2019年07月13日

卒業3884Italia Grandi molluschi貝(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3884京都船旅2784
古譜1784大原練習1684天の下2084 Italia Grandi molluschi貝(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/07/13、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
城行く浜に始祖鳥は飛ぶ 真新しい世が来る
大きな貝がふた明けて来る 浜辺歩くプロント
大きな足跡を残す大森海岸 城が双び立つと
白虎が背を伸ばし見る 貝を城に載せて
江のよま 目指していく

 狐の天気予報。〇r1919/04/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
 城は進み行く。あの大門を越せば江戸である。江戸の大門
という。江戸入城という、城が行くことをいう。城が城へ行く
東海道という、東本の山のお書きという。大きな門の下をく
ぐった城とそ。世にこれを門前城という。

 至れば大森城を横に見、ドラゴンの足跡を残す蒲田薄ヶ浜と
いう。ドラレル数用という大きな足跡を残すプロントである。
『マオーソン』という声を上げたプロントザウルスである。

 この声を聞いて、やってきたのが、黒い大きな貝である。
イタリアの絵に描かれている貝である。革命の貝という。
思わす、春の日の海辺である。

 クジラが遠く、潮を上げこちらへ近づいて来る。万物来た
りて、生をめで、世に革をいう、ここを、恐竜地という。
大森蒲田の浜をいう。空には始祖鳥が飛び、『クワッキ、
カッククー』と鳴く。諸行無常の響きを聞く鳥である。地
鳴りの音という。

 プロンが浜をいう、大きな穴ぼこだらけの浜である。
波が着て整地する話という。かくなる浜の明示維新という、
プロントザウルスの足跡である。レザンプラン・ドゥ・パ
(Les empreintes de pas)という、足跡である。
 大きな貝を城連隊に入れた、連隊である。

レザンプラン・ドゥ・パ(Les empreintes de pas)、これを、
古イタリックという、今のおわめという、至る地のことという。
若い人の足跡とそ。impronta インプロンタという、イタル・
ラックの言葉という。イタリア・モーベラーともいう、大森の
モベルである。足跡を、ものか、という言いをする所とそ。
ものかの歌という、モルレル・オリッソという。

【いよよ、革命】
 みいばらの山という、大森の城という。大森海岸へ着いた
連隊である。『いよよ、革命』という、明治の産声という。
明治(明示)を明示(明治)する人である今の若い人である。
1928年という、60年前の1868という。1928年のそうきょうである。

 フランス革命の頃である。オーベルヌーという、鈴が森の
話という。梅鈴の大森という。革命仏頭という、フランスの
革命という。明治維新のフランス式兵法という、後で、西郷の
御叔父が来られるのである。犬を連れて立っておられるお姿で
ある。我が叔父である石像であるという若い人の明示威信で
ある。

 遠くニューヨークへ立たれる御叔母という、自由の女神を、
しておられるのである。いずれも、尊い、たうといたうとい
御方である。石像の明示威信という100年くらいはへっちゃ
らな御方々である。

 パリの灯は灯るという今日の日という、イタリアのコル
シカという、ナポレオンの御叔父という、若い人は、今日も
走るパリをめざし、過ぎてイタリアのローマという。コロッ
セウムの真新しいラドンの家という、パルテノン神殿という、
ヒヨドリのお館である。ひよどり越えのナポレオンという。
この記の人である。

 いくにやという、宮をにやという人という。これを、いくに
やの年という、60年前という、1928の快楽という。楽朕の旅と
いう。ナポレオン数用という話である。

 あれは、人形である。機械馬の背に小さな駆者人形という、
若い人は後の馬車にマスクをつけているのである。大森海岸へ
は、城で行く人である。

【大化の改新】
 今年も大化の改新はすぎたという、毎年くる大化の改新と
いう、蒸し米祝うという、6月4日、5日のアジサイの歌とそ。
大化の改新の歌である。明治維新である今日この頃である。
若い人のいる大森海岸である。

『うちは宮やし』と、家をいう人である。3884日というお書き
である。イクサッパーという、1938のお書きとそ。ヤンレル・
数風のおかるがんという、歴史の計算方法である。

 今日は1928年である、大きな声でいう人である。大森城
お立ち日という、今日の日の若い人の目の前である。

【プロン織】
 いくにや、イクサッパーという両手の鉄砲である。
にや銃サッパー銃という織物に使う銃である。大森式織と
いう。たみせらの織とそ。プロントザウルスの絵を
織るという人である。


//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1784大原練習1684天の下2084 Italia Grandi molluschi貝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8848
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@456上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/04/08柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽