2019年06月01日

卒業3741・FrancePoupee fleur de cerisier 桜人形 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3741京都船旅2641
    古譜2511大原練習2131天の下1946FrancePoupee fleur de cerisier 桜人形(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/04/28 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/06/01柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score
    SuperComposer6  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

この世桜革命の日 空に手あげ祝う
健康の桜 花見れば安まり 心は快活
花は石垣に咲き 革命は長寿の桜花
謳歌する園

 狐の天気予報。〇r2022/11/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
革命は 城黒桜 夜明け見る
一夜泊りの 二山見たる
【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】

 花を操る城という。城は石なる、石垣の城という。石の屋の
お書きという。石山沢という、城の中の山とそ。城の中の沢
とそ。いっぱ山の歌という。

 梁山泊のような城という。桜が植えられた桜城という。
ここの岩のきもという。このきもという。桜の木の茂という。
桜の木の花生きという。桜の長寿を祝うきも城という。

 木の花の絵という。これを、トリーとそ。ツリー山のお書き
とそ。トリツリーのいっぺくという。一泊の良泊という。
一良拍の歌という。これを長く伸ばす、曲とそ。

 一拍を伸ばすこととそ。長生きの音である。三拍を四拍に
伸ばした小節内のことという。小節を区切りにとる歌という。
本歌である。これをターンという、二度繰り返す生きという。

 ターンタンという二拍半という、伸ばした音の造りとそ。
カリプソの歌という。ターンという一拍藩がカリプソである。
一拍をカリヨという、桜城の話という。カリヨカリプソという。

 長生きのカリヨが、父祖を世という。カリの山のお書きと
いう。カリゲラという、人形を城に置く人形桜という。人形の
城という。ここを、二乗半沢という。沢をいんとうという。

 城の住まいの言葉とそ。あすれらふるらく、という。
我が庵を城という。城沢山の歌という。一白二黒という。
六角形の城である。桜の木で作られた六の六曜という。

 九星の六曜という。京の街並みの六という。六角という
今日の町の造りという、二黒という。京の時刻をさくる
という。黒い桜の園という。

 桜の園の若い人である。これを、二黒という、桜の門の
黒使いという。二黒門という、これを二乗門という。桜の
城のお書きという。城の歌という、二山の有り城という。

 二山有城の歌という。、二段黒るけ、という。団目山城
お書きという。黒を咲かす玄人の話という。くろるけという。
くみしく山のお書きという。

 にっぱろっぱの歌これとそ。人形をめでる歌である。


                     柳


■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2511大原練習2131天の下1946FrancePoupee fleur de cerisier 桜人形(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-625017
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/21 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2483
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3739・FrancePetit article 小品 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3739京都船旅2639
    古譜2509大原練習2129天の下1944FrancePetit article2 小品2(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/04/28 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/06/01柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score
    SuperComposer6  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り



 狐の天気予報。〇r2022/11/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。

【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】
 花世の川という歌。ロンゲラという言葉で書かれている歌
とそ。ロンソムのや、という、花山の歌のやのおふれゆという。
れんてるという。れぶす、ともいう。そこの歌である。

 ロンゲラ後の歌という。ロン山のお書きという。
リンガロエックの山という。レムステのゆゆふす、という。
えむすのよみよわ、という。これを、テトという。テト山と
いう。テリルレーのえみやり、という。

 この『やり』が歌であるひぃの、歌やり、という。
歌みそのけめゆえ、という。これを、れっぷという。
このやりが歌である。歌の中の、やり、ともいう。

 音を急に上げる、歌の造りとそ。出だしがそうであ。
遠くのフォーレルという、エム山のあるはくれく、と
いう。そこの地の歌とそ。歌みた山のお絵という。
がむゆきのれれふる、という。

 これを、れという。れれるやおやおやという。
れせるゆおや、という。れくすのゆえすえ、という。
オーという祈りのことの言いとそ。

 SuperComposer6の自動作曲です。エクセルで、出てくる音符を
1オクターブに絞っています。
 
 ゆい花の世、これをさくらという。さむすという。
れてすのゆっけという。れおるせみよむ、という。

SuperComposer6
 私は、プムグラムの知識はありません。エクセルもさわる
ことは、ほとんどありません。駄作の曲をつくるのに、こんな
ものを、作ったりします。ただ、こんなことができるだろうかと
思い、やってみました。
 乱数で同じ乱数をだす。インターネットを調べまくって、
しました。見当たりませんでした。こんなことをする人がない
からであります。へんな出来になってはしまいました。
 グループ、100人を、10のグループに分けて、そのグループの
中で順位をつける。それを、並び替え機能を使って、手っ取り
早くする、そんなものです。
 音楽にすれば、小節ごとに並び替えられ、その中で順位を
つける。同じ和音の小節があれば、これも、番号で区別をつけて、
並び替える。こんなことからやった次第です。

 もっと簡単な方法があるように思います。休みと和音がから
出した音が重なれば、和音が出ますが、休みを、最後列に持って
来れば、休みが簡単に出てきます。
 これに、和音の進行を着ければ、音楽らしくなります。

 小節にバラバラにできた旋律に、和音からの音を、入れる、
こんなことです。素人以下のものがつくったものです。


*******
Aceプロダクション『そうれみてみろ、君がもってきた楽譜は、
         そうなんだ。すぐに赤印がつくんだ。』

専属見習い『はぁ』

Ace  『手でかいたの? なぁんであんな書き方するんだ。』

見習い『貴方も、これで、作曲家って、プロも使って
    いるって、広告にでていましたから・・・』

Ace  『あのソフトかね、君は、わかっていないんだ、
あ〜だ、こうだというんだ。あのXXサイトだろう。
使うなとはいわんよ。でもねっ、書き直すのが
普通なんだ、でてきたまま、持ってきたんだろう。』

見習い『お言葉ですけどねぇ、自動作曲か、人が
    作ったか、わかるんですか。』

Ace  『それは同じ音楽だ、聞けばなかなかの出来だ
と思うよ、でもね楽譜が肝腎だ、ピースだよ。
ぼかぁねぇ、音符だけの本を読んでいるんだ。
読書だよ。だから、書き方といったのだ。
君を売りだそうと、プロダクションは
思っているんだ。よ〜く、楽譜を見給え。目のこえた
人がたくさんいるんだ。心にしみる曲と、それは
それでいいんだ。音楽が好きな人は楽譜をみたがる
ものだ。そこんところが、肝心なんだ。
書き直し給え。』

見習い 『わかりました。・・・・』

Ace   『何だ。まだ何か、・・・音が急に高くなるとか、
     それはそれでいい』
                     柳


■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2509大原練習2129天の下1944FrancePetit article2 小品2(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624997
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/21 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2481
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽