2019年08月13日

卒業4029Italia vassoio盆(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4029京都船旅2929
古譜1929大原練習1829天の下2229 Italia vassoio盆(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/13、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1960/05/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1945/8/13 よい盆である。柳亀日 。柳。
      やなぎるという、柳を植えることである。
      これを、やなぼん、という。よい日であることとそ。
【花夜】
 『せめれる』という。『リーラー』ともいう。
『かよけら』という、花夜の言葉である。セレがいた頃
という。なよん霊里という場所の言葉とそ。

 太陽へいって帰って来たととそ。
 
【お化け】 
 お化けに会うという若い人である。このお化けがいた
という。傘のお化けである。このお化けを、なよん、と
いう。このお化けが喋った話という。『よよん』と
喋ったのである。

 これ以後、挨拶に 『よよん』という話という。
ここを、毛の山という、毛の山霊里という。プラントと
いう。よよんプラントの化け、という。霊里をプラントと
いう。

 お化けが、山を飛ばすという。これが、プラントの意
味という。プラント霊山という、お化けが飛ばした霊山
をいう。よよんの霊山という。

 この日を、ごて、という。ごて日の、山飛ばし、と
いう。この『ごて』を、フィメという。フィメさ山と
いう。フィーレレという。フィッソレルラルという。

 お化けを、尊ぶ言いという。東山のお化けという。
『ひをかす』という、お化けである。これを、
『ひがりのおよ』、という。東山四十五歩という。
お化けの一歩がこれである。四十五歩を一歩という。

 この四十五を、斜、という。斜歩という。一歩を斜歩
という。この斜歩に階段をいう。お化けの斜歩階段と
いう。これを、れれれ、という。れれれ斜という、階段
のことをいう。

 この『れれれ』に、およという言いをする、れれれの
およ、という。およよ階段という。これを、レムンゾレと
いう。レムソともとそ。れれすおよの、ペレゾレとそ。

【霊亀】
 お化けの山のおあるレテユテという。これを、亀がら、
という。後、霊亀という。亀のお化けという。これの、
たっとびという、霊亀山という、霊亀道という。

 日本の霊場という。およん場、よよん場という。レム
セラ・レーツという。霊津という、この津のことを、
られれ、とそ。られれ・つよ浜という。ハマれる連図と
いう。
 
 これが、御所の津である。お化けから出た津という。
お化けのよよんのことをいう。これを、セラーという。
セラーのことという。セラーれることという。メムセラ
夜、という。メムセラ・ルーともいう。

 傘のお化けの、言葉の残る御所という、ここを、
せらおよよ、という。およよ御所という。このことを、
『およん・セラれて』、という、およんセル、をたっと
ぶ言葉である。

 この言葉を使う話とそ。『およんセラれて』と、
『およん五を使います』という意とそ。冠語の、お
化けの言葉である。

 お化けが、冠語である。機械の加工後の言葉という。
これに、使う話とそ。

【面斜】
 『面しゃあ』という、『面しゃ』という、『面斜』
とそ。階段を作る加工のことを、面斜という。面取り
という、加工の言葉である。オミットという、加工を
いう。『レト・おみつ』という、オミット・連楼という。

 お化け楼閣の階段という、四十五段である。この
楼閣をリリオレという。リリオレ楼という。リリ様の
世という。昼のお化け蟻階段という。お化けの造り
という。

 ここの言葉を化語(かご、けご)という。後、化学
用語という。お化けの化学という、科学とも。
お化けより出た科学という。これを、サイエンス
という。才媛の図という。

 美女を絵に描く画家の手とそ。お化けが裏にある
という。化学のお化けという、六角形を書く話という。
たおとい記録という。

【才媛】
 化学の勉強には六角形という、これ、才媛す、とそ。
霊亀ということの話という、これを、おかめという、
おかめの話という。

 ここを、霊亀話所という、霊亀御所という。化学の
ことを、尊ぶことという。才媛す話である。

 冠語でかがくという、化学、科学とそ。階段が
連絡をした、お化け連絡という。そのもとを、基という。
六基の山という、土を六基土という。ローキッドの話とそ。

 冠せられて、ロッキードとなる。冠霊所という。きかんの
山という。亀冠。これを、基に戻す、帰還という。山を、
キレという。これを、きみすられ、という。亀の基環という。
キカレルもつ、という。キメンセラーという。霊亀の尾を、
貴、という。コレッキという、亀の尾っぽに毛がある
ことをいう。亀の尾っぽの毛という。これを、霊亀という。

『霊亀数、ロンラック』という文である。

 墓参りの霊によせて。
 関西の盆という、今日(8月13日)を霊亀盆という。
科学のボンソワールという、六角形の盆を科学盆
という。盆良令という、盆良霊という、ボンラル・スック
という。亀が参り所におかれる話である、亀の像とそ。

この像を、メッキラーという。亀の目をたっとぶ言葉で
ある。今日を、メッキラ・レールという、冠語の言いで
ある。暦をレルという。

【霊亀暦】 
 霊亀暦という、御所の暦とそ。今の旧暦にあたる暦とそ。
 
 そうきょうのよい亀、よい才媛、れれてよわれら、
ロミックソー、という。柳亀日という、ハトミ山の
おゆるれる、という。おゆせる論という。
今日のことである。

8月13日 霊亀盆、柳亀日、メッキラレール、
     めきせのお日、めっきらん日、およれ盆、
     すすま、せれすめ、すれそ、すうれる、よよ、
     よよ日、およんの日、よよんせ、れろんす、
     8月13日の呼びである。
      よよ盆ありてす、すわるら・ろくす、れとよとん、
     とそ。
   『ロッキール・メンソール・ランララ・れとす』言いと
   いう。ここを、れとんそ御所という、
   いばれら・みっき、ともいう。
   お日かな、かなしや日という、盆のことである。
   うら盆の話とも、かな盆という、これを、うらかな盆
   ともとそ。うらかなし日とそ。
   あしたを13日という、14日を、うらかなかえり日とそ。
   15日をじゅみふり、という、霊亀御所の言葉である。
   明日は14日である、あしたの14日を13日という、当日は、
   14日という。13をトムという、弔うの意味という。
   かえりという、もう一度、日を呼ぶことという。
   うらかなかえり、とぞ。
   2019/8/13記。
   
   盆に精霊の迎えをするという、これを、ロジクと
   いう。らんきらん、めっきらん、という、亀と
   蘭の絵という、裏に、花を飾ることを、メンフィス
   という、盆用の絵でもある。ソンブレスともいう。
   冠語である。そっくんれるの言いである。『れてそ』
   という言葉の言いである、意味である。
   うらがなのいまはれ、ともいう。絵の裏に仮名の
   署名をする一つの作法
である。これを、亀下(きか)
   という、後、机下という。机の下の亀目という、
   勉学、研究のたっとびをいう。これを、ボンス、
   という。後、ボンソワーという、後とそ、
   ボンスワールという。盆座りのお勉強という。
   これを、ボンスワール・ランデという、後、
   ボンスワール・ランデブ、という、このままの
   フランス語である。
    仏教にとれば、仏蘭西ふらんすの『仏』の字の
   かかりとそ。フッテムという冠そんラールゴーと
   いう。ラル語とそ、冠語の一種である。
    北京数という、ペッキン・ラールゴーの北京
   則語という、『カンファー(カンホア)・ラン
   テーレー』という、漢語の冠語である。
   盆を、パーフラーという。
   
そうきようのよい盆、ありてありるら、ろってそ。
   上文簡略。
   これにて。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1929大原練習1829天の下2229 Italia vassoio盆(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou37798
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@511上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/08柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@511
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽