2019年07月04日

卒業3864Italia Volo Sendai 仙台飛行(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3864京都船旅2764
古譜1764大原練習1664天の下2064 Italia Volo Sendai 仙台飛行(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/07/04、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  Acid
【歌詞】創郷 
奈良からは仙台へ 生み越えてはるばる
静かな海 ときおり高い波上がり 我が機だけ
真昼の飛行に応える雲ひとつもなく
空と海だけ 静かな静かな世界
下には花巻が 引き返して仙台


 狐の天気予報。〇r1919/03/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
 環頭という、大和奈良の駿府という。環頭の地のおりをいう。
これを、てよるる、という。あまるらの山、という。ありやら、
せふる、そそる、梅山の絵尾という。後、奈良沖という。駿
府の海、という。あさすたをとめた山という。おりおりのゆ
ゆれる、という。あさめ山のお書きという。

 環頭の地という、これを通る人とそ。花巻へ行き一旦、
戻るをとる、環頭山という、地がゆれた駿府とみ、という。
やお山のおるふる、という。山々の瀬戸という、ここを環頭
、という。

 駕籠機から身を揺らし、広い海原を見て、急旋回の花巻と
いう。花巻を下に見、そのまま、機は再び海上へ、続く飛行の
旅、という。約20分の飛行、という。あなふたあゆなの
おもふも、という。やたやたのお書きという。

 機は揺れたるを良き矢、という。良き良き機とす、山浜の記
とそ。れれろ、やるれ、すみそよ、よてつ、らとの山という。
こいする山のお書きという。

 後、駿府の塔が出る。出る山のお書き、という。
はなゆた山のお絵これとるを。やたよとのおみ、という。
れそれるつつす、つつむ、よいふる紀行という。山をとる
花山のお歌とそ。ろろれる山の静か海とそ。

 山ぐえのあった日の20分程後である。海は静かな春(張る)
という。はり由良のゆみ、という。オストロンゼーの
けっぺす、とそ。ろてふらのゆゆめる、これを、とよ、
という。山よまの記ともとそ。

 大和奈良という、駿府の塔の富士をいう地とそ。富士山を
藤山という地とそ。駿府論という、大和の奈良の地という。
ここを、やばせるやお、という。めてゆてという地である。

機を旋回させた環頭をいう、頭を戻した地という。ここの
航空外記という、航空外記航路という。

 北から花巻へ行き、急旋回して航路を横切り、秋田焼をみる
焼き山で右旋回をし、田老屋降りるを急降下の下りとそ。
超蜜低空という、20メーター程の高さという。太平洋へ出、
逆進の航路という。駿府へ着く。

 連隊、下に見て、水平架空という、垂直に機を前より、
さかとんぼに地向かい、機を一時ストップさせ再び機首を
上げるこの間、約3秒という、機は水平向かい、着地とそ。
でこぼこ道のある日という。平野原野の地である。高さ5メ
ーター程でそのまま着地する。機より開脚を出した機である。

 ロックン・パックンという操地操着である。20分程の花巻経
の、焼巻経路という、東北の花巻である。我がこうる焼山
という。北投石という地名という、ジェット機のことをいう。
石投げ旋回というかごるジェット機という。駕籠のジェット
機である。一山の山という、秋田焼山のジェットこうるく、
という。我が空の足跡という。コウレルスークーという。
ジェットはんるの山という。焼山をジェット機山という。

 後、レット線という、航空路のことである。
レットワーククという旋回の空地という。レット線楽、
これなるを。焼山旅記とそ。
一広ゆ、まられふお書きという。丸線の山という。一式
艦上ジェロとそ。機のことである。

 アメリカの機を思い出した若い人とそ。ファルレンツァー
とそ。プロペラ機でジェット機である。ユンバズのダレー
ランラックとそ。

そうきょうのよいお書き、よりよる天の絵という山の絵とそ。
大和朝庭記である、大和朝庭機とも。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1764大原練習1664天の下2064 Italia Volo Sendai 仙台飛行(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8648
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/30柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽