2019年07月01日

卒業3854Italia bene 井戸(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3854京都船旅2754
古譜1754大原練習1654天の下2054 Italia bene 井戸(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/07/01、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1919/03/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【府庁】
 操今日は、『寝所をとる』と言う若い人という。前を見れば、
明治天皇御幸の地と、石碑に書いてある、『ここに寝る』と
いう。京都会議のある日とそ。見れば、横には、藁葺きの家が
ある、京都府庁近辺という、府庁に寝る人である。

 丹波篠山の民謡という、『〜、寝て暮らす、〜』という、
下りである。各地に、こうして寝て暮らした人である。
こうして国を興すという人である。

 一曲に、『朝寝、朝酒、朝湯が大好きで〜』と、これを黒
角節という、黒い門のお書きという、トリケラトプスと一緒に
寝たという、若い人という。寝たら起きる、国もこういう
ものであると、自信をもって言う人である。

 先の世では、後世では、駄作者なるものが出てきて、
書くという芸をするという。電子の世界という、エクリという、
駄作文芸をする。若い人のことを書き立てるのである。

 『あの地では、トランプカード、二枚を三角に立てる』と
いう、ペンタゴンにおられる叔母という、自由の女神の兵士
という若い人が会うた場所である。寝所は、叔母のスカート
の下である、安全な所という、世にいう、ペチコート・ガバ
ンメントという、空は大きな鷲が飛ぶ、恐竜の鷲である。
 ガバンメントという安全第一を旨とする、そういう御当地で
ある。

明けて、革命、
『今日は即位をする』という、若い人はそう言うて井戸へ行く、
市井の民という、井のある日である。市の井とそ。朝、顔を
洗い、ニューヨークの叔母の光を受けるという、市井の水と
いう。これに当たる御光という、今平安の、うりざね顔である。

 健康をめざす人の市井の前の時という。市井を質してという
言葉に笑みをかえす人である。府井を質すという人でもある。
即意という話である。民の声という、天の意という。
水道の蛇口をひねる人でもある、大切な水である。御寝所の
一時とそ。

 姿勢を正し、不正をただすという水冷時の、令人である今
平安という現時の人である、若い人である。以前オスプレー
に乗ってきたという府庁である。

 朝日を拝し、今日一日を、健康に安全にと願うとである。
原始自然崇拝をする人という。御息所は、府庁の一階である。
御寝所ともいう、現時の令人である、今府鳥という、府庁にい
る鳥である顔洗いの若い人の傍にやって来た、雀とそ。

 チユンチユンと鳴く声のすがすがしさを聞く。所々啼鳥の
府鳥である、府庁住まいの取りである。

 これが世にいう、井のお書きである。今平安の、名井である。
明示時代の井戸と言う、あちこちに立て看を見る今の世である。
脈々と生きている名井である。京の街角という平安の君である。

 あちこちの市井府井は大事なものである、井の人という名井を
訪ねる人である。京都山城という城の中を歩き、町の城井は良
きにあるという、革命天下の人である。検査が行き届き安心して
仕える水である。京都市井、京都府井礼賛という人である。

 即位して、井戸は真底からきれいであるという、真底から
掘れているという、井戸水夫の話である。この日の御所
日記に書かれていることという。府庁日記の一ページで
もある。

 名声の声もちらほらという、啼鳥を聞く明治天皇石碑の
後ろという府庁の中である。府庁の一晩泊という、若い人の
革命前夜、革命朝である。

 富士御殿場の水という、アメリカ・シャスタ山の麓、200
キロを離れたシャスタの水という、名水、名井は世界各地に
ある。この日のシャスタ山の高さという5、6千ムメートルで
ある。ロッキー山満のシャスタ山という、この名水もはるばる
遠くの日本にきているという、あの日の水を懐かしみ、町を
こう人である。
 山満という、後の世の、山脈である。サンシャンという、
シャスタ山麓の町である。若い人が訪ねて住んでいた所である。
エッジというはずみの場所である。井戸の水という、シャスタ
の水である。アメリカ・ロッキード府、これなるを。のち、
ロス幕朝という、今のロサンゼルスである。
府井のお書きという。革命調健康朝。
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1754大原練習1654天の下2054 Italia bene 井戸(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8548
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽