2019年09月25日

卒業4127Italia Flash della fotocamera27幸義光(フラッシュ)27(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4127京都船旅3027
古譜2027大原練習1927天の下2327 Italia Flash della fotocamera27幸義光(フラッシュ)27(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/25、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
秋の夕日 西方へおわす 
御父御母ゆむ そたれよ 
きみばゆわる いつぞの会いに
懐かしき悲しきを とめると
いもせためふぬやに来
田は写すうつしよ


 狐の天気予報。〇r1960/06/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【歌意】
『きみば、ゆわる』、『君は、ゆわる』という君闇浜の夕。
夕方が丸いという、景色の見を表現したこと。妹を背負い、
田んぼに来たこと。ためふという、田んぼの屋に来たこと。
田に写った、君の姿である。

【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1920/6/13 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【天気予報】
 ウインタテリウムの天気予測という。
ウインタテリウムが、空を見上げ『うむ』という、
天皇晴れという。『ハッ』という、雪が降ることである。
天皇ゆっきら、という。ゆきせ、ともいう。ゆきざりの
やのお書き、とでっと。

天気の言い方、大ゆらしの言い。
天皇晴れ、晴れの天気をいう。
天皇雨、 雨の天気をいう。
【九条城】
 安槌城(あづち、あづい)城という、京都の九条城という、
ここを、口数(こうすう)という、これを、口入(くにゅう)と
いう。

【白写宸殿】
 この時、豊中の白写りという、白写宸殿という。籠池
という。白写しの写真という、写宸という。写真という、
けたという。坂巻先(さかまきさき])という。

 京都、高辻を、迫みき(さこみき)という。迫みき弓春
という、春原のくぜゆれ、という。くうりる、という。
後、くうりい(苦力)という。くうみすの山ともいう。
ここを、れってかんふか、という。府の前の府省という。
譜省津という。ふれみのごそみゆ、という。

 ここの言葉が、『〜とで』という。紀州久世(くぜ)と
いう。久世豊目(くぜとよめ)という、ここを、きんぱす、
という、きんさむのおりはる、という。

【烏丸西】
 若い人が降りた場所である。今の京都高辻である。
高辻の籠為(かごため)という。ここを、きっさくめる、
とす。とめすせんとの山という。千都という。
高辻の烏駕籠(からすかご)という。烏丸の西である。
西千都巣(にしせんとす)という、これを乱という。
乱言いという、みだれ言いという。乱見る言いという。

 彦根からの行程という、乱という行程である。
行程乱ざく、という、乱千という、乱先絵(らんざきえ)
という。ここへ行くことを、乱入(らんじょう)という。
口中(くなか)という、この言いを、紅中目(べになかめ)
という。紅中山という、紅白(べにしろ)のくこめら、
という。

 京都を、くめまみ、という。くるす、という。
くるめらむのおいい、という。くるせらるう、という。
これを、地皇陛上という。地皇空是のおんの言い、とず。

 センテックスという、せるらるむっそむ、という。
めるゆんずうの言いという。れるてよんとめ、という。
れるするこっすめ、という。これを、明治という。
明治曼(めいじまん)という、明治維新の執行という。
ここを、烏ごめくら、という、後とず、烏ごせ、という。
烏目(からすめ)、とずむ。とうせの山という。とうれる
かゆふれ、という。とずすむれとん、とず。れとん城と
いう。烏白(からすしろ)という。これを、口入楽(く
にゅうらく)という。くちいりかんさけ、という。

【通商】
 ここを、とうす瀬戸、という。通商という。北の商の
くべずら、という、くみせ、という。みゆみんてすの
くせみく、という。

 これが、北の商を、そのまま北にする、きもゆら、
という。高槌闇(たかついやみ)という、高槌籠目(たかつい
かごめ)という。たかぜけ、という。駕籠目乱みく、という。
みるを、みくという。高槌乱みる、という。乱たむ山の
お書きという。京を期という、期闇屈閣(きやみぐっかく)
という。これを、小田和津(おだわづ)という。根立ち津と
いう。根立ちだち、という。寝た地立ち、という。
これを、だて地、という。後とず、いたちだる(鼬樽)という。
鼬という恐竜がいた地とず。これが、地に付く高の意である。

【高槻】
 高槻という、高月という、高台という、高宮という、
高瀬、とず。高の付く地名という、鼬竜がいたことという。
鼬びっかむ、という、鼬べっかむ、ともいう。べるさ、とず。
べるされって、という。べるさるのや、という。
べるさるともいう鼬竜である。これを、二千という。二千滝
という。二千の烏目という。

【鼬の目、にっく】
 鼬の目を、にっくという。二千目竜という。この鼬が立って
歩き、尻尾に三角の研の先のような尖りあった、鋸の形状の
せしるれという、せし尾という尻尾という。ゴジラの絵という。
ごじらである。その竜がいる烏目である。

 烏丸という通りという、鼬通りという高槌(たかつち)
の言いである。映画になっているゴジラという。この高
槌をゴジラゆられる、という。ゴジラが歩いた地である。
機械竜ともいう、深草の軍団である。深草ゆっ閣のゆみ
ごみ、という。深草師団という。京都会議という、京都
会議のパフという、パフ座通りという、パフ座行きと
いう。パフを道鏡という、背鏡の柳ぜむ、という。
鏡竜という。この鏡竜の背という。瀬戸竜という。

 カーゼルという、カレッセという、これを、かろ、という。
高かろ、という。たみかろともいう。高民かろるき、という。
かろ期という、かろ木という、高いことをかろという。

 高かろう辻という、東をやりという、これが、高円れく
(たかまどれく)という。高辻の高円おと、という。
瀬戸を、戸という、お戸という。後、音という。音戸と
いう、おととの山という、ゴジラをおとと、という。
高円竜という。高さ20mほどである。この竜が歩いていた
高円地とず。今の京都の烏丸高辻周辺という。機械竜である、
生き物の恐竜ともぞ。

【駕籠(かご)】
 恐竜を駕籠という、『かごめかごめという、かごの中
の鳥』という、『いついつでやる』という、この『やる』
が、やりである。かご槍見という、かごみ、ともいう。
かごれるるっくつ、という。パフ座交来(パフざまじく)
という意味である。ドラゴンという、ドラ木、ドラ期と
いう。ドラッカーという、どらくの山の意である。

【ドラッカーの経済】
 これを、経済見という。ドラッカーの経済という、
計量経済学という、ドラッサムとず。恐竜の経済である。
経て済むという、経済の京晴れという。京竜ともいう。

 リブズ・バイ・ザ・シーとず。李府津、買、座視、
という。李負ともいう。ここを、李府の海という。
室という、白室という。狛れる山のお書きという。

【匂天神】
 途中寄った所という、江戸行きの寄りである。
駄作者同行文という。深草師団の、立ち原水やら、
竜の休憩徒の池という、烏池とず。高辻烏丸という。
池の水という、後、匂う池水という、後、天神が降った
という、匂天神とず。ゴジラを天神という烏池の室の地とず。

 烏のとまりという、烏がとまる、ゴジラの尻尾という。
名画鑑賞の話である。ゴジラが走れば池になる。
お江戸に本という、お江戸日本話という。本に出ているゴジラ
とず。『毎日出ている』という、『いついつでやる』という、
『いついつである』意とず。いついつという、毎日、毎時で
ある。パフ座通りお書き、これなるやかぬ。 

********************
1960年時点、若い人が使っているもの、明治維新の頃である。
 **電化製品** 
 携帯電話、スマホ、タブレット、
 下敷きのように薄いコンピュータ、ノートコンピューター
 薄型テレビ畳一畳、水不要振動型洗濯機
 **薬**
 インターフェロン
 **乗り物*
 リニアモーターカー電車、
 時速1000キロ、1000キロ以上自動車、原子力自動車
 ジェット機、ロケット機、
 二階建て切り離し型ロケット・ジェット機
 **他**
 高速道路、世界各地海底トンネル、海上空港
 楽器シンセサイザー、各種デジタル楽器(バイオリンなど)
 事務所コンピューター1000〜4000ビット
 デジタルカメラ、デジタル・フィルムカメラ一体型、
 原子炉・水素炉、(地域型ドーム、半径3〜キロ)
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□■ 

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2027大原練習1927天の下2327 Italia Flash della fotocamera27幸義光(フラッシュ)27(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38778
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@257上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@257
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月23日

卒業4125Italia Flash della fotocamera21幸義光(フラッシュ)21(壮強太陽):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4125京都船旅3025
古譜2025大原練習1925天の下2325 Italia Flash della fotocamera21幸義光(フラッシュ)21(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/09/23、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1960/06/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【江戸城】
 今日は彦根へ行くという、若い人である。時速1500Kmの
自動車で行くという。城を置いていく人である。目の
前に見る、彦根城という、何度も来ている城である。
小さな城門である。ここを、あちこち見て回り、『そう
きょうは、しめても』という、像である近藤勇御叔父上
の言葉である、そういた、はとみめの世、という。

【いいの城】
 そうきょうの言いの城という。いい山のお絵るれ、と
いう。花のいき、という。花山のおこやまる、ここを、
じょうという。じょう山のおせゆら、という。『おきょ
う、えど宮やら、よりてす、ここよら、そうれる、そっ
とゆきやる、めゆるおりする』という、れが、若い人の
言いのじょうのえきゆき、という。

 『とちゅうは、とぶように来ました』という、わかゆ
かのえりるり、という。いいのせくれむ、という、ここ
の大山のおまやる、という。この言いのゆきふり、と、
いう。ゆみ様のおりるけ、という。

【彦根譲】
 紀のよまの、えれん、ととす。れれする、とすれすの、
ゆいよの山という。紀の浜という、紀の浜の山のおしか
まめ、という。この言いをする、彦根の譲という。

 『ゆき浜えるらる、こよふけ、ろめす、おりらく』と
いう。せんやきの山のお書きという。おいするろくすと
いう。御所山のよみ、という。ごるれる、ゆみふり、と
いう。ここのおゆのふてゆと、という。紀州という、紀
の沢のしみゆみ、という。後、紀州おうゆり、という。
紀州の山という。

【とき】
 紀州の城を、とき、という。ときみひみ山という。
この城のおきゆれ、という。ここに、のれむ、という。
のっとのゆき、という。のりするめめふれ、という。
これを、よも、という。よもせまのおいき、という。
ようるるれんる、という。

『〜と、いう』切りである。紀州のふま山という。わが
ふみを、よめという。彦根だん文という。ひこよくの
ゆっぴ山という。ゆりゆりのえせむせと、いう。
えぺせらのお書きという。

 いいじょ山の絵のしかふりと、いう。しみせまと、
いう。いいのお書きという。

 城内へ車で入り、『江戸より参りました』と、いう
人である。きのうという日である。ここの木曽という、
紀州の木曽という、木曽みその山という。江戸城みえる
と、いう人である。江戸城まみめむ、そくゆりのふるき
と、いう。れむての山という。せてゆてと、いう、
あうすき山のお書きと、いう。ですてすの絵と、いう。
れうるよんてのあてゆた、という。

 『城を置いてきました』と、いう人住の城と、いいめ
まむろろ、とゆ。これを、とゆのおわふりと、いう。
れれするおせらると、いう。紀州彦様という、彦根の
城の言いと、いう。 せっかくという、せむせむの山と
いう。

 京都ごだいより、江戸ふりに行き、ここゆ、けてくけ、
そっきょのくみを、いたるら、せてゆて、あもまも、く
ゆず。おりせ、みそゆそ、ゆゆする、けれんてと、ゆ。

 ゆゆてのむみすゆと、いう。れを、きとすると、ゆ。
紀州お書き、これなるを。なるゆる、えせの山のみえを
と、ゆ。くろすろんての山と、いう。

【江戸帰還】
 ここを、また、すぐにたち、江戸帰還と、いう。江戸の
くきふみと、いう。めるれの山という。すぐに江戸に着い
た人である。 

 そうきょうよい時という、彦根城おいきゆき、よい
山の世という。
『彦根よい山、ありとわる』という彦根の音頭と、ゆ。
彦根さんまく、という歌と、ゆ。彦根ゆ山ら、ここる
ふみのゆおるせるる、ゆてらる、おるりそゆす。ここを、
彦根城という。譲とも書く、城であることと、ゆ。

 お婆御上ありてありらる、せむれ、おありる、ろろの
ゆきやき、という。せるるろくれる、ふるるよみ山と、
ゆ。

 若い人は城を見上げている今と、ゆ。がんぜ山のお言
いという、城を太守と、ゆ。紀州の城のいいである。

 城原(しろばる)ふま、という。紀州駒という。こま
こまの、くろるく、せもん、という。城の好きな人で
ある。城を、よめのは、という。浜すまのゆみ山と、ゆ。

『彦根ゆ、ありてすっぱく、せせまの山』という。紀州
おわろ、という、おわらをいう。おわらを、おわろと、
いう、紀州の城の言いと、ゆ。彦根の言いである。

 『おたっす、江戸や、いきす、かえらる、ゆいゆい』
と、いう若い人と、ゆ。

 お婆御上ありて、おありら、ららる、そっと、むみ
ふり、なつくしく見ゆる、城らささゆら、せせるろんけ
と、ゆ。

 懐かしい城である。中へ入れば、懐かしさ多きにわく。
懐かしき城ら、ふるれる、我がゆ、うれらうれうれ、
懐かしきありるありせ、ありるありる。

【新選組】
 どんてありせ、ふっくす、ろりす、これを、ろると、
ゆ。ろるまくの城という。まくゆ、つみす、すするる
あせるせ、黒木御所の城言いである。まくと、いう。
ますく、まく、まくつ、まくる、まくふら、まくふらる
と、ゆ。城のことである。黒木御所の彦根の場の言い
である。新選組を興す城である。黒木御所の興しと、ゆ。

 新選組の丘という。丘譜お書きと、ゆ。おたっすと
いう新選組の近藤勇像の言いと、ゆ。自分をそういうの
である。明示維新の彦根の言いである。
彦根ゆ懐かしきゆ。太守もみふれ、れれら、そるれ、
ゆみゆ、手を挙げてぞ、懐かしく見るゆ。

 古き日の大津のみこのいきと、ゆ。大津みことも、ゆ。
卑弥呼の名をいう、ひみここめと、ゆ。

【韓国行き】
 米のなる外という、そとを、ひこゆると、ゆ。彦根城の
名元である。小崎はんつれと、ゆ。ここから、福井小崎へ
行く道と、ゆ。韓国京城と、ゆ。韓国行きの出の城である。
琵琶湖海上路とも、ゆ。

【涙城】
 若い人は、懐かしきを感じ回想する、『つい、この
あいだのことや』と、ゆ。涙ありる、涙流るる懐かしき、
城ゆありて、そわら、おわらろ、紀州おわろと、ゆ。
健康の涙と、ゆ。懐かしき城である。涙城と、ゆ。
りーらま城とも、ゆ。

 ゆゆの波と、ゆ。大津のみこの涙と、ゆ。琵琶湖の波と、
ゆ。涙の出る城である。御婆御上、ありるおありる、お
あれあれ。

 『お婆さんゆ、涙ありてぞ』大津み彦お言い。
お婆さんゆお口、『江戸へもどろ』、若い人承り。

 夢ふき、彦根のことをいう。夢ふきおわろろと、ゆ。
また来る城と、ゆ。

 若い人はいう。『我がゆ、この城の涙保ちて、世を
渡る』と、ゆ。若い人の心である。近藤勇像御叔父上の
、目の効験あらたかと、ゆ。涙と、ゆ。

【ジェット・ヘリコプター】
 6輪7輪8輪の自動車の車と、ゆ。懐かしきにやありていう。
彦根ゆ、らららの城という。らららの涙山、懐かしき多き
ありるありる。ジェット・ヘリコブターの添い飛びと、ゆ。
後ろに飛ぶヘリコプターと、ゆ。途中、紀勢(きぜ)へより帰る、
復路の旅と、ゆ。ジェット機になるヘリコプターである。

【グリーンランド小そうきょう国】
 若い人は立つ遠くアフガンニスタンのはらめるという
場の立ちと、ゆ。大そうきょう国なった今である。遠く、
グリーンランドを思う、小そうきょう国という。
そうきょう世界、今なるを。
 
 世界同時革命という、どこにいても健康という意味
である。明示維新というお書きと、ゆ。
今をお去る日と、ゆ。そうきょう、双ぶ日である。
双ぶ人とも。双ぶ我がとも、ゆ。

 柳ふり、柳しだれの今日の日、よいことである。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2025大原練習1925天の下2325 Italia Flash della fotocamera21幸義光(フラッシュ)21(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38758
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@486上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/18柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@486
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月22日

卒業4123Italia Flash della fotocamera20幸義光(フラッシュ)20(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4123京都船旅3023
古譜2023大原練習1923天の下2323 Italia Flash della fotocamera20幸義光(フラッシュ)20(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/22、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1960/06/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【幕末の京都】
 池田屋騒動、寺田屋騒動という、幕末から維新の京都
という。
『あそこで、会議をうちよります。』
新選組がキャッチした噂である。倒幕を語り、京都の町
で、乱暴狼藉を働くという、ここへ現れる新選組という。
ことごとく、事前に集会を見抜き、これを壊滅さしたと
いう、新選組という、京都では人気がある。
 新選組に震え上がった討幕派という。討幕派を捕まえ
ては、拷問にかけ、しゃべらせたという。皆、これで
喋った討幕派という。

 『そうきょうは、いかに、しめつら』近藤勇の言葉という。
 『無茶に痛めつけては、ならん、人は痛い時は、喋れ
 なくなる。しゃべれるように』
 拷問の話で、近藤勇隊長は、名手であったという。人の
 体を熟知していた人という。ここを、こうすれば、
 こうなるという。
 
 坂本龍馬がやられたという。暗殺という、新選組であ
 ろうかという。
 
 この話である。近藤勇という、名医の話である、近藤
医学という。大衆歴史は説くのである。
 暗察の坂本龍馬という、体を見てもらいに来た龍馬で
ある。近藤勇という人に見てもらったのである。
 元気になってまた暗察をしているという。繰り返し、
拷門という、三味線の心得のある近藤勇隊長新選組と
いう。京都壬生の新選組の話である。そこの御叔父である。

 壬生には、新選組隊長の御叔父の石像がある。この石像
を拝む若い人である。目に効験あらたか、という。これが、
京都壬生の新選組の話である。近藤勇という、若い人の
御叔父である。名医である話という。拷門の名手、近藤勇
という。今も、立っておられる近藤勇御叔父の石像である。
歴史の真相を探る、名解である。

 『そうきょうは、いかに、しめつら』羽織袴に刀を
持った姿の新選組近藤勇の映画という。

 近藤医学の創始者である新選組隊長である。三味線を
弾かれた話とぞ。映画にある健康という。そうきょう
という言葉がそれである。新選組数人と討幕派という、
執刀医という、手術のことである。病気を治すことと
いう、沖田総司は肺病であったと、病気の話が出て
くる大衆歴史物という。

 蘭学という、蘭学の方の薬の造りという、沖田総司の
薬という、侠客の薬局であるる侠客屋の人である。薬屋
である。侠客屋と大きく看板を出していた人という。
沖田総司という若い人である。

 ターフェル・フェッセンという、タファルのややの
おきあき、という。ターフェル・フェッセンという、
なよけ山の御医方という、近藤の御叔父のお言葉である。

 侠客屋という、これを、タファルという言いの人とそ。
沖田総司は、隊士である。近藤名医の診立の、薬を調合
する名侠客という、有名な侠客である薬造りの名人で
ある。蘭学の医学という、そういう医学者の組である。

 近藤勇と沖田総司、医者と薬屋の組、新選組である。
ここを屯という屯所である。壬生屯所物語である。

幕末の京都というそういうような京都である。

 そうきょうのよい話とそ、近藤勇名医である。
 
 やなぎ問診という、小心という、正心という、正しい
心を小心という。安全健康を元に考えることという。
これを、正心門という。壬生正心門という。
ここを、賀陽御所という、今も地名に残る賀陽御所町
である。通うという門である。やなぎ通りという、
賀陽御所の通りである。影になった影口門ともいう。
やなぎをたっとぶ町である。葵を頭に備える姿ともいう。

 葵の葉を頭につける賀陽御所である。影葵通りという。
屯所前の通りである。影青いとも。青影診療所という、
維新御典医という近藤勇名医の診療所である一般名詞で
ある。救急備え付けという意味である。青影、整形外科
である。アンビューという、アンビュランスという、
この『ビュ』が見るである意とそ。景色を見るで、
患部を診ることという。影の部分という、体の中である。

 青い往聴という、葵王朝、青い往朝である。往聴の
医者という、青竹藪の風を聞く、風診という、藪医者の
おとないという、往聴という話である。名医の回診とそ。
会教ごよれむ、という、坂本山のお書きという。
藪医者という名医のことである。

 そうきょうのよい竹藪、風の音を聴く、ささ音の回徒と
いう、医学究の人である若い人である。いっとそ、という、
山ぶら、ともいう、あゆらんぜるの山という。
壬生の山のお書きという。

 烏丸御所の東南の角の場所とそ。ここが、近藤所と
いう病院の設備という。病床の青影という、青影御所とそ。
古い日の、小崎御所の一角という。聴診器の歌という、
れゆれゆもまもま、という。木材加工所の東である、
賀陽御所とも。一時山お書き、これなる。
真っ青の壁という、青壁の御所ともいう。病院を作る
御所という。ナイトハンゼーという、ナイチンゲーと
いう、ナイトの回徒という。ナイトマイトという、糸
を使う医方という。いとぜあす山という、アウスト
リンランという、アストのうつる山という。明日戸と
いう、門の影のおくりくのふゆるく、という。

 病気に関する人の出入り口とそ。カイトレンゼラーと
いう、ナイトゆっきす・れんてのやたの烏という。
やた烏のるくれ、という、ナイチンゲール・ハットとそ。
八咫の絵の鎌という、ロシアの旗の鎌である。赤いリュロソ
という、ロシア・ランデズとそ。

ナイチンゲールという八咫烏という、ナイチンゲール・
ハットという看護婦である、バットマンの医者という、
バットマンルックの冠を被る医者である。

 これが、アンネ・フランクという、ヒットラーのアン
ネ楽という、コーリュウブンゲンという、音楽の書の
こととそ。ロシアのアンナ・カレーニナである。
ナイチンゲールのアンネ・フランク、ろく、という、
六の意という。ろくいしっくの山という。しっくの治り
という。六内地という、六個所(ろっこしょ、ろっか
しょ)という、五臓六腑の山という。

 アンネ・フランクとヒトラーの話という、ガス室へ
送られたという、アンナネ・フランクは生きている人
である。ヒトラーが、ガトウという、人柄の山という。

 ひっとせいの山という。ひっぜすという、ひとせらの
屋のおゆふるとぞ。ヒラーの快速という、ヒトラーゼラ
の快速急とそ。すぐに治ることを、フランクツという、
フラッゼルともいう。ふらせるゆみよも、という。
ひとせる山のお絵という。ヒトラーのアンネという。
アンネ山のお書きという。ややこま山の絵という。

 えるらる山、これをとぞ。とぞれる山祖とず。
とず山のお書きという。とずせるらくのよ、これと
いう。とず書きという。『〜、という』言いが、賀陽
御所の言いである。両の通う御所の言いである。

 バクテリアという、第二次大戦の話とそ。
 中略
 
 
 ロットを、紀伊もく、という。紀伊っ木の山という。
紀伊の木の国という。きくにのぼっこくという、きくに
せらのゆまぜる・ういそ、という。うき山のお書きと
いう。ロットの山という。ロコのいえのおすえる、パル
クという、やなよや・そてすれ・るるふ・るるる、とそ。

 中略

 ひった山のひつせず、ろろこ、という。ろこのむい
すれ、という。むむむのお書きという。

 八咫の烏は大きな烏であるとも。3〜5倍である烏と
いう。助数詞に使う、一烏、二烏・・・とそ。
両手を脇に付け、肘曲げた大きさという、烏という、
目分量である。烏数え、烏言いという、目分量の
ことでもある。
 この恰好を、とめの恰好という、

 この恰好である木という、紀伊の木という。木の
作り方という。紀伊ぜらるおりすり、という。
木の中程から大きい枝が出て、上がまた木になって
いることをいう、この言いをロンという、ろん木という。
おとめ山のお書きという。

暗察、月琴弾き手
拷門、三味線の弾き手
京都壬生というところは、そういう所であります。

そうきょうよい話、健康安全でいきましょう。

幕末という、坂本龍馬は、近藤勇名医に、体を
みてもらったということです。
 坂本龍馬御叔父上、近藤勇御叔父上、沖田総司
御叔父上、お元気で今もおられます。
 御三名とも、若い人の御叔父です。
近藤勇御叔父上の像、壬生寺境内にあります。
拝めば、目に効験あらたかという、今日も若い人は、
拝んでいます。


明日からは、明示維新という、バージョン・アップです。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2023大原練習1923天の下2323 Italia Flash della fotocamera20幸義光(フラッシュ)20(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38738
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@322上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/17柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@322
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月20日

卒業4121Italia Flash della fotocamera19幸義光(フラッシュ)19(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4121京都船旅3021
古譜2021大原練習1921天の下2321 Italia Flash della fotocamera19幸義光(フラッシュ)19(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/20、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
紫の秋来て和ぶ(にぎぶ) 空に
山蝉が飛び来る 銀杏並木 黒日の丸
翻して里を歌う 見よや曙の明天皇の
清々しい朝 この世渡り行く日
楽しみの多い世


 狐の天気予報。〇r1960/06/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【楽譜、写真】
 ひよれ、明天皇、明る天皇(あかるてんのう)、山蝉、
という鳥。磯波なぎ鳥、とも。なぎすゆての音聞く鳥
とぞ。めいすべのゆみきみ、という、れれするふぬぬぬ、
ともとそ。ゆゆせの音ゆと、という、くろれるこんすべ、
という。れれそのむゆみす_る_はゆれ、という、キタキタと
いう、羽音をさす鳥という。とみ島の山という、くろごの
くっきく、という。くりせるのおみすゆ、とぞとも。
 これが、山蝉の言いである、その元と言う。
 はきた山かけ、という鳥の羽音のめでらせ、という。
めでを、らせるり、という。らせっかやっきの山という、
この書きとぞ。

【宮城】
 若い人はいう、『あの城には、家があるという』、
江戸城という、後に宮城である。

【丹波城】
 城は進む、その城の中へ入った城という、城に乗り、
入城する人である。江戸城、入城法という。
この城の石垣という、一部が丹波城の石垣である。
 丹波城という名城がある頃である。その石垣で造られ
いる。

 城から出て、自分の家へ行った人である。城中にある
家である。家の中、ぐるっと見回し、すぐに出て城へ
戻った。目の前は城である。この城へ入り、ゆけのま、と
いう。そのまのたいせ、とそ。この日のこととで、京へ
帰れば、二条の中のはわずのいま、とで、いまの浜という
そこへ着く、これを、城よりよめふり、とす、とすめの
けけるり、とす、山れるのくゆせず、という。

【栃の木】
 腰を下ろししばし。また、立ち栃木という、栃の木の地
へめざす、旅の続きという。城をここへ置き、乗り換えず、
電を見る、城後ろの電車である。この電車で行く、栃の
木の地とで。半刻程の、丸の居である。この江戸の状を
ふたしろぎ(二城着)という。城が城をきたという、城が
きた城である。後、この城で、また、京へ帰る。
 これが、江戸城の城如という。城状の江戸のことを、
城やり城という。城が城に合うという会いとそ。
後、会城という。城の旅の経である。露経城という、
城旅の一用語である。

 城の形状を、二見様城露見(ふたみようしろつゆみ)と
いう。江戸城の二見様状という。これで、城を状という
言いという。『旅行けば、城はふたなる、城の目』と
いう。城目状という。ふつれるの言いという。
城を目という、目槍のしくせれ、という。城の見という。

【大和奈良】
 ここの城のあれきという、後、あれきさんともとで。
パという、あふ山のお行きとで。あれきさんの行きと
いう。後に、アレキサンダーとそ。自分の名前を残す
はもの行き、作りとそ。たくさんのアレキサンダーの
地とで。この江戸の地を大和毛という、大和奈良ともいう、
隣の静という、ここを、大和奈良という、京都二条城
のある所という、ここを大和奈良という。この京の
南の地という、ここを丹波という、大和奈良という。
あれきさんのお付けという。若い人は、さんだるの名を
地に残す、あれきさんのお付けという。
 この江戸を丹波という。大和奈良の造りという。
咸是よまれる、という。城の旅の合いの間のこととで。

【地皇陛上】
 天能を作る旅という、天能にしたをつける状を、天皇と
いう。陛下という、古く塀下とで。地に上を付ける、
地皇の陛上とで。ナボレオンを地皇陛上という。明治塀と
いう。明治塀で、この『で』を出と表す、明治をいうこと
を、明治を出すという、明治出とで。

 出すという使いという、言葉に出すことをいう、出ると
いう、『〜である』という意味とで。『京都を出す』と
いう、『京都である』という意とそ。この言いを、
しろせる、という、しろれる、とも。城状の言いという。

 『天皇を出す』という、『天皇である』という意とで。
明治の言いともいう。明示の話とで。若い人はいう、
『天皇を出す』という、これが、天能を押し出すという
意味である、天皇を作る人である。

 たくさんの天皇を拵えることである。歴史に造り、
頭で造り、物に作り、映画、劇に造り、造りを作る人
ともいう。天気に明治をいう、明治天気という、読んで
地の如くという、明治大正昭和平成という天気である。
やなぎという天気の頭よられという、四分六分けの
大正お半という、髪型である、床屋の頭という。

【天皇】
 天皇という人の頭をいう、頭をたっとぶこととぞ。
自らの頭を、天皇、という、てんこうの山という。
天皇を天候という言いとぞ。天候という話という。
天皇という言葉を一般に使う、使いとで、天王ともとで。

【天皇】
 自分の頭を明天皇という、くりや、ともいう。
くりえる絵、くりえる山、とそ。明る天、ともいう、
天候でもある。くりやーばっこく、という黒木御所の
荊務室(後、刑務室)という印刷、作本の場である。
黒木御所の言いという。明る天、明る天皇とぞ。

【城中宮城】
 冷和天という、読んで字の如くの天気である。
冷和点ともいう、零点の書きという。宮城にある若い人の
家である、天守閣から少し離れた所にある宮城うちの家で
ある。城へ行くことを、レンという若い人の言いである。
れんせら、という城正言いという。自分を、ほ、という
ホーレンという、城へ行くことをとぞ。城の宮城にいる
時の使いである。明治時代の使いという。城中宮城の使い
ともいう。
 自分が行くことを、ホーセという、ほうせ、ついという。
これを、つい言いとぞ。
 『ほうせ、つい、きょうら』という、京へ行くことと
いう。これを、てん、という、てんの言いとそ。
 『ほうせ、は、きょう』という、京へ行くという、
陛上の言いとぞ。二つ合わせて、塀造りの言いとそ。
 
 後の世とぞ、『京都を真っ二つにする』という若い
人という、京都東山から、西、千代まで塀を立てた人で
ある。

 東西ベルリンという、思考程の塀という、大前漢の思考
程の長城の一部とぞ。後、始皇帝という。ここを、おす、
という、おすとめ、とぞ。おすとの言い付けとぞ。
おすと城、おすと門・・とぞ。

 アメリカに塀があるという、アメリカのベルという、
ベルに塀の意味がある、古い意味という、今はこれらの
使いをしない。

 『ほうせ、は、きょう、ナポレラ』、塀上に事を運び
ますという意とぞ、今日一日をいう話とぞ。
 これを、そうきょうという言いとぞとで。
 
 東京と大阪、双都、双京
 東京と名古屋、双都、双京
 京都と大阪、 〃 、〃 
 鹿児島と博多 〃 、 〃  
 ・・と・・  〃 、〃  双数の言いという。
 
 双京は、もうできているのである。たくさんある話とで。
明治の頃にいわれた、双京である。
 自分と相手を、双京という、そうきょうという、
双数使いである。双を相ともいう。相手を相京という、
人を京という、相数、双数使いという。

【相京は如何にしめつら】 
 『相京は、如何に、しめつら』、『如何、なされた』と
いう意ともとで、播州赤穂の城の言いとそ、他の城でも
使う、赤穂で代表さす大石蔵の言いという。
 江戸城のやなぎの廊下、正(やなぎ)の廊下という。
松の廊下である。やなぎまたれ、という意味である。
 
 城には、全部、正(やなぎ)が付けてあることという。
そうきょう、相京と、自分を言い相手をいう、これを、
城御所という。仙台、だての言いという、伊達(いたち)
まつれ、とぞ。伊達のだおす、という言いである。
だれふれ、だれゆれ、ともとで。
 仙台城の相京瑠璃ともいう、伊達のぬたち、という、
木板之助という、安達世のお書きという。
キーボード木板という、その左翼である。木板布陣
の話である。ぬたち津の木板という、キーボードを
木板という、現代の布陣である。
コンピューター・キーボード。

【夢が原城】 
 小田原城の話とぞ。秀吉ことを主という、朱という。
これを、双京という。家康火口の火山という、小田原に
火山があることという。どめせゆや、という。温泉という
どめせゆ、どめゆ、という。どめゆの夢という、夢が原の
小田原城という、夢が原城という。

【夢言い、夢よいいし】 
 江戸を夢という、
大阪の夢らべという、
名古屋、こん夢、
備前、さきまえ(夢前)、
京をまくという、まき夢、まく夢、という。
横浜の、夢ぜ、
仙台の夢やる、
伊万里の夢そ、
丹波のさきさゆ夢、丹波ささ夢という。
 
 古きの夢の言いという。城を夢という、これを、
そうきょう夢という、そうきょうの夢という。そう
きょうの夢枕という、夢にはそうきょうが付くことという。

【双胸】 
 双胸の夢という、人には、そうきょうが付くこととそ。
あれきさんの付けという。
城をそうきょうの夢という、そうきょう夢という、
そうきょう努(そうきょう務)という。これを、ゆめゆめ、
という、努々と表記する。努めである。仕事には、
そうきょうが付きものとぞ。人にそうきょうが付いて
いることである。
 正しいことをいう。これを、夢天皇という、
そうきょう天皇という。
 
 『そうきょう』という言葉を使うのがよいことという。
正しいこととぞ。創郷の頃の江戸という、
『そうきょうぜ、ゆっとき』という勝の言葉である。
ウインタテリという天気ともいう。照る日という。
 
 ウインタテリウムがいた江戸城である。宮城である。
 ウインタテリウム実存論、若い人の恐竜論である。
 
【人を天皇という】 
 卑弥呼の頃の言いとぞ、人を天皇というたのである。
自分を相手を天皇という言葉の使いとぞ。ロワの言い
ともいう。
 
 『天皇よ、いかせ』という『よ』と人につける、人名に
付ける、天皇よと一般に言うのである。
江戸城創成お書き、これとで。

【便所】 
 殿方という表示の便所という、男の行く便所である。
この殿は、一般人男性である。
天皇という表示の便所という、皇后という表示の便所
という。男女の区別である。


 健康天皇という、自分の脳をめで、よい知恵を出す言葉
とで。そうきょうという、健康の言葉という、健康がやって
くることとそ。そうきょう明示、今なるを。
 
 ********
 縦藁のすみより、藁を縦に使う藁葺き屋根である。
この家に住む若い人という、いつも水素炉を見ては
喜んでいる人である。空には、始祖鳥が飛んでいる。
ウインタテリウムも一緒に住んでいる人である。
 堺、仁徳天皇稜という、そこにいる若い人である。
あれが立っていたという人である、後、寝かされた
天皇陵という、寝てくらす堺市という、与謝野冷相
という、よめみめのゆよ花という、この花を『はぬ』
という。
 御叔父ゆ、ありておありあり、すめすめの山と
いう。『レユッテンソン・レークレ』の歌 という。
堺ごゆれふの・すみやら、という。
堺におわす丘のやの、御叔父という、ゆゆめる、
せもすれ、という。せせそよのおてゆてという。
黒木御所の頃の御叔父である。
黒木御所ありてありゆ。そみそみのおごすめ、
という。ろるろるのおりす、ありるすりる。

【ゴジラ小僧】   
 ゴジラの子を抱いて、哺乳瓶のお乳をのませて
いる若い人である。大きなゴジラが手を挙げて
見ている光景という。
 その映画を作るという、ゴジラの栄華という。
つぶらやの瞳という、ゴジラの目である。ゴジラの
家をつぶらやという、黒木御所の前の林という。
そこにある家である。コジラ瞳という若い人である。
づぶらやの目、つぶらな目という、ゴジラ目の人と
いう。ゴジラ小僧おたちの記である。
仁徳天皇ともいうた人である。
    
 冷和な瞳という、ウインタテリウムの目である。
冷和眼という、がんもくろうすうの目の名前という。
ウインタテリウムの目である、ゴジラの目をもいう。

【ゴジラゆらし、キャオ】   
 ゴジラ目の黒という、黒木御所御由来である。
柳しまさぶれ、柳ゆりという、歌の歌い方がある。
この歌の歌いのゆらしを、ゴジラという。ゴジラ
ゆらしという。ゴジの山のお書きという。
キャオという話とそ。
   
 そこに住んでいる人である。仁徳天皇稜の朝という、
お書きである。
   
 堺モズランという、ゆうまくの山という。もずっぺ
という、もずひるという、もずめという、京都物集女
(もずめ)のゆきば、ともいう。仁徳天皇という、
もずひとという読みとそ。大仙稜ともいう、堺の
ひれ山という、もっさぶ山のお書きという。
   
 黒木御所の頃のたてである。仁徳稜という、パの絵
の山という。
   
 それが立つまでの堺という、やまぞ、という、低い
丘陵地である頃という。時速千キロの自動車の旅と
いう。黒木御所の乗り物である。
   
 時速千キロ、2千キロという、たくさんある乗り物
である。水素炉という、原子力自動車もある話と
いう。黒木御所以前の頃である。
現、京都御池通り、その上にジャンボジェット機が
飛んでいた頃である、超低空である。他の道路も
そうである。

【京都原子炉】
 京都原子炉、10数万基お書きという。デジタル兼
フィルムカメラという、その頃のものである。
その頃のコンピューター、4096ビットである。
黒木御所のコンピューターという。スマホ・タブ
レットも、ノートも、下敷きのような薄いコン
ピューターという、その頃のものである。
その頃、勿論、8ビットのコンピューターも使って
いる若い人である。

【非ノイマン】   
 動物、恐竜という、コンピューターを知っている
のである。ノイマンという、非ノイマンという、
ノイマン竜いたちがいることという。黒木御所の
いたちの旗という。その旗の横、日の丸の旗である。
色んな色の日の丸の旗、立っていたことという。

【賀茂河畔原子力発電所】   
 賀茂河畔にも、原子力発電所がある時という。10数万
基はある原子力発電である。火力発電所もある。太陽光
発電という、昔の物である。
 原子力発電所を作るこという、原子力発電がなくなれば、
その時は、原子力発電反対派には、むかられるであろうが、
後、数年〜10数年後には、日本から難民、難民に類する
者が出る。どんどん原子力発電所を作り、人心安定を期す
べきである。昔からある原子力発電である、水素炉もある。
原子力自動車もある。
 今も、小さな原子力発電所はある。昔からずっとある
発電所である。黒木御所お書きとで。

【中南米原子力発電所】
 中南米にある原子力発電という、漢字も通じる所がある。
原子力発電を建設すればよいことという。
本儒国とそ、世界最大の原子力発電所がる所という、
若い人の言いである。環太平洋原子力網というリニア・
モーターカーでもある。
 世界は、皆、漢字が通じ、英語が通じる、露、仏、独、
・・・語ともいう。アイスランドの言葉があった日本という。
南米のなんみんという、原子力発電所を作り使い、人心
安定を期すことである。難民の行先は、原子力のある国
である。ヒマラヤ麓の国、原子力発電所がある国という、
南米もそうである、もうできている話とぞ。
 原子力発電所をなくせば、数年〜十数年後には、難民、
流民がでる、長い目で考えることをして、中脳の使えば
よいこととそ。
 大そうきょう国という、原子炉立ち並ぶ国である、
リニアーが疾走する超豪速路である。
民族独立という、これも人が相手にしなくった昨今とそ。
現、日本の道路案内とぞ、数か国語で書かれている。

【戦争】
 戦争という、侵攻という、言葉の通じをいう話という。
言葉が広まっていくことを、侵攻という。これの形容が
戦争という物語とそ。こういう意味の、戦争と、侵攻が
ある。革命も然りである、健康を手にすることという、
これが原義である。
 
 第二次大戦が終わったという、日本人が米語を勉強する
ことをいう。
 古いニューヨーク、ワシントン、日本語が通じる話という、
漢字がある話という。
 
 そうきょうのよい便所、窓の外の明天皇飛び去りよい
世である。健康安全きたきた。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2021大原練習1921天の下2321 Italia Flash della fotocamera19幸義光(フラッシュ)19(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38718
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@232上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@232
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年09月17日

卒業4119Italia Flash della fotocamera18幸義光(フラッシュ)18(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4119京都船旅3019
古譜2019大原練習1919天の下2319 Italia Flash della fotocamera18幸義光(フラッシュ)18(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/16、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
桜赤く染め 安芸は深まる くれなう
桜の影 立てば 幸義光 記念にする写真
始祖鳥と写す 奥園 戯れる大鹿 楽しく
秋の一日は 影優し日の世 和ぶ秋足


 狐の天気予報。〇r1960/06/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
【荊務】
 若い人はいう、『今日は、刑務をする』という。刑務と
いう、印刷、製本である。荊務という。ここを、刑務所と
いう、印刷製本業務をする所である。ここへ行って本を
作る人という。

【原子力印刷】
 ウィンタテリウムの著書を残すという。ウインタテリ
ウムの教えという。『刑務ありてすわせ』という、ここを、
まゆせまという。原子力印刷という、原子の地からで印
刷をする所である。***御書という、***の御著書という。
これを置くという。わたせま山という、古き日のの紫宸殿
である。紫宸殿中の部屋という、そこにある、玄当という
機械である。印刷製本機である。これを見ている人である。

 宮中出版も、ここですることという。帝四状という、
宮中瓦という、宮中瓦版である。後、御所出版 という。
の業務を荊という、荊状通という。紫宸殿からの出版と
いう。

 時を、宮中みとの時、という。めるれるよんるれ、と
いう。この時の言いとそ。とでとでのいお山という。
文を、とでで置く言いとで。黒木御所の紫宸奥殿である。

 ゆの絵の時とそとでよも山おいるせせやるるするる
とそで。これを黒木御所の書きという。後、とでを丸に
する表記とで。

 うむやっぱの荊疎という。けいらるという人とで。
若い人の記ともとで。城の旅行の記とも。ここで、作ら
れた書き物とで。城の記という、たくさんの白を動かした
ことの記が書かれている本であるとで。

 しぱよらという、せせのよみ山とで。らお山のお書き
ともいう。らおのけだも、とで。けだ山の磯という、黒
山の東山とけという、山とけのぺっさぶという。とでみ
そのこくれる、とで。後、こという書きとで。

 又岩やらという、又やらのおしすしとで。おしおという、
いばるせもののゆみゆら、とで。とで宮のよみおり、と
いう。よみさま山のおしゆし、とそとで。とです山という。

【紫宸奥殿御所】
 けいよらのよりふり、という。けいを使うことの山の
言いとでゆ。とで山という、とれるれ(とでるれ)ともいう。
ありすらられすよみふりのゆおたや、とで。
黒木御所の指針という、紫宸奥御所のしそせま、とでいう。

 ここの業務を今日はするという、京はするという。若い
人は、きょう、という、自分をきょうという人である。
御京という、御今日という。今日の日の自分を、京という。
古い日の、山そ言いという、山言いとも。

 白い猫という、白い猫の作った書き物を、たくさん刷る
という、刷造所という。この仕事である、若い人の大事な
仕事とで。原子山お書きという。

 活版印刷もする人である。ガリをきるという、ガリ版の
印字という、これも若い人の仕事である。ここの出版と
いう、黒四という出版物とで。

【故郷】
 故郷をいうウインタテリウムのことが書かれている本を
作るのが今日の仕事とで。
 若い人はできた本を見ている、ウインタテリウムの署名
の署名がある書物とで。鉛筆を持ったウインという、ウイ
ンタテリウムの署名である。平仮名に丸がしてある署名と
で。とでもの、とでとも、いう、署名のことである。

【ウイン落書】
 大切なことが書かれてある、ウインの落書という。自
分の故郷が書かれていることとで。自分の生い立ちが書か
れている書き物である。ウイントという書きものの名前とで。

 この御所に住まうウインタテリウムである。石碑の前の
小さな林にも、このウインタテリウムの家がある。ここの
ことも書かれている、ウインタテリウムがいう、自分と
いう、自分の故郷というとで。

 若い人とともに住まい、これからの世に生きることを
楽しむ動物とで。始祖鳥を見ては、『ふくく』という、
声を出して、若い人に知らせる。若い人は、ウインタ
テリウムを、ふくく、という。黒木御所の天当の家と
いう、ふくくの住む家であるとで。
 若い人の訪ねた家でもある。ウインタテリウムが、応接
室、奥の座敷とで、通してくれたのである。ウインタテ
リウムの小さな子である。親は御所で仕事をしている、
印刷業務に携わるウインタテリウムという。出来た本を
手押し車に載せ、それを運ぶ仕事である。一冊一冊丁寧に
手押し車に積んでいるウインタテリウムの親である。

 御学問所の教壇に立ち、若い人と自分の子供に、学問を
教える教授とで、後、きょうほま、という、若い人が
先生と呼ぶ、ウインタテリウムである。

 自分を、ひほは、という、立って教えるウインタテリ
ウムである。この日の授業という、ねえねえむれるけ、
という内容である。後、ネムというウインという言葉の
意味とで。れが、今日の日の授業である。

 万物たっとしを教え、万物の命をたっとぶ教えである。
これを、革命という、ウインタテリウムの言葉とで。
革命という言葉を説くウインタテリウムとで。ウインタ
テリウムのうき、という書きである。革命をうきという
黒木御所の言葉とで。浮世という後の世とで。
浮世草という、ウインタテリウムの書いたものである。
故郷という書き物である。ウインタテリウムの羽織が
飾ってある黒木御所の御祖居間とで。

 黒木御所という御所とで。

【人は恐竜の足指から出来た】 
 人は恐竜の足指から出来たとで。ウインの意である。

 そうきょうのよいお書き、今もある、先の世の府庁所
とで。その一室である、そこの書物とで。人の言葉と
同じ言葉である、ウインタという意とで。これが、てる
ひとである、ウインタテリウムの名前ともとで。
ウインタてるひと、ウイン-立てる-ひと、とも、
ウインタテリウムの意ともとで。後、勝竜という、のち、
ウインという勝の意味とで。

 若い人の家にいるウイントンという恐竜である。
勝仁章これとで。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2019大原練習1919天の下2319 Italia Flash della fotocamera18幸義光(フラッシュ)18(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38698
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@284上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@284
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽