2019年07月14日

卒業3886Italia Albero di quercia茨木(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3886京都船旅2786
古譜1786大原練習1686天の下2086 Italia Albero di quercia茨木(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/07/14、柳晴
    創曲、茨木白須・正(やなぎ) 
    造詞、星 光義・正 
    監修、ステゴノドン・正
    訳、 冴柳小夜木・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
ろけろくに 茨木植え それる山ゆり
山鹿の振りあがり みつりやりぎ 
ふむふむれると おいさる はなれ富士は
飛び上がる 裾野跳ねあがり すかれきぐぇ
げげららとみす 飛ぶおやり 地は弓成り方
地落つ槍の富士見の茨木
 狐の天気予報。〇r1919/04/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))


【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
 あの城は外に天守閣がある。外城という。城を曳くという。
城がその場でグルリと回る。そうして着いた江のよまという所
である。

 そこで一旦城を降りて、水得という半円球の飛行機に乗った。
若い人が行く茨城という、ばらゆらの植林という茨城の奥と
いう。『城行けば、柿が成るなり、つよこの世』という、古
俳句を詠んだ若い人という。

 一人の行きという、山祖の歌の世という、ここを山揺れ見巾
という、後の世の、富士くみや、桶沢という、あみの宮という。
ここへ、行くという、とみよのおけらむ、という、おしよせの
おりという。降りた、かわみくの場という。辺りを見渡し時を
世という、時世の絵とそ。江絵の世のおいゆきという。

 若い人の飛行記である。

 下にゆたというなとめとそ。なとゆきの歌という。うれるる
とうすほう、という。とうしの方山という。山の上を越えた
水得の行きという。この江のゆまなまのお磯という。いばれる
川ふれという、茨木が植えたという、茨の木を植えるいばらぎや
の歌という。いば浜のお書きという。

 後、かすよみな、という場のいばらゆら、という。
このはの歌という。ゆめゆめ山の、おりはるる、という。
はるてすのゆま、という歌という。いばらぎのはゆれく、
という。れくるくるり、とそ。みゆみゆれるす、よめば、
るおるれこん、とそ。レ紺の山のお書きという。

 いとよまのえゆれゆろりふ、という。ここをいばらじょうと
いう。後、茨城とそ。のめのめの山のお揺れさんまむ、とそ。
富士が揺れた話という。茨木でも見たという若い人とそ。

 コルトトロゼーという、コムンテスのきよよっくす、という。
清い世に住む人である。ばらの木のよのや、という、ばらの木の
意味である。木言葉のやりすめ、という。よよよ、うるする、
れてふ、こんよるやむ、とそ。

 茨ゆうらるけんとめ、という。けけせのゆめふり、という。
てよるさむせるすすり、という。人山のお絵という。江戸かみ
やら、ふふするめるろくれく、という。歌の絵の世とそ。
*******
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1786大原練習1686天の下2086 Italia Albero di quercia茨木(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou36368
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@326上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/04/09柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@326
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽