2019年09月01日

卒業4073Italia Flash della fotocamera5幸義光(フラッシュ)5(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4073京都船旅2973
古譜1973大原練習1873天の下2273 Italia Flash della fotocamera5幸義光(フラッシュ)5(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/31、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンド・プロジューサ カワイ社
【歌詞】創郷 
雨々降り降り日はカメラ下げ家で
外に向かい幸義光光らせて ぼんやり
丸い玉が写って不思議な世界が見られ
色とりど美し 雨の世界の写真
とっては残す 今日の日の思い出


 狐の天気予報。〇r1960/05/26
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2000/6/7 柳。
【オリンピックに向けて】
柳を植える。安全・健康のため、植柳。
----------------------------------------------------      
【穂浦花】
 若い人はいう、『水素爆弾を落とす』という。

 水爆を穂浦花という人である。この日の、穂浦という。
晴れた空である。空を見上げ、胸一杯、空気を吸い、
両手を伸ばし、逆さ大の字を作った、若い人の欠伸という。

 水爆投下機に乗り、投下地点へ目指す。
この日は、空中投下である。穂浦花上空4000mという。
ここで投下し爆裂をとる、ほめすべ、という。

【細い水爆】
 槍のような細い水爆である。上に、花という、穂布が
ある。これをといて、機体の下の線にける、今の機の下
とそ。

 水平離陸をし、滝の方へ行く、ここを旋回し、穂浦へ
行く。速さが、四という速度である。

 投下地点の、はくれ、という。投下地点を、はけ、と
いう。この刷毛の形状の雲を出す。この雲の、ひろぜる、
という、めんててま、ともいう、これを、れよそ、という、
後、こみかゆ、という、これせる、ともいう。
ここで投下をする。

【上空4000m】
 穂浦上空4000mの場とそ。ここの、きめ山という、この、
きめの山の頂を、もて、という。もての岩の上という、
ここで、爆発をする投下という。4000mで投下する爆薬の
はらる、という。投下後、雲が出る。地を覆う雲という。
今の京都全域の穂浦という。

【京都花由良】
 ここを穂浦花番という、京都を作る話という。後、恐所
という、後とそ、京都花由良という。このいまの山の落とし
という。閃光が出る水爆という。

 この水爆という、レセレルという、あいののおすい、
という。水爆投下をする話という。後、水落という。みな山の
落としという。

 れれその山のお書きという。

【六の落とし】 
 数を数え、この数の六の場で、岩山上空4000mに差し掛かる
この六で、一から数える。十一で終える話という。六の落とし
という。この世の話という。後に、また、これをいう。

 一で、穂浦ほっ滝上空になる、後、ほかばの数えをする。
二の落としという、六をとるニの矢の落としとそ。
六をたっとぶ話という。

 後で数えをされる御方という、このやの造りという。
あみゆら造りのや、という。おとろ山お書きという。

 水爆の山の話という。放射能の出る話という。これを、
固める話という。地の山のほりるれ、という。地を固める
水素の発端という。名を、ケレズ連という。水素の山の
お書きという。

【低速飛行】
 飛行機の低速飛行をとる、この日の投下談という。
スイッチを、テロという、テロレルともいう。これを、
六で押すこととそ。後、京都の町に、六をとる町名が
出る。これを、六出しという。六のたわわ、という。
略。

【かまいたち】
 若い人の周りに、かまいたちという、つむじ風が
あることという。これを、はれすれ、という。

 高度4000mで落とせば、風が巻き起こる。後、小
さなかまいたちが発生する。若い人の家にいた、かまい
たちという風という、30から50cmくらいのかまいたちで
ある。外から家へ帰れば、必ず、かまいたちが部屋に
立っている。かまいたちの家も作って、一緒に住んでいる
若い人である。

 外へ行けば、かまいたちが周りを取り囲み、歩く先に
ずっと立ち並ぶ、後ろにも立ち並ぶ、足元に風が少し
強く巻き起こる。そんな所である。かまいたちを拝み
歩く人である。若い人のおごりという、丘山の話とそ。

 穂浦丘山、ずっと後のことである。今日も若い人は、
風に健康と安全を唱える人である。

【穂浦冠話】
 はなゆかる、れれせ、とすれす、こよふ、れてそ、
こゆこゆ、かまらせんむる、あおよ、れとれれ、という。
かまいたちをたっとぶ言葉という。穂浦冠花という、
穂浦の冠話である。

【気象条件下投下】
 この日の穂浦の気象という、気象による水爆投下とそ。
4000m投下という話とそ。
 京都全域という、次は、日本全域になる。

そうきょうのよい時、人生を楽しみましょう。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1973大原練習1873天の下2273 Italia Flash della fotocamera5幸義光(フラッシュ)5(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38238
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@483上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/26柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@483
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽