2019年06月30日

卒業3852Italia cachi 柿(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3852京都船旅2752
古譜1752大原練習1652天の下2052 Italia cachi 柿(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/06/30、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
城大和車 名古屋戻り 師府に行く
晴れ日に いそずみるふめ こする
柿の皮を ステゴにやれ 食べるとの
あまめ  すてごどん せなの剣おいに
ひとみの藤 震える日 揺れる地
藤見は 山笑み 書き食べる我が世


 狐の天気予報。〇r1919/03/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
**柿のことを、柿の皮という。

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【平安京】
 若い人はいう、『今日は、平安京へ行く』と。そういうて、
朱雀大路を車で走った人である。平安京住まいの人である。

【革命の平安京】
 この一角を革命屋という、革命と書いた城様の建物という。
東邦の山という、後とそ、朱雀大路にイージスが浮かぶ。
この日、京を、うくという。うくの世という。城様の革命屋と
いう、後の世に、革命家という提灯が吊るされる御背(ごぜ)
という、後とそ、おじろというね後という、山背(やましろ)
という、山を城という日という、この日を改革という、
平安改革の、平常という、革命の平安京という。

 平安のはけるけという。平安のごもくせという。
平安改革を革という、あらためを雪山という、かせの山のお
ゆふれ、という。平安京という、古く、卑弥呼城があった日
でもある。纏向という、まきふるの山という。

 ここを、おんたき、という。おぶれるのゆぜはむ、という。
纏向の平常の山という。まき山うくれむ、という。この、
うくれむのうき、である。京をうくという。うくすれく、
という。平安京の、きょうからの呼びという。

 うくやら、すすやら、まきをそけ、という。そるくの山と
いう。平安京のうす浜という、平安京の言葉である。
『よし、せゆれふ、はるはら山』という、むきやら山のおくふ、
という。むせゆかのせせから、という。これを、から、という。

 平安京の時という。『春日野ゆや、ありてそ』、そっくすの山
というここを、そくれく、という。平安京の興しという。平安時
という、若い人のいる御園という。御園京という、平安の前の時とそ。

 ここを、まきよりみヶ原という、古いあさ山という、
纏向のや、である。纏向朝という、纏向時代という、この日
の京という、平安語録という、あゆふれる川という。

 川語という言葉を使う町である。これが、平安京という。
みかどという、これをとという。れむそむのおすけす、という。
れてふて山のおれるら、という。るれ原山語という、帝を世
という。世ほ私という、私の平安という、これを、帝平常
という。後、定平という、帝の世という、平安ごれくり、
という。帝を庭という、日本庭国という、庭の国という。
世の山のお書きという。

 日本庭園という、世界各地にある、平安の頃である。
これを、安心という、平安という、革命の世という。
日本庭園という、これを見れば落ち着くという、これを、
ハイデラットという、ハイゼルとも。ハイメの山のお書き
という。

 人の家の前の庭を、前庭という、ぜんていという、脳の
言葉の話という、前庭葉という脳の部位とそ。これを、
にわぎ、という。にわぎのおあれ、という。頭のことである。
これが、平安朝の脳の言葉である。後、おつという、おつれ
という、おつむ、という、平安朝の言葉である。

 この説きを、平安のとうほうという、東邦の山という。
ひめくりという、日をひむという、ひむかりく、という。
日の航行をいう。後、ひむがすという、ひむかしという。
これを、纏向の言葉という、纏向の日の呼びである。

【纏向卑弥呼】
 纏向卑弥呼という、纏向朝の平安という。平安の屋、
これなるを。平安庭という庭という、ここにいる若い
人とそ。平安の日々という話である。御世の屋とそ。

 板宿という、板の宿という、板背山原(いたぜやまはる)
という、この原を、はると読む読みという、平安朝の纏向
時代である。

 纏向という、鉄鋼、製鉄の意味がある。鉄器を作って
いた纏向という場所という。平安京郊外郊内とそ。卑弥
呼の伊予という、卑弥呼の鉄器という、製鉄所をいう。
そこで船を作った話という、卑弥呼船という船とそ。

 海の水という、この水を京へ引くという、引き水やの
水とそ。水屋という、今の戸棚をいう、食器入れの
戸棚である。

 今にある石器という、石の茶碗という、その類とそ。
たくさんある石器時代の道具である。石のはさみという、
これも石器時代の道具である。

 火打石という、紙に火を落とすという、石器時代の人と
いう。一打二打の火興しという。木と木をこすり合わせて
火を興すという、一こすりという、そういう時代である。

 20分も30分も、ごしごしこすり合わせていないのである。
石器時代の人という若い人である。1秒位の話である。
背広を着ていた人という、そういう時代である石器時代である。

 平安時代という、今のガスライターがあったのである。
若い人の一こすりという。スマホを見ている若い人という。
コンピューターも串していた大和朝廷人である。空には
ジャンボ機が飛ぶ話という、低空飛行のジャンボ機で
ある。

【目交い大路】
 朱雀大路というこれに交わるめがい大路という、ここが
ジャンボの滑空路である。もちろん平安京を下に見る話
である。纏向で作られたジャンボ機という。今のジャン
ボ機である。ロボット操縦もある機である。

 ウルトラマンの恰好をしたロボット操縦士とそ。大和
時代という、平安朝という、そういう時代である。
牛に牛車を曳かせて曳かせて、それに乗るという、
そんなことはしない人である若い人である。朱雀大
路を自動車で走る人である。ドアの半締めがあれば、
自動車は発進しない装置もあるも平安朝の自動車である。
もちろん、ナビもついているのである。

【鉄車二輪】
 鉄車二輪という、鉄の車輪にもう一重ね鉄輪をつける、
二重の鉄輪という、鉄車二輪という言いをする若い人と
いう。、平安時代のある一種の車である。京都から東京まで
一時間である。ロボット操縦の車もある時である。

 30分も40分もかかって火を興すというゆうちょなことを、
古代人はしていないのである。
一時間もかかって火を興したという、そんなこと、やって
られまっかいな、という、この期の言葉である。宴盤が飛び
交う古代期とそ。古代人の話という。

 ジャンボジェットで、京都会議に出席という日の京都の空は、
ジャンボ機が低空に飛んでいた頃とそ。

【モボガル会議】
 アフリカ・モボガル会議という、ジンホという所の会議
とそ。メメキットという、アフリカのむれらるという、
むうるるの川江という、メヌヤムの原という、ここの会議
もある。ヒーイル・ロンドンという。山やらの会議という、
平安会議の山という。若い人の日である。原子力の灯が
灯っていたアフリカである。世界自中に原子力発電機
はある、大和時代からあるものである。

 竜の落とし子のようなジェット機、後ろ上がりの階段状の
ジェット機、大和朝廷のジェット機であるという、これに
乗る人である若い人である。

 マンモスで貨車をこよなく慕う人である。この日の静原平安
という、山麓の大和平安という、東邦平安栄という駿府の
近くである。

 平安緒末期の令和という、大和朝の初期という礼和という、
これを、令人という平安京内裏の役人である若い人という、
この暦である。今日(6月30日)を、朗という日である。
朗日という、末日をいう。平安京の言いである。
令の字に丸を書く紋のような紋様という、これを、紋様紋という、
それを印にする人とそ。革命家という平安京の一角である。
革命家という革命屋の人とそ。家屋という革命奥家という、
かくめいおうの山という、平安という健康の話である、
革命ともいう。冷と書く、礼と書くのもある、霊・・・。
紋章でもある話という。

【零戦】
 零戦という、一戦という、二戦という飛行機という、平安
朝にもある、あった話という。木造戦艦大和という、木造
イージスもある頃である。平安京朱雀大路にある木造戦艦
大和とそ。それに載っている若い人である。

 トリケラトプスというステゴドンという、ステゴノおっちん
獣という、大和朝での呼び名である。戦艦大和を見ていた話し
という。

 そうきょうのよい革命、わが手にあり。
 健康を期す。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1752大原練習1652天の下2052 Italia cachi 柿(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8528
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/25柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽