2019年06月29日

卒業3850Italia A Sizuhara 静原行(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3850京都船旅2750
古譜1750大原練習1650天の下2050 Italia A Sizuhara 静原行(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


名伴奏 404-4s-7

名伴奏 404-2s-33



【創曲】2019/06/29、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 
城は行く 君が見る 青い富士
お台場御殿場の裾の浦 始祖鳥が
羽振り 後ろ大きいステゴノドンが
大き電車に 乗りくつろぐ 旅の道の友
行き行きまた行く 静原 駿府過ぎ
大和御国 興す


 狐の天気予報。〇r1919/03/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【城曳き】
 大和へ行くという若い人である。昔の大和とそ、今、行く
人である。花のおいやらという、若い人の大和行静原である。
うちはたの世見(よみ)という。なびく旗の、旗の下並みという。

 八車線の鉄道という、静岡行のれいとうざんという電鉄と
いう。花ゆなろろふ、けれるれ、るんす、ればつ、ればる、
ゆんみす山のお書きという。

 大きな車体である。それを連れる城とそ。城の後ろについて
いる、連結車両とそ。歌の調子の進みとそ。そういう進み方を
した大電車連隊である。

 大船弓ありてそ、れれるすむす、という。れるっそのくい
ふり、富士が揺れたという、沿線のしこる、という。牛馬畜類
という。ここは、静らるせもる、という場の意図の言いとそ。

 静らるせもという、静かな山という。始祖鳥が飛び、また、
台電車に乗り、また、飛ぶ、静原という場所である。イタリ
アろんめくの山という。イタリルルーという所である。

 いっそみに世見(よみ)をいう。ろろゆらゆら、ことれるれ
とそ、るるっくす、しすゆれれふ(しすゆすれれ、とも)という。
れれる山のお絵という。イタリーツァーレラという。イタ
リルの山という。お台富士由良とそ。

 山砂のあすゆれ、せろろれんぶる、れれんす、という。
ヤットコセの大和という。ここを、大和の国という若い人の
今である。大和朝廷の頃という。今のことである。まんとる
山のお書きという。

 柿食えという場所とそ。柿食え場の人である。柿の大和と
いう。柿大和応調という、柿食いの落ちという。武者武者と
味がする音という。味の武者という若い人のいで立ちである。

 静原ゆそという、登呂の遺跡の城という、登呂へ立ち寄って
言った人である。登呂屋を曳いておいた人である。コンピュー
ターの置かれた登呂屋敷という。手にはスマホを持つ人である。

 ふんふんふんと言いながらカメラのスマホという、昔様の
人である。大和朝廷のスマホという、電子手帳という日本語を
使う人である。手帳写真機という、富士を背景にスマホをかちっ
と押した人とそ。富士裾野のおゆれ山という。富士がゆれたと
いう、ぐらっと来た日である。ぐえらるの山という。

 ぐらげるれとふの、そゆてす、とそ。ぐえという野ぐえの山
という。ぐえという山震えである。野ぐえという野震えである。
富士山大地震という、城も電車も止まっていた時という。

 屈んだ鏡の御子(みこ)という、若い人である。鏡御曹司と
大和朝廷のことである。鏡御草紙というお書きである。屈み
が原の屈原という場所である、鏡原ともいう。屈鏡山の御
奏之という、手に持つテハフという楽器を奏した人ともとそ。

 自身がぐらりした原の演奏という。良き世の中である話とそ。
そうきょうの良い音である。静から山ゆれゆれという人の世の
お静由良という、後、静子山という、富士山のことである。
静子さんありてありるそわよわ、れれとるすすむ、ろくす、
という、静子山麓である。

 山々の静かな台地という、静る山れわ、と。れわという、
麓である。ぐえれわ山のお柿、という。柿ぐえ山ぐえのかき、
である。駿府の山のお言いという、ぐえの山、ぐえの柿とそ。

 かゆかゆえる、ろくす_ろ、という。ろろ花のお台という。
御台という場所である。御台場山、静子山の歌である。ステ
ゴノドンがいたという若い人の同乗の電車という。
八車線の大電車である、動力を原子炉という、大和朝庭の人
である。大和朝帝の頃から、原子炉を使う人である若い人で
ある。ぐらっと来ても大丈夫であった日という。原子車両
お柿という、柿を食べていたステゴノドンである。

 城曳家の提灯という、大丈夫であつた話という。先頭の
城に吊られていた提灯とそ。ゆらゆら静まりの、おとうち
ょう、という。テハフの調子である。音楽の調子という。

 くねった拍子という、3段目の調子という、そういうよ
うに、柿を食べた人である。ステゴノドンの柿食い調子
である、若い人の調子でもある。

 sotu3850、卒さわご丸という船も積んでいた電車連隊で
ある。卒騒丸ともいう。そういう、食い書きである。
番号を食べるという書きである。

 そういう日の遠方という、朋有り遠方より来たる、
という、友の蟻が喜んで寄って来た柿である。漢文に
くわしい人である。曲解という、音楽家の解説という。

 sotu3850の曲解である。
 
 そうきょうは良き日である、今日(6月29日)の旅という。
曲解の人である好い人である若い人である。
 

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1750大原練習1650天の下2050 Italia A Sizuhara 静原行(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8508
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/24柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽