2019年09月12日

卒業4109Italia Flash della fotocamera14幸義光(フラッシュ)14(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4109京都船旅3009
古譜2009大原練習1909天の下2309 Italia Flash della fotocamera14幸義光(フラッシュ)14(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー  カワイ社
  ハーモニー・アシスタント自動作曲 ミリアッド
【歌詞】創郷 
黒い草 黒い木が生え この世は黒
緑木々は 後の世に来ると 肩並べる
友語る今 幸義光光る時 目の前
煙を上げる東山 木陰 野中の
撮影 色付きデジタル


 狐の天気予報。〇r1960/06/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/5/29 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
健康安全第一。 
【黒木御所】
 土佐の黒是の山。亀をおむがむ黒い土に立つ若い人とそ。
鴨野白家へ行く人とそ。白い土の家という、ここを白居と
いう。白居賦という、この文とそ。

 土佐高知より帰って来た人である。土っ佐ふめより、
という、土佐高知の黒れる山という。黒やらの岩より、
という。野の人の住まいという、偉い人という。

 なっぱれーるけ、という、なりるせめよる、という。
土佐山の行き帰り、ジャンボのずん胴という、スカイレー
のバスという。スカイラークというずん胴ジャンボの
ジェット機である。土佐のはりまや橋という、ここへ
降り立った飛行機とそ。土佐よっこしれっく、という。

 土佐への旅行のことをいう。今、帰って周りの黒い土、
黒い草、黒い雑草、黒い木とそ、幹も黒い木の植わる、
若い人の住まう地である。皆、黒い世の中の色とそ。

 黒い土屋根、黒い塀、黒門、黒戸の家という。黒い
ガラスという、中へ入り、ガラスを見れば外が見える
造りである。黒山今ぜく、という、黒木御居の家という。

 後、烏の黒家という。真っ黒烏をたとえる言いとそ。
ここにいる御学問所へ通う、黒ずくめの制服の若い人とそ。
後、学生服という。

 今、黒木御所という、黒い造りの御所という、後に、
京都府という、京都御所の西の住まいという。後、葦藁ぶき
という建ちになる。

 そこの御所で、東に、塔がある日とそ。尖塔である。
今の御所である。この御所を建て替える日の記とそ。
やお山花山という、やおすめのごも、という。
ごれるらんくのいま、という。いまれるおりそ、という。

 この西の黒木御所という、ごもせる山らま、という。
ここのお書きという。若い人の御学問所である。府庁が
建つ前であるという。東山を、くほうゆり、という。
くほう山という。くほうそんめく、という。
ひが上がる東山という。煙が上がる日という。

 この日、磐城世という。若い人のがんぜら、という。
がんぜらの世という。東連峯の山という。この煙が
この御所にやって来ていることという。匂いが硫黄の匂
いである。ここを、いざやまろくという、山麓である。
小高い丘状の御所である。賦の山魔の絵という。このやの
うちふち、とそ。縁が山である所である。

 そうきょうの居住まう、よい宵の黒落ち日沈む日の書き
である。後、京都府庁舎が建つ以前のこととそ。
ここを、高地という、後、こう浜という、後、煙来たる、
煙来御所という。えんえんのお書きという。むごすめの
お書きという。

ここの歌のこうたま、とそ。
 ♪『とうしばやまそる、のうる、
   とうれるこっこのそうめ、
   てれ、すっかるろっく』という歌の節の
 御所とそ。黒木御所遣りという。のうえらむ、
という山々のめでの言いとそ。
らむれるこっくす、という。黒木御所の前の御所で
ある。
後略。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2009大原練習1909天の下2309 Italia Flash della fotocamera14幸義光(フラッシュ)14(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38598
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@396上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@396
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月11日

卒業4107Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13<(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4107京都船旅3007
古譜2007大原練習1907天の下2307 Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/11、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
紅葉の麓道 紫に葉々の色 御所みやなぎ
ところどろ 陽は改まり 黄泉の世に
おらるらる おいそよま 指針あらふの
御学問 甕服着られ 麁服 あらため服
着歩かれ 尊さの坂本の像のそば 秋匂う

 狐の天気予報。〇r1960/06/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1998/12/3 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
健康安全第一。
御政府すすよら、めゆてゆ、そそす。
国会正門、大きな門の前に柳を植える。
柳の安全をたっとぶ造りという。門の前に柳を植える
話という。
 真正面に柳を植える、この建築の造りを、柳造(りゅう
ぞう)という。桜等、松等。 
【紀見伊二白】
 紀見伊(紀見井)あらため、とそ。
紀見伊二白という、二黒さっくれ、という。これを、きそ
きわ、という。紀見伊の川ゆれ、という。

 自祖の山という。じみとる・ういすす、という。この『
うい』、英書語という。『ういはる』という、えいせまの
ゆみらま、という。これを、紀見伊おっきす、という。
おいきすの山という。

 ここのこうちを、小内という。小内連絡という。小内の
おさり、という。これを、おさめ、という。おさりを、
おさめ、という。おさめ山とっくす、という。

【麁服】
 この言いを、持論という。この『持論』の『持』(モツ)
という、これを、麁服(あらたえ)という。麁服(あら
たえ)に、えま弓がなる、という。

 この『弓』が、弓の音である。これが、男児の誕生の
時に、弓を奮う、という。弓の音を聞かす習慣という。
女児の誕生に、きぬそや、という、きぬの音を聞かすという、
衣擦れの音という。これを、麁煮(あらたに)、という、
この麁煮(あらたに)を、あらため、という。

 あらための食という、だんたくの山という。この御所を
あらたえ御所という。紀伊二白という。きみすりの
やみもる、という。あらたえの御所を、しじょききによる、
川葺きやり、という。この『やり』に、遣りという字を
充てることを、御維新の一角という。

 これを、いそぐ遣り、という。いそぐ遣りのうたすい、
という。これを、てんそ、という。あるらる弓はる、
という。この言いに、そせよれ、ということの打ちをする。
この打ちを、小内という。小内だいしま、という。

 川ゆら連る、という。けっせるむみすみ、という。けね
てせのこきふらず、という。けねの山の絵という、この
書きに、新た絵、という。麁服を新た絵という。
あらゆらのふり川という、ふり川のきみすみ、という。
小内論という。この『論』を、りませま、という。

 川ふりのや、という、これを、紀見伊に白、という。
紀見伊ふた白という。白せふらすれ、という。
ふりららの山という。ふってふられる、紀見伊損川という。

 きみ山のお絵という。衣浜(きぬはま)山のおはまる、と
いう。ぺべっせ、という、ぺい論の山という。これを、
ぴっしふ、という。この言いの、ぺいじん、という。
べいじんを、ほくたく、という。これが、おをさによむ、
せんべる、という。

 おうちという黄泉に、さうちという黄泉という。
おうちこうち、という。おうちこうちのみにしめ、という。
みとゆとのうちるち、という。この『るち』を、るい浜と
いう。るいせら、とも。るもせる山という。

【凡河内躬恒】
凡河内 躬恒(おおしこうち の みつね、おうち、とも)と
いう、まんぜるのよろずは、という。まんぜるの『まん』
という、後の、『かん』とそ。かんの冠という、これを、
まん、という。

 凡河内の名という、人名のおうちこうち、とそ。小内の
ことという。読みをどちらも使う、漢字の読みという。
おうちとも読み、こうちとも読むことという。これを、
さうち、というひに、里という、この里を凡里(おうしざと、
おうちざと)という。

 凡の河内(こうち)という、どちらもこうちという、
凡と河内とそ。小内が語源である。

 おうちこうちのみつ、という、おうちこうちのみつね、
という。これを、きみそや、という。男児誕生の時の
弓添いの矢という。これを、かぶらね、という。かぶらや、
という。かぶら大根という、麁煮の大根という。

【麁服御所】
 この紀見伊の山のお絵という。大根御所という、大根の
紋の御所である。麁服御所という話という。あみすま山の
お書きという。男児着服という、女児てい浜、という。

【初冠】
 男児も女児も、大根を背負い歩むをいう、これが、麁服の
意味である。凡御所(おうしごしょ)ともいう。これが男児と
女児の年に六十を充てる、しょかん、という、男児三つ、
女児三つという年を、初冠という。この初冠の年を六十と
いう、これを、初冠たみはる、という。むその連れという。
凡御所御所きん川、という。この皮がある所を、みつね、
という。みつね川せらぞるせ、という。

 これを、躬恒と書く、見の弓という、大根背負いの恰好
という。子供に大根を背負わせる御所である。この大根を
弓という、この弓の着を服という。着服という初冠である。

 子供の農作業という、むそ連れ農業という。六十をむそ
という。子供の町名を願う農業という、この習慣をいう。
麁服御所という、これを、新た芽という。農業の興しとそ。

 これを、二白二黒(じはくじこく)という、後、じかりこ、
という麁服御所の言いとそ。じかりこの、おつめまる、
という。みずちの古い言いという、じかりこ、とそ。

 みずち弓原山の、ごくゆらふ、という、こめた山の記と
いう。大根背負いのお立ち様ゆり、という。これを、むそ
いざよい、という。いざ、ヨイという。

 四十の年に充てる、いざよい大根という。人生の暦という。
年のお書きとそ。長命の暦という、いざよい大根のお書き
という。

 御所の畑という、大根背負いの若い人という、あらため
御所にいる人である。これを、革命という。年をめでる
新た芽御所という。あらためる人である。あらためるの
『める』が、ほめるという、三つ子の膝行という。

 四十、六十の人の膝行でもある。安全歩行という。
風呂あらためをいう、風呂改革、風呂革命という、
風呂場に安全に歩むという、かえって、健康歩行と
いう。老人におすすめする、風呂場の滑りのなくし、
という、すめらなくしという、すべらなくしの麁服歩行
という。これを、あらためる、お改という。

【大改】
 大改の海という、風呂場のことである。水ついた、船水
という。風呂場の湯船という、これを大改という。
大改御所という御所である。あらためるすめりという、
すべりという。すめりやのお言いという。風呂屋を、
すめら屋という、すめり屋ともいう。すめらの義という、
風呂の義でもある。

 あらための記という、この文である。あらたえを、
あらためという。大改の勝山言いとい。後、大きな風呂
である。今の世の話という。

 麁煮、新た煮、新谷・・・・という。

 きくれござ、という。坂本の山の内のござ、という。
山内一豊の馬の像という、馬に乗らずに蓆の上の像拝み
という。馬に乗らない意という、馬には乗らない意味の
像である。

 鉄車輪の若い人という、鉄網かけの鉄車輪で、氷の山を
登る知恵とそ。馬に乗らない人の知恵である。
つるつるの氷だけの山という、そこを乗り越える車の若い
人である。山内一豊の馬という、目がピカッと光ったと
いう、そういう銅像の見方という、若い人の見方である。

 山内一豊医学という、土佐の医学である。古医法という、
健康の銅像という、

 『氷の山に登れるよ』というた銅像という。山内一豊の
銅像を土下座で見る若い人である、大きな氷の山を越えて
いる最中である。鉄車輪の車である。

 伊達(いたち)のプスリという、土佐のピカリという、薬の
ことである。銅像の馬の目が光ったという、薬が効いた話と
いう、薬造りの像でもある。
 すめらあらため路という、その銅像の周辺の道である。
滑らないようにいきなされ、といういざって行ってもよい
のである。

 体大切の衣という、これを凡河内衣という、着とも。
麁服御所の周辺をいざる路という。いざり道という。
三つの子に大根背負わせる週刊という、よつばの駒歩き、
という。大根御所のあらため、という。三つ子のかい浜
という、黄泉の御所の隣である。だっきせれるおる、と
いう、小崎御所の言いである。

【やないざ】
 御所のやないざの話という。やなぎ膝という、膝の言い
をする、やなぎ御門という。大根御所の門である。
御所の門をやなぎ門という、やなぎ大根という、大根をいう
農をたっとぶ、ありろる山という。冠の意味である。
大根冠という、大根の形に似せた冠とそ、四十、六十の人
ともいう、三つ子ともいう。

 この人生暦を使うあらため御所である。かいせや、という。

【植柳門】
 城の門の植柳門という、柳の植わる門という、これを、
正門という、正(やなぎ)門とそ。城に限らず、正門という
意味とそ。

 宮中御正門という、御誓文という、五か条の御誓文の
の文の意味である。紀見伊二白言いという。五か条を
ペンるり、という、瑠璃の御誓という、これが五稜郭と
いう、五つ子の山という。

 山内一豊御像の教えである。像の教えである。
 
 若い人解釈という、馬や動物に乗らない、乗り物に乗る
常識人という。氷の大山を自動車で登るという知恵も出て
くることという。

 駄作者注: 氷の山へ自動車で登るという真似はしない
  ようにお願します。


【会教】 
 氷の道行く、いざり着、麁服御所の服でもある。
紀見伊論れく、これを、いざる冠語という。躄冠語とも。
浜山のお磯着ともいう。
 麁服を改め服という。甕服という服もある。改めの
所という。会教の御所という、後、改京、海峡という。
会教は、古い日の表記である、海峡のこととも、べつの
意もある。

 そうきようのよいお書き、安全健康、老人思いとそ。
老人忖度、そんてす数用とそ。体の不自由な人という、
忖度要の用いという。川れる連、これなるを。
川の教えとも。

 木を、やなぎ、という言いとも、麁服御所発である。
木一般を、やなぎという。
三つ子やなぎ、やなぎみつ、という、年を、やなぎ、
という。これを、やないら、という。やなぎいり、
という。

【やなぎかっくす】
 体の不自由な人にやなぎをつける言いという、
やなぎしょくという、やなぎ色という。不自由な人をいう。
普通の人をやなぎ様という、これを色様レかという、逆にも
使う、人をやなぎつき、という言いである。
流儀がこれである。流れや・はれす、という。やなぎ発列
とそ。正常をやなぎという。

【坂本御所】
 御所の坂本龍馬という、尼崎の尼船という、麁服のふき
ゆみという、月琴の暗察をいう。その御所を
坂本という、龍馬是という。坂本御所のことを、麁服とも
いう。これが維新になる言いとそ。二千船ともとそ。

添え、麁服、新た絵という外環状のことである。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2007大原練習1907天の下2307 Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38578
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@155上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@155
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月10日

卒業4105Italia Flash della fotocamera13幸義光(フラッシュ)13(壮強太陽):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4105京都船旅3005
古譜2005大原練習1905天の下2305 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/10、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷

 狐の天気予報。〇r1960/06/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2001/7/7 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
 健康安全第一。
1950/1/1以前 毎日、そうきょうはよい時である。
2020/1/1以後 毎日、そうきょうはよい時である。
柳を植える。よいことです。
【五稜郭】
 若い人は、北海道にいる、五稜郭である。ネコヤナギが
植わっている地である。柳野城という。ここから、札幌へ
行くという。そういって、鉄車輪の車に乗る人という、
途中、大きな氷の山がある。

 目の前に、大きな氷の山が見えてきた。ここで、鉄製の
網を、車輪に被せ、車は、氷の山を登る。そんな行程で
ある。思い出が、脳裏をよぎる。

【高知土佐】
 ここは土佐の高知である。こう山しられる、くくせ
つつう、つつれる、おりゆ、せてよのやのふふ、という。

 若い人はいう、また、行くという北海道という。
土佐の軽山という、柳の滝という、滝下の柳のやという。
土佐の高知という、柳世船という、石製の船という、船が
見えた。

 ここ高知の石器時代という、石の船に座っている若い人
という、石製の槍という、これを、いわやすれ、という、
この前の言いという、いしやり、という。

 岩の槍という、大きな槍の山という、石鎚山という。
土佐もっこすという、槍の御地ともいう。鑓を持つのは、
四国である。この四国を、柳の戸、という、徒とも。

【山軽之国】
 あの岩が軽いという、山軽之国という、四国が浮いて
いるのは、黄泉のお蔭である。黄泉の影という。
黄泉映の影という、蔭という。この影は四国の影である。
どこに映るか、四国の下に映っているという。
上を、えいという、下をけという。えいけという。

 これを、えいなるや、という。はて、四国が浮いた話
という。あれは四国が浮いたという、丘であった時の地震と
いう。海の両際が上がったという、丘からの見という。
高知もっこす、という、おひらるえ、という。

 応法の歌という、この水が山のようになって出てきた
という丘上の桂浜見相という。これが槍を担ぐ姿の兵士
という。自由の女神の丘が見えた話という。

 アメリカ、ニューヨークの自由の女神のおなら、という。
大きなおならであった話である。このオナラの節が、
自由民権の維新の頃の歌である。

 ♪『自由民権おりをして、よりよるはーまのはたれより、
   豪気たるのめそゆられる』
 この山のお歌という。土佐みんべつ、という歌である。

 この歌が歌われたという、土佐の丘で聞こえたという、
頭に浮かんだのかもしれない、若い人である。

 これが山の歌であるという、自由の女神のおなららの
地震という。海に向かってされたという、これのことを、
おなられた、という、おなられという、おならをめでる
レデーゴーという。

【ピアニシモ】
 ピアノを弾く一発という、ブとやってピアノを弾く
ミスという、このおならの音を、ピアニシモという、
ニューヨーク・ロンドンの音という。自由の女神の
弾き手という。

 下品な話といわないのが、この槍の遣りという。
上品な話であるという、肥後みきし、という。
おならをひごという。これを、ひそれぎの言いという。

『おなら女』と言えば、『自由民権ですよ』という。
映画の遣りという。写せないのを、どう表現するか。
映画の観相という、映画のなられ、という。

 監督という人の采配である。おならの映画をいう。
なられのよみ、という。蘇る自信とそ。

 自身というオナラをいう、オナラの山のお蔭という。
四国石鎚山のお受けという。おならの匂う石樽の矢と
いう。四国四十ヶ所巡りという、お受けおならの旅と
いう。四国の、よそいわれ、という。

【坂本魂】
 このいわれが高知という、名の元という。高知県とそ。
自由民権という、坂本魂という。魂を込めてひるとという。
『こめひめの、おへをひく』という、『おへひく』という
京舞妓の言いという。これを、肥後やつ、という、土佐
ミスともいう。肥後みつ、とも。

 この鼬のだて、という、土佐みもらく、という。豪気
一発という。おならの習いという、土佐の塾のお書きとそ。

【石鎚山】
 土佐見のお映という。お映山という、石鎚山である。
えいざんという、えいざん山のお書きという。

 石鎚山のおならは、どこで匂うか、匂うの宮の語源と
いう。よく知っている話という、これを、しりて、という。

 知って話す、おっぴらげという、おひらきという。
ニューヨークの叔母という、女神の入浴という、入牢とも
いう。これを、脱藩、という坂本よまれぎ、という。
入浴中の風呂衣装である。

 浴衣でザブンという、ニューヨーク座という、民権音頭
という、おわら連るく、という。古い土佐の鼬だち、という。
これを、だて、という。だての土佐という。観劇の最後の
ほうをいう。劇、映画の最後のほうを、だて、という。
だて仕舞いとそ。おならがあれば、匂うにんの背、という。
人気でみよむ、とそ。人気でみよむの、くいさりぎ、という。

 ニューヨークの叔母のナイト・ゲイという、芸とそ。自由
民権ひとこぶし、という。土佐が浮いたという、うかず・
とめがら、という。とういるせも、とそ。とむせめっきく、
という。これを、芸道という。おならを出すゲイという。
げいろげ、という。月足山のお書きという。

【芸道】
 おならを一発するという、さて、この周りとそ、『芸に
ひっとらえる』話という、『芸道の親しみ』という。
おならをした人にそういうのである。おならをする話とそ。

【肥後】
 さたれ、という。おならを、さ、という。この言いが、
肥後の言いとそ。肥後れ山という、おならをした人をいう。
おならをした人を褒める言いとそ。
リバティー・ミッシヨン・ラールという、肥後れくの言い
という。ミス・スメルティーという。冠語の言いのえい花
という。ミス・バックスという。ばくせるよっくす、という。
これを、はなめる、という。ハップス・レーレという。
礼々花のお書きという。肥後モックス・バンブ-、ともいう。
もっくすを、もっこすという。肥後を褒める土佐とそ。

 おならを、肥後という、こえの後という。こえる肥料の
案の元である。案元という、この元を贋という。案贋(あん
がん)という、玩具のがんをいう、玩具の玩の字の元の造り
という。字源列という、字元とそ。

【コットウ】
 おならのじ、という、じみ山のお書きという。勇気を
出しておならをする、という。コットという、コットウ
ともいう。悪がつかないという、オナラである。
悪臭の話で、この『悪』が強いという意味である。
悪に強い話という。

 『生きて虜囚の辱めを受けず』という。おならをプっとする
人を虜囚という、反の意味に使う諺という、このことを、
良臭という、良臭のこと遣りという、槍とも。

 これが、石鎚の意味である。オナラをする人を、
石鎚遣り人という、佐賀肥後という、この『肥後』を、
されるけ、という。地名とおならの話である。

【奈良のうただれ】
 おなら元の奈良(楢、・・)という、奈良のうただれ、
という。歌手を、きたみよや、という。北面の歌手と
いう。歌手の動作の、マイクを持って下を見た時の
こととそ、黄泉が下にあるという。よよ花のえいがや、
という。映画の中の歌、歌手とそ。芸能の話である。

 下を見て歌う、このマイクを口上蘭という、こうげみ、
という。黄泉のかつらという、桂が浜を、黄泉の浜という。
生きている話の読みである。

 これが映る映山という、叡山という比叡山の映りとそ。
浮いた土佐槍という、比叡山のことでもある。土佐に
映ったという比叡山麓である。ここを、土佐見里という、
古い地名である。山麓を土佐ともいう古い地名の呼び
とそ。現今、使わない用語である。

 過去に元をとるお書きとそ。
 
 ♪『土佐の高知の・・・』という、はりま王という、
針の術の治しの歌とも。目の不具合の人の得意とも、針、
按摩の話ともいう。盲人という、土佐の医術をいう、
これを、盲目的肝生検という、肝臓の病の治しの歌でも
ある。坂本医学という、脳を見る意楽でもある。
脳の映りという、視野の話という、景色をたっとぶ言葉
でもある。

【語う】
 『語る』を、『かたう』という言葉の意味でもある。
かたいたますみ、という、言霊の冠語である。
かたるという、いざる意味ともいう。カタルという
病気の言葉である。これをいざるという、いて・去る
という。掛言葉のかたりの治しという。
病気が治るようにという意味とも。〜カタ、とそ。
いざりのやまげ、という。『おたたせみせます』と
いう、坂本のおたたせ、ともとそ。山麓の一軒家を
藪という見立てをする藪医の医者という。
土佐藪坂本という、名医の見立てとそ。病院を
尊ぶ話である。

 生命保険という、保険学のこととも、保険学の一部
である、生命保険の項とそ。家政学の一部でもある。

【会覧、躄方御所】
 保険を健康保険に絞れば、政府の名案である。国民の
義務という、全員加入という案の出とそ。えらい人である。
若い人の会う人である。土佐会覧という、土佐高知の古い
会議という。会議を会覧という、土佐の地の言葉という。
高知覧ともいう、会議のこととそ。たくさんの偉い人が
おられる高知という若い人がいう。駄作中の劇作人物
であるとも。若い人偉人伝という、伊人ミケランターナの
御おばあさんのお教えである。ミケランジェロのお連れと
いう。ミケランターナ先生である。土佐異人という御方
である。御学問所の両先生とそ、勉学に励む若い人である。
いざよう宮のお書きという。躄方御所という。
風呂場のことでもある、入浴方御勉学という、扁額の
造りでもある。

 そうきようよい時、健康談義よきよき。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2005大原練習1905天の下2305 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38558
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@552上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@552
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月09日

卒業4101Italia Flash della fotocamera12幸義光(フラッシュ)12(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4101京都船旅3001
古譜2001大原練習1901天の下2301 Italia Flash della fotocamera12幸義光(フラッシュ)12(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/09、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
秋の紅葉 紅に染まる道 もれ陽さす
爽やかな日 振り向いては君が指を指す
御覧 紫色の紅葉 きれいね
楽し他の詩 軽やかに足運ぶ 止まっては
フラッシュになかに君が手を添える枝 
行楽日和


 狐の天気予報。〇r1960/06/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/5/3 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
健康安全第一。
御政府ありてそ。
階下へ降りて、迎える若い人、
来られ来られ、お偉方々、土佐高知、御一緒探訪、
うれしきにや、あらるれれ、礼々の世、ありる。
ありてありせ、よよたる、おりすれ。
いざれ花よら、よりす、おりりせ。
我が世とそ、言い給われ、すこや、お添えあり、
世に****という。   1957/5/3記。
【高知ぜっせく】
 丹波篠山、山鹿の猿がヨイヨイはなのお江戸でしばいする
 ヨイヨイデッカンショ
 
 土佐の高知のはりまや橋で、ぼんさん簪買うを見た
 ヨサコイヨサコイ
 
 上の歌詞を入れ替えて歌います。高知ぜっせく、といい
ます。篠弁の話という。

 せれそれという、尖塔の歌で、この歌の効果を考える
ものという。歌と歌詞との関係、旋律をいれかえれば、
これがわかることになるという。
 黒状のお教えとそ。山内一豊御妻の御叔母のお教えとそ。
いつも城におられる御方、立っておられる、銅像姿とそ。

 ひとしおのいか、という。人山の銅像という、駒と一緒
の御叔母である。この御叔母のお教えという。歌替え山と
いう、御叔母の御場である。

 いざ花目という銅像の造りとそ。駒やら、そひそるはむ
れむ、という。意は、外のかの山という。かめせの歌という。
かごれる山という。この城の立ちの造りという、その造りの
像とそ。これを、メノン・ハムレムという。こよふる・すて
そゆ、とそ。

 人の気をよる、銅像の、かくゆみのあせるき、とそ。
人の気が、歌の気によるをいう。楽しい歌、悲しい歌、とそ。
楽しい歌を歌えば、楽しくなる、これを気とするお解という。
これが、その御叔母のお話である。高知城主であられる。

 歌詞を替える話の出の丘のおくれることとそ。遅れを尊ぶ
ことという。おくらる山のおく、という。おくれた人の磯の
沖、という、置きとも。

 しっかり遅れる歌という。歌えば遅れるという。この
遅れが、良きに作用することという。位置に健康、安全を
謡う箱のいつれ、とそ。いつれ・ばんぶる、という、
いっとともいう。
【歌の健康】
 歌から健康をとっていく、正常な人という。歌を歌う
効果の話のぜんぱく遣りという、この歌のこうるり、とそ。
こうるりを効果という。効果連せる、とも。
いとよとのよどせる、とも。

 豊花をとる歌である。とくれす、という。めめすその
ゆゆふら、という。れてゆておよるる、せめるれ、という。

【電波】
 そっきすっきし、という、速記のム浜せせるのゆいそる、
とそ。電波を発信する日の、書きのはや、とそ。早書きで、
これを打つ、電波の歌の意とそ。桂浜から電波を打つ、
うたっち電連れのよごいご、という。うたせる歌という。

 電波のめで、という。桂けいそる、れれて_よっそる、
この『よっそる』とそ、船の『ようそろう』という。
船の電波とも。

 電波を発信する行為の脳という、てその場という。
脳の中脳のてそという場の働きという。これを歌で表す
中脳のてその安とそ。守りともいう。てそをとめた話と
いう。てそをとどめることという。てその働きを常に保つ
ことをいう。てそをとどむ、という。てそるけ、という。
『てそるけ』の『け』が、気と表すことという。

 これが、脳の正常を保つことという。『け』という話
という、『気』とも。

 入れ替えて歌う日に、効用がなるをいう、効果をとる
行為という。これが、土佐を重んじる、土佐膳という。
とうさるやっぷ(とうするやっぷ、とも)という。

 丹波の篠山の歌を、土佐がとる歌の意の項かという。
歌詞が、丹波の歌詞になる、歌詞づりより、という。
歌詞津という、これを、歌詞頭と表す。歌詞の考察が
なることとそ。かしずの歌絵幕という、絵巻物のとも。
幕でもある。

【海馬】
 こっせらあれた、という、こせるるあおより、という。
あおという名の駒である御叔母のおそばという。
このあおの銅像の脳である。馬の脳のたっとびをいう。
海馬とい能の一部の名称のありの由縁という。
人の脳に、馬が入っている話という。
海馬をてという、てそという、高知脳学とそ。
海馬を中脳に含めた見方とそ。これが、坂本の頭の出来と
いう。坂本龍馬という、叔父の御名である。どちらも動物
の名前である。『おりょうおこま』のお脳という。
坂本連つみの山のお言いとそ。

 坂本龍馬の名の由縁という、銅像の現しである。高知脳
せむの言いという。たんべられっくのいい、とも。
 土佐の馬に立つという、名のかわひむ、という。
おりょおお駒のかわめむ、という。これが、暗察と忖度を
出す中脳の働きという、海馬を含めた中脳という。
大きく大脳ともいう。

【暗察、忖度の脳の働き】
 脳の働きの暗察という、忖度という。どちらも、思い
遣りの意があることという。脳の大きな働きである。
坂本の竜という、坂本竜のいる土佐とそ、恐竜が話という。

【坂本竜】
 坂本竜の脳ともいう。これのたとえでもある、坂本龍馬
像という、駒立ちつる奥の御場という。坂本の像の対の像
である。どちらも脳のたっとびのことという。
ミケランジェロ先生という、この意味の料理である。

 ミケランジェロ路というこの城の道をいう、みっくる
れむせる路とそ。城の道である。いざり路という。

【躄脳】
 大脳海馬辺の脳を、いざれら、という。いざり、ともいう。
躄脳(いざりのう、へきのう)という。いざる脳幕という。
これを、躄の戸、という。いざれらのやふれる、という。
壬生語の、やぶれる、やぶれた、という。

【藪医者】
 藪医者という、藪を人の脳にたとえる、医者の言いと
いう。藪医者を名医という、医者のたっとびのことという。

 藪を見る人の姿を、藪見せむ_ろぐ(せむろぎ、とも)とそ。
脳を見るという、脳を考察することにたとえる、藪のたっ
とび、という。

 考察の語源が暗察という、忖度の行為という、これが、
藪医者の言葉の医術の尊びという。藪医者という、医者を
たっとぶ言葉である。これを、あんせま、という。
あんせられて、という、『あんせられて、ごいそむ』と
いう。土佐の高知冠話である、冠語という。

 頭に足がある、躄の字という。へきという読みとそ。
躄脳という高知の城のたっとび言葉である。城を拝む人
という、城の脳の映り見、という。

 これを、ふたさわず、という。二沢脳という。中脳と
海馬という、城による脳の部署の言葉という。

【一宝】
 これの歌いである。有袋類の脳であるととも。二沢の
様という。言葉のさみさまという。さみれる・ろっこく、
という。カレドニアの土佐れぎ、ともいう。
土佐みさのゆいはるとむ、という。この『とむ』が豊で
ある。一豊という、御場のお連れである。駒の名を、
いっぽうという、一宝という。馬の脳を一宝脳という、
彫像師の言葉という。一宝のさなげま、という。
周りの地である。

『いざって行き、拝む』ということとそ。掛け軸を見る
のに、座って見る見方ともいう。正座両手膝上という
床の真の掛け軸等の見方という。これが、脳の表しで
もある。医者の彫像の見方という、一つの見方である。

 こういう意がでてくる、土佐ぜっせくという、山内
一豊の叔母のお教えである、銅像とそ。

 山の内にある若い人である。いざる身の城という。
いざる膝行の話でもある。

 笹藪、竹藪、土佐の高知の篠之津甚句という、『丹波
篠山〜』の歌詞がそれである。動物では、有袋類のめで
になることとそ。
 土佐ぜっせく・ついふら、ともいう。デカンショ節の
歌詞を、ヨサコイ節で歌うこととも。
 歌詞いれかえなくとも、上の意味である。これを、是
という。言葉の最後に、ぜをつける土佐の高知弁という、
高知武士という、高知節という。

【脱藩】
 いうたちいかぜ、という風に掛けた、高知所の風とも。
後、拘置ともとそ、坂本の脱藩話になる高知の話という。
 
 脱藩という、藩をぬくを、脱ぐという。風呂へ入る
ことを脱藩という、着物を脱ぎ置くことを、拘置という。
古く高知ともいう。風呂屋の籠置きという、高知所という。
風呂屋の話という、革命の話でもある、健康の話である。
脱藩拘置の革命家という、風呂の効用の、さか湯浸かり、
という。坂本麓の風呂屋でもある。

【風呂の革命】
 風呂へ入って歌詞を入れ替えて謡う、ひっくり返して
謡うという、さか湯さんてく、という。三助の言葉の
ことともいう。藪医者の風呂浸かりという。

 名医を、三助さんじょく、という。赤ちゃんを湯に
つける話とも。名医の手前という。土佐ぜっせくの名医
という、かなせかゆきみ、という話とも。

 若い人の革命という、スレーダー・カッツという、
ロイコム連スターという。悪い所をなくすという、
言葉を治療する人である。悪い言葉を使う人である。
よい意味を入れる、健康挿入である。

 風呂屋のいざり歩き、という。滑らぬ先のしっつき歩き、
という、膝行する人である。風呂屋の安全という、大衆
革命の人である。風呂屋でのおすすめ、いざり歩きという。

 あかちゃん抱いての入浴は、いざり歩きで、膝行入浴
という、老人看護の冠語という、躄がこのカンゴである。
大股でドタドタ歩かない、『いざって』という風呂場で
ある。


 『いざって行きましょ』という、馬のお教えである。
躄脳、海馬、大切なことという。

 土佐の国は広い所という、土佐牢のおつたえ とそ。
牢屋という、灯りという、牢獄の脱藩という、土佐の牢獄
という、風呂屋を牢屋という、牢獄所という、注意書きで
ある、入牢という、入浴である。土佐っぽの言いという。
現今、使わない言いである。

 そうきょうのよい話、安全第一である。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2001大原練習1901天の下2301 Italia Flash della fotocamera12幸義光(フラッシュ)12(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38518
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@256上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/04柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@256
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月08日

卒業4095Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽):イカスミ柳

卒業4095Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽):イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4095京都船旅2995
古譜1995大原練習1895天の下2295 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/08、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
故郷を訪ね歩く 見たことが 来たことが
思い出され幾年ふり 遠い過去 そのままで
残る古い看板見て 何度も来たと 甦る
思い出は鮮やか遠い遠い古い日
御父と来た 店の中 話まで
聞こえてきそう

 狐の天気予報。〇r1960/06/03
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2011/8/9 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
健康安全第一。柳状門御政府、ありてそゆらら、
坂本本坂、本所上野西郷そく、れれるるらるる、
これすよ、れてふ、ととす。
国会議事堂の若い人である。
【巧妙の旅】
 若い人は、『土佐高知へ行く』という。
 ジェット機で行く、巧妙の旅という。名を『きみそ』と
いうジェット機である。色が、赤と黄色、黒が少しとそ。
三角の翼という。京都から40分の行程にする。旅のヨンと
いう。ヨンかくの山という。

 新建の館ができる時とそ。上空から、斜め急降下、機首
を上げて着陸する着陸法である。水平から少し上がった
機首という。館の前の地である。はりまや橋という地で
ある。これで行った土佐ヨン旅行という。

 グンと迫る地という。着陸前の急降下である。
着いて館へ入り、『******の御おじさん』という、若い
人という。えらい人の御尊父である、偉い人が後に
こられた話という。ジェット・バスで来られた****
という。

【じょう】
 この日の館という、『じょう』という呼びである。
今の***という、そこで、おられたお爺さんという、
***御名のお爺さんという、***さんの御叔父に連れて
行ってもらった日という。***さんのお姉さんという御方
と、御父と御母と、御お婆さんのお写真と兄弟という。

 操縦が***さんの御叔父である。あっという間の旅行
という。みずちをしていた若い人と周りの人と、******のお姉さん
とそ。****さんの御叔父が、半みずちである。

 この日の記録という、****になる日の館という、
磯見の歌という。『しろにし』という言いと言う。
***みんかむ、ともいう。******のお爺さんの
お言葉という、『しろつや』といわれたお言葉という。

 これが、****という、やみよもの丘ゆき、という。
後、鉄車輪の旅行という。この日に、この家が、藁ぶき
の屋根の時という。綿山という、この家の呼びである。
京都の若い人の家という。お祖母ちゃんのお送りという、
お祖母ちゃんお写真を持って行く旅という。

 よみすもの顔れる、という、旅のよみよま、という。
ジェット機の旅のこたまれという。りりそるふまるめ、
という。ありるるよよふる、という。うちを出でる
言葉とそ。山々のお言いという。

【バクセルロック】
 四国の山のお書き暦という。四国山のおいゆ、という。
後、ジェット高速という、高速の光という。光の速度と
いう、この旅を後に出す旅とそ。御大叔父に連れて行って
もらう、未来の旅という。バクセルロックという旅という。

 若い人の古い記憶という、***の旅の前の旅である。この世の
まてという、果てである。ここを土佐高知という、カレ
ドニアの南端という、海があった高知という、後を、
こうほう、というひのためゆみ、という。

【山戸朝廷御所】
 あられる山のおこと、とそ。これを、ジェット機旅ゆき
という。山戸朝廷御所という、うちの****という御
叔父のお言葉という。山々の思い出という。
懐かしい山のお書きという、この記である。

 何度も来た土佐高知、記憶がむかしの記憶と重なる、
若い人の覚えとそ。えらい人のお父さんと来たという、
御大お爺さんである。写真を下さった御御爺さんとそ。
いつも肌身はださず、胸に持っている人である。

 御お爺さんおありあり、御おじいさんんありそありそ、
高知懐かし、古いとぎれとぎれの記憶である。今また、
来た、その館である。

【さっさ高知】
 さっさ高知という、さされるおいふるすとよ、めるてる、
ほるる、すそみそあるれ、せせゆら、おるれる。この日の
若い人の覚えとそ。

 さっさ高知という、竹ざさが植えてあった所という。
こう山うくせず、めるれ、よんてそ、るるす、おいっくす。
広い道であった後の旅という、『おっとさん』という
呼びという、自分のおさない頃の声が脳裏をよぎる。
なつかしさありるありる、てはえははえゆゆよる、
くめらく、おえつゆつ、えるるる、そよそよわ、
あるてれす、古い言葉で覚えるという、その頃の若い人である。

 『また来る』という、『よせて』という、***年後の旅
とも。遠い所である。今また来れたうれしさ、よよ、たた、
ありてそ。ありそみ、すすゆ、またゆらる、

 声を掛けた、見知らぬ御方、しばらくして、覚えにある、
あの日のあの時の御方である。***年前の御人である。

 記憶に訪ね、家訪ね、『ここの家の御方は』と、通り
がかりの人に尋ねる、『さあ』と、宿へ戻り、気になる
ので、その隣奥へ行ってみた。その家の前へ行き、思い出
は、若い人がよく遊びにいった家である。訪ねた家へ泊まり
そこから遊びにいった家である。ある日の晩である、もうお一
方が、訪ねて来られた、そんな記憶が思い出された。
若い人の遠い日である。土佐銀川、たかし川とかや、

 後、丘の御叔父と丹波を訪ねる。揺られた丘の灯の御叔父
とそ。

【いざり城】 
 土佐高知のここへ若い人はいた、いざり城とそ、長いいざり路
という、いざってあるくという、若い人は、膝をつき、
歩いてみた、相当距離やってみた、足が痛くて、少し
やり、少し立ち歩き、また、少しやり、という。
何度か練習を試みたが、足が痛いという、そういう人である。
『私はいざりです、いざって参りました』という人である。
『いざりが、駒下駄こうをみたヨサコイヨサコイ』という、
若い人の好きな下りである。その御蔭で立てる、そう思う
若い人である、坂本の御叔父のたっとい教えである。
中岡の御叔父のお声という、『いざみよ、うなはらるり、
よよてそ』、そう聞こえた、若い人の聞こえである。

 ここ、いざり城、若い人はそう呼ぶのである。蓆寝の
城でもある。坂本の御叔父のお教えという、暗察の人である。

【黒継月】
『土佐が国をいう、政府を忖度する、暗察の坂本という』、
はりまや橋お書き。黒継月(くろつぎつき)の矢、これなる。
『おたたせ見せます』という、浦戸を開けた人である。
『おかおか』と呼んだ人である。その御方という。
『お立ちあれ』とのお声あり。『お立ちあらっしょ』とも。
過ぎた日の思いとそ。

 丹波黒ざしせ、ともとそ。

【壬生の坂本逸話】
 御叔父は、近藤勇に傷を治してもらわれたという、
新選組の近藤勇の御叔父である。坂本逸話という。
新選組の近藤勇である。新選医局拾遺という、話である。
近藤の御叔父は今も、壬生寺におられる、小池の端である。

後、録音。
 どこかの人がうとた歌で、どなたかは、うなり人しらず、
暗察しても忖度しても、下手人不明という、へたな人です。
土佐高知の坂本麓にゆかりがあるとか、カンゴであるとか、
・・・らしいです。
 解説があるようです。独吟にしたらしく、暗殺者も
忖度主もありません。

 トンテン・・と、冒頭にありますが、独柳、、
この期の出しみたいです。
幕末から明治維新にかけての頃の録音です。

 録音主を、ロック・クナイダーということらしいです。
これが、はりまやの黒継の館という、ま、そこの光景で
しょうか。

 声高の高い所から、急に低くするという、坂本おちく、
という話です。坂本龍馬という維新の有名人で、その人と
行動をともにしていた人の作らしいです。中岡慎太郎という
維新人で、その人の作らしいです。
歌っているのは、坂本龍馬でしょう。

録音 歌 坂本龍馬 7分 
録音 歌の解説    2分
歌も解説も、あまりお勧めできません。
 坂本龍馬さんでしょうか、これでは、暗殺者も遠慮しますね。
 堪忍してくださいといわれまっしゃろな、
 いまだもって、下手人わからず、といわれていますが、
 暗殺者ねぇ、いないでしょ。断言します、暗殺者はありません。
 下手人、へたな人のこと。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1995大原練習1895天の下2295 Italia Flash della fotocamera7幸義光(フラッシュ)7(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38458
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@534上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/03柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@534
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽