2019年06月09日

卒業3753・FrancePhase revolutionnaire 革命相 改則の文 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3753京都船旅2653
    古譜2523大原練習2143天の下1958FrancePhase revolutionnaire 革命相 改則の文(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/05/06 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/06/09柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score
    SuperComposer6
    MAGIX  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
御代始祖鳥 あれがパリのともしびよ
御代 機械の鉄馬 火山 花火を上げ
革命の夜を走れば 朝曙日の出
オーベルニューのクーベルタン街道
添いの黒松上げ 夢に見た 
御地は中丘 岩走るみな
 
 みな、水のこと
 クーベルタン美耗の水という。



 狐の天気予報。〇r2022/11/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
革命に 水をあげたり 砲を打つ
続け続けに 前の幕張り
【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】
【朕がかゆふり】
 『朕、革命を致す。』
 フォートワース国という。フォートワースありてありる。
ゆみむむ、ろろす。うゆするれつおの、てつる、せめとす、
とそ。

 フォートワース城という。書く須磨の城という。フォー
レル山のおすゆす、という。これを、めてゆす、という。
フォートワースという、みなするやのおすれす、という。

 ありるありるゆ。あめたる国のおすゆ、とそ。『朕がいた』
をいう。めてゆてのフォークスという。ここを、フォーレル
パーズーという。アメリカのかいそわ、という。

 川がながれていたをいう。皮のふつゆつという。かわせま
という。この日のかみゆらという。みずちゆつペセユセという。
朕、有りてそ。朕つゆ、めめるむみすゆ、という。これを、革
れる、という。

 朕が行くをいう。フォートワースの宮とそ。フォートワース
会議という。ここで、会議があったをいう。この会議のちみと
そ。流れふらゆそ、とそ。会議ありてありゆ、国ゆつという。
後とそ、国連という。インターメッテスという。インるかの
かみそゆ、という。カナーダ・レーフルの山という。この山の
シャーレバーという。レバーをリバーという。朕ゆつのゆっ
かく、という。朕、ありてゆ、朕そみをめという。わぜる山の
お書きという。

 フォートユースという、フォートレバーのえじくらという。
このえじを、エッジという。エ゛ッジやのおとそ、という。
ありすありる、山よや、くくゆす、フォートランファーという。
フォーの山のお書きという。

 フォートランという、後、コンピューターの言語とそ。
ここのランホアである。フォーレルブーズーという、川めなの
森原という、ここを、エッジワースという。エジワスのお連れ、
という。

 カナーダランという。カナダのゆてそみ、という。このゆの
えるれるという。えっせまむ、えっせもみゆら、えっせもみ原
という。エッドワードという、ここの幸の井という。エド
ワード・セールという。エドの山ゆ、という、山の麓の
革るく、という。これを、革命という。レボルとそ。
レボルーションという、世界の革命の出とそ。

 ワールド・レボルーションという。わるせるの革角という。
後を、だん幕という。だんせるのくすくよ、という。くすくす
ともいう。ここの、おうふ、という。これを、じゃっくく、と
いう。だんせる山のお絵という。朕をいう、朕のあごとそ。

 あごれるふゆうる、という。顎のゆゆの絵のよわ、という。
行き行きて復た行き行く、ファルスルという。フォーの原の
テイシラという。これを、帝王とそ。帝山のお書きという。

 みがどらんという、ていとるのやおふりという。革命と
いうことの世とそ。わが手の革をとめす、とそ。これを、
世に浮くという。革命の枢要という。ワールド・レボルー
ションという。世界同時革命という。世界をいう、みなの
水とそ。みなゆなのゆゆてす、という。これを、ろみそよ
という。ろんぶる冷静の山という。

 冷静の地のお書きという。革れるすっぱのお書きという。
この論とそ。革命は、世をいう。革命のすよすふ、という。
世にあすゆすをとるをいう。世の中のふつゆつ、という。

 これを、めるゆ、という。喜びの革す、という。革を
あらためとそ。天命の革まりという。天命を寿命とそ。
寿命を革めることをむ、革命という。これを、天命、これ
新たなり、という。老う人という、老い人の革なる革めと
いう。老いも若きも革命という、革命の我が手という。

 一の山のお書きという。天命これ、改まる、天改の革命と
いう。これを、革命するう、という。革命するうのスルレル
とそ。昔の人がいう、革命のことという。昔の老い人という、
老人のいわれることとそ。革命をめでる、京花の山という。
これを、めるれ、という。めるする革命という。

 政治運動という、見事出た運動家という、学生の話という。
革命を起こすという暴れるをいう。暴動をともない、戦争を
そのきっかけという、学生の言いとそ。

 朕がいう革命である。天命を全うという、天が意革命という。
天命を革める、孔子の世の革をいう。孔子の革命とそ。

 これを、改革という、後とそ、改正のことをとる現代の政治
とそ。政治革命という、政治に革めをいう、革めのうつれつ
という。これを、改革という。改革のまっくす、とそ。

 古くのフォートワース会議のチラノ閣下という。閣々という。
フォートロンの改ぜまという。これを、水際会議という。
フォートワースの町の造りという。フォーレル山のお書きという。

 古く、ここを、ロンホアという、フォートホアという。横に、
ダラスがあるをいう。ダラス城のおめ、という。おめ山城
という。ダラスの古城という。ダラスミンという。

 ダラス山の麓という。ここのおすれすという。おすの町と
いう。後、ロスレスという、ロスオという、ダラスの町である。
ここへ行く若い人という。水すむの町ゆた、とそ。ユタの町の
改ぞわ、という。町を作り新たをいう。作町論句という。

 これを、ロメという。後、ジュリの里とそ。ダラスをジュリ
町という、若い人という。ジュリのお絵の矢、という。
ゆゆすてのやのおくゆき、という。奥の細道とそ。ダラスへ
行くフォートワースの道である。ロンゼル・ワットンという。
町の角の夕日とそ。町角をロワクレという、古いフォーの町の
夕日とそ。ここのダモレという、レボルとそ。レボンのきす、
という。レボンルーソの改という。

 この大改である。古い言いの海とそ。海を改という、大
海を大改という。改革の山という、ダラスフォーの山の麓の
言いという。海を、フォーママという。フォーの葉はという。

 海の言いの漁師という。漁師のフォートレルである。漁師の
言葉という。若い人のいう、『我が故郷』である。

 若い人がダラスをいう、水つきの町という。水がつく町の言い
という。フォーレルフォーという。フォー様の町という。
ダーレルルースーのみおうという。みおうのム町という。
未央の町という、フォートワースである。

 ここの会議という、国の連という。国連の会議祖という。
国連を出す会議という。のち 、ニューヨークという、
ダーレルのフォー町という。ダレル町という。ダラスの町
である。

 ダレルという、後、フォーク、フォーレという。フォーク
ローレの町である、ダラスの町をいう。だめすよの町という、
メレルケという、ヨワットの町という。よわれるめゆふる、
という。弱い町の改ぜら、という。これを、レボルーションと
いう。レボルーション・メッケの山のお書きという。

 アッワ・レボルーションという、今の英語のアワである。
我々の改革という、革命の町のレメソユという。古く、フラ
ゼルの言葉が掛かるダラスという、ダラスメーのおつり、とそ。

 おつりのゆゆゆ、という。古くの二条の城という、城のれら
ほら、という。城をきぜという頃の二条浜ゆら、という。
二条城の堀という、これをほられきという。二状のはゆれ、
という。堀をはゆれという、これをきも言いという。
城をきもという、堀をはゆれという。城の古い言いである。

 京都二条の山という。フォトワース・ダブレルである。
デイマンショーという、城のことをいう、ダフレの言いとそ。
この言いがダラスの言いである。ディマンショのげんそめ、
という。これを、げてよめ、という。城の内の言葉とそ。

 城内かっかす、という。城のやのお言いという。城の言い方
である。『おいるかっか』という、おいらの城という、意とそ。
後、エノラむという、エノラ・ゲーという、城のことである。

 この言いをするダラスとフォートである。これを、フォートロン
という言葉の使いという。後、フォーマー、フォーマスという
古いアメリカの言葉である。ポーツマスのさくれら、という、
桜の植えのお書きとそ。ポーツマス・ランソワという、後とそ、
ポーツマス会議とそ。

 ニュヨーク茶会の歌という、これに先立つポートマス茶会
という、これをポーロロンという、ポーロワともいう。ポー
レルの茶会花という。後とそ、京都花の会という、後、京都
会議という。アメリカのれけきおきである。アメリカ・ポー
ツマスの講話という゛学問所の授業である日とそ。

 ポーツマス講という講が、という。これを、甲河という、
今の桜並びの川という、ポーツマス河畔である。これが、
ダラスの送りである、記念の桜という。ダラスの古い伝え
である。ダラス・ムッソクという話という。

 国連がダラスから出た話である。若い人が、ダーレル・
ロンホアという、このことである。御学問所の講義である。
だれせるの御講という、アメリカ松の話とそ。黒松の語り
という。ニューヨークの自由の女神の叔母という、その御方の
ご講義である。英語の語りという。

 これをロワゼ講という、御学問のしと、とそ。ちれる浜の
お言いとそ。革命をいう若い人の口とそ。御革命の話である。

 御学問所御講義という、タイムズ・ロンゼルの書きという。
若い人の真剣な授業とそ。ローレルという言葉とそ。

 『ローレルフォー、すれるすむれるほれす、すむすむよう
 たるおるせ』という、ローダイ・ワンという歌である。英語で
 ある。PMの午後の授業である。
 
 のち、PPMという歌の名手という、レコードの授業である。
 『ローダイムワン、ローダイムツー』という歌のかるれ、
 という。PPMの歌の恐竜という、ダーレルの恐竜とそ。
 ダラスPPの歌という、PPMの歌の話という。
 
  『午後から、柿もってしょ』という柿の歌ともいう。
  この日のpという、今の旧暦のことである。PPMは、
  旧暦のごとゆれとそ。旧暦のことをピーという。
  ピーピーエムのお書きという。
   ネッシーの恐竜の名手である。ネッシーという
   マジック・ドラゴンという、フォークローレの歌である。
  フォーという水の掛かりのことである。
  
  フォーレルさ、という、左竜というドラゴンである。
  パフの世のまじつれんれす、という。マーリルという、
  マジックの古い言いとそ。
 
                     柳
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2523大原練習2143天の下1958FrancePhase revolutionnaire 革命相 改則の文(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-625137
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/29 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2495
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽