2019年07月11日

卒業3878Italia freccia矢(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3878京都船旅2778
古譜1778大原練習1678天の下2078 Italia freccia矢(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

伴奏譜

【創曲】2019/07/11、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
矢は大きい大根様のような鏑矢
方に背負う柿色の服 忘れ緒の腿 パタと
音が鳴る自由の戦士の晴れ姿 ロンドンの
城廻りに水垂れた滝様 よやよの
カスケードみごと 橋上げる学び舎

 狐の天気予報。〇r1919/04/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
 城は進み行く。思う、ロンドン・パース、ビック・ベンの
鐘の声、諸行無常の響きなす、大きな三角琴のあいばち、
、世はレボルーションと、明らかにおさ晴れる、これをとそ。
レボルーション・かっかく、という。
 明治維新は後でするという、若い人とそ。朕がふまみれと
いう、歴史を思う世界の同時という。これを同時すう、という。
同時数用という革命の枢要である。ここ、ロンドンもっ国と
いう、叔母いませる、ゆよゆやとそ。御叔母ありるすゆ、そ
めるるあてりく、という。

 大勢復古の今とそ。大政奉還のお声という。これが、大勢を
見る、歴史観という。産声上げた維新という、これを今やる
という若い人の革命とそ。

 ロンドン城という、水が垂れていた滝の瀑布である。ロン
ドン・バックスという、洋風の忘れ緒の恰好をする人である。
明かなおさ闇という。霧のロンドン城とそ。
 
 リーセスタの叔母のテームズ川入浴である。リインホー
ルルという。あの日のロンドンという、りっつまた、という、
りぜらるの、りいん滑空という。ブイ・ワンで行ったロンドン
という。

 『城ゆら、おりれら』という若い人である。ロンドン・
バックス・キーユッキーという、幕府行である。山され、
という、ロンモスのかせゆた、という。

 ハイデルベルグのドイットロンクという、ここから、ブイ・
ワンで行く人である。『ロンドン、ワーナ、ゴーレ』という、
ロンドン・ミッキーの掛け声である。ブイ・ワンに乗る時は
こういうのである。

 レボルーションの旅という、巴里は灯でもつ、倫塔(ろん
とう)の霧々舞いという、機体を回しながら飛ぶ水素ロケット
という。これを、リボルバーという。レボルーションという。
転回という、回転の論とそ。ロンドンバックス山という、
オールド・ロンドンのフランクという、フランク王国の山と
いう。ちれんじらあのうちすて、という。

 城に添えるブイ・ワンである。洋城の見えという。パンセ
ブルッキの山という、コ・オール Co-allという、こみせる
山城という。ここを、ロンゼルーという。古ロンドンという。

 城を曳くという、ドロート・キャという、後、ドローとそ。
ドローイング・フックという。ふくの山のお添えという。

 お添えられる、アルト・ハイゼルという。ハイデル・ロング
という、ブイ・ワンの名前である。機体名という。遠く、ア
イス・グリーンを見る、グリーンロンセムの、アオリッツ
という、グリーンランドのお行きとそ。きゅらぜるの山という。

トロイス・ロンドンという、ダッフル暦の、いそ月という、
これを、レボルーション・カレンダーという、革命暦という。
フランス革命の、ねと春という頃という。ランク王国の革命
である。

 明治維新という、カルタ庭という、カールルケールルという。
けみそのおき、という。カールレンルラーという壬生祖の言
いの灯陽弦とそ。

  革命維新という、日本の明治は60年遅れる話という、半
世紀の山という。これを、ろきふり、という。ロッキー
ルクの山という。山すらの遅れ暦という。時代は後にやって
くる、暦の実という。実暦遅れの山という。これを、転換と
いう、時代遅れという、この通りに、時代が遅れてやってくる
大和の論破という。今から明治維新をするという、若い人の
言という。歴史の転換という、レボルーションである。

 リボルバー・レボルというフランクの古いフランクである。
これが、今の時節である。時世、時節は変わろとままよ、と
いう、5、60年前の歌である。

 これが、フランクの古フランクという、カルーレンダスと
いう、フランクツという、フルーレルラックのゆり歌という。
あの歌のようにやるという度胸の渡りという。かんめらのふ
くれくの歌という。フランクの江戸楽という。お江戸山の絵
という。

 城連隊が描かれている話という。お絵戸という、杉の戸の絵
という。古い寺院へいけば、たくさんある戸の絵とそ。
この江を、フランレルという。フランク国の言葉である。

 大和奈良を行く城連隊という、これが、フランク王国に
描かれている今の若い人の城旅である。フランクッション・
レールルーという、めぬせゆのお努行き(おゆめいき)という。

 ロッキーそんわらの、お山連津という、れっつのろるろる、
という。レツロルの山という。フォートワース連列のロルでも
ある。

 ロンドンの山のお添えよわ、という、大和奈良行きという。
ロンセルロンのすみつゆ、という。ロンドン城旅でもある
こととそ。

 これを、矢の如く、という。時の遅れこし、という。急がば
回れという 論の実行という。明治維新は後でやるという、人
である。江戸柿これなるを。

 大正浪漫という、大正調の字がはやる今日とそ。歴史は、
ごたごたに復活してくる復古の明示という。若い人の城旅お
柿である。和告の明示という文である。
レボルーション・ミルセルというフランク王国の歴史である。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1778大原練習1678天の下2078 Italia freccia矢(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8788
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/04/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽