールレーとも
   
 これがマンハッタンの冠語でもある。
『よっときみな』という、
『We shalltt』ウイ、シャルという。
『よっときみな、はれるれ』という、『
We shalltt misoray』ウイ・シャル・ミッソレーという、
ミットウーざまのお言いという。意が『私は行く、
行きます』という意とそ。
 ミッソレーという、ミゼラブルの語源である。
この『ミゼ』が、ミューズになる、ミューズ・アトラン
という。アトランテスふりのお顔という、叔母のお顔である。
これを、オー・ファーという、後、オーパという、
アトラン・メットという、アトランテス・ミュージーという。
めゆゆっくすの山という。対岸の像のある山の丘とそ。

 シー・バンホアという、バンセムとも。ここの御叔母
のお餅である、クッキー・ランデールという。
『シー・ユー・ランドリー』という、ここの冠語である。
自由の女神の祭りである日という。
『ランホア・ベンスマー』という、日本冠語である、
マンハッタンの冠語である。

 これが、自由の女神の兵士の、『ランドール・ホット』
という、ペンタゴンの陸軍行進という、『錨を上げて』と
いう、光を灯す叔母の灯火である。汽笛でボーと鳴らすこ
とという、船の安全航海をいう、叔母の御蔭という話とそ。

御叔母に、我が安全を知らすのである。海軍の喜びという、
陸軍の、ペントライトという、叔母の御光である。
若い人の解く話である。

 御叔母がアトランテスを横目に入浴をされた時の言
葉という、『We shalltt misoray』ウイ・シャル・
ミッソレーである。WEを、Wiと書く表記もある。
初々しい叔母という。光は、穂の浦山にも届いている
日とそ。

【穂の浦冠】
 『水爆をお見せする』という若い人である。穂の浦冠
という叔母の冠の日本語冠語である。ホットロットとも
いう、『ホット』の『ホ』が、穂浦の穂である。
これを、イナゴ冠という、背の尖りが、冠にある、イナゴ
の背の尖りである。ミケランジェロ先生の教えという。
穂浦の御々学問である。御学問所穂浦舎である。
これが、後に御学問という、学問という門である。
学校に門がある、その門を学問という。学問の門とそ。

 御学問御門(ごがくもんおかど)という、角ともいう御
学問の門という、角門という、御学問所角門という。
丸い門を、アートという、アート門とそ。
アートを学芸、学術とそ。丸アートの意という。
御叔母のお教えである、ペチコート・ガバンメント・
グッデムという。グッチーという語源である。
この日のイタリアという、ガッデム・ロンコフという、
カレドニアのイタリアとそ。
フランスを、グラタクという
ドイツを、ガンメルという、オーストリーという
スペインを、ヨッサルという、ヨッコムとも
ポルトガルを、ウェスティーという、ウェストンともいう、
 カレドニア西端である。
ポルトガルの向かい、現アフリカのモロコという、ここ
を、モールコーという、このモールコーの冠語である、
メスレーという、モロコの意とそ。メスレム・モルコス
という。後、モスレ国という、後、モロコス、モロコと
いう、モロコス・モロコとも。モロコの冠語の地名であ。
アフリカの冠語という、アフセマ冠語という、もろれる・
さっぱす、という。
 サパスという、サハラとそ、後、砂漠を意味する、後
地名になる、サハラ砂漠という、これが、地が丸く前で
その地名である、板状の地の地名という。

 東端とつながる、場所という、マンハッタンとそ。
マンハッタンとモロコの冠語が同じであることという。
マンハッタン語という、モロコの民の言いとそ。
マンハッタン・レグスンという冠語とそ、モロッキー・
ヤンマーともいう。モロコ・マン・冠白、という。
これが、青い家の御学問所である。青い雪が降った地で
ある、蒼雪地という、葵砂漠ともいう。土が青い話という。

【ブー・ジャンボ】
 生き物がいる、砂漠の鰐という、ジャクソクという後、
ジャングル・メッツという、メントム・ロケロという、
ロケスとも。よりのおて山という、現、モロッコの海辺の
話という、カレドレーの地という。けんせら・れー家の
名の山とそ。ケンセラレーの歌という、ブー・ブー・
ジャンボという歌詞の歌である。冠語の歌である。
ブー・ジャンボが冠語であることとそ。

 ブーというフランスがかりのブーである。相手をブーと
いうこととそ。ブドハンという、挨拶である。
『ブー・ジャンボ』といえば、
『ブドハン』と返すことという、『ブーメス』ともいう。
゜かんせられて』という意味になる、

 『ブー・ジャンボ・ロットン』という、日の始めの挨拶
である。『ブーム』と受ける、『はい』という、『ブー
メ』ともいう。ブーラス・ラームのおことそ、という。

 『ブー・ジャンボ』、古いマンハッタンでも通用する
こととそ。叔母への挨拶である。ボーフーの山という。
この地名が、モロッコとマンハッタンにあることとそ。
冠語という、板状の地の言葉でもある、板状の地球という。

 冠語であるひに、今ではあまり使われないこととそ。
この言葉が残る日本のこととそ。アフリカ語のブー・
ジャンボは冠語である解という。解山のお書きという。
私の解である、冠語のこととも。

 アフリカで日本語が通じる所がある、古い冠語が仲立ち
して、今の日本語が通じることとそ。この日のモルセバ島
という、今のマダガスカルとも、日本語が通じることとそ。
漢字も使うモルセバ島である。

 アフリカも各地、漢字が使われることとそ。後、南アフ
リカの各地とも、漢字が使われる話という。全世界、漢字
はあることとそ、ニューヨークもそうである。
マンハッタンロークーで、漢字はあることという、日本語が
通じる話という。

 英語という、板状の頃の言葉である、フランス語も
そうである。この頃、ゆうに五十ヶ国語があった話という。
丸くなって、50、84、102、現という。百ヶ国語の元という、
百ヶ国語が全部元である。

 ブーイル・バンプーという冠語のことという。この文
をブーということとそ。

【リバティー】
 MIssミス という英語の敬語という、人に残るアトラ
ンテスの尊びという。Miss livertyというひに、
Mrs. livertyという、自由の女神の敬上である言葉とそ。
ペチコート・ガバンメントの御学問所のお教えである。

そうきょうよいこと、言葉によいことを。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1974大原練習1874天の下2274 Italia Flash della fotocamera6幸義光(フラッシュ)6(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38248
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@405上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@405
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽